2018年7月21日 (土)

納涼AOR祭り! at Rock Bar STARLESS (Jul 20, 2018 @ OSAKA)

毎年京都の夏はちょっと他の都市とは違う独特の蒸し暑さがあるけど、それにしても今夏の暑さは酷い。お蔭で好きなはずのプログレやHR、産業ロックですら聴く気にならない。そこでこの季節はAORでしょ!ってことで急遽お仲間と図って、暑気払い兼ねての「納涼AOR祭り!」を企画することにした。暑さで頭がヤラれていて急に決めたので特に細かいイベントとしての詰めは行わず、ただ集まって飲み喋りしながらお気に入りのAORを聴きまくろうという、そういう感じ。AORといっても実際には有るような無いような境界の分からないジャンルなので、涼感や爽快感があればそれでOKって感じで各々自分の好きなCDを持ち寄ることにした。

それでは昨日7/20(金)夜に実施した「納涼AOR祭り!」の簡単レポを。

昨日で1週間連続で最高気温が38度超えの京都を抜け出して大阪へ。大阪駅に着いた時点で外に出ると涼感を感じるくらいだったから、と にかく京都は暑いというのが自分の肌感覚で分かる。心斎橋に行く前に梅田の阪神スナックパークでお仲間への差し入れ用に阪神名物いか焼きを購入。ついでに冷とり天ぶっかけうどんを食べていざ心斎橋へ。19時30分の開店10分前くらいにロックバー・スターレスさんに到着したときに丁度マスターも自転車で大汗かきながら到着。私も歩き疲れていたのでマスターが店の準備をしてる時に図々しくも店内に入らせて頂いてエアコンで涼む。em**さん、ナゴヤ**さん、ichi**さんが揃ったところで順番の好きなAOR曲をかけながら飲み&お喋り開始。皆さんの持ち寄ったCD達。

Img_5065_640x480

Img_5066_640x479

Img_5067_640x480

私が持参したのは以下写真。

Img_5068_640x480

この日のプレイリストは順不同で覚えてる限りで大体以下(赤字は私のプレイリスト)。

David Foster / Walk Away
Gino Vannelli / Brother To Brother
Airplay / Stranded
Christopher Cross / Ride Like The Wind
Paul Davis / Cool night
Γρηγόρης Πετρακος / Για μια καλύτερη ζωή
Cecilio & Capono / Night Music
Silver / Musician(It’s not an easy life)
Gary Moore / Falling in love with you
Soft machine / Over’n’ above
Christopher Cross / Sailing
Fujiyamountain / Coconut Beach
Eishu / Private Eyes
Air Supply / Sweet Dreams
Billy Joel / Piano Man
Lullaby Of Birdland / Maya Lae
Jason Mraz / Rise
Fujiyamountain / One Last Sip Of Cappucchino
Eishu / Every Breath You Take
Greg Mathieson Project / Bamp Me
David Foster / Flight Of The Snowbirds
Williams Friestedt / Swear Your Love
Neal Schon / Steps
Maxus / The Higher You Rise
Joseph Williams / Babylon

私の選んだ上記赤字の6曲は我ながら満足の選曲。特にデヴィッドフォスターのフライトオブザスノーバーズは、デビッドフォスター曲の中で、いや、全AOR曲の中でもっとも好きな曲なので、そこを強調出来て益々大満足であった。

私は家が遠いので22:00過ぎでお暇頂き、すれ違いで綱**さんが登場されて深夜まで盛り上がった模様。お店のスターレスは普段はプログレ強めのロックバーで、プログレほぼ排除のAOR祭りはなかなか新鮮www。よりバーらしい雰囲気を醸し出すことにも成功したのではないかと自画自賛www。定番から変化球まで、それAOR?みたいなのも含めて、楽しめればそれでイイから暑気払いになれば何でも良いwww。

今回は例によって仕事のシフトが不規則な私の都合に合わせて平日開催となったので、参加したくても参加出来なかった方もいらっしゃると思うし、その点は申し訳なかったなぁと思います。また、プログレじゃないから1曲が短いし、さぞかし大量に聴きまくれるだろうと思ったのが、案外持参していたけど店で流すことが出来なかったCDも結構あって、それで、また次回パート2をやろうみたいな話になってしまった。できるかな? 私個人は8月は一番勤務シフトが厳しい時期になるので、私ありきだとまた平日開催になってしまいそうだしちょっと悩みどころ。でもとても楽しかったので何とかまたやりたいんだけど。

|

[グルメ] 阪神名物 いか焼き(@ 大阪 梅田 2018年7月20日)

昨日7/20、心斎橋のロックバー・スターレスさんで「納涼AOR祭り」をやったんだけど、例によってその前にグルメレポを。

ネイティヴ関西人でありながら実は食べたことが無かった大阪名物、阪神百貨店のいか焼き。今回初めて食した。「納涼AOR祭り」への持ち込みフードとオカンへのお土産兼ねて、スターレスに行く前に梅田で下車して購入。以前は阪神百貨店の中に売り場があったと思うんだけど、現在は阪神スナックパークっていう新しく出来たフードコートみたいなところに移転している。

Img_5059_640x480

金曜夕方で行列も出来ていたけど、それでも並んで5分くらいで購入できた。取り敢えず今回は味のトッピングの無いシンプルないか焼きで。スターレスでお仲間の皆様に差し入れ。

Img_5062_640x480

更に翌日に自宅でオカンと一枚ずつ食べた。

Img_5064_640x480

味はまぁ、取り立てて絶品の味とは思わないけど、大阪の昔っからの安いソウルフードとして未だ人気が高い。手軽に食べれるおやつ感覚。

他にもいくつかタマゴが入ってるやつとか、ねぎいか焼きとか有るようなのでまたトライしてみよう。それにしても阪神スナックパーク、大阪で有名なお店のサテライト店みたいな位置付けかも知れないけど、ココをウロつくだけで大阪名物の代表の一部が味わえて楽しい。ホントはこの時、「カドヤ食堂」の中華そば(ラーメン)を食べたかったんだけど、時間が無かったのでそれはまた次回。

|

2018年7月13日 (金)

ドナルド・フェイゲン 「ナイトフライ」(DONALD FAGEN "THE NIGHTFLY")

今日も初老ならではのあそこが痛いここが痛いネタから。1ヶ月ちょっと前から動悸がしてちょっと心配になってきた。寝るときとか横になった時にやたら動悸を感じる。なんだろうと思っているんだけど、それとは別に右の背中から右脇腹にかけても痛くて益々気になる。3連休の勤務が終わったら念のために病院に行ってみようかと思う今日この頃である。明日からの世間様の3連休はキッチリ出勤の私であるが、天気予報が快晴かつ最高気温が37~38度とか、嘆く元気も無いくらいの猛暑予想で、いやもう32度くらいを超えたらもう一緒でしょってくらいの開き直りで勤務を頑張ろうと思うのである。

ここまで暑いと間違っても積極的にプログレを聴く気にはならない。HR/HMも同様。休みの日はちょっとでも涼味を感じるフュージョン系とかAORばかり聴いている。パットメセニーであったりデヴィッドフォスターであったり。そこで今回のブログ更新は、昨夏に購入したままほとんど聴いてなかったドナルドフェイゲンのナイトフライ、国内盤SHMCD紙ジャケを取り上げる。

Img_5044_640x480

80年代の発売当時から名盤の誉れ高い本作であり、私自身については88~89年の学生の頃のCDショップのバイトの先輩が随分話題にしていたので気にはかけていた。実際にCDを購入したのはだいぶ後になってからだけど。もういつ頃だったか忘れたけど多分20年以上前だと思う。当時輸入盤で購入したのが以下。

Img_5045_640x480

初版当時からオーディオ評論家の間で、オーディオの音質チェック用に使われているくらいに音質の良い録音と言われていた気がする。ま、そこら辺の詳細は他の評論を見て下さいませ。今回、というか昨夏2017年に紙ジャケ発売された本作は、2011年DSDマスターを使っているそうで、オーディオに詳しい人に言わせれば買って損は無い最新リマスターらしい。紙ジャケや日本盤帯も再現しているのでファンは持ってて損は無いだろう。確か昨年9月に来日が決まっていたと思うんだけど諸事情で来日中止となり、せっかくの紙ジャケ再発もメーカーさん的には売り時を逃したかな? ちょっと好感が持てるのは、この再発、下手にボートラ収録とかそういう事をせずに、オリジナル収録曲のみで再発している点である。曲の並びを含めた作品としてのパッケージ性も大事なんだろう。

正直、普段聴きにはオリジナルのCDで十分楽しめる。多くのミュージシャンを起用して、細部に渡ってこだわって作り込んだこの作品はジャンルの好き嫌い関係なくこれからも語り継がれていく逸品だと思う。私はメロディさえ良ければプログレでもHR/HMでも何でも聴くので、AORも当然ストライクゾーンにある。とは言ってもいつも1曲目のI.G.Yしか聴いてないというある種の「にわか」である私だが、今夏は珍しくここ数日で何度かフルで聴いている。じっくり聴くも良し、BGM的に聴き流すも良し、夏場に聴くには暑苦しくなくて、丁度良い作品である。

さて、そんな夏の暑さに涼味を味わうべく、7/20(金)に19:30くらいから、22:00くらいまで、心斎橋のロックバー・スターレスさんで、「納涼AOR祭り」を開催致します。Wetton Maniaほどはカッチリと企画してるわけでは無く、AOR聴きながら飲み会しよう、って感じの気楽な会です。よろしければご参加くださいませ。なお、拡大解釈は大いに可です。フェイスブックにも書きましたが、例えば・・・、

・JOHN WETTON / VOICE MAIL
 マイケルランドゥやロビーブキャナンと言ったマクサスのメンバーやTOTOのスティーヴルカサーも参加してるLA制作だからある意味AOR。
・JON ANDERSON / IN THE CITY OF ANGELS
 TOTOメンバーがバックを務めたLA制作だからある意味AOR。

みたいな感じで。もう自分がAORに通じる爽快さ、涼味、美メロと思うならプログレ系でもHR系でもそれで良し。私なんか今朝も、当日どのCD持って行こうかなぁってコメダでモーニングをアレしながら考えていて、スティーヴスティーヴンスのトップガンアンセムをピックアップしたりしてたくらいだから、そんな気楽な気分で楽しめたらと思います。

|

2018年7月 7日 (土)

ブルーフォード 「シームズ・ライク・ア・ライフタイム・アゴー 1977 - 1980 日本アセンブル仕様盤」(BRUFORD "SEEMS LIKE A LIFETIME AGO 1977 - 1980") レビュー①:ボックス仕様編 & FEELS GOOD TO ME 編

3日前から私の住む亀岡でも大変な豪雨が続いており、電車は運休、高速道路は通行止め、国道も一部通行止めで、ふと気が付くと我が街亀岡は陸の孤島状態。京都市内には出られない状況で、仕事の行き帰りも国道大混雑。昨日朝の泊まり勤務明け帰宅時は、国道の渋滞を回避するべく、職場のお仲間の先導で上手く抜け道を通ってスイスイとクルマで帰宅できた。といっても氾濫寸前の濁流の川を横目に川沿いの道路を走るのはなかなかの緊張感であった。帰宅して昼間寝てる間に地域は「避難勧告」が発令されていて、でも隣の地域は避難指示で、その間にいろんな方から大丈夫?的なお見舞いのメールやメッセージなんかを頂いていた。ご心配頂いた方には御礼申し上げます。っていうか首都圏の知り合いから、テレビのニュースで亀岡がどうこうって言ってたから、という話だったそうで、こんな時だけ亀岡が全国ニュースのなるのは何とも複雑・・・。今日は公休だけど、そんな具合で外出なんてもってのほか、陸の孤島だし家で大人しくしてるしかない。こんな時こそ購入したっきり放ったらかしになっていたCDを聴いておこうと、開封したのがBRUFORDのBOXである。

Img_5029_640x480

公式の4作品+未発表ライヴと未発表のレコーディングセッションを加えた6CD+2DVDの集大成BOX。まずはBOX仕様から。LPサイズよりちょっと大きい、何とも収納に困るサイズ感のBOXが泣かせる。日本アセンブル盤なので日本語解説と特典のシングルCD。

Img_5030_640x480

BOXの中身はこんな感じにDISCを収納。

Img_5031_640x480

ブックレットを開いたところ。

Img_5032_640x480

オマケの写真やチラシとブルーフォードの直筆サイン入り&限定No入りのカード。

Img_5033_640x480

本BOXではFEELS GOOD TO MEとONE OF A KINDが、リマスターでは無くて、現キングクリムゾンのジャッコジャクスジクによる新規ミックスである。今回は1stのFEELS GOOD TO MEを取り上げる。今回は・・・って、例によって次回があるかどうかは分からないけどね・・・ww。

まず旧規格の2005年リマスターと本BOX盤を、高級オーディオ(まだ言うか)で聴きながら比較してみる。

Img_5035_640x480

1曲目を聴いただけで明らかに音質もミックス具合も違う。どっちがイイ悪いは私には分からない。オリジナルに馴れた人はオリジナルがイイと言うだろうし、ジャッコによる2017ミックスで新たな発見があるという意味で楽しめる人もいるだろう。音質比較は以上www。

内容についていく前に改めて言うけど、私はプログレは好きだけどプログレマニアでは無い。なので辺境やアヴァンギャルドやマニアックな各国プログレを追求するのはもう20年くらい前に止めてしまっている。なぜ止めたかは別稿で書くとして、今回のこのBRUFORD作品も実を言うとフィールズグッドトゥミーはあまり聴いたことが無い。コレクションとして一式持ってはいたけど。よく聴いたのはワンオブアカインドとライヴ盤ばかり。なのでその意味ではとても新鮮な気分で聴ける。また、何と言ってもジョンウェットン大先生ファン目線で言えば、プログレ界最大の幻のスーパーバンド WWB("Wakeman,Wetton,Bruford")のセッションで試された楽曲が収録されているという、先生つながりな作品であるという点である。本作の1曲目Beelzebub、2曲目Back To The Beginningがそれに該当するそうだ。ブックレット解説によるとBeelzebubの最初の下降フレーズと、その逆にした上昇フレーズはリックウェイクマンが関与していたそう。そんな場面を想像しながら聴くのも先生ファンならではの楽しみ方だろう。ちなみにWWBのバンド名はブリティッシュブルドッグとか、そんな名前が検討されていたそうである。なお、先生とジェフダウンズのICON3にもWWB時に先生が着想していた曲が収録されていた。本作で一聴して気に入ったのは2曲。タイトル曲はとてもメロディックで耳触りがイイ。Either End of Augustも叙情的なメロディ展開がとても印象的。ちなみにウェットンファン仲間でホーさんマニアのナゴヤ**さんがこの曲をとてもお好きだそうで何度もつぶやいておられた。そんなナゴヤ**さん曰く、曲後半のホーさんのギターソロはオリジナル盤より長く収録されているそう。今回私も聴き比べてみたけど、確かにホーさんの美しくエモーショナルな哀愁のギターソロが30秒以上は長く収録されているね。これは本BOX盤の一つの聴きどころかも知れない。あと、これは個人の好き嫌いなのでアレだけど、私的にはアーネットピーコックのボーカルはちょっと苦手だなwww。

という事で、あまり聴いたことが無かった分だけ新鮮に聴けたし、しかも結構気に入ってしまった。これはアイホンにも放り込んでしばらく楽しみたい。本作の後、U.K.が結成され、更にU.K.のツアー後に再びBRUFORDに戻るわけだけど続きはまた気が向いたら取り上げてみたい。なので今回はレビュー①という事で(笑)。

追記:
上記ホーさんマニアのナゴヤ**さんが以前に書かれていたフィールズグッドトゥミーに関するブログ記事、リンク貼っておきます。

http://wwwnagoyahello.blog56.fc2.com/blog-entry-49.html

こちらの方がフィールズグッドトゥミーのレビューとして楽しめますよ。

|

2018年7月 1日 (日)

U.K. "ULTIMATE COLLECTORS' EDITION" レビュー⑤:LIVE IN NIJMEGEN 1979 FINAL CONCERT 編

最近朝起きると身体の節々が痛い。腰とか背中とか。寝る姿勢が悪いのかそれとも単に初老の齢のせいか。起きてなんやかんやしてるうちにその節々の痛みは治まるんだけど。昨日の土曜から今日の日曜にかけて、珍しく仕事が土曜朝に明け帰宅で日曜公休の美味しいパターン。最近は有休を強引に突っ込まない限りこのパターンは無かったからな。関西はまだまだ梅雨だけど昨日今日は雨は止んでいて、晴れたり曇ったりとっても蒸し暑い。ここはいい汗かこうと、昨日今日とウォーキングしたけど、なぜか坂道を歩くと右の足首が痛む。今日も平地を歩くと大丈夫だけど坂道歩くと痛い。あそこが痛いここが痛いと、面倒な身体になってきやがったわ。

ブログ本題行く前に一言だけ。SNS見てると先日のサッカーW杯のジャパンの監督さんの采配について、あーだこーだ言ってる輩が一杯いて、なかなかの見苦しさだった。SNS見るのが嫌になったくらい。監督さんと私の名字が一緒だから擁護するわけでは無いけど私は監督さんの采配は、気持ちが痛いほど分かり過ぎた。社長のしんどさは社長をやった人にしか分からない。取締役や部長のしんどさは取締役や部長をやった人にしか分からない。組織の中で人の上に立ち、状況や環境に立ち向かい、時には泥水をすするような思いをしながらでも前に進まなければいけない時がある。私はその辛さを経験させてもらっている分だけ、気持ちが分かる気がした。その立場を経験していない人は何とでも批判する。ある意味仕方がない。その立場の気持ちを経験していないんだから。思いは人それぞれでいいけど、私はこれからも人の心の痛みが分かる人間を目指して行こうと思うのである。

UKコレクターズBOXのレビュー、最終回行ってみよう。リユニオンとインタビューディスクはスルーでwww。70年代UKのラストコンサートがボーナスディスク的にBOX18枚目のディスクとして収蔵された。

Img_5020_640x480

79年12月17日オランダでのライヴ。この日のライヴについては私個人的には下記写真のブートで所有していた。

Img_5021_640x480

70年代としては平均的なオーディエンス録音の完全収録盤で、あとオマケで数曲分のサウンドボード音源が収録されている。このブートは資料として持っていたいだけだったので、正直あまり聴いてなくて、今回のBOX収蔵の音源はそういう意味では新鮮な気分で聴けた。本BOX収蔵の公式盤は一応サウンドボード録音のように思えるのだけど、日本アセンブル盤の解説にはオーディエンス録音?と書かれているらしい。でも少なくとも上掲ブートのオーディエンス録音とは全く違う音質である。なお、トラック情報がブックレットにもどこにも載ってないので、ブートも参考にしつつ列挙すると以下の感じか。

① Danger Money
② As Long As You Want Me Here
③ Thirty Years
④ Terry Bozzio Solo
⑤ Night After Night
⑥ Alaska
⑦ Nothing to Lose
⑧ John Wetton Solo
⑨ Rendezvous 6:02
⑩ Nostalgia (Eddie Jobson Solo)
⑪ Eddie Jobson Solo
⑫ Presto Vivace
⑬ In the Dead of Night

実際にはこの79年のUK末期はオープニングナンバーはシーザースパレスブルースのはずで、ブートにはシーザースパレスブルースから収録されている。また、最後にWaiting For Youも演奏されているから、EJ監修の公式盤は完全収録では無さそう。音質は決して公式盤レベルではなく、あくまでもボーナスディスクとしての扱いが相応しい程度の音質。レッドツェッペリンやエリッククラプトンの70年代からのブートを山ほど聴き続けてきた私の耳で言えば、若干バランスの悪い痩せたサウンドボード録音、ってところかwww。資料としては十分聴ける音質だと思う。

演奏内容は悪くは無い。ただジョンウェットン大先生のヴォーカルは、喉の調子が悪かったのかちょっと不調気味。アラスカから強引にナッシングトゥルーズに入る辺りの曲の並びは79年末期UKならでは。⑧の先生ソロコーナーで、テリーボジオのドラムが絡んできてからの先生ベースのメロディは、とってもどこかで聴き覚えのある哀愁溢れるメロディなんだけど、なんだっけなぁ。どうしても思い出せない。よく聴く哀愁メロディだよホントに。あ~なんだっけなぁ、思い出せなくて気持ち悪い。⑩のEJソロは後にグリーンアルバムに収録されたノスタルジアだと思う。⑪は分かんねぇ。そもそもEJ/ZINCのグリーンアルバム、5年に1回くらいしか聴かないからwww。

というワケで、以上でUKコレクターズBOXのレビューは終了とする。リユニオンを入れるなら、2012年トリオUKのライヴを入れてくれとか、2015年のUKファイナルを入れてくれとか、言いだしたらキリが無いんだけど、でもコレでもお腹一杯の満足できるBOXだと思う。こだわるところはこだわり、端折るところは端折ってどうにかレビューシリーズ完了。お疲れさんでしたぁ~。暑苦しいのでしばらくプログレは聴きません(笑)。

|

2018年6月26日 (火)

U.K. "ULTIMATE COLLECTORS' EDITION" レビュー④:DANGER MONEY & DANGER MONEY Extras 編

今日は久々の完全休養日。昨日までのここ10日ほどは、泊まり勤務明けの日も公休の日も地域の所用で大忙しで、気分的には休んだって気がしない日が続いていた。今日は公休かつ所用も無いのと、梅雨の晴れ間でエライ暑いので普通に早起きして勇んでウォーキング。京都らしい蒸し暑さになってきたおかげでいい汗かいたぜ。家に帰ってきて、冷コー飲みまくり。ネスカフェエクセラのボトルコーヒーがお気に入りで、今日もスーパーの安売りで2本買ってきといた。私の夏場の休日の必需品である。

そう言えば先ほど、先週記事UPしたWetton Mania 3のミニライヴ、ウーマンの映像を完全版に差し替えてYoutubeにUP。記事中のリンクも差し替えたので興味ある人は(無いか?www)ご覧下さいませ。

それで、今週はこのあと日曜まで連勤が続くので今のウチにブログを更新しておこうと思う。近々にワクワクするような新譜が無く、既に海外ではリリースされているロイネストルト、マルコミンネマン、トムブリスリンらによるプログレプロジェクト、THE SEA WITHINも例によって国内盤待ちなので、今回もUKコレクターズBOXのレビュー続きを。これまでの記事リンクは以下(↓)。

U.K. "ULTIMATE COLLECTORS' EDITION" レビュー①:NIGHT AFTER NIGHT Extended version 編

U.K. "ULTIMATE COLLECTORS' EDITION" レビュー②:U.K. & U.K. Extras 編

U.K. "ULTIMATE COLLECTORS' EDITION" レビュー③:LIVE IN BOSTON, PHILADELPHIA & CLEVELAND 1978 編

今回のレビュー4回目はデンジャーマネーを取り上げる。

Img_5015_640x480

コレクターズBOXにはデンジャーマネーのアナログマスターからのリマスターと、3曲分のエクストラディスク1枚が収蔵されている。エクストラディスクはドラムのレコーディングセッション2曲と、シングルB面のみ収録されていたWhen Will You Realize。

Img_5014_640x480

ブックレットの記載の、デンジャーマネーに関するクレジット。

Img_5016_640x480

今回も高級オーディオ(まだ言うか?)で以下のCDとジャブ程度に聴き比べ(そんなに真剣では無いwww)。

Img_5017_640x480

左から順番に、
①左 : 2006年国内盤、紙ジャケ(リマスターは無し、88年国内盤初CD化時と同じマスターと思われる)
②中 : 2009年国内盤、U.K.30周年記念エディジョブソンによるリマスター、紙ジャケ
③右 : 2014年国内盤、アナログマスター(?)使用によるプラチナSHM、紙ジャケ

最初に①から。昔から思っていたけど1stに比べると音質が籠って感じるね。そこを意識しつつEJリマスターという②を聴くとやはりシャキッとした音。気持ちよく聴ける。③は①と同傾向の音で少しアップグレードした感じ。

これらを聴いた上で改めてコレクターズボックスの、アナログマスターテープからのリマスターCDを聴いてみた。う~ん、コレクターズBOXの1stほどは旧規格盤との違いは感じないなぁ。曲を飛ばして4曲目、LPレコードで言うところのB面1曲目、シーザースパレスブルースを聴き比べてみると、オッ?なんか違うぞ。旧規格盤はなんか音質が下向いてるっていうか存在感を感じない音質なんだけど、コレクターズBOXのシーザースパレスブルースではドラムサウンドに覇気があってとても立体感を感じる。LPのB面相当だけがそうなのかな? そう思って、普段ほとんど参考にしない他の人のレビューを見てみたところ、やはり作品後半の音質が向上しているとの記述があった。なんなんだろうね、シーザースパレス以降の後半だけ、マスターテープの鮮度が高かったとか、そんなアレでもあるのかな。分かんないけど。なので聴き比べ結果は、後半のみのアドヴァンテージではあるけどやっぱりコレクターズBOX収蔵のデンジャーマネーの勝利だな。

それからエクストラディスクの方は、3曲で20分足らず。2曲はドラムレコーディングセッションなので正直面白味も無い。ほんの資料程度。3曲目のWhen Will You Realize、そう言えば2014年国内盤プラチナSHMの、ナイトアフターナイトにもボーナス収録されていたので聴き比べ。あ~これもコレクターズBOX収蔵のWhen Will You Realizeの勝ちだな。鮮度が違う鮮度が。

以上、デンジャーマネーについては1stよりも好きな作品なんだけど、コレクターズBOXでは後半の半分だけ違いを感じたけど、それほど大きな喜びに至るほどでは無かった。普段聴きは2009年国内盤U.K.30周年記念エディジョブソンによるリマスターで事足りるかも知れない。

UKコレクターズBOXのレビューは、リユニオンはスルーして、ラストライヴだけ最後に取り上げて終わりにする予定。

|

2018年6月20日 (水)

Wetton Mania 3 at Rock Bar STARLESS (Jun 16, 2018 @ OSAKA)

先日2018年6月16日(土)、個人的に本年最大のビッグイベント、「Wetton Mania 3」を無事に開催することが出来ました。お世話になった皆様に心より感謝致します。本当にありがとうございました。その後また泊まり勤務や地域の所用でフル回転でレポが遅れましたが、ここにイベントの模様を私目線ではあるけどレポします。

Cimg8296_640x480

今回はこれまでの「Wetton Mania」「Wetton Mania 2」での全員DJを中心としたイベント内容に加えて、初の試みとしてミニライヴを加えた。そこへ向けての準備や個人練習、合わせリハーサル等、いつも以上に忙しい状況になった。だからと言うわけでは無いけど、主催が私だからと言って何でも私でやるのではなく、また様々な得意分野や才能ある方々の集まりであることに気付いていたので、2度にわたる企画会(のような飲み会?)も行いつつ、ココは遠慮なくお仲間の方々のお力を借りつつ開催の方向へと持って行った。その細々とした部分は後で述べるとして、早速当日のレポ行ってみよう。

とにかく私の場合、仕事が24時間の泊まり勤務が基本なので、何かと細かいことに気付いても打ち手が後になったりすることもある。実は何週間も前から司会進行は私自身ではなく、Ichi**さんにお願いしようと心に決めていた。にもかかわらずご本人様への伝達はイベント2日前の夕方www。急な要請にも快く引き受けて下さったIchi**さんありがとう。いや、急でも引き受けて下さるという、私の己心の勝手な確証はあったんですけど。私とIchi**さんの仲だからね(ハ??)。そしてイベント1週間くらい前だったか、一緒にミニライヴをして下さるひと**さんが、足を捻挫されたというのを聞いていた。私も中学生の時に足首を酷く捻挫したのでその痛みは知ってるつもり。なので気遣いつつもイベントには間に合うだろうと勝手に思い込んでいた。前日になって、当日のライヴのリハを何処で何時に、みたいな打ち合わせをLINEでしているときに、ギブスで松葉杖で・・・、みたいなお言葉があって、え?それは重症じゃねぇか?となった。後で聞いたら実は剥離骨折と言うではないか・・・。ひと**さんの事だからみんなに迷惑かけまいと、無理して参加するおつもりなのかと思って、遠慮せず欠席された方が・・・、と申し上げたのだけど、いや参加するとの事。この時点で既に6/16(土)当日朝。ここで一気に普段ぼんやりしている私の頭が大回転を始める。リハ場所までご主人様がクルマで送って下さるというけど、日本橋のリハのスタジオから心斎橋のスターレスまで移動がキツいだろうと。タクシー移動すると仰るならそのタクシーにお仲間に同乗してもらって介添えが必要だ。では誰々にお願いしよう、ご主人様にも御礼のお声掛けが必要だ、とか一気に対応を頭ん中で纏める。こういう時、若き日から仕事や地域の所用で、自己中ではなく他者のために尽くすというか様々に訓練を受けてきたことが役に立つ。なので苦にもならない。ともあれ、日本橋のスタジオで2時間ほどリハ。このあとスターレスへの移動はem**さんとナゴヤ**さんに、ひと**さんの介添えを担って頂きつつ、私と綱**さんは歩きで千日前通りから道頓堀、そして心斎橋へ。なぜかスターレスで飲み会やるときの恒例となった、ロッテリアのバケツポテトとバケツチキン、そして関西風タマゴサンドを持ち込みフードとして調達しつつ「ごぶごぶ」のごとく歩く。スターレスに着き、今回初参加頂いた橋**さんとご挨拶。司会進行をお願いしたIchi**さん、今回は道に迷わなかったico**さん、再び埼玉から登場の、なぜか和服着流しのSさん、既に一杯ビールを引っ掛けてきた徳島のMi**女史と大阪の上**女史等々、続々合流。

20180616wettonmania3_180619_0015_64

18時30分過ぎ、開宴。

Ichi**さん司会第一声、スターレスのマスターからの飲み放題システム説明、そして埼玉のSさんの発声で乾杯!

Img_4976_640x480_2

今回、その才能を生かして素晴らし過ぎるフライヤーを作って下さった綱**さんが、参加者の皆様全員に記念にシリアルナンバー入り!、綱**さんの押印入り!のフライヤーを皆様にプレゼント。私には主催者という事で申し訳なくもシリアルNo.1のフライヤーを頂きました。

Img_5003_640x480

更に店内には、綱**さんが描いたこのフライヤーの原画をジョンウェットン大先生の遺影のごとく展示。

20180616wettonmania3_180619_0016_64

Mini Live : Starless in Starless

このあと早速ミニライヴの開演。いや普通はライヴはイベントの後半にやるだろうって、私が他人なら思うんだけど、一応人前で演奏したり歌ったりはそれなりに緊張するので、最初にライヴを済ませて、後は存分に飲みながらみんなのDJ聴きながら楽しみたいという手前勝手な希望で先にやらせてもらう事にした。セットリストは以下の2曲。

Woman(from JOHN WETTON "CAUGHT IN THE CROSSFIRE")
Starless(from KING CRIMSON "RED")

2月に東京で開催されたウェットンファンイベントJWMR2018でも同曲を演奏した。したと言っても私はインフルエンザで涙の欠場。今回がリベンジかつオリジナル編成。メンバー増強で鍵盤とヴァイオリン入り。メンバーと楽器編成は、

バスリコーダー、ハーディーガーディ : ナゴヤ**さん
フルート : em**さん
ヴァイオリン : 綱**さん
キーボード : ひと**さん
ヴォーカル : josho

編曲 : ナゴヤ**さん

まずは勿体ぶって演奏準備シーンから。

そしていよいよミニライヴ開始。まずはジョンウェットンのソロ曲ウーマン。

ウーマンの間奏でキングクリムゾンのフォーリンエンジェルを挟んで再びウーマンに戻るという独自アレンジだったんだよ。続いてキングクリムゾンのスターレス。

以上、ミニライヴ終了。これでリラックスして酒が飲めるという話ですわwww。

DJ & Talk Time

ここから本イベント恒例のメイン企画、全員DJ。参加者の皆様がそれぞれにジョンウェットン関連曲を店内で流し、こだわりを語るコーナー。お一人2曲以内。ミニライヴ出演者は一人1曲。以下プレイリストに沿って。

埼玉のSさん
Time Again(from ASIA "ASIA IN ASIA" 映像)

出ました、ウェットン大先生がいないけどエイジアインエイジアにこだわるSさん、公式商品に収録されていなかった、実際のオープニング曲タイムアゲインをYoutube映像から。確かにあまり見慣れていないから新鮮。

Ichi**さん
Did It All For Love(from PHENOMENA Ⅱ "DREAM RUNNER")
Calling All The Heroes(from IT BITES feat. Marillion, Francis Dunnery, John Wetton, Geoff Downes, Jem Godfrey and Jason Perry)

産業ロック方面から攻める産業ロックマニアのIchi**さん、フェノメナⅡはイイとして、それキタかぁ~、さすがウェットンファンイベントって感じ。イットバイツの名曲をマリリオンのメンバーや先生ダウンズが参加して再録したヤツね。

橋**さん
In The Court of The Crimson King(from STEVE HACKETT "TOKYO TAPES" 映像)

今回初参加頂いた橋**さん、ようこそ! とにかくキングクリムゾンの「宮殿」から入ったそうで、その宮殿を先生が歌うスティーヴハケット&フレンズの大阪公演にも参戦していたそう。その思い出込みで挨拶代わりの一発。あの、リマスター再発盤の東京テープスDVDから。あの商品、箱が開け難いのよwww。

ico**さん
The Night Watch(from KING CRIMSON "RED  40th Anniversary edition" 映像)
Starless(from KING CRIMSON "RED  40th Anniversary edition" 映像)

ミーハーっぽく見えて実はクリムゾンを聴くico**ちゃん(いややっぱりミーハーだろ!)。クリムゾンのレッド40周年盤のDVD映像から長編2曲。持ち時間15分オーバーしたんじゃねぇか?(笑)。でもこの映像、持ってることに満足してしまって実はあまり観てなかったのでこの機会に楽しませてもらったのだwww。ありがとう。

上**さん
Arkangel(from JOHN WETTON "ARKANGEL")
You Against The World(from JOHN WETTON "ARKANGEL")

先生ソロではアークエンジェルがお気に入りだそうで、先生ファンの間でも結構人気がある。あの暗くて重厚な感じがイイのかな。実は私はあまりこの作品は得意では無い。でもそれだけに逆に聴きどころというか好きなポイントを人様から教えて貰えて、自分の見解を新たに出来るのもこのイベントの良いところでもある。家帰ってアークエンジェル聴き直してしまったもんな。

Mi**さん
Battle Lines(from JOHN WETTON "ANTHOLOGY THE STUDIO RECORDINGS")
Cold Is The Night(from JOHN WETTON "ANTHOLOGY THE STUDIO RECORDINGS")

酒のペースが速いMi**女史、今回も飛ばしてるww。同じウェットンファン仲間の徳島のK社長からプレゼント?された先生ソロCDから。特にコールドイズザナイトは、YoutubeにUPされてる多分ファンが作った独自映像を観ながら聴くのがお好きだそう。なのでお店のPCでYoutube映像を流して頂いた。映画好きなMi**さんならでは。

em**さん
God Only Knows(from JOHN WETTON "ROCK OF FAITH")

おぉ~、そうキマしたかぁ、分かる分かる。私もこれ好き。ロックオブフェイスのボーナストラック収録されたメキシコでのアンプラグドライヴからビーチボーイズ(ブライアンウィルソン)の超名曲カヴァー。先生が歌うとそれはもう先生の世界なんだよねぇ。やっぱり先生の声は唯一無二。

綱**さん
Open Your Eyes(from ASIA "LIVE MOCKBA 09-X1-90")

モスクワライヴにこだわりがある綱**さん、確かにこの頃の90年エイジアの演奏には勢いがある。私も90年にサンプラザで観たエイジア来日公演は今でも参戦したライヴの生涯ベスト3に入るから。

ナゴヤ**さん
Easy Money~Fallen Angel(from KING CRIMSON -Bootleg CD-)

マニアックぅ~。闇が深すぎる・・・www。先生やブルーフォード、デヴィッドクロス、ジェイミーミューアが入った直後のキングクリムゾン72年ズームクラブのブートCDから。この時点でフォーリンエンジェルの片りんを演奏していたんだという、そこを強調したいマニアっぷりは本イベントに相応しい。それを、オォーッ、って喜んで感心する私も闇が深い・・・。

josho
Daylight(from ASIA Bootleg CD "ALPHA WORKING TAPE")

そして闇が深い私が、闇の中から明るいデイライトを。私と言えばエイジアのデイライト、デイライト好きな私、デイライトのレコーディング途中、歌詞が決まっていない先生のガイドヴォーカル状態の音源をブートCDから。デイライトが自分にとっての世界一の曲なのだ。

ひと**さん
End of The World(from ASIA "OMEGA")

最後を飾ってエイジアのオメガからエンドオブザワールド。これ超名曲。ナゴヤ**さんから私の闇の流れを断ち切って頂き、爽やかにDJタイムを締めて頂いたのである。

夏**さん
Caught In The Crossfire(from JOHN WETTON "CAUGHT IN THE CROSSFIRE")

イベント終盤に駆け付けて下さった今回初参加の夏**さん、すぐにリクエストを強要wwして先生ソロのコートインザクロスファイヤー。お目にかかれて嬉しかったwww。

Rare goods exhibition

お宝自慢タイム。と言ってももうこのイベントも3回目なのでネタが尽きてくる。それでも色々持ってきて下さいましてスマホで写真撮りまくり。私は今回はエイジアのThe Smile Left Your Eyesの英国盤12インチシングル赤盤と同7インチシングルの青盤を披露。

20180616wettonmania3_180619_0003_64

ナゴヤ**さん、いまとなっては意外にレアなエイジア初期3作のカセットテープ。

20180616wettonmania3_180619_0014_64

初参加の橋**さんは、参戦したウェットン、エイジア関連チケットの半券。まずは目を見張るのが79年U.K.来日時の大阪公演のチケット半券。

20180616wettonmania3_180619_0022_64

他にも数種。

20180616wettonmania3_180619_0021_64

このうち、ICONの2006年ブルーノート大阪(現ビルボードライブ大阪)公演の半券、奥様と参戦されて同じものを2枚持ってるからと、なんと拙に譲って頂いた。

Img_5004_640x480

ありがてぇ~。いやマジで、本当にありがとうございます。チケットコレクションに加えさせて頂きます。

徳島のK社長提供、景品争奪ジャンケン大会

徳島のK社長からエイジア2008年フェニックスツアーのオフィシャルブートBOX発売時の、DU特典だったかな? そのTシャツと、K社長オリジナル(笑)のイエスのフライフロムヒア-リターントリップのTシャツ、この2点争奪戦。まずはエイジアTシャツから。

20180616wettonmania3_180619_0009_64

何とスターレスのマスター様がまず勝利。

20180616wettonmania3_180619_0008_64

2点め、イエスのTシャツ。何とまさかのマスター2連勝www。ありえねぇ・・・www。でもネタとしてはめっちゃオモロイ。

20180616wettonmania3_180619_0007_64

この後は皆様思い思いに雑談。参加者の中でウェットン度が一番薄いんですよぉ~、と仰るIchi**さん。

20180616wettonmania3_180619_0010_64

そのワリにはなぜかウェットン大先生との2ショット写真を撮っているという言語道断ぶりwww。

20180616wettonmania3_180619_0012_64

いつの間にかカウンター内に入ってしまってる私。何様のつもりか・・・。

20180616wettonmania3_180619_0031_64

悠然とマスター交代状態でカウンター内から橋**さんと喋る私と、客席でうつむくマスター。この動と静、明と暗の対比はプログレッシヴである。

20180616wettonmania3_180619_0027_64

つーか、マスターの聖域に入ってしまい、本当に失礼いたしました・・・。

宴の最後は、一本締めならぬ、三本締めならぬ、In The Dead of Night 締め!

誰や?リズムの合って無い人は・・・(笑)。

以上、無事に終宴。改めて今回はホントに企画段階からお仲間にいろいろ相談しながらやらせて頂き、快くお力を貸して頂いて、そういう意味でも充実したイベントになったのではないかと思います。ミニライヴにおいては曲のアレンジから演奏の指揮までとって頂いたナゴヤ**さん、フルートのレッスンに通い続けたem**さん、ミニライヴでのデヴィッドクロスを凌駕する泣きのヴァイオリンを披露するのみならず、フライヤーの制作等、多方面に渡って活躍頂いた綱**さん、足を負傷していたにもかかわらず松葉杖を突きながらも参加頂いたひと**さんと、サポート頂いたご主人様、急な司会依頼にもかかわらず見事に盛り上げて下さったIchi**さん、景品を提供して下さった徳島のK社長、そして今回も遠方からご参加頂いた皆様、大いに盛り上げて下さった皆様には感謝の思いで一杯です。本当にありがとうございました。しばらくは余韻に浸りながら、次回の開催については2019年の先生の70回目の誕生月の6月をメドに、皆様と相談しながらゆっくり考えて行きたいと思います。

追伸:
本イベントの2日後に、大阪を中心とする地震があり、本イベント参加者の方の中にも、怪我等は無いにしても家の中がグチャグチャになったとか、生活に苦労する場面に直面してる方もいらっしゃるかと思います。また、お世話になったスターレスのお店も商売道具に被害が出る等、苦難に直面しておられます。心よりお見舞い申し上げます。

しばらくはWetton Maniaの事は考えないつもりでしたが、苦難と闘う皆様及び我々でまた何か盛り上げていければと考えています。Wetton Maniaスピンオフ的な集まりをしてみたいなと。その際は皆様ご無理のない程度にまた盛り上げて頂ければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

|

2018年6月15日 (金)

U.K. "ULTIMATE COLLECTORS' EDITION" レビュー③:LIVE IN BOSTON, PHILADELPHIA & CLEVELAND 1978 編

いよいよ明日6/16(土)、大阪心斎橋のロックバースターレスさんにてWetton Mania 3開催です。ご参加予定の皆様、お世話になりますが何卒よろしくお願い致します。明日はそういうワケで仕事は強引に有休を突っ込ましてもらったんだけど、なぜか本日金曜は公休、更に明後日の日曜も公休となり思わぬ形で三連休。ここで連休は別に要らなかったんだけど・・・。で、せっかくの休みだけど今日も雨模様で休日恒例のウォーキングが出来ず。午前中は家の用事を済ませた後、久しぶりにコメダでモーニング+ミニサラダで寛ぎながら、明日のマニア3のアジェンダについて頭ん中の整理をしつつ、そこから更に餃子一人前無料券を持って餃子の王将で、餃子3人前を持ち帰りで購入。晩御飯に食べることにする。貴重な連休なので、思い立って何とまさかのUKコレクターズボックスのレビューの続き、第三弾ににトライすることにした。レビューの1回目と2回目の記事リンクはコチラ(↓)。

U.K. "ULTIMATE COLLECTORS' EDITION" レビュー①:NIGHT AFTER NIGHT Extended version 編

U.K. "ULTIMATE COLLECTORS' EDITION" レビュー②:U.K. & U.K. Extras 編

今回は前回の予告通り、78年の第1期4人UKのライヴのラジオ音源3種、ボストンのパラダイスシアター音源、フィラデルフィアのペンズランディング音源、クリーヴランドのアゴラ音源を取り上げる。

Img_4969_640x480

この3本のラジオ音源は90年代よりブートCDで発売されていた、UKファンにとってはマストと言える貴重な第1期4人UKの記録でもある。これらがこのコレクターズボックスでエディジョブソンにより公式発売になったことは、EJ自身も記録として残しておこうと食指が動いたのだろう。私としてはこれらの音源はブートCD発売時に歓喜して逸早く購入していたものである。そこら辺の、自分の思い出込みでこれらの音源に触れてみたい。順番に行ってみよう。

LIVE IN BOSTON - Paradise Theater, July 11, 1978

Img_4953_640x480

このボストン音源は、最初にブートCDが発売されたのは90年だったかな、ブートCD創成期に発売されてバカ売れしたと思われるUKブートの記念碑的商品だった。ちょうど私が就職して上京したのが90年。東京には西新宿という聖地がある事は京都亀岡在住時から雑誌で見て知っていたので、いつでも西新宿に行けることが嬉しくて、仕事帰りや週末によく西新宿をウロついたものだ。その時に以下写真のブートCDを購入した。

Img_4957_640x480

第一期の4人UKのライヴが初めてサウンドボードで聴けるとあって、もう本当にワクワクしながら購入し、繰り返し何度も何度も聴きまくったブートである。90年当時はエディジョブソン、ジョンウェットン、ビルブルーフォード、アランホールズワースからなる4人UKのサウンドボードのライヴ音源が聴けるのはこのブートが最初だったと思うしとても嬉しかった。最初聴いた感想は、音質はいいけどエラいユルい演奏だな・・・、というのが第一印象だったけど、でもとにかく貴重度では何にも勝るブートで本当に重宝した。初版1000枚限定と言われていて、私の限定ナンバーは988番。

Img_4966_640x480

この頃はブートCDが1000枚単位で売れるという時代だったのだ。そりゃもう西新宿には周りきれないほどブート屋さんがあったし渋谷にもあった。更にこの音源は2ndプレスやコピー盤なんかも出てた気がする。それほど驚天動地のブートだったのではないだろうか。後にEJ非公認?で公式発売されたり、そして今回のコレクターズボックスに収蔵された今となってはゴミ同然のブートCDかも知れないが、それでも当時の思い出と衝撃度は今でも忘れられないものなので、ジャケが色褪せても未だに大事に手放さずに所有しているのである。

いきなり昔話が炸裂したけど、このコレクターズボックスでの音源と、上記ブートCDを、最初の数曲だけ(笑)聴き比べてみた。音質的にはもともと文句の付けようのない音源だったのでそんなに違いは感じなかったけど、大きな違いが一つある。オーディオ評論家的にはなんていうのかな? 定位? 左右チャンネル? 要するに右と左が逆になっている。ブートではステレオの前に向き合って左からホーさんのギター、右からEJの鍵盤が聴こえていた。また、EJ非公認?で公式盤扱いで発売されたプラケのCDや下記写真の紙ジャケCDの時も同様であった。

Img_4967_640x480

それが本ボックスでは逆で、左からEJの鍵盤、右からホーさんのギターが聴こえる。当時のライヴステージの実際のメンバーの立ち位置からして、このボックスの左右の音の鳴り方がEJの、こうあるべきという判断なのだろう。そのこだわりでEJがリマスタリングしたんだと思われる。

LIVE IN PHILADELPHIA - Penn's Landing, August 8, 1978

Img_4954_640x480

3種のラジオ音源の中ではこのフィラデルフィア音源が演奏内容的には一番充実してる気がする。音質的にもブートCDが発売された時点で、例えばウェットン大先生の唸りを上げるベースが聴きとれる。この音源もブートで出た時はそれはそれは衝撃的だった。懐かしのAyanamiレーベル(当時の西新宿のダストアンドドリームス、今のライトハウス)の記念すべき製品番号100番目で、事前に煽りで凄いブートを発売する的な予告があったのを今でも覚えている。このレーベルが入手したマスター(マスターコピー?)そのままの音質のCDと、リマスタリングしたCDと、わざわざ2枚組で発売していた(下記写真)というリキの入れようだった。

Img_4958_640x480

Img_4959_640x480

このAyanamiレーベルのちょっと残念だったところは、全てCDRだったところ。でもこの商品は大変よく売れたのか、後にリマスター盤のみプレスCDで再発していた。ついついそのプレス盤も購入していた私であった。

Img_4960_640x480

ほぼどうでもイイことだけど、このプレス盤、私の買ったヤツはなぜかジャケが2枚入っていたwww。

Img_4961_640x480

さて、音質比較である。これはもう左右チャンネルがどうこうとか、そんな問題では無い。全然違う。コレクターズボックス収蔵のCDはブートに比べて、バシャーーン!ってシンバルが盛大に鳴り響く。細かいシンバルワークも明瞭に聴き取れる。EJがそういうマスタリングをしたのか、それともEJが入手したマスターが本当のマスターだったのか、その辺は分からない。誰かから聞いた話では、このフィラデルフィア音源に関しては、EJはブートをマスターにしたのではなくて、本当のマスターテープを所有していてそれを本ボックスに使用する、という話であった。その話を誰から聞いたのかは言えませんけどwww。某ウェットンファン界の総帥的な方と言っておこう。そもそもEJによるこのコレクターズボックスの最初の構想は、UKの公式盤3枚のアナログマスターからのリマスターに加えて、ボーナスディスク的にこのフィラデルフィアのライヴ音源を付けて4枚組にするという話であったから、そういう意味ではEJとしてもフィラデルフィア音源は公式発売する意義がある、と思うようなマスターテープを所有していたと類推することは出来る。公式発売するにふさわしい、4人UKの最高のライヴ音源と断言できる。

LIVE IN CLEVELAND - Agora Ballroom, September 18, 1978

Img_4955_640x480

3種のラジオ音源の最後はクリーヴランド音源。これもブートCD創成期に発売されてブート市場を賑わせていたように思う。当時はROAD TESTとか言うタイトルで、ダサいジャケのブートが出ていた気がする。私が現在でも所有しているのは以下写真のブート。

Img_4962_640x480

いつだったか、この音源のアップグレード盤というかpre-FMマスターという触れこみの音源がダウンロードサイトで突然出回って、私も音源をダウンロードしたんだけども、ほぼ同時期に幾つかのブートメーカーからもこのアップグレード音源がブートCD化されたんだと思う。そんな中で私が買ったのは、このBBCトランスクリプションディスクを模したデザインのブート商品であった。西新宿ブラインドフェイスで購入したヤツで、最初は本物のBBCのディスクかな?って見事に騙されかけつつ半信半疑で購入したのであった。BFの戦略にドハマリした私であったwww。だってキューシート的なヤツまで付いてるんだもんな・・・。

Img_4963_640x480

その当時は何となく個人的に、音質的にはこのクリーヴランド音源のブートが一番聴きやすくて好きなブートだった。

そしてコレクターズボックス収蔵の音源との聴き比べは・・・、やはりこれもボストン音源と同様に左右チャンネルを逆にしている。つまりブートでは左からホーさんのギター、右からEJの鍵盤が聴こえるけど、コレクターズボックスのCDでは、左からEJの鍵盤、右からホーさんのギターが聴こえる。やはりこれも公式化に際してEJが左右入れ替えてリマスタリングしたのだろう。

以上、今回は1978年の4人UKのライヴ音源を取り上げてみた。この3種のうち一番のお奨めは、音質、演奏内容共にダントツでフィラデルフィア音源だろう。今回も言わせてもらうけど、せめてこのフィラデルフィア音源だけでも単品発売してもイイんじゃないかな?。それくらいに素晴らしいライヴ盤である。

ふぅ~~、数時間ず~っとこれらのライヴ盤聴きながらブログ書いてたので、もう頭がUKだらけ。そろそろ明日6/16(土)のWetton Mania 3に気持ちを切り替えよう。そう言えばマニア3全体の事やミニライヴの事ばかり考えていて、全員DJコーナーでの自分の選曲を何にするか考えるの、すっかり忘れていたよ。いまUKを聴き過ぎたので、UKからは選曲しませんな多分www・・・。

|

2018年6月12日 (火)

U.K. "ULTIMATE COLLECTORS' EDITION" レビュー②:U.K. & U.K. Extras 編

今日6月12日は我らがジョンウェットン大先生の69回目の誕生日。また来年2019年の先生70回目の誕生日に向けてExtraordinaryなボックスセットが計画されている旨、QEDGマネージメントから明かされた。楽しみに待ちたい。それとWetton Mania 3がいよいよ今週土曜に近付いてきたので、さすがに今週は拙ブログ本流の先生ネタで記事を更新しておきたい。

かといって何かしらの新譜とか新商品が出るわけでもなく、ICON3作のリマスターは出るけど、2000年代の作品をリマスターとか言われてもビックリするようなボーナストラックでもない限り改めて取り上げるのも気が乗らない。いやいや、そのそもICON3作のリマスター、買ってないしwww。

そこでだ。先週にン十万するアンプとCDプレーヤーの高級オーディオ(何回も言うな)を自室にセッティングしたので、今こそUKコレクターズボックスを堪能する時だろうと、突然ではあるけどレビューを再開する。覚えてますか~、UKコレクターズボックスのレビュー、レビュー①と称してまず最初にナイトアフターナイト拡大版のレビュー記事をUPしていたことをww。

U.K. "ULTIMATE COLLECTORS' EDITION" レビュー①:NIGHT AFTER NIGHT Extended version 編

アレは2016年12月、案の定それっきり中断していたレビューの続きを再開するのだ。そう言えばこのコレクターズボックス、国内盤至上主義の私は敢えて国内アセンブル盤を待たずに、zealotsの先行予約で、何とかレベル、っていう特典の付くレベルで購入したんだけど、その特典のエディジョブソン直筆サイン入りミュージックブックなるものは未だ届けられていない。制作が間に合っていないので後日・・・、みたいなメールが来てた気がするんだけど、もうそれから1年半も経ってるで。EJまさかトンズラするつもりじゃねぇだろうな・・・。

最初にナイトアフターナイト拡大版を取り上げたけど、今回からは順番通りにまずは1st、憂国の四士から再開することにする。

Img_4948_640x480

1stアルバムを制作したTRIDENTスタジオのアナログマスターテープを使って、EJ自身がアビーロードスタジオでリマスターしたという今回のリマスター音源と、そして1stのボーカル入れ前の初公開音源が本ボックスに収蔵されている。

Img_4945_640x480

マスターテープの箱の写真はブックレットから。

Img_4943_640x480

同じくブックレットの記載の、1stに関するクレジット。

Img_4944_640x480

まずは1st憂国の四士のリマスターCDから。もう既発CDとの比較とかは面倒臭いのであまりやる気は無いんだけれども、何しろホラ、高級オーディオ(何回も言うな)をセッティングしたからさ、一応既発のCDも取り出して、1曲目だけ聴き比べしてみた。ラックから取り出した既発CDは以下写真。

Img_4940_640x480

左から順番に、
①左 : 2006年国内盤、紙ジャケ(リマスターは無し、88年国内盤初CD化時と同じマスターと思われる)
②中 : 2009年国内盤、U.K.30周年記念エディジョブソンによるリマスター、紙ジャケ
③右 : 2014年国内盤、アナログマスター(?)使用によるプラチナSHM、紙ジャケ

最初に①から聴いてみた。別に音が悪いとかは思わない。聴き馴れた音質のCD。でもやはり、80年代前半頃に国内盤LPを購入して聴いた、パンチのある音では無い。EJリマスターという②はシャキッとした音。でも当時から一部で話題になっていた頭切れ?に感じるのがイラつく。③は①と同傾向の音で少しアップグレードした感じ。以上、超カンタン既発CDの感想。それも1曲目だけww。

これらを聴いた上で改めてコレクターズボックスの、アナログマスターテープからのリマスターCDを聴いてみた。最初の出音からもう違いがハッキリ分かってしまう。何て表現したらいいんだろう、音の拡がり? 奥行き? スタジオで聴いてるかのような残響感?まで感じて、既発CDとはもう全然違う。じゃあ上記②のUK30周年EJ自身によるリマスターはなんだったのか?って話になるけど・・・。更に上記③のアナログマスター使用って言っているのはどのアナログマスターなのかがよく分からない。国内にあるアナログマスターとか、そういう意味かな? このコレクターズボックス収蔵のアナログマスターテープからのCDが、これまでの既発CDを圧倒するような、圧勝ですwww。

昔LPで聴いた音と同じ迫力だったかどうかは、手元にレコードプレーヤーが無いので分からない。もしかしたらドラムの迫力は当時LPで聴いた音の方が迫力あったかも知れない。但し、それは当時使ってた親に買ってもらったステレオのスピーカーが今使ってるスピーカーよりサイズも口径もデカかったから、その違いだけなのかも知れない。ちなみに今使ってるスピーカーはヤマハのNS10。折角の高級オーディオ(何回も言うな)アンプ、CDプレーヤーの良さを引き出してないかも(苦笑)。

繰り返すけど、もう音質に関してはコレクターズボックス収蔵のCDが決定盤だ。どう考えてもこれを単品で一般流通させるべきだろう。何とかしろEJ。

あと、1stのExtra CDは、さすがに使いまわされていないテープのせいか、生々しい音で迫力満点。1曲目はブルーフォードによるカウントから始まる。先生のヴォーカル入れ前の音源だけど、コレはコレで大変楽しめる。コレクターズボックスとしての欠点は、1stからのシングルカットヴァージョンが収録されていないことかな。コレは既発の上記③で収録されている。

以上、先生の誕生日にちょうど私が公休だったので、久しぶりにじっくりとU.K.の憂国の四士を堪能させてもらった。このコレクターズボックスのレビュー、続きがあるかどうかは気分次第www。もし、気持ちと時間に余裕があったら次やるときは3本のラジオショー音源を、既発品や過去のブートを振り返りながらレビューしてみたい。次やるか、分からんけどなwww。

なお6/16(土)Wetton Mania 3は、まだ若干名の参加者追加が可能です。参加予定者の皆様におかれましては大いにジョンウェットンを楽しみましょう。

|

2018年6月 7日 (木)

クリス・スクワイア 「未知への飛翔 リミテッド・エディション・ボックス(日本アセンブル仕様盤)」(CHRIS SQUIRE "FISH OUT OF WATER DELUXE EDITION")

なんと珍しくというか現職で初めて公休の連休で昨日今日と休み。連休の無いシフト勤務が原則の職場でコレは珍しい。連休を作ろうと思ったら強引に有休を突っ込むしかないのでたまにはありがたい。その代わり明日から週末またいで月曜まで、忙しいところに泊まりの連勤を入れられてしまってるので美味しさの先食いはつまらん。それでまず昨日の公休は雨降りだったのと、頭痛で体調がイマイチだったのとで半日静養に充てた。一日中寝て過ごすのは勿体ないので頭痛薬を飲んでから夕方からはようやく部屋の片付けと、オーディオ環境の構築。

実は京都に帰郷前に友達から高級なオーディオ機器を譲って貰っていて、それを未だにセッティングしてなかったのだ。誰にどういう事情で譲って貰ったかは友達との約束でちょっと言えないけど、とにかく私のような庶民にはとんでもない高級オーディオ。普通に買ったらン十万するようなアンプやCDプレーヤーをこの連休の機会にセッティングした。と言ってもオーディオマニアでは無いので普通に聴けるように結線しただけなんだけど。アンプなんか重量が20キロくらいあるからほんの1メートル運ぶにも大変。一晩経って今日、腰とか腕が筋肉痛・・・。

公休の連休2日目の今日は天気も回復したので、筋肉痛の身体をほぐすの兼ねて朝からウォーキング。蒸し暑くなってきた京都だけにかなり汗をかいた。そしていま、その結線した高級オーディオ(何回も言うな)で、1ヶ月くらい前に買ってあったクリススクワイアの1stソロ、未知への飛翔のデラックスボックスを聴きながらブログを書いてるところ。

Img_4922_640x480

これ、わざわざディスクユニオンの日本アセンブルで買ったんだけど梱包する段ボールに国内盤用のステッカーが貼ってあって、この扱いに苦悩した(苦笑)。まだこのブログで取り上げていないブルーフォードボックスの日本アセンブルでもあったんだけど、この梱包の段ボールにステッカー貼るの、マジ勘弁してほしい。慎重に剥がしたんだけど綺麗に剥がれず、剥がしたステッカーは強引にシュリンク内に入れ込んで、もっともらしく見栄を張っておいた。

Img_4923_640x480

ボックス内の商品仕様を先に行きましょうか。

Img_4930_640x480

まず、CD2枚とDVD2枚。CD1枚目はキングクリムゾンのジャッコジャクスジクによるニューステレオミックス、CD2枚目は75年のオリジナルミックスリマスターと、ボーナストラックとしてラッキーセヴンとサイレントリーフォーリングのシングル音源、そしてクリススクワイア&アランホワイトのランウィズザフォックスのシングルA面B面を収録。

Img_4926_640x480

次にLPレコード。

Img_4924_640x480_2

シングル2枚。

Img_4925_640x480

LPサイズのブックレット。

Img_4927_640x480

デカいポスターと日本アセンブル盤の解説。

Img_4928_640x480

更に日本アセンブル盤の特典、クリススクワイア&アランホワイトのシングル、ランウィズザフォックスのシングルCD。

Img_4935_640x480

本作がイエスメンバーのソロ作品の中では最上級の名作であることはイエスのファンの間では常識である。私は勿論世代的に後追いで、90年代に国内初CD化された時に初めて聴いた。メンバーソロ作にありがちなマニアックさを排し、充実したメロディと、極めて王道のシンフォニック要素さえ兼ね備えた、イエス風プログレ作と言ってもイイだろう。唯一の特筆すべき特徴は、ギターレスで、クリス自らのベースがリード楽器のように鳴り響く点かな。そしてレコーディング参加メンバーの豪華な事。クリスの盟友アンドリュープライスジャックマンの他、ドラムは全編ビルブルーフォード、鍵盤はパトリックモラーツ、更にはサックスでメルコリンズ、フルートでジミーヘイスティングスと、実に豪華なプログレ人脈。加えてパイプオルガンにオーケストラと、コレでもかのシンフォニックさに昇天間違いなしの名盤であった。イエスと言えばジョンアンダーソンだったはずが、後にクリスがイエスの屋台骨、クリスあってのイエス、との風評が拡散したのは、結果としてイエスの全作品にクリスが在籍していたという結果論だけでなく、本作における内容の、イエス並み、あるいはイエス以上のシンフォニックプログレ感を提示して見せたことが実は原点のような気がする。

同時期のイエスメンバーソロ作では、ジョンアンダーソンのソロも良かったけどちょっと薄味、アランホワイトのソロは退屈(失礼ww)、ハウ爺のソロは何と言ってもオーストラリアという曲で登場するハウ自身のリードヴォーカルを聴いて、椅子から転げ落ちるというズッコケ感を個人的に感じていた私は、内容の充実度合としてはパトリックモラーツの「i」と双璧を成す。

さて、ジャッコによるニューステレオミックスがメインとなる本ボックス、そのニューステレオミックスはどうなのかってところである。2006年頃に一度リマスター拡大盤が出ていた。

Img_4934_640x480

当のクリススクワイアが世を去っている以上、今回のボックスのニューステレオミックスがクリスの意図する音なのかどうかは分からない。今まで聴こえてなかったストリングスの音が聴こえてくる部分もあるしベースの音がよりふくよかに聴こえる部分もあるし、録音された音をちゃんとオーディエンスの耳にすべて聴こえるようにしようとした気がする。その違いの良し悪しは何とも言いようが無くて、素直にどちらも楽しみたいと思うのである。

DVDに収録された映像は上記2006年盤にも収録されていた。ここに収録されたホールドアウトユアハンドのプロモ映像は必見。ビルブルーフォードが音に合わせて演奏のフリをしてるんだけど、周囲の人に愛想振りまきながら適当にドラム叩いているのが分かり過ぎてイタい(笑)。

また、今回スクワイア&ホワイトのランウィズザフォックスがボーナス収録された。CDに収録されるのは、私の記憶ではこれで3回目かな。最初にCD収録されたのは91年のイエスイヤーズ4枚組CDだったと思う。イエスのヒストリーボックスに、イエス名義じゃないスクワイア&ホワイトのシングルが収録されるあたり、アトランティックレコードの強引さが見て取れて、ちょっとそれどうよ?って当時は思ったものである。次に収録されたのはアランホワイトのリーダーバンド、ホワイトの作品だったかな。

Img_4931_640x480

ジャケがロジャーディーンの綺麗なイラストで、これこそジャケ買いしたのであるが、内容はほとんど聴いていないwww。なぜかジェフダウンズが鍵盤で全面参加していて、ホワイトというバンドの正式メンバー扱いwww。そしてこの日本盤にランウィズザフォックスが収録されていた。

Img_4932_640x480

当時のアランホワイトのインタビューで、日本のインタビュアーからその件を質問されて、アラン自身はランウィズザフォックスがボーナス収録されているのを知らなかったらしく、「あぁ、そうなんだ・・・。」的な笑える返答をしていたのを今でも覚えている。ま、今回のクリスのボックスにボーナス収録されたことが一番自然で良かった。

それにしてもクリススクワイアのソロがわざわざボックス化されるのなら、例えばジョンウェットン大先生のコートインザクロスファイアーなんかもボートラ満載でデラックス盤で再発されたらもっと嬉しいんだけどな。ICONの諸作をボートラなしでリマスター再発されてもちょっと困ってるのが正直なところなので・・・。

|

«スポックス・ビアード 「ノイズ・フロア~音華郷」(SPOCK'S BEARD "NOISE FLOOR")