« 2012年6月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

An Evening With Bill Bruford(Tokyo Sep 29, 2012)

エイジア渋谷2デイズから始まった怒涛のBigweekの締めは Bruford の夕べ。もう引退されているのでライブとかは無いけど、こういうことでもなければ日本に来ることもないだろうから勇んで参戦してきました。

Img_1229_1

自伝の出版を記念しての今回のイベント、表参道の、オレなんかが一生行くことはないであろう様なコンクリート打ちっぱなしのお洒落な画廊みたいなところで行われた。ラパンエアロとか言うところ。

Lapin

ってかとにかく表参道なんてめったに行かないし、行くの十数年振りくらいなので案の定道に迷う。変な汗かきながらようやく現地着。いつもお世話になっているマイミクさんから「joshoさんこっちこっち」と声をかけて頂いてようやくひと安心。

入場すると小さな会場にパイプ椅子ギッシリ。しかも既に Bruford がそこにいる。自分で椅子を運んだりしている。会釈したら「・・$%&%%$'%&($#%$・・」と英語でしゃべってくれたが何言ってるのか分からず。

そして講演が始まる。 Bruford がプロデビュー以降のドラムセットの変遷なんかを、その時々の思い出とジョークを交えながら話す。結構面白く飽きることは無かった。質問コーナーではマイミクさんが素晴らしい質問、「ジェイミーミューアからどのような影響を受けたか?」、そしてそれに対する Bruford の回答が良かった。音楽は自分の為にやるのではない、自分が音楽の為に存在するのだ、的なことをジェイミーミューアから教わったと。もっと技術的なことを言うのかと思ってたから意外だった。講演の最後ではシモンズのドラムで奇跡的な最高の演奏を紹介する、と言って流された映像はABWHのライブ時のドラムソロ。見慣れた映像ではあったけど改めてみると確かに良い。思わず会場で拍手が起こった。

このあと混乱の中で物販、そしてサイン会に移る。主催の方が一人ですべて担っておられたようで大変そう。ここでサイン入りの自伝の日本語版を購入。日本語版が書店に並ぶのは10月下旬だそうで、今回の参加者は出来立てほやほやの本を入手できた。

Img_1231_1

サインはコレ。

Img_1234

サイン会って本にサインをもらうのかと思っていたんだが、本には最初からサインが入った状態で売ってくれた。そしてそれとは別にサイン会をするということでしかも一人2アイテム、更には写真撮影までOKと言うことで、アイテムを用意していなかったバカな私はマイミクさんに煽られつつ慌てて物販でサインをもらうためだけの目的でCDとDVDを購入。両方とも家に帰ったらあるっちゅうのに・・・・。

それで、頂いたサインは以下。

Img_1233_1

Img_1232_1

そして記念撮影、写真はまぁ、ここでは公開しません。

ぶっちゃけこの時点でもう大満足。
さて、あとはブッフェなわけだがどんなもんが食べれるのかと思ったら、何とお弁当。

Bento

これはある意味ネタになった。ネットでこの件が盛り上がってる様子。
私はサインとツーショット写真だけでも大満足なので、特にネガティブには気にしてませんよ。楽しかったです。

|

2012年9月26日 (水)

エイジア30周年記念ツアー来日公演2日目(Tokyo Sep 25, 2012)

渋公2日目、今度は間違いなくパンフを購入するべく、少しだけ業務を早退させて頂き渋谷へ直行。開場前の先行物販で無事にパンフを購入。

Img_1235

今回は30周年記念ツアーと言うこともあってか、ガッチリした重厚な作りのパンフ。読み物としては大したことは無いけど制作側の気合が入っているのが分かる。

Img_1236

ついでにいつもは買わないTシャツなんかを購入。デザインが格好良かったから。

Img_1237

2日目は First Album Set ってことで1stからの曲が全曲演奏され、その分初日のセットの曲がいくつか落ちた。セットリストは以下。例によってハウ爺ソロコーナーの2曲目が分からなかったので余所から拝借。

Only Time Will Tell
Wildest Dreams
Face On The Bridge
最初の3曲は初日と同じ。特にミスは無かったと思う。先生の声も快調。

Time Again
ここから初日とはいくつか曲が代わってくる。1st中心で。ここで「キミタチサイコダヨ」。

Ride Easy
このB面曲、25周年ツアーではアコースティック演奏だったがエレクトリックバージョンで演奏。エイジア史上初演奏では? その意味ではプレミア感のあるライブになったと言える。こうしてライブで聴くとかなり良かったりする。

One Step Closer
先生とハウ爺のツインボーカルが聴けるこの曲、これも25周年ツアー以来か。ハウ爺もしっかえ歌えている。

そう言えば余談だがこのあたりから私の斜め前方辺りにおられる女性の方が腰をクネクネさせながら踊っておられた。エイジアの曲でそういうふうに踊れるもんなのかぁ、とちょっと感心しはじめる。

Mood For A Day (Steve Howe guitar solo)
Second Initial (Steve Howe guitar solo)
I Know How You Feel (ウェットン & ダウンズ Duo)
Don't Cry (ウェットン & ダウンズ Duo)
The Smile Has Left Your Eyes (二部構成)

