« エイジアインエイジア’83の各種コレクション | トップページ | エイジア82年、北米ツアー超高音質ライブ音源(May 2 , 1982) »

2009年4月25日 (土)

エイジア2009英国ツアー、ライブ音源(Apr 22 , 2009)

ICON 3 の短いプロモ活動に続き、元気にまたオリジナルの4人で合流したエイジア。フェニックスツアー2009ということで、ヨーロッパツアー13本、UKツアー7本を無事終えたようだ。様子はネットで出回った 3/22 ブルガリア音源と 4/22 英国ニューブライトン音源で確認できる。なかなかゆっくり聴く時間が無いのでココではニューブライトン音源をレビュー。

Asia_banner_2009

● 2009年4月22日 New Brighton, UK

3月からのヨーロッパツアーでは、セットリストは昨年のツアーと比べて、曲順が変わったくらいで曲目は大差無かったが、UKツアーで一部チェンジしたようだ。そこに注目しながら聴きました。で、セットリストは以下。

First Set:

①Only Time Will Tell ②Wildest Dreams ③Never Again ④Roundabout ⑤Time Again ⑥Bolero ⑦Sketches In The Sun ⑧Clap ⑨The Smile Has Left Your Eyes ⑩Don't Cry
⑪Heroine ⑫Open Your Eyes

Second Set:

①Fanfare For The Common Man ②Without You ③An Extraordinary Life ④The Court Of The Crimson King ⑤My Own Time ⑥Living In The Plastic Age ⑦The Heat Goes On (incl. Carl Palmer solo) ⑧Sole Survivor

Encore:

① Heat Of The Moment

新たにセット入りしたのは、 'Heroine' 'My Own Time' 'Living In The Plastic Age' の3曲。大好きなデイライトがセット落ちしたが、昨年散々聴けたのでもうOK。ヒロインはフェニックス収録の美しいバラード。その美しさそのままにハウ爺のロングトーンのギターソロも印象的な演奏が披露されている。マイオウンタイムは、先日のICONツアーで遂に披露されたエイジアの隠れた名曲だが、さすがオリジナルの演奏。ICONでの演奏も良かったがココで聞けるオリジナルの演奏は、アルファでのイメージそのままに、演奏後半のギターソロからジェフのキーボードによるファンファーレ風のフレーズも再現され、素晴らしい高揚感を伴って曲を締めてくれている。プラスチックエイジはバグルス曲。先生も次々とバグルス曲覚えるの大変だろうなぁって。

音源自体の音質は大変良好。クリアでパンチがあって各楽器の演奏も良く聴こえる。超高音質音源といえるのだが、一点残念なのはモノラルっぽいこと。しかしそれを補って余りある音質の良さではある。演奏も例によって少しのミスはあるが全体的に絶好調と言えるだろう。先生の声も2月のICONジャパンツアーでの好調そのままである。

さて、この間に、6月末からのイエスとの夢のジョイントツアーも発表された。どこまでも楽しみは尽きない。ステージ出ずっぱりになる還暦過ぎたハウ爺の精力には恐れ入るかぎり。まだまだエイジアとしても続くことは何よりだね。

|

« エイジアインエイジア’83の各種コレクション | トップページ | エイジア82年、北米ツアー超高音質ライブ音源(May 2 , 1982) »