« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年6月30日 (土)

ASIA "XXX" (邦題:ロマンへの回帰)レビュー

2006年8月のオリジナルエイジア再編からあっという間に6年、空中分解した80年代の倍以上の活動期間となった。それぞれが充実した別のバンド活動やソロ活動も掛け持ちするが故にグループ内主導権争いも無く、レーベルからのプレッシャーもない状況だからこそバンド史上最も安定した状況となっているのであろう。ファンとしては嬉しい限りである。
そのオリジナル再編から早くも3作目、82年のデビューから30周年を記念する新譜、"XXX" が満を持して登場。

ASIA "XXX" (邦題:ロマンへの回帰 マーキー・アヴァロン MIZP-30002 DVD付き限定盤)

ジャケットはもちろんロジャーディーン、1stと2ndを融合した素晴らしいデザイン。

Img_1212

限定盤にはポスター付き。

Img_1213

ついでに通常盤も。こちらはバンドロゴステッカー付き。

Img_1214

おまけでDU特典の紙ジャケ、ジャケデザインステッカー。

Img_1215

それではいつものように個人的主観全開で愛情たっぷりの全曲レビューを行きます。

① Tomorrow The World (Wetton/Downes)
これまでの作品では1曲目のイントロから印象深く勢いよくスタートする傾向だったが、今回は珍しく静かなイントロでプログレ的に始まる。だがそれを打ち破るストレートなビートが始まると、そのままカッコいいメロディで最後まで走り切るロックチューン。ダウンズのキーボードがメロディをなぞるところは80年代的過ぎて少し笑ってしまう。ハウ爺もスリリングなギターソロを少しだけど決めてくれている。

② Bury Me In Willow (Wetton/Downes)
これは今作のベストチューンに上げられそう。始まりがAOR的で非常に落ち着いたメロディアスな先生のボーカル、エイジアらしくないという声が聞こえてきそうだが個人的にはメロディさえよければ文句はない。だがしかしそれだけでは終わらないのがエイジアなのである。サビの先生が歌い上げる部分で薄く広がるコーラスが何とも言えない爽快感を醸し出す。更に更に、この曲のグレードをワンランクアップさせているのが2分30秒あたりから約15秒のダウンズのシンフォニックなキーボードアレンジ。勇壮にメロディアスに展開されるこのわずか15秒でメシ3杯は食える。それくらいに心を打つ。ダウンズのセンスが凝縮されている。歌詞の内容が、死んだら柳の下に埋葬してくれ、みたいな歌詞だがそれと相反する爽快なサウンド、耳をとらえて離さない。

③ No Religion (Howe/Wetton/Downes)
ハウ爺が持ち込んだと思われる(勝手にそう思っている)ハードでカッコ良いギターリフに、先生ダウンズが持ち込んだ(勝手にそう思っている)であろうキャッチーなサビのボーカルメロディを合体させた、これもストレートでノリノリのロックチューン。多分ハウ爺はイエスでもソロでも使わないであろう自作曲をエイジアに持ち込んだに違いない。しかし結果、エイジアらしいかどうかは関係無く、これも気持ちの良い爽快感を味わえる素晴らしい佳曲となった。

④ Faithful (Wetton/Downes)
ダウンズが持ち込んだ(と、先生がメイキングDVDで言ってる)これ見よがしなラブソング。これをちょっと変わったリズムで始める。ところが途中からここでもノリノリのストレートなリズムとなりメインのキャッチーなメロディを先生ボーカルとハウ爺ギターで交互になぞり、カールパーマーのドラムも元祖手数王状態で大いに盛り上げる。凡庸な曲には終わらせないアレンジ、プロデュースの勝利。これまた爽快。

⑤ I Know How You Feel (Wetton/Downes)
哀感を湛えたメロディが印象的なバラード。これもエイジアらしくはないが、たとえば先生のソロで演ってしまえば凡庸なバラードに終わりそうなところをアレンジ力でカバー。でもアルバム全体の流れからすると前4曲が爽快だったので一休み的な感じでそこが損してるかなって。でも佳曲であることには違いない。

⑥ Face On The Bridge (Wetton/Downes)
先行デジタル配信されていた今作のリーダートラック。最初聴いた時はカッコいいけど地味かな、とも思ったがなぜかこのアルバムの中で聴くと一番エイジアらしく感じてカッコいい。先行配信では短縮バージョンだったがこちらはフルバージョンで曲後半でハウ爺の入魂のギターソロも聴ける。

⑦ Al Gatto Nero (Wetton/Downes)
大変に、普通の(笑)ポップソング。個人的にはちょっとこの辺でダレるかなみたいな。ちょっとダレたんだけど曲の最後でハッとする。いきなりユニゾン的に終わる感じは1stの何かの曲にもあったよなぁ。1stから30周年のこの細かいところで意識させようってか?

⑧ Judas (Howe/Wetton/Downes)
これもハウ爺が持ち込んだ曲に先生ダウンズでキャッチーなサビを合体させたっぽい曲。ギターがワウワウを使ってる感じがこれまた1stの何かを思い出させる(おれが思ってるだけか?)。でもアレはソウルサヴァイバーだったな。曲調も違うしそこはやはり気にする必要もないか。これも明るいメロディのポップソングに仕上げている。

⑨ Reno(Silver and Gold) (Howe/Wetton) : BONUS TRACK
ココでボーナストラックのハウ爺と先生のペンによる曲。オッ、どうした?って思うような始まり方はきっとハウ爺持ち込みだろう。サビの先生ボーカルはいかにも先生的なメロディ。出来としてはあくまでボーナストラックってことで。悪くはないよ、メロディアスだし。

⑩ Ghost Of A Chance (Wetton/Downes)
本編ラスト曲。ピアノとボーカルで始まるバラードは先生ダウンズらしいメロディ。このまま地味に終わるとほとんど印象にも残らないであろうが中盤からのアレンジが感動を誘う。ハウ爺がメロディをギターソロで奏で、そして分厚いオーケストラルなダウンズのキーボードがそれを引き継ぐ。更に今度はそのキーボードをバックに再びハウ爺がギターソロ、更に更にコーラス風に広がるキーボードをバックにハウ爺のギターは天空を駆けるかのような超高音、スティールギターかな。思わず遠くを見つめたくなるような、なにかドラマのエンディングにでも使えそうな感動的なアレンジ。先生のソロで似たような感動を味わったのがアフターオール、ああいう感じの感動がある。

⑪ I Know How You Feel(Midnight Mix) (Wetton/Downes) : BONUS TRACK
ボーナストラックで⑤のアレンジ違い。リズム隊が省かれスペーシーなキーボードをバックに先生が歌う。間奏でハウ爺のアコギが美しく鳴り響く。そう言えば今作の本編ではハウ爺のアコギは無かったな。

⑫ Faithful(Orchestral Version) (Wetton/Downes) : BONUS TRACK
国内盤のみのボーナストラックで④のアレンジ違い。オーケストラルバージョンって言うからどんなに壮大なのかと思ったらけっこう地味。ちょっとホルンみたいなアレンジを入れてるところがダウンズのセンスだろう。

以上12曲、購入してから10数回聴いてのレビューでした。全体としては前作オメガと同じマイクパックスマンのプロデュースということでボトムのしっかりしたクリアな音像と曲のアレンジ、全編メロディアスと、オメガの延長上と言っていいだろう。曲の並びがオメガの方が整合感があって良かった気もする。このXXXはもちろん素晴らしい傑作だと結論しているが、曲の並びを変えればまた更に良い印象になったかも知れない。また、デビュー作から30周年だからって1st的な複雑にテクニカルな曲を期待する必要はないだろう。あくまでも今のエイジアである。

上記はあくまで拙個人の感想だが、せっかくなので最後に限定盤付属のメイキングDVDから、印象に残った、いや面白かった、メンバーのコメントを引用して本作への理解を深めてみたい。

スティーブハウ : 「ジョンとジェフが納得できなければダメだ。」
ハハハ、誰もが感じているし分かっているけどハウ爺、正直過ぎ(笑)。

ジョンウェットン : 「ジェフがフェイスフルのアイデアを持ってきた時、安っぽいと思ったがそれもアリなんだ」
何とも言えない半笑いな表情でコメントする先生、最初はホントに気に入らなかったんだろう(笑)。

ジョンウェットン : 「私たちのアルバムには通常、テーマがあるが今回のアルバムは強いて言うなら "希望" だ。」
このコメントが今作の印象を端的に表しているでしょう。

スティーブハウ : 「これからもエイジアをずっと続けていけることを願う。」
ジェフダウンズ : 「私たちには長年ついてきてくれた素晴しいファンがいる。彼らが喜んでくれさえすれば私たちは満足だ。」
カールパーマー : 「年々ますます力をつけているし、まだやりたいことがたくさんある。」