以上のソロ(あるいはデュオ)コーナーは初日と一緒。この日もいつわりの微笑みは二部構成。嬉しいね。

Without You
Cutting It Fine
Carl Palmer drum solo
Here Comes The Feeling

1stからの曲を連打。カッティングイットファインは好きな曲なので久々に聴けて良かった。ボレロの部分は何度聴いてもイイねぇ。

再び余談だが、私の斜め前方のお姉さん、やはり腰をクネクネさせながらリズムを取って踊っておられる。チラ見ばっかりているオレもオレだが・・・。

Open Your Eyes
セットの最後はやはりコレで。最後まで、私の斜め前方のお姉さんのセクシーダンスが続く・・・。

- encore -

Sole Survivor
アンコールのここから2曲は初日と同じなんだが、何としても触れておかなければならないことが。この曲、中盤でちょっとしたブレイクがあって、それからジェフのフルート的なキーボードが入るんだが、このブレイクで趣向を凝らしてカールがオーディエンスを煽ってリズムをとる。我々オーディエンスは心地よく手拍子しながら、「ホウッ、ホウッ」って掛け声かける。いい感じに盛り上がってジェフのキーボードに入るはずが・・・初日も気になったんだが、ジェフは入り方を思いっきりハズシまくりぃーーーっ!!! さんざん盛り上げた我々の手拍子は収めどころもなければ落としどころもない台無し状態。掛け声もさざ波のように消えていく・・・・・。

そして魅惑のセクシーダンスを踊っていたお姉さんをチラ見したら・・・フリーズしていた・・・。

Heat Of The Moment
私の今回参戦はこれで最後なので大合唱して満足。

09251

終演後はいつもお世話になっているマイミクの皆様と恒例のお茶会。こちらも楽しかったです。いつもありがとうございます。

このあと大阪、名古屋と少しずつセットが違っていたようで、そうなると詠時感BOXに収録されることが楽しみ。

|

2012年9月25日 (火)

エイジア30周年記念ツアー来日公演初日(Tokyo Sep 24, 2012)

先週末から仕事が深夜に及び、今日も早朝出勤でもうフラフラ。その分早めに上がらせてもらえたので渋谷に向かう前に所用で信濃町へ。用事を終えてさて渋谷へ向かおうとすると、あぁ最悪、電車が遅れとる。イライラしながら開場時間の18時半を過ぎての現地着。

09241

入場してパンフを買おうとするが物販の列が長い長い。2階までスゲー行列。一応並んでみるが自分の順番頃にはライブが始まってしまいそうな雰囲気だったので、パンフ購入を断念。一階に降りるといつもお世話になっているマイミクさんたちと遭遇。いろいろ挨拶して、座席へ。もともと24日の初日はチケット買ってなかったけど、やっぱり行きたくなったので某所でちょっと割高で入手。コレがとんでもなく良い席。

さてオープニング。セットリストは以下。曲名が分からなかったハウ爺ソロの2曲目は余所から拝借。

Only Time Will Tell
一曲目は、あ、これ?って感じの 'Only Time Will Tell' 。ちょっと意外。

Wildest Dreams
2曲目は定番のこれ。さんざん歌ってきたはずなのに、ん? ちょっと歌詞が怪しい場面があったぞ。ま、それも先生の定番か。更に定番で「キミタチサイコダヨ」。

Face On The Bridge
3曲目で新作からのリーダートラック登場。おー、ライブ映えするやないか。でもこのへんからジェフダウンズのキーボードが聴こえにくい気がしてきた。ちょっとトラブル気味か。

Never Again
後でわかったことだがここで本当はタイムアゲインだったようだ。ハウ爺が間違ったのか、何か事情があったのか。記憶が定かでないがこの曲の前後のどちらかで先生とハウ爺が額を寄せ合って数十秒話し込んだ場面は印象的だった。

Time Again
もはやすっかり安心して聴けるこのテクニカルな曲の演奏。さすがに何年もライブを続けていると馴染んでくるんだな、特にハウ爺。2006年の再結成ツアーの時はいかにも危なっかしかったけど。

Tomorrow The World
再び新作から。こういったスピード感のある曲はライブ映えするよな。もう一回聴きたいくらい。曲後半のハウ爺ギターソロも気持ち良く弾きまくっている。

Masquerade (Steve Howe guitar solo)
In The Course Of The Day (Steve Howe guitar solo)
先生が「ギターマエストロ」と紹介してハウ爺ソロコーナー。2曲目がクラップ的な曲だが曲名が分からず後でマイミクさんたちと話題になってしまった。アレなんて言う曲?って。

I Know How You Feel (ウェットン & ダウンズ Duo)
続いて先生とダウンズのデュオコーナー。新作からのこの曲はいわゆるミッドナイトバージョンのイメージで。先生はよほどこの曲が好きらしい。が、残念、途中で歌の入りを間違えていた。初日だからミスもあるわな。

Don't Cry (ウェットン & ダウンズ Duo)
あまり改めて聴きたいとは思わなくなったこの曲、聴くならこういうソロコーナーだな。バンドバージョンだとハウ爺のギターがアレ過ぎてずっこけるから。

The Smile Has Left Your Eyes (二部構成)
更に先生ダウンズのコーナーが続く。この曲に入る前に舞台袖のスタッフの人が先生のベースを持ってこようとしたがそれを先生が、後でいいよ、って感じで制止する。と言うことはもしかしてオレの大好きな2部構成でやってくれるんかな、と期待が膨らむ。一通りピアノをバックに歌い終わった後、やっぱりキタ。カールパーマーとハウ爺が合流してドラマチックに盛り上げるバージョン。ところがさっき先生が制止したベースギターをここで慌てて先生が早く持ってきてっ、って感じでスタッフに持ってこさせたが、あぁ変なタイミングになってしまい、ベースを抱えてる間に歌の入りが遅れてしまった。最初にベース持っておけばよかったのに。でもやっぱり感動的でした。

Holy War
前作オメガからは唯一この曲がセット入り。この曲好きだったので良かった。わがまま言うなら 'End Of The World' も演って欲しかったが。

Carl Palmer drum solo
お馴染カールのドラムソロが唐突に始まる。毎回楽しませてくれるシンバルワーク、スティックを転がしながら笑いも取るというエンターテーナー振りが素晴らしい。Tシャツ脱ぎ脱ぎパフォーマンスは無し。

An Extraordinary Life
もはやこの曲はセットから外れることはないだろう、先生のテーマ曲とも言える名曲。でも次の曲が良かったのだ。

My Own Time
良いねぇ、この曲。確かスピリットオブザナイト(ライブ盤)で繰り返し聴いたこの曲、その意味で意外感はなかったんだが、良く考えたら日本で演奏したのは2009年のアイコンの時だったので我々がこうしてオリジナルメンバーの生演奏を聴くのは初めてか。非常に良かった。

Open Your Eyes
セットの最後はやはりコレ。もうこの時点でアンコールの2曲が何になるか読めたりする(笑)。

- encore -

Sole Survivor
アンコール一曲目は、ほらやっぱりね。途中でジェフのリズム感が気になるところがあったが、それは二日目で触れよう。

Heat Of The Moment
最後はこれで大団円。全体的に細かいミスはあったかも知れないが、ツアー初日としては良くまとまっていたと思う。初日は Mix Set 、2日目が First Album Set となるのが確定した。正味1時間45分くらいか。

09242

先生の声はここ数年の絶好調をキープで言うことなし、少しだけ歌の入りを間違えたところがあったが、それ以外は各インストも特にアラは無く快調な初日と言えるだろう。

|

2012年9月23日 (日)

エイジア82年欧州ツアーの決定盤ブート "DRAGON FLEW OVER GERMANY"(23rd October 1982)

エイジアデビュー30周年記念ツアーの来日公演がいよいよ明日に迫ってきたが、そこを狙ったよなきっと、というタイミングで素晴らしいブートが聖地のLHからリリースされた。

Img_1227

82年のヨーロッパツアー後半、82年10月23日ドイツでの音源との事。この日の音源は初登場と思われる。音質的には文句なしの超高音質、とても耳に優しい音質で各パートの音色も鮮明に判別できる。演奏内容もこの時期だから言うことなし。エイジア82年ブートの中ではトップクラスに位置するだろう。個人的には3位かな。1位は前から言ってるコレ、2位はコレ、そして本作と言う感じ。1位2位の北米ツアーでは本作収録の、二部構成の 'The Smile Has Left Your Eyes' は演奏されていなかったこともあり、その意味では二部構成の同曲が超高音質で収録された本作は貴重であると言える。

同時にリリースされた83年アルファツアーの 有名音源 "GEOFFREY'S BIRTHDAY PARTY" はまた次回にUPします。少し聴いたけど過去音源からのアップグレードは明白で、むしろこちらの方がドキドキした。

更におまけのギフトアイテムは、UKを頂いたのだがこれまた素晴らしいギフトアイテム。サラッと紹介するだけではもったいないくらいなので別途記事にしてUPします。

それでは明日明後日、渋公に出撃やで。

|

2012年9月 1日 (土)

エイジア「詠時感~時へのロマン」30周年記念ボックスの詳細

2ヶ月もブログを放置するというこのアホさ加減・・・・、ネタが無いことは無かったけど暑くてパソコンに向かう気になれないみたいな。そんな冬眠ならぬ夏眠から目を覚まさざるを得ない情報を拡散しておこう。

エイジア30周年の事業計画から、「詠時感~時へのロマン」BOXの詳細と発売日決定の情報です。本国でもまだリリース予定は出ていないと思われるがさすがニッポン。世界に先駆けて。

http://wardrecords.com/SHOP/WRDZZ013.html

3種類のフォーマットが用意されているが限定スーパープレミアムボックスは恐ろしいことになっている。何でもありな盛り沢山な内容。おまけのいくつかは国内のみと思われる。もちろん拙もスーパープレミアムを注文済。

30周年ツアーも始まることなのでそろそろ当ブログでも祭りを盛り上げていきます。無いことは無かったネタを含めて少しずつコレクション物含めUPするのでお楽しみに。

|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年10月 »