« YES "FLY FROM HERE" DELUXE COLLECTOR'S EDITION BOX SET | トップページ | DREAM THEATER "A DRAMATIC TURN OF EVENTS" レビュー、聴き込む程に傑作か。 »

2011年8月 6日 (土)

エイジア82年超高音質ブート "DRAGON MASTER"(29th April 1982)

聖地のLHからエイジアブート史上2、3を争う超高音質のブートが登場。82年4月29日、ボストンでのデビューツアー初期の音源となる。

Img_1143

Img_1144

内容はまあこの時期定番のセットリスト。ボーナスで82年4月25日ピッツバーグの音源が一部収録。極初期に演奏された 'The Man With The Golden Arms' を入れたかったのだろう。本編は演奏も素晴らしくこの時期のエイジアの勢いある演奏が最高の音質を伴って十二分に楽しめる。下手なサウンドボードよりはるかに良い音質。ドラムのサウンドがしっかりと録れておりその他楽器の輪郭もクッキリ、先生のヴォーカルも明瞭、また当時だからアナログテープだとは思うが不思議なくらいヒスノイズもなく温かみのある音質。耳に優しくキンキンこない。惜しむらくはテーパーが録音レベルを調整しようとしたのか、若干音量が変わるところがあること。少し前にこの音源のマスターコピーと言う触れ込みの音源がネットで流通し筆者も入手していた。最近になってマスターをリマスターしたというような音源がネット流通したがそれをブート化したのかも知れない。初回限定50セットは売切れた模様。

この記事最初に「エイジアブート史上2、3を争う・・・」と書いたのは、イチニを争う・・・では無いから。そう、一番では無い。一番の史上最強音源は何年か前にこのブログでも紹介したコレだから。個人的にはその次に位置する音源と言えると思う。

それにしてもこの音質で聴ける初期アレンジの 'Midnight Sun' の美しさは際立っており、それは 'Cutting It Fine' のボレロ部分でも言える。

あとはアレやな、83年アルファツアーでこのレベルの音質の音源が見つかれば良いんやけど。

|

« YES "FLY FROM HERE" DELUXE COLLECTOR'S EDITION BOX SET | トップページ | DREAM THEATER "A DRAMATIC TURN OF EVENTS" レビュー、聴き込む程に傑作か。 »