« PINK FLOYD 未完成「狂気」ツアー(72/4/28 Chicago) | トップページ | ASIA ’83ツアーのパンフレット(サイン入り!!) »

2009年1月10日 (土)

新年爆走! JOHN WETTON関連、ASIA のアナログLP収集

仕事始めから一週間、いきなり3連休で早速アナログ収集に爆走しております。年末に入手した分と本日入手分を紹介。なかなかの猟果でした。

ジョンウェットンの79年、リチャードパーマージェイムスとの、ちょっとしたプロジェクトか。ジャックナイフのアイウィッシュユーウッド国内盤LP(↓)。

Img_0816

帯付き、ライナーありの、多分完品。ジャケの状態も良い。音楽の内容は・・・まあ、我々ファンが先生に期待する音楽性とは異なるR&Bな感じ。半分がそういう方面のカヴァー。あまり聴かないっすね。

次、ジョンウェットン80年の1stソロ、コートインザクロスファイアーの国内盤LP(↓)。

Img_0815_2

帯付き、ライナーありの完品。やはりこうしてLPサイズだとヒプノシスジャケがよりいっそう映えるね。内容はよく言われるように後のエイジアのプロトタイプ。先生のポップな音楽性が垣間見れる。

そしてこちら、エイジアの1st、「詠時感 ~時へのロマン」の国内盤LP(↓)。

Img_0817

エイジアの大大大ファンでありながら、このアナログ、持ってなかったのだ。めでたく入手。こちらもかなり状態の良い完品。それにしても「詠時感」って当て字を考えた人、センスイイと思います。

続いて、エイジア活動休止後の先生とフィルマンザネラによるプロジェクト、ウェットン・マンザネラの米盤LPしかもプロモ盤(↓)。

Img_0822

ジャケの色味が鮮やかで、先生の服の部分がハッキリとした青。ところでどこがプロモ盤かというと、盤には記載無く、ジャケ裏にそれらしいシールみたいなのが貼ってあるのみ(↓)。

Img_0823

それだけ? みたいな。

ウェットン・マンザネラは御茶ノ水のDUで、それ以外の状態の良い国内盤は聖地のえ○せ○らレコードで。こんなにまとめて手に入るとは思わなかった。いやぁ、楽しかったです。

くどいようですがレコードプレーヤーは持ってません・・・。

|

« PINK FLOYD 未完成「狂気」ツアー(72/4/28 Chicago) | トップページ | ASIA ’83ツアーのパンフレット(サイン入り!!) »