« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月 6日 (日)

UK NIGHT AFTER NIGHT 2012 北米ツアー音源

いよいよ3人UKの北米ツアーが5/1シカゴから始まった。初日のステージ写真は以下、カッコいい。

Dscf0174_2

米国には案外この手の音楽の需要があるのだろう。ここまで5/1シカゴ、5/2ボストン、5/4ニューヨークと立て続けにライブ音源がいつもの某サイトにUPされていた。GWの帰省から帰宅して早速DL。明日から仕事なのでじっくりとは聴けないが、かいつまんで聴いてみた。初日はバスドラの音が大きすぎる感じ、二日目は高音シャカシャカ、三日目はドラムが少し大きめだが聴きやすいか、って感じ。セットリストは初日が以下。

Alaska
Night After Night
Thirty Years
Rendezvous 6:02
Carrying No Cross
Keyboard Solo
Violin Solo
Drum Solo
Fallen Angel (King Crimson : EJ Piano / JW Vo)
Danger Money
In The Dead of Night
By The Light Of Day
Presto Vivace And Reprise
Caesar's Palace Blues
The Only Thing She Needs

ツアータイトルが NIGHT AFTER NIGHT 2012 というだけあってかオープニングは前振りのアラスカからいきなりナイトナフターナイト。何度聴いてもかなり不自然な展開だが・・・。
昨年のリユニオンツアーではマルコミンネマンとアレックスマカチェックが素晴らしいサポートでほぼ完璧なサウンドであったが、さて、ギターレスのトリオUKはやはり1stの曲でギターがいないところをエディのキーボードで代用する感じが余裕がなくて心細く感じる部分が正直ある。注目のテリーボジオのドラムは79年当時のあの感じそのままの爆裂ドラム。エディジョブソンのソロ、テリーボジオのソロのあと、ジョンウェットンのソロコーナーは何とキングクリムゾンのフォーリンエンジェル。エディが美しいピアノアレンジを聴かせ、先生が歌い上げる。あれコーラスが聴こえるぞ、この声はエディだろうか。ココでコーラスつけるなら純UK曲でも歌ってあげてよって。

二日目、三日目は初日のセットから 'In The Dead of Night' 'By The Light Of Day' がセット落ち。日本ではやって欲しいね。あとナッシングトゥルーズも。三日目は少しだけアンサンブルの乱れがあった。しかしとりあえず、かつては再結集が不可能と思われたこの三人が順調にツアーを滑り出したことを悦びたい。

|

2012年5月 1日 (火)

ドリームシアター来日公演最終日 横浜アリーナ(Apr 30, 2012)

ドリームシアターは89年のデビュー時からリアルタイムでフォローしているにもかかわらず、実はライブには行ったことが無かった。理由は複雑かつヘヴィで疲れそうだから(笑)。ところが今回は休日だったことと、最新作 "A DRAMATIC TURN OF EVENTS" が個人的にお気に入りの出来だったこと、マイクマンジーニが加入してのライブの評判がすこぶる良かったということで急きょ参戦決定。数日前にチケットを確保した。何しろあの広い横浜アリーナなのでチケットも席種はともかく余裕でゲットできた。

16時過ぎ、横浜アリーナへ着くと開場が遅れていてスゲー行列になっている。結局45分押しで開場。グッズ関係はこれまたスゲー行列だったので断念。さっさと席へ。30分遅れの17時30分から前座のギタリストの演奏。最後にチェンジオブシーズンズのイントロを持ってきて客を喜ばせて終了。あの広い会場、埋まるのかと心配したがなんのなんの、開演前はこんな感じ。

Dt2_2

18時15分くらいにスタート、全曲レビューまではしないがもう完璧な演奏。何も言うことも無い。セットリストはこんな感じ。

● A Dramatic Tour Of Events JAPAN 2012年4月30日 横浜アリーナ

Bridges in the Sky
6:00
Build Me Up, Break Me Down
Surrounded
The Root of All Evil
Drum Solo
A Fortune in Lies
Outcry
The Silent Man (Acoustic set)
Beneath the Surface (Acoustic set)
On the Backs of Angels
War Inside My Head
The Test that Stumped Them All
The Spirit Carries On~Petrucci and Rudess solo intro
Breaking All Illusions
- Encore -
Pull Me Under

Dt3

久しぶりに、なんちゅうか世界のスーパースターのライブだけあってこの大会場での高揚感が素晴らしい。ライティングが違うってやっぱり。

どうよ、この客入り。

Dt1

写真はある意味撮り放題。場内アナウンスの注意は ”プロ仕様の” 機材はダメ、との事なので遠慮なく iphone のカメラで撮りました。ではいつくかダイジェスト的に感想を。

新ドラマーのマイクマンジーニ凄過ぎ!、改めてDTはもの凄いドラマーを獲得したものだ。前ドラマーのファンの人には悪いけど完全にマイクポートノイの存在感を消してしまっているし、もう圧倒された。祇園祭のようなドラムセットも目立つがそれより何より技術と存在感がオレの目を釘付けにしてくれる。何よ、あのシングルストロークって言うの? とにかく凄いって。間違っても前ドラマーは戻ってくる必要無し。

ヴォーカルのジェイムズラブリエ、のどの調子が最高潮。過去最高じゃないのか。若いころと違って歳を重ねるほどにきっと鍛練と節制を心掛けているのであろう。ちなみに横浜アリーナなんだけど「カモン、トーキョー」と連呼(苦笑)、外国の人にはヨコハマもトーキョーもたいして変わらんのだろう。まぁいいか。

スピリットキャリーズオンでは本気で泣いてしまった。アレをあの場でリアルタイムで聴くと完全に込みあげてしまう。

キッチリ2時間のセットで、長すぎないことがメンバー、特にラブリエの喉には良いのかも知れない。こちらもちょうど良い長さだし大満足。このツアーは何としてもDVD化して欲しい。

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »