« 第二期U.K.来日公演2日目 NIGHT AFTER NIGHT 2012 JAPAN TOUR(15th Jun, 2012 at クラブチッタ川崎) | トップページ | ASIA "XXX" (邦題:ロマンへの回帰)レビュー »

2012年6月17日 (日)

第二期U.K.来日公演3日目 NIGHT AFTER NIGHT 2012 JAPAN TOUR(16th Jun, 2012 at クラブチッタ川崎)

いやもう凄過ぎて、今日になってもグッタリ、ようやくこれから昨日6/16のUK来日公演3日目レポです。

といってもセットリストは初日2日目と全く同じで以下の通り。

Alaska
Night After Night
Nothing To Lose
Thirty Years
Rendezvous 6:02
Carrying No Cross
Eddie Jobson Violin & Keyboard Solo
Terry Bozzio Drum Solo
As Long As You Want Me Here(Wetton & Jobson Duo)
Danger Money
In The Dead Of Night
By The Light Of Day
Presto Vivace And Reprise
Caesar's Palace Blues
The Only Thing She Needs

2日目も素晴らしかったけどこの3日目も演奏、サウンド共に素晴らしすぎ、凄過ぎ。2日目レポで書くのを忘れた先生の「キミタチサイコダヨ」はキャリングノークロスの後でした確か。他にトピックとしてはナッシングトゥルーズのエディのヴァイオリンソロのところでヴァイオリンの音が出ないパプニング。PAの人ミスったかな。エディのソロは2日目とは逆でヴァイオリン→キーボードの順番。

正直、2日連続の参戦でセットリストも同じなので少し眠くなってしまうときもあったが、それでもやはり後半からアンコールへの勢いは凄過ぎて、改めて言うけど昨年の4人(仮)UKは吹っ飛んでしまった。テリーボジオの存在感有り過ぎ。

終演後はいつもミクシィでお世話になっている方々のオフ会(お茶会)に初めて出席。皆様良い人ばかりで、とても楽しかった。本当にありがとうございました。次の機会も喜んで馳せ参じたいと思います。

私の参戦はこれで終わりだけど、日本公演は21日まで続く。メンバー3人がこのままのコンディションを維持しながら凄い演奏を見せてくれることを期待しながら、参戦する方はぜひ凄さを体感してくださいませ。

|

« 第二期U.K.来日公演2日目 NIGHT AFTER NIGHT 2012 JAPAN TOUR(15th Jun, 2012 at クラブチッタ川崎) | トップページ | ASIA "XXX" (邦題:ロマンへの回帰)レビュー »