« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月27日 (土)

JOHN WETTON、ASIA のアナログEP収集

またまたやっちゃいました。アナログのコレクション実施。今日は聖地西新宿の某Vというお店。実は今まで一度も行ったことが無かったのだ。いやもうアナログコレクターには楽しい店なんだと思う。お目当てのエイジアのシングルレコードも色々あった。不思議なことに国内盤は全く無かったけど。扱ってないのか??

というわけでまずはエイジアの83年 'Don't Cry' のシングル。UK盤ピクチャーシングル緑ヴァージョンです(↓)。

Img_0793_2

B面はこんな感じ(↓)。デイライトではなくトゥルーカラーズ。

Img_0794

前から欲しかったのだけど最近全然見かけなかったこのピクチャーディスク。ミクシィの仲間の方からの情報でゲット。何年か前は聖地で何度か見かけた気がしたが、その時は全く興味が無かった。満足っス。

次、コレは初めて見た、ジョンウェットン先生のソロシングル。80年のアルバム「コートインザクロスファイアー」からのシングルカットと思われる。UK盤の 'I'll Be There' (↓)。

Img_0790

ペーパースリーブの裏側(↓)。

Img_0791

B面は 'Woman' です。

他にもエイジアのシングル各種、沢山あって欲しいの一杯あったけど、どれも結構な値段で、アレって果たして適正価格なのか、よく分からなかったので今日はこれ位にしておいた。今日の値段は聞かないでください。結構な散財だった。

レコードプレーヤーは持ってませんが何か??

|

2008年12月22日 (月)

YES、ASIAのアナログ収集

行きつけの某プログレ館にて衝動的にアナログを猟盤。結構ヤバい値段だったが、ここんとこ実にいろいろあってストレスたっぷりだったこともあってヴァーッといっちゃいましたよ。

まずは、前から見かけたら買おうと思っていたYESの国内盤シングル「アメリカ」(↓)」。

Img_0762

当時の定価は500円との事。25年以上過ぎた今、税込み約4000円! でも欲しかったからいいんです。

次にYESの "Fragile" (こわれもの)(↓)。

Img_0769

このLPはUKオリジナルでいわゆるマト1/1ってやつ。ジャケ内側にブックレットが付いている仕様。

Img_0771

Img_0773

どなたかのブログか掲示板で、コレが驚異的な音質だと述べられていたことを思い出し、一瞬躊躇したが、もう勢いっス。ストレス発散の勢いで購入、堂々の1万円超え!! 給料日前に何やってんだって。

ココまでにしようと思ったところでエイジアの「アストラ」のLPを発見(↓)。

Img_0763_2

中古3点購入で10%引きだったので、ついでに購入。シールドでレコードの取り出し口のところだけを開けてある丁寧な保存状態。オマケのステッカーも付いている完品状態。

Img_0767

こちらはイエスの貴重な国内盤EPやUKオリジナルのマト1/1とは違い、税込み525円。この違いは何なんだ。

あ、ちなみにワタクシ、レコードプレーヤーは持っていませんが何か?

|

2008年12月13日 (土)

72年YES、FRAGILEツアー高音質音源

そういえば2ヶ月くらい前に入手していた今回紹介の音源、ブログにUPしようと思っているうちに忘れていた。西新宿の某ショップから今週ブートで出たようで、その案内を見て思い出した。タイミングから見ておそらくそのブートもこの音源から作ったのだろう。別にその某ショップのまわしもんではないので、あまり参考にはしないで欲しいですがまあ個人的感想ということで読んでもらえれば。

● 1972年3月16日 Tucson, AZ, USA

アメリカツアーはアリゾナ州ツーソンでのライブ。この前日3/15の音源も半年くらい前に入手していたな。コレ(↓)。

http://hcdb.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_df38.html

その翌日って感じ。音源の内容は以下。

①Roundabout ②I've Seen All Good People ③Mood for a Day ④Clap ⑤Heart Of The Sunrise ⑥Rick Wakeman Solo ⑦Long Distance Runaround ⑧The Fish ⑨Perpetual Change

Forgotten Yesterdays によると実際には⑨の後、最後に 'Yours Is No Disgrace' も演奏されたようだ。①はカットイン、⑤の途中でカットあり。

この時期のライブは、なんだろう、やっぱり他の時期とは違うケミストリーがある。やはりブルッフォードのシャープなドラミングが大きいのか。繊細かつ滑らかなスピード感も伴う素晴らしい演奏が堪能できる。①、⑤は出色の出来。

音質は3/15音源と並んでかなりの優良音質。元音源にリマスターを施したらしく、ストレス無く聴ける。これもブルッフォード、ウェイクマン入り最強編成期の定番音源になるだろう。

|

2008年12月 6日 (土)

ASIA PHEONIX TOUR 2008 SPECIAL BOX SET

期待の大きさのあまり? 何かと話題の我らがエイジア、本年2008年フェニックスツアーの10CDボックスセット。当然1ヶ月も前から予約して購入。19800円。

Img_0752_2

内容は、5公演分プラスボーナスCD。場所、日付は以下。

◆ Live In Pabst Theater. Milwaukee. USA  2008.4.23

◆ Live In Grand Ballroom. The Regency Center. San Francisco California. USA  2008.5.5

Live In Tokyo International Forum. Tokyo. JAPAN  2008.5.12(私の参戦日!)

◆ Live In C.C. Lemon Hall. Tokyo. JAPAN  2008.5.13

◆ Live In Luz De Gas. Barcelona. SPAIN  2008.5.19

Img_0757

ボーナスCD分は場所等よく分からない。また、バルセロナは録音ミスで前半3曲が未収録。代わりに音の良いオーディエンス音源を収録(コレが結構いい感じの音源だったりする)。

あと、オマケのTシャツ。

Img_0754

Tシャツは別にいらないかなって(笑)。

内容はいわゆるオフィシャルブートってやつで、全てSB音源。USBメモリシリーズからの流用も含まれていると思われる。USBメモリ音源を買っていないなので比較は出来ないが。また海外ではITunesやバラ売りでも手に入るようだ。このようにBOXで纏めてっていうのは日本だけ。だからなんだって感じだけど。

このヴォリュームだけにまだ全部は聴けていないが、音質は良く、そう、2006年の英国ツアーのオフィシャルブートより良いような気はする。また演奏はあのときより比べものにならないくらいこなれている。

このツアーはネットで入手し、本ブログでも紹介したオーディエンス音源や、東京2DAYSのイヤーモニター音源を聴いてきたし、なにより実際に国際フォーラムには参戦したので、ま、個人的に新鮮味は特になし。また、痛いのが東京分が「プチッ」みたいなデジタルノイズっぽいのが聴こえるのが残念。よりによって東京分ってのがね、イタイです。

次のバンドとしての活動は2009年春、ドイツ、英国ツアー。そこから先の展開があるのかどうか、分からないけど楽しみです。

|

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »