2018年5月27日 (日)

[グルメ] おいで(@ 大阪 日本橋 2018年5月26日)

私のGWは今が真っ最中である。盆正月GWなど何の関係も無いシフト勤務ゆえ、GWも大忙しの日々。それが過ぎて無理してキャメル来日公演で寝不足のまま川崎遠征したらずーーっと疲れが取れないし。この週末ようやく公休と有休を組み合わせてわずかながらの三連休を頂き、5/26(土)は午後にWetton Mania 3のミニライヴのリハ、夜はスポックスビアード奥本亮さんのライヴに参戦、残り2日は自由時間で静養に充てる予定であった。

もう既に昨日5/26に亮さんのライヴは終わったんだけど、今日は久しぶりに朝10時まで寝て、これで少しは疲れが取れた感じ。でも朝から地域の所用とオカンの買い物のお付き合いでフル回転のため、ライヴ参戦レポのブログに着手できず。ようやく今から書き始める。まずは昨日5/26のWetton Mania 3ミニライヴのリハの前に立ち寄ったグルメレポから。

ホントは朝から家を出てお目当ての谷町4丁目のあるお店に立ち寄りたかったんだけど、オカンの病院への通院の送り迎いをしていて、診察時間がずれてしまったために私の予定も狂ってしまい、3連休初日から躓く。オカンの通院が終わってもう谷4に行く時間が無くなったので、梅田のDU大阪店で中古CDを漁ってから、ミニライヴのリハ予定の大阪日本橋に直行。実は大阪の日本橋に来るの初めて。地下鉄日本橋駅から地上に出ると大阪の台所、黒門市場が見えたので少しブラブラしてみた。そしたら偶然、大阪風というか関西風のタマゴサンドが美味しい純喫茶「おいで」を見つけた。コレは丁度良かったと、店でゆっくり食べてる時間は無いので持ち帰りでタマゴサンドを購入。

Img_4867_640x480

どうでしょう、この美貌。超分厚い卵焼き(だし巻き)をサンドした関西風タマゴサンド。見た目の迫力で圧倒される。これで500円。

このあとすぐにミニライヴのリハでスタジオに入ったので、リハの休憩時間にお仲間の皆様と分け合って食べた。何しろ分厚いだし巻きなのでひと口で頬張ると旨みが拡がって、それだけで満足感で一杯。これぞまさに大阪風(関西風)タマゴサンド。大阪(関西)の純喫茶はまだまだ元気である。もうこの関西風のタマゴ焼きをはさんだタマゴサンドがクセになってしまって、いわゆるゆで卵を潰してマヨネーズで和えたタマゴペーストを使うタマゴサンドでは満足できなくなってしまった。そんな私はやっぱりネイティブ関西人なんだと思う。

お店の外観は以下写真。

Img_4866_640x480

場所は黒門市場内にあるので分かりやすいと思う。普段なかなか日本橋に来ることが無いので、次回いつ行けるか分からないけど、もし黒門市場周辺に行くことがあったら是非また食したい。

このあとまた地域の所用で出かけてしまうので、スポックスビアード奥本亮さんのライヴ参戦レポはまた後ほど。

|

2018年5月23日 (水)

キャメル 2018年来日公演3日目 CAMEL MOONMADNESS TOUR 2018 Entirety And Other Classic Songs (May 19, 2018 @ Club Citta' Kawasaki KANAGAWA)

それにしても疲れが取れない。先週末金曜からの強行軍、泊まり勤務明け土曜~寝不足状態でそのまま新幹線で川崎へ移動~クラブチッタでキャメル来日公演~終演後お仲間と宴会さらに深夜ファミレスでお茶会~カプセルホテルでウトウト~翌日曜朝サービスのダーターの朝食を食べたくてさっさと早起き~朝食済ませて新幹線で京都へ帰って~地域の所用で動き回り就寝~月曜から火曜にかけて泊まり勤務~火曜朝帰ってきてその足で地域の所用・・・、と睡眠や疲労回復を後回しにしたら、若くは無いんだからそら疲れるわな。いつもはライヴ参戦したら出来るだけ話題が旬なうちに参戦レポをブログUPするんだけど、そんな具合でなかなかパソコンに向かえず。今日になっても頭が重く身体は気怠い。遊んでおいて疲れただのシンドイだのよく言うよなと我ながら自分に嘲笑。今日は公休で、職場の非番のお仲間とワンカルビの焼肉食べ放題に行く予定だったけど、忙しさとシンドさで申し訳なくもキャンセルさせて頂いた。職場のお仲間には申し訳ない。雨模様で出かける用事もないので何とかブログ書く。

感動的な2016年のキャメル来日公演からちょうど2年。ここ数日の拙ブログのアクセス記事で、その2年前の大阪公演の記事をアクセスされてるようで、多分今回2018来日公演のセットリストとかレポを検索するのに拙ブログの2年前の記事がヒットしてしまったのだろう。すんもはん(笑)。遅くなったけどここに2018来日公演の参戦レポUPしますで。例によって私は音楽評論家じゃないので完全なる個人目線の行動記録的なレポで。

まずアレだ、キャメル来日公演の1週間くらい前から一応ムーンマッドネスを予習というか改めて復習しておこうと思ったら・・・、無い、無い! ムーンマッドネスのCDが無い! 1stとかミラージュとか、ブレスレスとかリモートロマンスとか、70年代のそこら辺はあるのにムーンマッドネスが無い! またアレか? 何かの時に中古屋さんに売ってしまってたようだ・・・(苦笑)。思い出した、多分数年前にデラックス盤が出ると知って、その時点で先行して紙ジャケ盤を売ってしまった気がする。後でデラックス盤を買うからと思って。で、そのままデラックス盤を買わないままに今日まで来ていたようだ。ちなみにスノーグースも売ってしまったみたいで無いww。この辺りのこだわりの無さはハッキリした理由があって、私が一番好きなキャメルはダストアンドドリームス、2番目に好きなのはヌード、だからそれ以外は持ってても聴く回数はそれほど多くは無いから、現在所有してなかったことを気にも留めてなかったのだ。まぁイイ。そんなワケでYoutubeで軽くムーンマッドネスを復習しておいた。勿論過去に何度も聴いてるからすぐに内容は思い出した。セットリストを知っておきたい派の私は、先んじて初日に来日公演に参戦されてた徳島のお仲間K社長からセットリストを教えて頂いたりツイッター等で感想をたくさん目にしていたので心の準備はもう万端であった。

2018年5月19日(土)、いよいよ泊まり勤務明け寝不足状態のままで川崎へ向け出立。今回も交通費や宿泊費の節約のため、新幹線はJR東海ツアーズの「プラットこだま」で往復6千円節約。宿はカプセルホテルでしかも会社の福利厚生を利用して宿泊費補助で1泊朝食付きで2500円と大節約。せめて新幹線でも「のぞみ」に乗って、宿もビジネスホテルくらいには泊まりたいものだけど、まだまだ人生苦難の真っ最中、愚痴は言うまい。他人を羨ましいとも思わない。抱える現況の中で自分は自分らしく、ってことだよ。途中駅で新幹線のぞみに追い越され待ちが多くて退屈しつつようやく新横浜へ。東京で仕事していた25年間は神奈川県民だったから、勝手知ったる横浜川崎、チャチャっと乗り換えて16時過ぎ川崎に到着。17年間を過ごした川崎の空気が懐かしい。クラブチッタは何年振りかな。先にカプセルにチェックインしておいてチッタへ。

Img_4835_640x480

お馴染みユーライアヒープ宣伝部長の某Kさんとウェットンファン仲間の千葉の美人女史Yさんに遭遇。東京時代のお仲間、超懐かしい。某Kさんは例によってHensley WettonのTシャツ。ここでもヒープを布教する気か、キャメル関係ないやんって突っ込んだけど、メンバーの誰かがヒープ関連でどうのこうのとか言っておられて、人脈が遠すぎて私には理解できず(笑)。入場したらこれまた懐かしいお仲間、イタロファン界の有名人(?)YKさんに遭遇。物販でパンフを購入。席に着くところでぶっちゃけトーク兄さん横浜のSKさんにご挨拶。考えてみたら個性強過ぎのお仲間ばかりだなぁ・・・ってwww。一緒にチケットを取って下さっていた兵庫のem**さん、大阪のナゴヤ**さん、徳島のMi**さんと横一列に着席。4列目のステージ向かって右側。アンドリューラティマーの顔の皺の数まで数えられそうな席だ。開演前BGMにフリーの曲がかかってる。実は私は結構好きなのだよフリーが。替えの効かないポールロジャースのヴォイスも素晴らしいけど何と言ってもポールコゾフのギターがね。ふと気付く。ラティマーとコゾフ、ギターの響かせ方、似てるやん。

そして開演。この日は土曜なので17時ちょっと過ぎた頃、ムーンマッドネスの1曲目を出囃子にしてメンバー登場。以下、セットリストに沿って、各曲ごとでは無いけどちょっとずつ感想を。

----- 1st set : MOONMADNESS -----

Aristillus(intro) 
Song Within a Song
Chord Change
Spirit of the Water
Another Night
Air Born
Lunar Sea

第1部のムーンマッドネス完全再現いきなりまとめて感想ww。思い入れがダストアンドドリームスほどではないのでwww。安定の素晴らしさ。Aristillusを出囃子に使って、演奏はSong Within a Songから。今回の来日メンバーは前回2016年と同じなんだけど、すっかりこ馴れてきたというかバンドらしさをより一層感じる。こちらの捉え方次第ではあるんだけど。吉本の漫才コンビかまいたちの山内にそっくりなドラムのデニスクレメントww。一度そう思ってしまったらもうかまいたち山内しか思い浮かばない。そう思いながらデニスのドラムプレイを凝視したら、本当に申し分のないキャメルの正ドラマーになったと思う。加えて鍵盤のピートジョーンズ、前回はそつの無いサポーツメンバーみたいな感じでこちらも見ていたけど、今回は立派なキャメルのメンバーとして存在感を感じることが出来た。鍵盤の音色使い、リードヴォーカルにコーラスに、そして第2部ではサックスにリコーダーにと大活躍じゃないか。そして私個人的に本当の楽しみはこのあと第2部である。

----- 2nd set : Classic Songs -----

Mystic Queen
キャメルの1stアルバムから。これ、セットリストのサイトでMystic Dreamなる新曲、って書いてあったけど、1stのMystic Queenだよね? え?と思ってお仲間に確認したり、あるいは最終日に参戦された方にセットリスト用紙の写真を見せてもらったけど、Mystic Queenってなってるぞ。

0520setlist_3

そもそも迷ってる私は1stに思い入れがそれほどなくてあまり聴いてなかったからってのがバレてるけどね。

Unevensong
結構好きなこの曲、途中で奏でられるワクワクするギターメロディ、あれがタマらない。私がキャメルを聴いて一番心惹かれるのがワクワクするメロディなのである。叙情性が語られるキャメルだけど、ワクワクするメロディがあるからこそ叙情性も強く感じられるのだと思う。

Hymn to Her
ギターメロディの哀感と後半の躍動感が本当に素晴らしい。聴き入ってしまった。前回ツアーではやってなかったので、この選曲は嬉しい。

Rose of Sharon
Coming of Age

キターーッ、ダストアンドドリームスからのメロディが美しい曲。ダスト曲というだけで私は盛り上がる。そこからハーバーオブティアーズの曲へ。言うこと無し、うっとりする。

Sahara
Rajaz

予想外だった選曲、ラジャーズから。実は私は持ってないのだこの作品。これまたアンドリューラティマーの魂の込もったギターが素晴らしい。前に音楽友達の誰かが言っていた。ギターは顔で弾くものだ、って。そう、顔弾き。このラジャーズ曲では前から4列目のラティマー側の席だった私はラティマーの顔芸をコレでもかと堪能できた。この2曲で豊かに変化するラティマーの表情、顔芸はここに極まっていたと断言できる。ラティマーの顔芸を観るだけで私はギターメロディが頭に浮かぶ。

Dingley Dell(new song) 
今回は鍵盤ピートジョーンズが客席に正面に座っていて、そのピートが「新曲デス。」と高らかにアナウンスして、キャメルまさかの新曲! これがまた素晴らしい。前向きなメロディとワクワク感、ダストアンドドリームスでもたびたび登場する私の好きなキャメルサウンドである。ワクワクするメロディってのが好きな私は、例えばムーンサファリでもA Kid Called Panicが一番好きなのだ。あの曲もワクワク感がタマらない。私がサファリに感じるあのワクワクメロディ感覚も元をたどればキャメルに行きつくのである。キャメルあってのサファリである。ムーンサファリはその点は本人たちが意識するしないに関わらず潜在的にキャメルを参考にしていると思う。

Ice
ココから4曲はセット本編の締め。前回来日時と同じ。哀愁全開のアイスから・・・、

Mother Road
Hopeless Anger

キマシター! ダストアンドドリームスから2曲。とくにマザーロード、これこそワクワクするメロディである。これで今回のセットリストではダストから3曲である。ムーンマッドネス再現を売りウリにしていながらダスト曲多めのセットリスト、メンバーも大事に思っているのだろうしワタシ個人的には大満足。

Long Goodbyes
セット本編の最後はこれに限る。もう泣く準備をしていた。サビの部分で涙腺がアレする。前回同様の、一旦演奏が終わったと見せかけて、再び入魂の飛翔するギターソロ。予定通り泣かせて頂きました!

----- Encore -----

Rhayader
Rhayader Goes to Town

アンコールはいきなり例の軽快なフルートから、スノーグースのラヤダー。初日2日目はやってなかったみたいなので、その意味でもお得感もあったし最高。

Lady Fantasy 
最後はお馴染みレディファンタジー。十二分にキャメルサウンドを堪能して大団円。

以上、個人的には選曲も申し分なしの最高のライヴだった。アンコールは私の参戦した5/19だけラヤダーとレディファンタジーで、それ以外の日はラヤダーは無かった模様。またセットリスト用紙に記載のネヴァーレットゴーは全日演奏せず。また最終日だけラジャーズがセット落ちしたようだ。ダスト曲多めでセットの最後でLong Goodbyesさえやってくれれば他は何でも満足するんだけどね(笑)。今回は最初にも触れたけど、4人のバンドとしてのキャメルを感じることが出来た。アンドリューラティマーのワンマンバンドでは無い。前回来日公演ではラティマー&コリンバースの双頭バンドにサポート2人、って感覚だったけど今回はデニスクレメントもそうだし、特に鍵盤ピートジョーンズの存在感は非常に大きかった。新曲ではピートがリードヴォーカルだったせいか余計にそう感じた。細かいミスはあったかも知れないけれど、スタジオ盤を凌駕する素晴らしいアンサンブルのインスト部分、ラティマー、コリンバース、ピートジョーンズによる3声のヴォーカル&コーラスワーク、そのどれもがメンバー4人の誰一人が欠けても実現しなかったであろう完成度の高さであると思う。その意味でデニスクレメントもピートジョーンズも、キャメルに欠かせない替えの効かないピースとなったと、マジでそう感じる。

ワクワクする新曲が披露されただけに、キャメルとしての新作が期待されるところだけど、ミート&グリートに参加されたお仲間em**さんがラティマーに直接、新作予定があるか質問したところ、残念ながらその予定は無いそう。それならせめて、この新曲演奏を収録したライヴ盤は期待したい。

購入したパンフはチッタ恒例のデカくてペランペランで3000円!!

Img_4847_640x480

Img_4848_640x480

終演後は懐かしい東京時代のお仲間と大宴会。知ってる人も知らない人もいて総勢18名だったそう。物凄く久しぶりにウェットンファン仲間の千葉のえび**さんが宴会だけ来ていて、おぉーー久しぶりやん!!って盛り上がってしまった。宴会の幹事をして下さったSKさんありがとうございました。また宴会終了後は泊まりなので時間がある私とem**さんとMi**さんに、横浜のSKさんを強引に付き合わせて深夜までお茶会してしまった。重ねてSKさんありがとう!!

キャメル、もし次の来日があるならダストアンドドリームス完全再現とか無いかなぁ・・・、無いか(笑)。

|

2018年5月17日 (木)

ROCK & ROLL HALL OF FAME IN CONCERT

昨日くらいからキャメル来日関連で検索されて拙ブログがヒットしてしまっているようだけど、それでヒットするのは前回2016年の来日公演大阪だからね(笑)。私はまだ今回2018年のキャメル来日公演には行ってない。今週の土曜日のチッタ参戦の為に川崎へ遠征予定なので悪しからず。

本日2本目のブログ更新。もう半年以上もライヴに行っていない私が、今週末はキャメルでクラブチッタ川崎、来週末はスポックスビアード奥本亮さんのライヴで大阪、といきなりライヴ2連発になるのでその前にチャチャっとブログを更新しておこう。

発売情報はチェックしていたけどそのまますっかり忘れていた掲題のロックの殿堂受賞式典&記念ライヴパフォーマンスの映像商品、いつものマイミク某Mちゃんのつぶやき見てハッと思い出した。昨年2017年にはイエスも受賞していて、Mちゃんに確認したらイエスへのプレゼンターとしてラッシュのゲディリーとアレックスライフソンのスピーチ、イエスメンバーの受賞スピーチ、そしてラウンドアバウトとロンリーハートの演奏も全て収録されているとの事で、これはイエスファンとしては買い逃すわけにはいかない。タワレコオンラインのポイント駆使して急ぎ注文、溜まっていたポイントのおかげで今回もほぼダーターで購入。

Img_4831_640x480

Img_4832_640x480

購入したのはBlu-Rayの2枚組。インフォが流れた時は2010年から2017年までの式典&記念ライヴパフォーマンス、ってなってた気がしたけど、本作は2014年から2017年までの4年分を収録してる模様。正直全部観るわけじゃないので(笑)、そこはどうでもイイ。

早速スキップしまくってイエスの部分を観る。ラッシュのゲディリーとアレックスライフソンが紹介して、イエスのメンバー登場。ジョンアンダーソン、リックウェイクマン、トレヴァーラビン、ビルブルーフォード、スティーヴハウ、アランホワイト、そしてクリススクワイアの奥様と娘さんかな。今回の受賞はUNIONの8人イエスが対象のようだけど、トニーケイは式典は欠席。そもそもイエスのファンでもありラッシュのファンでもある私にとっては、ラッシュのメンバーがイエスのメンバーを紹介するとかその時点で微笑まし過ぎて、この部分だけでも商品として持っていたい価値大。受賞スピーチがハウ爺だけアランホワイトを間に挟んでARWと距離を置いてる感じが現在の2つのイエスの距離感を感じさせて笑える。それから気になるのはアランホワイトの老け方だな。なんか喋り方もすっかりお爺さんって感じ。相変わらず能天気に浮遊してる感じのジョンアンダーソン、誰に対しても笑顔のトレヴァーラビン、そして何かお下品なことでも喋っているのかな? 客席を笑いに巻き込みまくるリックウェイクマンのスピーチ、日本盤は無いので字幕も無いから分かんないけど喋り好きなリックらしい。

記念ライヴパフォーマンスはまずはラウンドアバウト。アンダーソン、ハウ、ラビン、ウェイクマン、ホワイト、そしてクリススクワイアの代わりにベースを弾くのはラッシュのゲディリーという、夢の組み合わせ。現状有り得ないはずの現行イエスとARW+ゲディリーの合体演奏は、演奏内容はまぁ一発合わせてみましたって感じなので凄いわけでは無いけど、この顔合わせだけで買いだ買い! 次にロンリーハート、ココではハウ爺がクリススクワイアの代わりにベースを演奏して、アンダーソン、ラビン、ハウ、ウェイクマン、ホワイトという、やはり現行イエス+ARW。これもレア感があり過ぎて買いだ買い! いずれもYoutubeでも観れるけど、そこはやはりフィジカルで持っていたい日本人だから(笑)。こうしてブルーレイで購入で来て有難い。

まずはイエスばっかり楽しませてもらったけど、ジャーニーの受賞式典とライヴ演奏(セパレイトウェイズ、ライツ、ドントストップビリーヴィン)もあるし、ディープパープルやピーターゲイブリエル、チープトリック、リンゴスター&ポールマッカートニーもあるし、そこら辺のファンにはちょっとしたお得な記念品として持っていても良いんじゃないかな。

|

[グルメ] スターバックス コーヒー 京都三条大橋店(@ 京都 三条河原町 2018年5月11日)

Wetton Mania 3の開催告知をして3日でご参加希望が前回まで定めていた定員数まで達してしまった。前回まではコレで参加募集は打ち止めにしていたけど、今年は若干の増席分があるのであと少し募集しております。引き続きご参加希望の募集中です。

さて、今年も京都名物、鴨川納涼床の季節になった。京都の条例で毎年5月~9月までと決められていて、秋冬は楽しめない。初夏から夏、そして晩夏にかけての京都の風物詩である。そしてそれを楽しもうと思えば鴨川沿い先斗町に並ぶ高級料亭で値の張る懐の痛い思いをしなければならないところだが、このスターバックス三条大橋店は普通にスタバのメニュー料金で納涼床を楽しめる。で、早速今年も行ってきた。

Img_4815_640x480

ちなみに6月~8月一杯は暑さの関係か川床席は夕方の16時以降になる。5月と9月は午前11時30分から。週末に行くと混んでるかも知れないし、そこは私の土日関係ないシフト勤務がモノを言う。5月の平日の公休日で11時30分過ぎを狙えばすんなり入店、川床(テラス)席をゲットできる。

Img_4814_640x480

Img_4809_640x480

Img_4810_640x480

この日は天気も良く、いやちょっと暑いくらいだったけど、景色も爽やかに楽しめる。先に席を取っといて、アイスラテと、ベーコンとホウレンソウのの何とかっていうフードを、スタバカードでペイしてオーダー。

Img_4812_640x480

さすがは京都だけあって両隣のテーブルは外国の方だった。ヘタに話しかけられたらどうしようかと思ったが、そこは先日のプロレス世界最大のビッグイベント、レッスルマニアでヒールターンした我らがWWEスーパースター中邑真輔のごとく、「ノー、スピーク、イングリッシュ。」で乗り切ってやろうと心に決める。

とにかく、この素晴らしい風情ある眺めの中で、やわらかな風を受けながら鴨川のせせらぎの音をBGMにするも良し、アイホンで自分の好きな曲をBGMにしながらまどろむも良し、とても優雅な時間である。

川床(テラス)席では無い普通の店内はこんな感じ。

Img_4813_640x480

三条大橋の上から店の川床席を観るとこんな感じ。

Img_4816_640x480

京都ならではの優雅な時間を、カジュアルに楽しめる、絶好のスポットなので、あと一回くらいは天気にの良い日に行っておこうかな。

|

2018年5月 8日 (火)

【Wetton Mania 3】 開催のお知らせ

もはや何が目的だったか分からないような(笑)企画会を経て、ようやくここにWetton Mania 3の開催告知をさせて頂きます。まずは以下の、この素晴らしい電子フライヤーをお楽しみ下さい。前回までの、私が公式盤ジャケを使った素人丸出しのフライヤーとは違って、イラストレーターの綱***さん作成によるオリジナルのフライヤーです(つーか記名クレジット入ってるので名前伏せるのは無意味か?www)。

Wm3_4

今年2018年は、私の大好きなエイジアのアルファのリリースから35周年ですので、アルファ縛りで企画を、と一瞬考えましたが、そんなこと言い出したらU.K.の1stから40周年だし、クリムゾンの戦慄から45周年だし、エイジアフェニックスから10周年だし・・・、でキリが無くなるので縛りはやめました(笑)。それでは以下に開催要項を。

【Wetton Mania 3 at Rock Bar Starless】

日時 :
2018年6月16日(土) 18:30~21:30

場所 :
Rock Bar STARLESS(大阪・心斎橋)
お店のホームページ : http://uni-hiron.wixsite.com/tavern
お店のフェイスブック : https://www.facebook.com/r.b.starless/

内容 :
今回は、Wetton ManiaWetton Mania 2に引き続いての全員DJに加えて、有志による余興として新企画のミニライヴをさせて頂きます。また、前回の時に案外盛り上がった個人的な持込みによるお宝自慢やグッズ自慢も大歓迎致します。

① 全員DJタイム
参加者の皆様お一人お一人がセレクトしたジョンウェットン関連曲の音源もしくは映像を1~2曲、店内で流して頂き、自らがDJと化してウェットン曲への思い入れやウンチクを語って頂きます。

参加者の皆様におかれましては、店内でCD(DVD)を流して頂くために、セレクトしたウェットン曲のCD(DVD)を持参頂きますようお願いいたします。音源につきましては公式非公式は問いません。

曲のCD(DVD)演奏と喋りを含めてお一人様15分程度の時間で収まるようにお願い致します。従いまして長尺曲をセレクトされた場合はお一人様1曲となるかも知れません。

万が一、ご用意いただいた選曲が、他の参加者と被った場合に備えて、第3、第4の選曲のご準備もあればよろしいかと思います。参加者の選曲&喋りが一回りして、時間が余った場合は2周目も可能になるかも知れませんので。

もし映像ソフトをご用意の場合は、お店のオーディオ環境の都合により、Blu-Rayは不可、DVDはOK、となりますのでご留意くださいませ。

また、全員DJタイムの時はDJ担当の方のトークをしっかり拝聴して頂きますようお願い致します。

② ミニライヴ "Starless In Starless"
今回の新企画、有志メンバーによって独自のアレンジによる2曲のライヴ演奏を行います。曲目は、2月に東京にて実施されましたジョンウェットン一周期追悼集会(私がインフルエンザで涙の欠場したヤツ、苦笑)にて、既に演奏デビューしております以下2曲の予定です。

Starless(KING CRIMSON)
Woman(JOHN WETTON)

しかし今回は同じ2曲でも、メンバー増員、楽器も増強で、新アレンジで演奏の予定です。とはいえ、素人による余興ですので出来の良し悪しに関しては何卒笑って済ませて頂ければ幸いですwww。

③ お宝自慢
皆様それぞれに、個人的な思い入れのあるジョンウェットン関連商品やグッズ、記念品等、好き放題に自慢して頂ければと思います。こちらは時間が余った時の雑談タイムで大いにやっちゃって下さい。前回は貴重なライヴチケット半券や、来日公演フライヤー等で案外盛り上がりました。

定員 :
既に企画会から参画頂いている方だけで相当数の参加が確定しております故、Rock Bar Starless様の本来のキャパに加えて補助席を使用させて頂き、残り若干数名様となります。 参加ご希望の方は私josho(フェイスブック、ツイッター、ミクシィ等)、もしくはRock Bar STARLESSマスター様へご連絡をお願いいたします。早いもん順とさせて頂きます。ご参加ご希望時点で定員に達していた場合は、失礼ながらお断りさせて頂く場合もございます

会費 :
飲み放題(酒類限定)3000円
それ以外のオーダーについては個々でお支払いをお願い致します。
フードにつきましては出前可能との事です。また、フードの持ち込みもOKです。

お願い :
毎度の事ではございますが、本イベントはジョンウェットンを愛するファン同士が明るく楽しく交流するイベントです。お互いに人としての優しさと思いやりに満ちたイベントにしたいというのが私の最大の願いです。最低限のルールとして、こだわりが強すぎる故の偏狭な了見に基づく、他の参加者の選曲への批判や否定意見は控えて頂きますようお願い致します。

以上、何卒よろしくお願い致します。

|

2018年4月30日 (月)

キノ 「レディオ・ヴォルテール」(KINO "RADIO VOLTAIRE")

久しぶりに世間様の休日が自分の公休に当たり、気分がイイ。土日祝日の勤務は忙しいのが目に見えているから今日出勤の職場のお仲間は大変だろうなと思いつつ、午前は久しぶりにウォーキングで軽く汗をかいて気分爽快。でもこの後GWは5/3だけが公休で後はぜ~んぶ出勤という楽しくも何ともない1週間となる。その代わり5月はワガママに有休申請をして、オレは週末出勤ばかり当たってんだぜと、それとなく職場のエライ人に宣伝しまくってしっかり有給休暇の許可を頂いた。キャメルのクラヴチッタの遠征と、スポックスビアード奥本亮さんの大阪ライヴにバッチリ参戦予定という楽しみな5月である。ライヴに行くのも昨年9月のペンドラゴン以来で随分間が空いたなと。

さて、いよいよ13年振り待望の新作を発表したKINOを取り上げる。正直、う~ん、イマイチ、っていう第一印象からなんだかんだでもう5周くらい聴いて、いま6週目を聴きながらブログを書こうとしている。

Img_4783_640x480

13年前の1st、PICTURE(ピクチャー)がとてもお気に入りで、この10年くらい飽きずに聴き続けているという個人的には超名盤であった。10年も飽きずに聴き続けられるってのは、35年以上飽きずに聴き続けている我らがエイジアのアルファと私の中では同等レベルと言える。13年前のデビュー時点でのメンバーは以下の4人であった。

JOHN MITCHELL (G, Lead Vo)
JOHN BECK (Kbd, Vo)
PETE TREWAVAS (B, Vo)
CHRIS MAITLAND (Dr)

当時で言えばトランスアトランティックが表のプログレスーパーグループで、KINOは裏のプログレスーパーグループと言えようか。アリーナのギタリスト、ジョンミッチェル、イットバイツの鍵盤ジョンベック、マリリオンのベーシスト、ピートトレワヴァス、ポーキュパイントゥリーのドラマー、クリスメイトランドと、地味めの職人たちが結成したスーパーグループ、そんなイメージであった。ライヴ活動をするにあたってドラムがイットバイツのボブダルトンに交代し、4分の2が元イットバイツとなったところからジョンミッチェルをフロントマンに据えた再編イットバイツに繋がって行ったことはファンなら周知の事実である。もちろんジョンウェットン大先生のファンであれば、ジョンウェットンのソロライヴのバンドメンバーとしてジョンミッチェルとジョンベックは重要なポジションを占めていたから、JW関連としても意識せずにはいられない。そのKINOの1stがあまりにも素晴らし過ぎた。メロディアス、プログレ、ハード、シンフォニック等々の要素が本当にバランスよく融合された作品で、その表現する言葉を更に熟考して探しているうちにブログで取り上げるタイミングを逸してしまった。そうこうしてるうちにまさかの今回13年振り2ndが出たもんだから、とりあえず2ndのレディオヴォルテールの各曲簡単レビューを行ってみる。今回のメンバーは、

JOHN MITCHELL (G, Lead Vo)
PETE TREWAVAS (B, Vo)
CRAIG BLUNDELL (Dr)
--- special guest ---
JOHN BECK (Kbd)

という編成。ドラムは今回はスティーヴンウィルソンのバンドで有名なクレイグブランデル。ペンドラゴンでも一時期ドラム叩いていた。フィルランゾンのソロアルバムの一部の曲でもジョンミッチェルと共に参加していたとか、そういうこと言い出すと某ユーライアヒープ宣伝部長が大騒ぎして面倒なのでそこはスルー(笑)。あ、一言だけ言っておこうか? フィルランゾンのソロアルバムを聴いた私の印象は一言、

「その感じはニールモーズで散々聴いたわ!」

以上(笑)。話が脱線したので戻すと、今回はジョンベックの一部参加、というか不参加がとても気になっていたけど、その心配は当たってしまった・・・。

① Radio Voltaire
オープニングナンバーは約7分の、伸びやかなギターと優しい歌メロが印象的な佳曲。非常に爽やかで、ギターソロの雄大さはまるでニールショーンの1stソロアルバムで聴けたそれの様。音質もジョンミッチェル印のマイルドで耳に優しくて、でも各楽器が分離良く聴こえる、私の好きな音質。KINOらしいかどうかは別にしてコレはお気に入りの曲である。

② The Dead Club
ヘヴィなリフとエキセントリックなメロディが印象的。特に個人的に好きな曲ではないけどアルバムに1曲くらいはあってもイイ。

③ Idlewild
静謐なピアノで始まり歌メロもとても綺麗なバラード。メロディが本当に味わい深くて、もしこの曲をジョンウェットンが歌ったら似合うだろうなぁとか、そんな風に妄想してしまった。本当に美しいメロディで、しばらく頭から離れない。仕事中も頭の中でメロディが流れ続けたくらいメロディが綺麗で、これは名曲だと思う。KINOらしいかどうかは別にして。

④ I Don't Know Why
上3曲はジョンミッチェルの曲だったけど、この曲はピートトレワヴァスのペンによる曲。最初パッと聴いて感じる印象はビートルズ的だなってところなんだけど、なぜか繰り返し聴きたくなる。歌メロがとても凝っていて、サビの部分の凝ったメロディがこれまた非常に印象的に脳内に残る。KINOらしいかどうかは別にして、とても気に入った。

・・・と、ココまでの4曲、それぞれにタイプが違っていて、KINOらしいかどうかは別にして、良質のメロディと、メロディを引き立たせるアレンジが印象に残る素晴らしい曲と、曲の並びだったんだけど・・・・。

⑤ I Won't Break So Easily Any More
疾走感のあるアップテンポな曲。悪くは無い。

⑥ Temple Tudor
ほぼ全編アコースティックギターとヴォーカルによるシンプルな優しいメロディの曲。悪くは無い。

⑦ Out Of Time
この曲も④と同様ピートトレワヴァスのペンによる曲。悪くは無いけど歌メロに耳を惹くものが無い。途中のインストセクションも地味。

⑧ Warmth Of The Sun
2分足らずの、ピアノとヴォーカルによる弾き語り風の曲。何かアルバム中のインタールード的な役割なのかな?

⑨ Grey Shapes On Concrete Fields
疾走する哀メロ風のサビが印象に残る。今作の中で肝となる曲の位置づけなのかも知れないけど私の中で深い感動には至らない。悪く無いし私の好き嫌いの問題でしかないんだけど、何が足りないんだろう?

⑩ Keep The Faith
ミディアムテンポの哀メロバラード。途中のインストセクションの盛り上げが一瞬オッ、と思わせるんだけど、うーん、もうひと捻りというか盛り上げが欲しかったかな。

⑪ The Silent Fighter Pilot
本編ラスト曲もピアノとヴォーカルの静かなメロディから始まる。途中からインストセクションで盛り上げにかかるんだけど、なんだろう、これまた深い感動に至らない・・・。

以上、本編11曲、ボーナストラック4曲はここでは割愛。
4曲目までは気分良く聴けるんだけど、5曲目からは上記ご覧の通り、悪くは無いんだけど深い感動に至らない。これ、ジョンベックが本格的に演奏に加わっていたら、ジョンベックがアレンジで才能を発揮していたらもっと素晴らしかったかも・・・、って感じてしまうところが個人的な感覚でジョンベックの不在感を増幅させてしまう。いや、繰り返しになるけど悪くは無い。悪くは無いんだよ。むしろイイ作品なんだと思う。ただ、KINO名義だとどうなんだ? となってしまう。これがジョンミッチェルのソロプロジェクトなら、ロンリーロボットの1st2ndに続く3作目なんだとしたら全然OK、今回も安定のクォリティの高さ、って平然と言えてしまう。ロンリーロボットはジョンミッチェルのソロプロジェクトと分かっているから、あれでKINOと再編イットバイツの主力であるジョンミッチェルによる高品質のプログレポップ作品と言えてしまう。しかし今回はKINO名義にしてしまっているから、1stの続きを作れとは言わないけど、ジョンミッチェルのソロプロジェクトとは違うところを明確に聴かせて欲しかったなぁと思ってしまうのだ。

ホント個人的なアレで申し訳ないんだけど、私の中では、

KINOの1st > 再編イットバイツ

ってくらいKINOの1stが大好きで、ちょっと今回は期待値が高すぎた。ロンリーロボットと何が違うんだ?って。いやロンリーロボットには無いタイプの曲は確かにあるんだけど、ここにジョンミッチェルとジョンベック、二人のジョンのケミストリーなるものが無いことが感じられてどうしても第一印象がイマイチ、となってしまう。まぁジョンベックのスケジュールが取れれば、それはもうイットバイツとしての活動になってしまうんだろうけど。

なお、今回も国内盤の発売を待って購入したんだけど、国内盤のライナーが、KINO結成の経緯をかなり詳細に書いてくれていて、当初ヴォーカルには誰の名前が挙がっていたとかドラマーは誰の予定だったとか、へぇ~そうなんだ的なウラ話が満載でなかなか楽しめた。

というワケで言うだけ言ってアレだけど、今年上半期で一番の楽しみだったKINOの2ndは、KINOらしいかどうかは別にして、悪くは無いよ、という事で(笑)。

追伸:「Wetton Mania 2」参加者の皆様へ
6/16の「Wetton Mania 3」開催に向けて、再び企画会みたいなの?を5/2(水)夜に心斎橋のスターレスで行います。もしよろしければ参集可能な方がいらっしゃいましたらお待ちしております。

|

2018年4月24日 (火)

ザ・フー 「ライヴ・アット・フィルモア・イースト 1968」(THE WHO "LIVE AT THE FILLMORE EAST 1968")

はい、またもや10日以上のご無沙汰。ネタが無かったワケでは無いけどどう書くか考える暇が無くて。先月からオーダーして到着を待ちわびた品々が到着し始めた。田舎在住なのでCDの購入はどうしてもネット通販でのオーダーが中心になる。ちょっとでもお得に購入しようとすると、タワレコオンラインでポイント何倍とか、そういうタイミングを狙って遅れてオーダーするのでどうしても到着も遅れる。今日までに近所のコンビニにWHOのフィルモアイーストとKINOの新譜国内盤が到着していた。今日は公休で、日曜から月曜にかけての泊まり勤務で疲労困憊だったのに今朝はさっさと早起き。そしたらきっちりオカンからスーパーでの買い出し指令があり、ついでだから丁度良かったとスーパー買い出しからのコンビニでCD受け取り。今日は雨模様でウォーキングも出来ないので更にそのまま車でコメダに直行。スタバやタリーズに比べて明らかに割高感があるんだけど、コメダチケットを駆使すれば少しはお得感もあるし、何よりもあの店内でのリラックス感は考え事をするのにもってこいである。

さて、帰宅して午後はまずはWHOのフィルモアイーストを聴く。KINOも楽しみなんだけど、KINOを記事にするのはじっくり聴いてからにするのでWHOから。

Img_4782_640x480

拙ブログでWHOを取り上げるの10年ぶりくらいかな。ってかそんなに長くやってんだこのブログ。もともとプログレに囚われずブリティッシュロック全般に造詣を深めようとしていた時期があったので、WHOも主な代表作は若い頃からCDで揃えていた。しかし何と言ってもライヴ盤のライヴアットリーズが素晴らし過ぎた。ここ何年かはWHOは聴いてなかったんだけど今回68年のライヴが公式発売されるとあって、久しぶりにWHOへの興味が再燃してきた。ツェッペリンにも言えることだけど、WHOにしてもライヴでこそバンド本来の凄みを味わうことが出来る。単なるロックンロールやビートポップ的な楽曲が、ライヴになるとそれこそ怒涛の、嵐のような、爆音サウンドになってその迫力にこちらは平伏すしかない、そんな感じである。

これまたツェッペリンにも言えることなんだけども、WHOのこの強力極まりないサウンド、その肝となっているのは手数の多いキースムーンのドラムと、そして歪ませた攻撃的なジョンエントウィッスルのベースである。ドラムとベースが生み出す強力なグルーヴは唯一無二である。って、ツェッペリンでも同じこと言ってたかなオレ(笑)。私のようなイエスのファン目線で聴いても楽しめる。明らかにクリススクワイアに影響を与えたに違いないジョンエントウィッスルのベースプレイは、そこだけ注目して聴いても楽しめる。1968年と言えばまだビートルズが存在していた時代であり、その時点でこのド迫力ライヴを各地で繰り広げていたことは、バンドの持つエネルギーがハンパなかったことを物語る。そりゃクリススクワイアも気にするわな。この時代だと例えばクリームであったりジミヘンドリックスにしてもその発散されるエネルギーが凄い。ここら辺を聴かないとブリティッシュロックなるものに言及するのは失礼にあたると思う。あまりブログでは取り上げてなかったけど結構聴くのですよこのあたりのバンドは。

本作でもリラックスやマイジェネレーションでのインストプレイは凄まじい。マイジェネレーションなんて30分超え。本作CD2枚組の2枚目はマイジェネレーションだけだし。ただのビートポップ的な曲でここまで凄まじいエネルギーを、それも30分超えで放出して見せるとは。凄いライヴ盤なので聴くと疲れる。なので個人的に毎日は聴けない。しかしこの凄さに久しぶりに触れてしまうとアレだな、スルーしていたライヴアットハルも聴かないといけないかな。っていうか実際のライヴを観てみたい気もするけど、既にキースムーンもジョンエントウィッスルのこの世にいない。だからこその伝説のライヴと言えるのかも知れないけど。

ブリティッシュロックを云々って言うならまずはこれを聴け!って言える価値のあるライヴ盤だと思う。

|

2018年4月13日 (金)

スティーヴン・ウィルソン 「トゥ・ザ・ボーン」(STEVEN WILSON "TO THE BONE")

いかん、デュークスオブジオリエント、聴き過ぎて飽きてしもた(汗笑)。耳に残るキャッチーなメロディやアレンジがあって、一聴して気に入ってしまうとコレがあるから良くない。飽きる音楽と飽きない音楽、何が違うのだろう・・・。とりあえず自分が感じた素晴らしさを温存するためにデュークスオブジオリエントはしばらく聴かないようにする。

昨日は泊まり勤務明けで、昼にクリエイティブマンから3A会員宛へのスティーヴンウィルソンの来日決定メールに狂喜歓喜乱舞し、でも職場であまり寝れない慌ただしい業務だったもんだから午後から死んだように寝てしまった。途中トイレに行きたくなって2、3回起きたけどその後そのまま寝続けて、ちゃんと起きたのは今朝7時。つごう15時間も寝てしまったぜ。前にも言ったけどアラフィフでこの生活は良くない。泊まり勤務でどうしても週の半分は昼夜逆転の生活になってしまうし、体内時計みたいなのがホントにあるのなら、私の体内時計は狂いっぱなしなのだろう。気持ちで持ち堪えて日々の仕事や生活や地域の所用を頑張ってるけど、やっぱり2~3ヶ月に一回は様々な用事を後回しにしてでもこうして死んだように寝ないと身体と気持ちが持たない。おかげで今日は非常に頭スッキリ、体調がイイ。また、苦しみ続けた花粉症も随分楽になってきた。関東と関西ではスギ花粉の飛散ピークや終息時期が違うようで、川崎横浜にいた頃は毎年GWくらいまで辛くて機嫌も悪かったけど、こちらに帰ってきてからは4月中旬には楽になるし。今日は公休なんだけど、この際は休日恒例のウォーキングも休止して、一日中好きな音楽を聴きながら静養に充てることにした。

さて、クリエイティブマン3A会員のチケット申し込み開始と同時に、スティーヴンウィルソンのチケットをお仲間の分と一緒に申し込みを完了。抽選結果を待つのみだが、英国ほどは人気の無い日本なので、まぁハズレは無いだろう。今回も例によって東京のみだけど、今回ばかりは何を差し置いてでも東京まで遠征する。こないだのハケットすら大阪が無いからと見送ったのに。それくらい待望だったのだ。そして何よりもそのチケット代の安さに驚く。8500円って、キングクリムゾンの半分以下やないか。今や英国ではクリムゾンとスティーヴンウィルソンは同格、いやもしかしたら格上かも知れないのにコレはどうした事かと。8500円を激安と感じてしまう私の感性もどうかしてしまっているが。

面白いよね日本って。日本独自の「洋楽」ジャンルが存在するのだろう。日本独自の「洋楽」という概念というか評価基準の中で多分スティーヴンウィルソンは位置付けし難いんだと思う。でもこのカテゴライズし難さが、私には貴重に思える今日この頃な気分なのだ。スティーヴンウィルソンの新作トゥザボーンを、満腔の期待で迎えた2017年夏だったはずなんだけど、そう言えば改めて自分のブログを見返してみたら、この作品を取り上げてもいなかった。忙しさにかまけてたのもあるけど、違う理由も思いつく。来日決定のタイミングで改めて取り上げてみたい。

Img_3914_640x480

個人的にはアランパーソンズにプロデュースを委ねてスタイルとしてのプログレに真正面から向き合った「レイヴンは歌わない」からマジメに聴き始め、90年代以降のロックの熱さや暖かみ、アンビエント感も加えた「ハンド・キャンノット・イレース」をとても気に入り、「4 1/2」で今作への期待を増幅し、来日を切望していたものである。本作はセーソク先生風に言うならば、プログレもしっかり消化しつつ音楽性をイイ意味で拡散する方向へ舵を切った清々しさがある。発売前よりスティーヴンウィルソン自らが、ピーターゲイブリエルのSOやケイトブッシュ、ティアーズフォーティアーズからのインスパイアを公言し、XTCのアンディパートリッジ作詞によるタイトル曲がオープニングを飾る本作は、80年代にプログレを消化して生み出されたポップ、ロックを、これまたプログレを飲みこんだスティーヴンウィルソンがさらに消化した、そういう作品であり、そこら辺に違和感や苦手意識の無い人ならばとても楽しめる作品となっている。

私が思うに、彼を楽しむうえで若干邪魔になっているのが、これまた日本独自の「洋楽」というジャンルの中で、「新世代英国プログレの旗手」みたいな言い方をしている方がいること、これが面倒というか邪魔をしている気がする。じゃぁプログレそのものなのかというと、面倒臭い70年代プログレにこだわるプログレ村の住人からするとそうでもないんだろうし、中にはあからさまに、なんでこのミュージシャンが70年代プログレバンドと同等の評価を受けてるワケ?ってムキになってネットやSNSでdisってるプログレオタな人もいる(そう言うのを目にするのがこちらも面倒なので、私はプログレコミュには入らない、苦笑)。いいじゃない、プログレ要素も消化してるし80年代ポップも消化した上で、その全てを自分のやりたい音楽を表現するツールとして使っている、スティーヴンウィルソンっていうジャンルのミュージシャンってことで(笑)。

それで、なぜか今まで本作を拙ブログで取り上げてなかったワケは、いろいろ忙しかったからってのと、あと、パッと聴いて気に入ったんだけども、それをパッと表現する言葉が浮かばなかったから、そんなところである。デュークスオブジオリエントはパッと聴いて気に入った。褒め言葉もすぐに浮かんだ。でもスティーヴンウィルソンの作品はいつも、気に入るんだけど、褒め言葉が上手く浮かばないのだ。この人多分プログレ好きなんだろうなぁって思うんだけど、それをツールとしてサラッと使ってる。この人90年代ブリットロックが好きなんだろうなぁって感じたけど、それもツール。そして今回80年代のちょっと凝ったポップロック、これも自分を表現するツールとして使ったのだ。だからカテゴライズ好きな日本ではカテゴライズし難い。自然とメディアで取り上げにくい。だから一般に評価が拡がらない。英国ではロイヤルアルバートホールを満員にしてみせる集客力があるのに、簡単に来日公演を企画できる呼び屋がいない。そんな感じだったのではないだろうか。一聴して気に入る音楽は毎日聴きたいけど、毎日聴くと飽きる。しかしスティーヴンウィルソンは一聴して気に入るけど、毎日聴くには頭が疲れる。その魅力は簡単に表現できないからよく考えて聴かないといけない。ついつい後回しになってブログに取り上げる機会を逸していた。でも逆に、すぐには飽きない。飽きない傑作、それが私のスティーヴンウィルソンの作品に対する結論である。

11月の来日公演まであと半年以上もある。バンドメンバーは今回も英国ロック界の実力者ばかり。エイジアとかウェットンファン的にはマルコミンネマンやガスリーゴーヴァンもいた2013~14年頃のバンド編成も魅力だったけど、2018年のバンドメンバーもベースには独特のオーラ全開のニックベッグスがいるし、鍵盤のアダムホルツマン、ドラムのクレイグブランデルと、ペンドラゴンやKINO、フロストもストライクな私には魅力あるメンバーばかりである。これから半年間、本作含めてスティーヴンウィルソンの近作をじっくり聴きながら、それはそれは楽しみに来日公演を迎えたい。

|

2018年4月 7日 (土)

YES "FLY FROM HERE - RETURN TRIP"

あの、先に言っておくけど私は今回のハケット来日公演は行ってませんので(笑)。私のブログで参戦レポはありませんので悪しからず。今回はクラブチッタ川崎のみという事で、大阪も無いので早々に断念。行かない理由を100個くらい思いついたので、もう悔しくも何ともありませんし(苦笑)。2013年の全曲ジェネシスの来日公演と、2016年の半分ジェネシス半分ソロ代表曲+新作曲の来日公演、その2回でもうハケットは堪能し尽くしたから。

今回は先ごろPledgeMusic通販の形で発売開始されたイエスのフライフロムヒアの、トレヴァーホーンによるリードヴォーカル差替え版、"FLY FROM HERE - RETURN TRIP"を取り上げる。えっと、もうPledgeでオーダーした方にもディスパッチが始まってるのかな? 分かんないけど私の方は、3月下旬に渡英してイエスの50周年ロンドン公演&ファンコンヴェンションに参加された方に直接現地の物販で買って来てもらった。まず初めにその御礼をしなきゃいけない。いつも良くして頂いて本当に感謝しています。ありがとうございます。なんちゅうか、こんな時、ブログやってて良かったなぁと思う。拙ブログを通じてお仲間になって頂いた個性豊かで、かつ礼節もわきまえた良い人たちに巡り合えたことはホントに幸運で光栄である。

それでは作品に触れて行こう。

Img_4748_640x480

パッケージはブック型のデジパック。このパッケージ、個人的には好き。ロジャーディーンのジャケは2011年版のフライフロムヒアと同じジャケだと思っていたけどちょっと違う。そしてブックレット内側はもうすっかりベノワデヴィッドの痕跡が消されているというね(苦笑)。

Img_4754_640x480

それで、渡英して買ってきてくれた「世界で一番最初に手にした」方がロジャーディーンに突撃して、サイン貰ってきてくれた。ありがたい。

Img_4757_640x480

Img_4756_640x480

さて、収録曲は2011年版の曲目にプラス1曲、ハウ爺のペンによる未発表曲が加えられている。

Img_4752_640x480

既に本作の全編を数回聴き終わっているのだけれど、飽きるほど聴いたフライフロムヒアが、全く新鮮な感覚で聴ける。ベノワデヴィッドのヴォーカルを全てトレヴァーホーンのヴォーカルに差し替えただけでなく、またリマスターじゃなくてリミックスだから音の質感や、もっと言えばアレンジそのものが違う部分まで散見されて、そういう意味では何度でも聴き返して、その違いを楽しめる。歌詞が違っていたり、また演奏そのものもブックレット内のハウ爺のコメントにあるように、ハウ爺とジェフダウンズが新たに演奏を加えていたりする。曲ごとにこの部分が・・・、って言い出せばキリが無い。キリが無いくらいに全編で新しくなっている、そんな感じ。

ヴォーカルにに関しては、まぁ正直に言ってベノワデヴィッドの方が上手かなという気がしないでもないが、そこはやはり、本作は何と言ってもこれでホーン、ダウンズ、ハウ、スクワイア、ホワイトという、純粋なドラマラインナップとなったワケで、その強迫感から自然とそういう意識で聴くことになるので、イエスファンとしては今回の方が何か本物感を感じざるを得ない。2011年版をプロデュースしたトレヴァーホーンが改めてプロデュースし直して上塗りしたのは当然意図があってやってるんだろうから、そりゃ後出しジャンケンの方が強いに決まってる。ベノワデヴィッドには気の毒だけど。

曲に関して、2011年版の時に触れてなくて、その後聴けば聴くほど感じていたことを改めて記す。それはクリススクワイアのペンによるThe Man You Always Wanted Me to Be。当時から凡庸ながら暖かみを感じるイイ曲だなぁと思っていて、曲ごとに聴いた回数で言えばWe Can Flyの次くらいによく聴いていた。この曲は歌メロが優しくていいんだけれども、よくよく聴くとハウ爺のギターメロディの絡ませ方が絶品だと思うのである。特に2回目のサビに当たる2分45秒からの、歌メロの合間に入れるハウ爺のギターメロディ、これは歌メロの良さをさらに際立たせる、地味ながら最高の仕事をしている気がする。そう、ハウ爺は自分のペンの曲じゃなくても、こういう風に曲全体を考えてギターで彩りを加えて行く、その才能がもの凄くあるんだと思う。それはエイジアのアルファにも言えることではないかと。エイジアのアルファは、当時のハウ爺のインタビューで、このアルバムはギターアルバム・・・と言っていて、当時はエッ??って思ったけど、よくよく聴くとホントにギターが曲そのものやウェットンの歌メロを邪魔せずに引き立てているのが分かるようになった。その仕事ぶりを本作のThe Man You Always Wanted Me to Beでも感じるのだ。派手なリードギターやギターソロプレイでは無い部分でのハウ爺の仕事ぶりは素晴らしい。

次に今回初登場となった、2011年時点でセッションされていながら収録されなかった、ハウ爺作のDon't Take No For An Answerについて。いかにもハウ爺らしいアコギで始まるフォーキーな地味な曲で、歌メロも素朴で地味にイイ曲なんだけど、これもドラマラインナップが演奏してトレヴァーホーンがプロデュースすることで、シンセなんか結構派手に色づけされていて面白い。ハウ爺自らのリードヴォーカルはイエス曲とは思えない超低音で(笑)、ホーンがコーラス頑張ってイエスっぽくなっている。

全曲レビューしてもイイくらいに最近入れ込んで聴いているのだけれど、一応全曲レビューは2011年版の時にやっているのでもうイイ。一般に流通させないところは最低限2011年版への配慮だろう。でもそうは言っても今のところPledge通販で普通に手に入るので、ドラマラインナップによる、ドラマに続くアルバムとしての記念碑として持っていたい人はオーダーしてもイイと思う。これを聴くともう2011年版は聴かなくなる可能性があるけど(笑)。でも辛うじて最終曲のInto The Stormには作者としてベノワデヴィッドとオリバーウェイクマンのクレジットは残っているので、わずかながらの痕跡が残されて良かったんじゃないスか(笑)。。。

|

2018年4月 4日 (水)

BS-TBS 「SONG TO SOUL エイジア/ヒート・オブ・ザ・モーメント」(2018年 3月18日 23:00放映分)

こんな事ダメなことなんだけど、先日の泊まり勤務で早朝の時間帯に眠くて眠くて仕方なくて、軽く寝落ちしながらの業務となってしまった。しんどくてもそう簡単に寝ない私が、その日は泊まり勤務の連勤で、しかも僅かながらの仮眠の時間にしっかり寝られず、さすがに疲れが溜まったのだろう。危うくお客様の前で白目を剥くところだったぜ全く。

泊まり連勤が終わって本日公休。花粉症の重症患者の私である故に、花見なんてもってのほか。この時期は出来るだけ雨が降って欲しいと心から願うものである・・・。それでも今朝は疲れてたからかぐっすり眠れてスカッと目が覚めた。外には出たくないけどウォーキングはしたいし・・・、と思っているところで例によってオカンから鬼指令。徒歩20分のスーパーでサランラップが安売りしてるから買って来いと。お一人様2本までだから、レジを2回通って4本買ってこいだと。ハラを決めて、頭にタオル巻いて、メガネかけて、マスクして、と花粉症対策の重装備でウォーキング兼ねて外出。外に出たからには桜を愛でながら歩こうじゃないかとアイホンのカメラ構えながらだったけど、何の事は無い、京都は連日の夏日だからなのか、もう桜は半分散っとるし全然写真映えしないのでガッカリ。スーパーのレジを2回通ってサランラップ4本買ってきたわな。

午後は地域の所用の事務作業を済ませてブログでも、と思っていたところでクリエイティブマンからキングクリムゾン来日決定のメールが。ひとしきりSNSで盛り上がり、SS席2万円に驚愕しつつ所用を済ませる。2万の席にするか1万6000円の席にするかは2~3日考えてからクリエイティブマン3A会員の最速先行予約に臨むことにして結論は後回し。大阪2DAYSあるけど、ま、大阪1日だけでイイかな。前回2015年は1万5000円だったのに何で5000円も上がってるんだとか色々思うけども行くという結論は動かないし、その頃にはやっと現会社に入社して初のボーナス支給もある事だしよく考えよう。

さて、ようやくというか一応は拙ブログでも取り上げないワケにはいかないだろう、先日のBS-TBS「SONG TO SOUL」のエイジア/ヒート・オブ・ザ・モーメント特集。録画しといたやつを2周ほど観た。これと言ってビックリするような内容では無かったけど、所々気になる話もあったので取り上げておく。

Img_4737_640x480

スティーヴハウ、カールパーマー、ジェフダウンズ、ジョンカロドナー等々、日本の番組としては可能な限りのインタビューを試みていて、その意味では好感の持てる番組だったと思う。アメリカウケするビッグセールスを目指すスタジアムロックバンドにしたいA&Rジョンカロドナーと、メンバー、特にハウ爺やカールパーマーとの駆け引きがあったことは、ビジネスとミュージシャンの誇りの間でのアリがちな姿が垣間見えて興味深かった。

Img_4738_640x480

バグルスのラジオスターの悲劇の特集の時にもあったけど、ジェフダウンズによる作曲の過程の解説も、おぉー、なるほど~、とちょっと感心する部分で、さすがに曲そのものを掘り下げる番組だけあって面白い。ポップな曲やなぁ~、と聴き流す曲が実際には凝りに凝ったコードを使った曲のストラクチャーを考えていたことには、改めてこの曲を聴き直すイイきっかけにもなる。

Img_4740_640x480

しかしリアルタイムでツイッター等でウケて盛り上がっていたカールパーマーのコメント、へぇ~そんなんだぁ、と素直に受け取っていいのか、いやいやホンマかいな、と笑っていいのか、私のような音楽的素人にはよく分からない。

Img_4741_640x480

プロのドラマーが言うのだから素直に受け取った方がイイのかなとは思うけど。確かにヒートオブザモーメントは途中えらいテンポアップするよなとは昔から思っていたけど、ワザとやっていたとはこれまた新しい発見。それでも自分のテンポを崩さないジョンウェットン大先生に対してEL&Pのグレッグレイクは一緒にテンポアップしてしまうと軽くDisってるのはやはり笑える。

バンドの結成に関するストーリーは普通に知られているエピソードが改めて語られる感じであった。

Img_4739_640x480

なんかもっと、一番最初のスーパーグループ計画だった、リックウェイクマン、ジョンウェットン、カールパーマー、トレヴァーラビンの4人編成計画からどう変わっていったのかとか、そんな話があればオオッって前のめりになったんだけど、さすがにそこまでは無かったな。そもそもヒートオブザモーメントはウェットン/ダウンズ作だし、そんな編成だったらヒートオブザモーメントは生まれなかったわけだから。あと、なんでヒートオブザモーメントと、バグルスのラジオスターの悲劇は最初の歌メロが似ているのかとか、せっかく双方の曲の作者であるジェフダウンズが楽曲のストラクチャーを説明してくれてるんだから、突っ込んでみても良かったのでは?とか、そんなことを気にするのは私のようなバカなマニアだけか(笑)。

|

«#YES50 UK & EUROPE TOUR 2018 (Mar 24 & 25, 2018 @ London, UK)