« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

U.K.紙ジャケCD、エディジョブソンによるリマスター

ようやく、というか遂に、U.K.のまともなリマスターによるCDが発売された。しかもエディジョブソン本人によるリマスター。

Img_0930

今回の国内盤では紙ジャケ、7月予定というUS盤では30周年記念特別仕様とのこと。こちらも楽しみ。国内盤紙ジャケは前回紙ジャケと比較してナイトアフターナイトが国内盤LPのダブルジャケット、エンボス加工、ポスターまで再現。ポスターは前回はDU特典だったけど。今回のDU特典は前回のデンジャーマネーBOXに続き、ナイトアフターナイトBOX。さすがにBOXにエンボス加工は施してなかったけど。

Img_0934

エンボス加工の部分、わかります?

Img_0933

音質は、良いと思う。っていうか最近ライブ音源ばっかり聴いていたので、旧規格との比較が出来ない、やってる時間も無い。ま、エディ自身が満足するためにリマスターされたのだからそもそも文句の言いようは無いんやけど。

UKZのライブ、行きたいけどモロ平日やしなぁ、どう考えても厳しいので断念。

|

2009年5月16日 (土)

U.K.の貴重盤アナログ収集

エディジョブソンによるUKの続き?のUKZ結成、来日、更には待望のエディ自身のリマスターによるUK3タイトルの紙ジャケ再発と、決して一般には話題にならないが(・・・)マニアには注目の日々が続く。

そこでちょこちょこ入手していたUKのアナログの貴重盤を紹介。

まずは2ndのデンジャーマネー国内盤LP。

Img_0923

既にもっていたんだけど、あえて入手したのは初めて見たステッカーの存在のため。こんなんあったんや。知らんかった。

Img_0926

このステッカーの先生の写真は、US盤LPの裏に使われたタンクトップ写真ね。

次にナイトアフターナイトのライブ国内盤LP。

Img_0927

これも既に持っていたんだが、今回の入手目的は、見本盤であること。

Img_0928

白ラベル見本盤、非売品。なかなか見かけないでしょ。

最後はコレ。ランデブー6:02のオランダ盤シングル。

Img_0929

聖地で偶然見つけて衝動買い。シングルはめったに見かけないんやなぁ。結構探してるんだけど。

あと、もひとつ貴重盤を某海外オークションで落札した。届いたらUPします。

|

2009年5月10日 (日)

エイジア82年、北米ツアー超高音質ライブ音源(May 2 , 1982)

久しぶりにエイジアの82年北米ツアーのライブ音源を入手。これが特筆モノの超高音質音源だった。

● 1982年5月2日 New York City NY , USA

ツアー9日目辺り?のニューヨークはパラディウムでのライブ。音源の収録内容は以下。

①Time Again ②One Step Closer ③Without You ④The Ancient ⑤Clap ⑥Ram ⑦Midnight Sun ⑧Only Time Will Tell ⑨The Smile Has Left Your Eyes ⑩Cutting It Fine(with keyboard solo) ⑪Wildest Dreams ⑫Here Comes The Feeling(with drum solo) ⑬Sole Survivor ⑭Heat Of The Moment

当日のセット完全収録。④⑤⑥はハウ爺のソロタイム。ドラムの音がクリアかつ迫力ある音で録れており、他の楽器、ヴォーカルも全てバランスよく録れている。性能の良いマイクで、しかも会場センターで録ったのだろうかと思える迫力とバランスの良さ。オーディエンスノイズまでバランスが良い。

演奏も勢い満点の素晴らしい演奏。おそらく他日と比べても秀逸といえるだろう。この日の音源はブートでは見たことが無い。この日だと間違ってクレジットされたブートはあったけど。音源としては以前から存在が確認されていたようだが、今回の音源はおそらくジェネも若いと思われる。殿堂入りのブート "THE SHAPES OF THINGS TO COME" は別格とすれば、この音源は、エイジアライブ音源の最高峰として位置づけても文句は言われないと思う。

大事に愛聴したい音源です。

|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »