« エイジア30周年記念ツアー来日公演2日目(Tokyo Sep 25, 2012) | トップページ | エイジア83年 "GEOFFREY'S BIRTHDAY PARTY" の最新ブート(25th August 1983) »

2012年9月30日 (日)

An Evening With Bill Bruford(Tokyo Sep 29, 2012)

エイジア渋谷2デイズから始まった怒涛のBigweekの締めは Bruford の夕べ。もう引退されているのでライブとかは無いけど、こういうことでもなければ日本に来ることもないだろうから勇んで参戦してきました。

Img_1229_1

自伝の出版を記念しての今回のイベント、表参道の、オレなんかが一生行くことはないであろう様なコンクリート打ちっぱなしのお洒落な画廊みたいなところで行われた。ラパンエアロとか言うところ。

Lapin

ってかとにかく表参道なんてめったに行かないし、行くの十数年振りくらいなので案の定道に迷う。変な汗かきながらようやく現地着。いつもお世話になっているマイミクさんから「joshoさんこっちこっち」と声をかけて頂いてようやくひと安心。

入場すると小さな会場にパイプ椅子ギッシリ。しかも既に Bruford がそこにいる。自分で椅子を運んだりしている。会釈したら「・・$%&%%$'%&($#%$・・」と英語でしゃべってくれたが何言ってるのか分からず。

そして講演が始まる。 Bruford がプロデビュー以降のドラムセットの変遷なんかを、その時々の思い出とジョークを交えながら話す。結構面白く飽きることは無かった。質問コーナーではマイミクさんが素晴らしい質問、「ジェイミーミューアからどのような影響を受けたか?」、そしてそれに対する Bruford の回答が良かった。音楽は自分の為にやるのではない、自分が音楽の為に存在するのだ、的なことをジェイミーミューアから教わったと。もっと技術的なことを言うのかと思ってたから意外だった。講演の最後ではシモンズのドラムで奇跡的な最高の演奏を紹介する、と言って流された映像はABWHのライブ時のドラムソロ。見慣れた映像ではあったけど改めてみると確かに良い。思わず会場で拍手が起こった。

このあと混乱の中で物販、そしてサイン会に移る。主催の方が一人ですべて担っておられたようで大変そう。ここでサイン入りの自伝の日本語版を購入。日本語版が書店に並ぶのは10月下旬だそうで、今回の参加者は出来立てほやほやの本を入手できた。

Img_1231_1

サインはコレ。

Img_1234

サイン会って本にサインをもらうのかと思っていたんだが、本には最初からサインが入った状態で売ってくれた。そしてそれとは別にサイン会をするということでしかも一人2アイテム、更には写真撮影までOKと言うことで、アイテムを用意していなかったバカな私はマイミクさんに煽られつつ慌てて物販でサインをもらうためだけの目的でCDとDVDを購入。両方とも家に帰ったらあるっちゅうのに・・・・。

それで、頂いたサインは以下。

Img_1233_1

Img_1232_1

そして記念撮影、写真はまぁ、ここでは公開しません。

ぶっちゃけこの時点でもう大満足。
さて、あとはブッフェなわけだがどんなもんが食べれるのかと思ったら、何とお弁当。

Bento

これはある意味ネタになった。ネットでこの件が盛り上がってる様子。
私はサインとツーショット写真だけでも大満足なので、特にネガティブには気にしてませんよ。楽しかったです。

|

« エイジア30周年記念ツアー来日公演2日目(Tokyo Sep 25, 2012) | トップページ | エイジア83年 "GEOFFREY'S BIRTHDAY PARTY" の最新ブート(25th August 1983) »