« 74年YES、リレイヤーツアー音源 | トップページ | エイジア2008来日公演の傑作ブート、東京2DAYS »

2008年6月 8日 (日)

84年YES、90125ツアーの極上aud音源

「ジョンのコンディションを考えると、長期のツアーなんてクレイジーだよ・・・」と、リックウェイクマンが心配していたジョンアンダーソンの気管支の状態、やはり良くなかったんだ・・・。夏に予定されていたYESの40周年記念 Close To The Edge And Back ツアーはジョンの病気の回復に半年かかるということであえなくキャンセル。これからはリック入りで短いツアーを単発でやった方で良いのではと思う。メンバーみんな還暦前後だから。

今回は筆者が最近ひそかに再評価を始めている90125期のライブを紹介。

● 84年7月18日 Milan, ITALY

84年夏のヨーロッパツアー後半、イタリアでのライブ。特筆すべきは音質。臨場感、各楽器のバランス共に抜群の極上オーディエンス録音。これまでにいくつかSB音源を入手していたがどれも痩せた感じのSBで、あまり紹介する気にもなれなかった。この音源はヘタなSBよりはるかに楽しめる音質。過去にブートで出ていたかもしれないが筆者は知らない。今回入手音源はマスターからの1stコピーとの事。

セットリストは以下。

① Cinema ② Leave It ③ Yours Is No Disgrace ④Alan White drums solo ⑤ Hold On
⑥ Hearts ⑦ I've Seen All Good People ⑧ Si (Tony Kaye solo) ⑨ Solly's Beard ⑩ Changes ⑪ And You And I ⑫ Soon ⑬ Make It Easy/Owner Of A Lonely Heart ⑭  Long Distance Runaround ⑮ Whitefish/Amazing Grace ⑯ City Of Love ⑰ It Can Happen ⑱ Starship Trooper ⑲ Roundabout

以前は70年代YESへのこだわりから、90125YESをあまり評価していなかったが、最近改めてライブを聴いてみると、演奏もしっかりしているしコレはコレで有りかなと思えてきた。このツアーではトレバーラビンもトニーケイも堅実な演奏をしているように思う。次のビッグジェネレーターツアーではやけに演奏が荒っぽく感じてあまり好きではない。

さて、話は戻るがYESのツアーキャンセル、エイジアの活動にどんな影響が出るやら・・・。楽しみなような心配なような。

|

« 74年YES、リレイヤーツアー音源 | トップページ | エイジア2008来日公演の傑作ブート、東京2DAYS »