というわけで、30周年祭りで終わりではなく、まだまだエイジアには先があると信じたい。

|

2012年6月17日 (日)

第二期U.K.来日公演3日目 NIGHT AFTER NIGHT 2012 JAPAN TOUR(16th Jun, 2012 at クラブチッタ川崎)

いやもう凄過ぎて、今日になってもグッタリ、ようやくこれから昨日6/16のUK来日公演3日目レポです。

といってもセットリストは初日2日目と全く同じで以下の通り。

Alaska
Night After Night
Nothing To Lose
Thirty Years
Rendezvous 6:02
Carrying No Cross
Eddie Jobson Violin & Keyboard Solo
Terry Bozzio Drum Solo
As Long As You Want Me Here(Wetton & Jobson Duo)
Danger Money
In The Dead Of Night
By The Light Of Day
Presto Vivace And Reprise
Caesar's Palace Blues
The Only Thing She Needs

2日目も素晴らしかったけどこの3日目も演奏、サウンド共に素晴らしすぎ、凄過ぎ。2日目レポで書くのを忘れた先生の「キミタチサイコダヨ」はキャリングノークロスの後でした確か。他にトピックとしてはナッシングトゥルーズのエディのヴァイオリンソロのところでヴァイオリンの音が出ないパプニング。PAの人ミスったかな。エディのソロは2日目とは逆でヴァイオリン→キーボードの順番。

正直、2日連続の参戦でセットリストも同じなので少し眠くなってしまうときもあったが、それでもやはり後半からアンコールへの勢いは凄過ぎて、改めて言うけど昨年の4人(仮)UKは吹っ飛んでしまった。テリーボジオの存在感有り過ぎ。

終演後はいつもミクシィでお世話になっている方々のオフ会(お茶会)に初めて出席。皆様良い人ばかりで、とても楽しかった。本当にありがとうございました。次の機会も喜んで馳せ参じたいと思います。

私の参戦はこれで終わりだけど、日本公演は21日まで続く。メンバー3人がこのままのコンディションを維持しながら凄い演奏を見せてくれることを期待しながら、参戦する方はぜひ凄さを体感してくださいませ。

|

2012年6月16日 (土)

第二期U.K.来日公演2日目 NIGHT AFTER NIGHT 2012 JAPAN TOUR(15th Jun, 2012 at クラブチッタ川崎)

遂にこの日が来た、3人UKの復活来日公演。

最初に言っとくけど、もう凄い、凄かったって。最強のライブバンドとしての3人UKがまさに33年ぶりにここに降臨した。

例によって愛情込めてレポします。
この日に備えて数週間前から仕事を前倒しで進め、朝早出、残業も使いつつ順調に仕事を進めてきた。定時上がりできたのは当然だが、定時どころか昼ごろには少し手が空いてしまう状態に。仕事進め過ぎたって(笑)。

開場よりかなり早めに川崎に到着したので、書店で時間をつぶす。ちょうど買いたい本もあったし。買ったのは元新日本プロレス取締役、新仕掛け人として名を馳せた上井文彦氏の本。2000年代の上井氏の数々の仕掛けの裏側が明かされ、かなり興味深く読めた・・・・、あ、いやいや、そんなことは今は関係無い。本屋を出て現地へ。18時30分、開場開始していた。

1_3

1_2

入場でワンドリンク500円払い水と交換。水なんか100円台やで普通は。そう考えるとアレだがビールに交換して飲んで途中で尿意を催すのも嫌なので水でイイ。さて物販だがTシャツ、タオルは食指動かず、自らの財政状況も考慮してパンフのみ2500円購入。

Img_1209

昔の写真なんかも使われててカッコいい。

Img_1210

19時30分開始のはずだが少し押していた。ステージは幕が下りていた。やがて客電が落ちてフォォーーー、幕が上がり始め文字通り開幕。ここからはセットリスト通りに行きます。

「Alaska」

オープニングはやはりコレ。まずエディジョブソンが登場して途中からテリーボジオ登場、最後にノッシノッシとジョンウェットン先生登場。テリーの祇園祭のようなドラムセットはアメリカツアーより更に派手になっている。バスドラが6つくらい見えたぞ。全部使うのかなぁ。トリオによる演奏はこの時点で既に強烈。エディと先生は昨年も観ていたのでテリーのドラミング、アクションに自然と目が行ってしまう。このインスト演奏から強引にナイトアフターナイトへ。

「Night After Night」

先生の声は1月のソロ公演ほどではないけど、まず問題なし。ここでもテリーに目が行ってしまう。やはりUKのドラムは同じ感じで叩ける人はいくらでもいるんだろうけど本家テリーが叩くと本物だなぁということを今更ながら実感。また、音響というかサウンドのバランスも良好で各楽器、先生の声が明瞭に聴きとれる。

「Nothing To Lose」

おっ、ここで来たか、っていうUK随一のポップ曲。5月のアメリカツアーではやってなかったから日本ではやってくれるってのが嬉しい。やはりエディは日本公演をもっとも大事に思ってくれているのだろう。それはこの曲から数曲のちにも実感することになる。

「Thirty Years」

1stからのこの曲、79年当時のこの3人編成のライブでやったことあったっけ。また調べておこう。30数年ぶりの復活であることに引っかけてやってるのだろう。キーボードの物悲しいフレーズが個人的に好きな部分である。

「Rendezvous 6:02」

昨年のエディ、先生、プラス2名の時はアンコールでピアノ、ボーカルのデュオで聴かせてくれたがここでは第二期UKなのだからテリーのドラム入り。テリーの多彩なシンバルワークが印象に残る。
ここまでは短めかつ(UKにしては)シンプルな曲が続いたが次からコッテリな曲が登場する。

「Carrying No Cross」

さあこの曲で本格的に3人UKが復活したことをまさに実感できる。凄まじい演奏。テリーの全身から、そして祇園祭ドラムセットから発散されるエネルギーがバンドを79年当時の最強のライブバンドへと引き戻してくれたかのよう。とにかく凄過ぎて呆然。

「Eddie Jobson Keyboard & Violin Solo」

前曲の強烈な演奏から一休み(と言ってはエディに失礼だが)。エディのキーボードソロ、続いてヴァイオリンソロ。ちょっと長いか(苦笑)。

「Terry Bozzio Drum Solo」

続いてテリーのソロコーナー。ロックドラムのソロプレイとは違う、なにか打楽器の可能性を追求するような演奏、ジェントルなジェイミーミューア的な(何じゃそれ)。ちょっと長い(苦笑)。

「As Long As You Want Me Here」(Wetton & Jobson Duo)

ココである意味サプライズ。アメリカツアーでやってなかったナッシングトゥルーズをやったのはある意味期待通りで予想もできたが、これもやってくれるとは! 79年来日公演の為に演奏されたこの曲が33年ぶりに先生ボーカル、エディのピアノ、そして我々オーディエンスのハンドクラップで甦る。先生は「アズロングアズユゥウォンミィ~ヒ~ア~」の部分をオーディエンスに歌ってほしそうだったが、こちらがうまく反応できなかった。なぜかって?ライブインジャパンLPでもあまり聴かない曲だったから・・・・失礼(笑)。16日(土)も参戦するので今度は歌うで。

「Danger Money」

3人UKと言えばコレ。壮大に盛り上がる演奏。これもドラムがテリーだからこその本物感を味わえる。先生のボーカルは一番高音部は無理せず、というか歌ってなかった。うん、それでいいと思う。

「In The Dead Of Night」~「By The Light Of Day」~「Presto Vivace And Reprise」

1stのこの組曲、アメリカツアーでは初日にフル演奏したのみで2日目からはプレストヴィヴァーチェ以降しかやってなかった。日本ではフル演奏である。嬉しいじゃないですか、ここでも日本公演を大事にしてくれていることが分かる。テリーの、ブルッフォードとはまた違う、シンバルワークも駆使した超絶演奏を堪能できる。

ここでいったん終了で3人退場。我々オーディエンスは言うまでもなく盛大なUKコールで盛り上げる。ここからアンコール。

「Caesar's Palace Blues」

シーザスパレスブル~スって合唱しまくるオレ。大盛り上がり。演奏はこれまたテリーが発散するエネルギーが凄くてバンド全体が強烈ライブバンドになる。そしてそれは次の最終曲で極まる。

「The Only Thing She Needs」

凄い、凄い凄い、この強烈な演奏に導かれてこちらの高揚感もハンパ無い。先生のベースプレイも、そこまで頑張らなくても・・・って心配になるくらいブリブリ。絶対テリーに煽られてると思う。

以上、UKコールの中終演。テリーとジョンがやけに笑顔で仲よさそうなのが印象的。こちらはもう高揚し過ぎて満足感とともにグッタリ。そして最初の感想に戻るのである。

最強のライブバンド、3人UK降臨、凄い、凄いって!!

|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »