« U.K.Reunion Japan Tour 初日(15th April, 2011 at クラブチッタ川崎) | トップページ | ウェットン離日前のメッセージ・・・。 »

2011年4月17日 (日)

U.K.Reunion Japan Tour 2日目(16th April, 2011 at クラブチッタ川崎)

感動の初日に続いて2日目も参戦。週末と言うこともあり昨日より2時間前の18時開演なので到着時はまだ外は明るい。

Citta

せっかくなので入場ゲート近くの案内版もカメラに。案内版のガラスにうっすら自分が写ってるのがキモい。

Citta2

席は初日よりちょっと後ろだったけど小さな会場なので観賞するには全く問題なし。セットリストはほぼ初日と同じなのであまり細かくはレビューはしないが、内容は初日に続いて素晴らしかった。細かいミスはあったかもしれないがそんなのは気にしない。一応セットリストを記載すると、

In The Dead Of Night
By The Light Of Day
Presto Vivace And Reprise
Danger Money
Thirty Years
Alaska
Time To Kill
Starless
Carrying No Cross

(Marco Drun Solo)
(Eddie Violin Solo)
Book Of Saturday
Nevermore
One More Red Nightmare
Caesar's Palace Blues
Sahara Of Snow Pt. II
Nothing To Lose
The Only thing She Needs
Rendezvous 6:02

2日目の「キミタチ、サイコダヨ」は、スターレスの後。そしてなんといっても2日目のハイライトはアンコール1曲目。初日のナイトアフターナイトに代わってナッシングトゥルーズの登場。演奏が始まった時の盛り上がりは凄かった。事前に来日前のボストンでも演奏されず、初日も無かったので尚更盛り上がった。多分エディも先生も79年のUK消滅以来、初めてじゃないのかな、演奏するの。

聴きたい曲も全部聴けたので思い残すことなありません。オリジナルエイジアの復活、2007年の来日時もこれで思い残すことはないと思えたが、その時はまさかUKまで観れるとは思ってなかったから。なので本当に今度こそ、この世で見るべきものは全て見たので思い残すことはございません。さすがにレッド時のクリムゾン再編成はないだろうからな・・・。

私の参戦はこれでおしまいですが4/18(月)の最終日、参戦される方は思い残すことなく楽しんできて下さい。

|

« U.K.Reunion Japan Tour 初日(15th April, 2011 at クラブチッタ川崎) | トップページ | ウェットン離日前のメッセージ・・・。 »