« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月21日 (月)

80年YES、ドラマツアーの極上音源

なぁ~んと3日連続の更新です。いつもの某所にてイエスの80年ドラマツアー音源を入手。コレがかなりの極上aud音源なのだ。

● 80年9月9日 Boston, MA, USA

ドラマツアーの多分前半戦かな、ボストンガーデンでのライブ。貴重なのはバグルスと合体したこの編成で 'Parallels' を演奏していること。セットリストは以下。

① Does It Really Happen ② Yours Is No Disgrace ③ Into the Lens ④ Clap ⑤ And You and I ⑥ Go Through This ⑦ Man in a White Car Suite ⑧ Parallels ⑨ We Can Fly From Here ⑩ Tempus Fugit ⑪ AmazingGrace ~ The Fish ⑫ Machine Messiah ⑬ Starship Trooper ⑭ Roundabout

800909boston_2

今までだと、Highland から出ていた80/11/24の英国ツアーのブート "Into The Drama" というタイトルが優良音源としてお気に入りであったが今回の音源はそれを上回る。なんていうかボトムがしっかり録れているというか、しかもその上、各楽器のバランスも良い。ドラマツアーの最高音源ではないかと。音が良いから演奏も良く感じるし、トレバーホーンの大健闘ながらも一杯一杯で辛そうなヴォーカルもリアルに感じる。

過去にこの音源はブート化されていただろうか。少なくとも私は知らない。音源をUPした人のコメントでは、マスターをリマスターしたとのこと。コレは楽しんで聴けそうです。

|

2008年7月20日 (日)

Don't Cry の12インチUSプロモ盤

どういうわけか二日連続の更新ですcoldsweats01

中古ショップを漁っていたら珍しいブツを発見。

Img_0640_2

エイジアのドントクライのUSプロモ盤らしい。LPサイズ(12インチって言うのか?)で両面ともドントクライ1曲のみ。

レコードプレーヤーも持ってないくせにとりあえずコレクションとして即購入。

Img_0642

Img_0641

以前にドントクライの国内盤シングルのサンプル盤を105円で入手したが、今回のはちょっと珍しいからなのか1680円というずいぶん立派なお値段。

何しろドントクライはエイジアを聴くようになったキッカケであり、もっと言うなら洋楽を聴くようになったキッカケでもあるので、見かけるとついつい手が伸びてしまうのだ。たまにこういう中古との出会いがあるから中古屋通いは止められないな。

|

エイジア2008来日公演の傑作ブート、東京2DAYS

こちらのブログはまたまた大変なご無沙汰。書こうかなと思った音源ネタも無くは無かったのだが、仕事忙しかったり体調悪かったりでついつい・・・。久しぶりの更新はやっぱエイジアで。5月の来日公演の東京2DAYS、素晴らしいブートです。

今回の来日音源はとりあえず自身が参戦した5/12国際フォーラムの高音質Aud音源を入手していたのでもういいかなと思っていたのだが、beatleg誌でのレビューを見ていたたまれず購入したのがコレ(↓)。

Img_0637

5/12国際フォーラム、5/13渋谷CCの完全収録各2CDRで計4CDR。ボーナスで名古屋公演音源も一部収録。聖地のBFで購入して6200円。なにしろ音質が素晴らしい。何やらイヤーモニター音源とかいうものだそうで先生がバンドの演奏をモニターするための音源だそう。まあでも要するにSB音源だ。初日分は先生のヴォーカルが若干大きく、また生々しく感じる。1stが曲順どおり全曲演奏された2日目分はヴォーカル含めたバランスがよく、何も知らなければ立派な超高音質SBと言うことで通じるだろう。

個人的にはオープニングの 'Daylight' でキーボードが荘厳に響き渡る、そこだけでもうOKですがね。

このような音源が当たり前のように入手できる我々日本のファンは本当にラッキーと言える。CDRではあるが他では出回っていない(と思う・・・)ブートでエイジアファンであれば四の五の言わず必携だな、宝物のようなブートです。

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »