« THE WHO "My Generation" 紙ジャケBOX | トップページ | LED ZEPPELIN 紙ジャケBOX »

2008年8月21日 (木)

新KING CRIMSONの2008年ライブ(尊師とブートレッガーの攻防戦・・)

この8月、クリムゾンがようやくライブ活動を再開し短期間のアメリカツアーを終了した。今回の編成は直弟子のトレイガンが抜け、トニーレヴィンおじさんが復帰、ドラムはポーキュパイントゥリーの人が加わってダブルドラムの5人編成。

早速、尊師フリップとブートレッガーの戦いが始まったようだ。8/11,12のフィラデルフィア2DAYSのaud音源がDLサイトに登場し、尊師には申し訳ないがちゃっかり入手。ところがすぐにサイトから削除された。おそらく尊師もしくはDGM関係者がクレームを入れたと見るのが妥当だろう。ちなみに入手した2日間の音源はまだじっくりとは聴けていないけどまずまずの音質。尊師が新曲がこういうことで事前に広まってしまうのを避けたかったのか、それとも単に新曲は用意していないのか、新曲は一切無し。70年代、80年代、90年代、2000年代の代表曲が万遍無く網羅されたセットリスト。

そして早くも尊師のDGMから8/7シカゴの音源が公式ダウンロード販売が開始された。詳しくは公式サイトで(↓)。

http://www.dgmlive.com/archive.htm?artist=16&show=1301

Kc20080807_3

こちらもちゃっかり入手しました。当然のことながら高音質ライン音源(当たり前だって)。セットリスト的にも内容の濃いライブだと思う。再びダブルドラムにした事の意図はまだ確認できないが、やはり90年代の曲に関しては2000年代ダブルデュオ(4人編成)では迫力不足だったので、この編成の方がカッコいい。

尊師は年齢もあり、もう大規模なツアー等はやらないつもりのようだが、新作とか今後の展開には是非注目だね。

|

« THE WHO "My Generation" 紙ジャケBOX | トップページ | LED ZEPPELIN 紙ジャケBOX »