« ASIAの到達点 | トップページ | エイジア2006年英国ツアー音源! »

2006年11月18日 (土)

Wetton/Downes、充実の傑作、誕生

発売即購入、ヘヴィーローテーションです。

Wetton/Downes "Icon Ⅱ - Rubicon"

Icon2ジョン・ウェットンとジェフ・ダウンズの黄金コンビによるICONプロジェクト第2弾。ここ最近のウェットンの活動充実振りはどうだろう。エイジアの再結成ツアー、その最中での本作発表である。前作が黄金コンビ復活を感じさせたもののファンが期待するあのサウンドとは少し色合いの違う、地味な印象の作品であったが、本作はW/Dのコンビに期待するサウンドが見事に表現されている。

①から期待通りのハードPOPが炸裂し、翳りのあるメロディやチェロの導入もハマっているではないか。②もPOPでバグルスすら感じさせるサウンド。③、④とバラードか続く。④は女性Voとのデュエットでよく練られたメロディだ。⑤は作曲クレジットが、Wetton/Downes/Jobson となっている。Jobsonとはやはりエディ・ジョブソンか。バイオリンの叙情的なメロディはジョブソンを感じさせるが果たして・・。⑥は明るく優しいホッとするような曲、⑦はまた叙情的で荘厳さも感じさせる。⑧はまさにタイトルの「勝利の栄光」を感じさせる、アレンジも素晴らしい讃歌。⑨も荘厳かつサビのメロディの親しみやすさが印象に残る。そして最終曲のタイトルトラック⑩、雄大で優しいメロディとアレンジがラストを飾るにふさわしい。

とにかく全体を通してウェットンのVoの魅力が十分引き出され、ダウンズのKeyのセンスもアレンジも、ダウンズらしさ全開で申し分の無い出来である。聴けば聴くほどその「らしさ」を十二分に感じることが出来る。この黄金コンビが活動することに、意味を感じる傑作が誕生した。

|

« ASIAの到達点 | トップページ | エイジア2006年英国ツアー音源! »