« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月28日 (日)

感動!ジョン・ウェットン・ファンの集い~セッション・ライヴ&パーティーVol.8(JWS2012 Shinjuku, Tokyo, 27th Oct 2012)

念願だったジョンウェットンファンの集い・セッションライブ&パーティに初めて参加させて頂きました。いつもお世話になっているジョンウェットン研究の大家、Taaさん主催のビッグイベント(TaaさんのHPは、こちら)。

何年も前からずーーっと参加したかったんだけど仕事やその他もろもろで本当に忙しい日々を過ごしていたので、いつもイベント告知を羨ましく眺めていた。今回はいろいろ自分の状況にも変化があったのでようやく参加させて頂くことになったワケ。会場はもう雰囲気満点のロック&ライブバー、Crawdaddy Club

新参者の分際で喜んで2曲もエントリーしてしまった。楽器は出来ないのでこれまたクソ生意気にヴォーカルで。エントリー曲はエイジアの My Own Time と先生ソロの You Against The World。

数週間前から、そうそう、歌詞を覚えなアカンわ、と毎日この2曲を仕事の行き帰り、家に帰ってからも聴き続けていた。いや歌詞を覚えるのって大変なんやと実感。英語やから。よく先生のライブで、歌詞を忘れていたとかブログで突っ込み入れていたけど、もう突っ込みなんか入れられません。やはりジョンウェットン大先生のことは尊敬するのみ。
当日が近付くにつれてどんどん緊張感が高まってきて、仕事よりこのセッション参加のことで頭一杯になってくる。本番前日まで頑張ったがさすがに覚えきれず歌詞のカンペを作成して参戦することにした。特にユーアゲインストザワールド、簡単な構成の曲なのに歌詞長いのよこれが。

いよいよ2012年10月27日土曜日、生まれて初めて生バンドの一員として歌う日が来た。週末の休日と言うのんびり感も無く、朝からまたもや自宅で歌の練習をする。共演の皆様との事前打ち合わせで、マイオウンタイムのバージョンはライブ盤スピリットオブザナイトのバージョンで、キーはオリジナルキーで、でもライブ盤のバージョンはエンディングが長いからギターソロを3回回しでエンディングに入ろう、みたいなミュージシャン用語がなんかカッコエエなぁと変なところで感動する。現地新宿へ向かう電車の中でもひたすらこの2曲をアイフォンで聴き続ける。16時過ぎに現地着。打合せ、音だしが始まっている。

Jws0_3

会場入りの時点でさらに緊張が高まっていたのでいきなり生ビールを一杯飲みほす。共演者の皆様とご挨拶させて頂く。初対面でも皆さん気さくで良さそうな方ばかり。
そして17時30分、いよいよ開演。お店提供の豪華ブッフェ形式の料理も並ぶ。ブッフェと言っても先日の BILL BRUFORD 講演会のブッフェとは違う。なんか豪華。更にはお店のサービスでこのような素晴らしく気の利いた大皿も。

Jwsfood

さて、ライブセッション開始。セットリストは以下。

The Smile Has Left Your Eyes (ASIA)
Both Ends Burning (ROXY MUSIC)
Presto Vivace~ In The Dead of Night (U.K.)
Nothing To Lose (U.K.)
Easy Money (KING CRIMSON)
Face On The Bridge (ASIA)
Wildest Dreams (ASIA)
Sea of Mercy (JOHN WETTON)
My Own Time (ASIA) ----- joshoヴォーカル参加
Battle Lines (JOHN WETTON)
You Against The World (JOHN WETTON) ----- joshoヴォーカル参加
Don't Cry (ASIA)
When You Were Young (JOHN WETTON)
Turn On The Radio (JOHN WETTON)
Love Is (JOHN WETTON)
Open Your Eyes (ASIA)
Heat Of The Moment (ASIA)

開演からとても温かい雰囲気でセッションライブが進む。多少の演奏ミスなんて関係無い、この楽しい雰囲気が何とも言えない・・・なんだが自分自身はますます緊張が高まり豪華料理に箸をつけられない。メシ食ってるどころでは無い。さらに生ビールを3杯飲みほす。全然酔わない。遂に出番。歌っちゃいましたぁ。

Jws2_2
(念の為、共演して下さった皆様にご迷惑がかからないようにお顔は隠してあります)

なになに、一曲マイオウンタイム歌ったら非常に気分が良くなった。サビのヴォーカルの音程が高いところで今までの練習虚しく見事に声がひっくり返ってグダグダになったけど。コレはクセになる。二曲目のユーアゲインストザワールドはすっかりリラックスして気持ち良く歌えた。ハハァ、ミュージシャンを目指す方とか、バンドをやってる方って、この快感がやめられないんだろうなぁと実感。もちろん自分だけじゃなく出演者の皆さんの楽しそうな姿も本当に素晴らしく感動しました。

そして何よりも感動したのは、このイベントの何とも言えない温かい雰囲気。エイジアやUKの来日公演後のお茶会なんかで顔見知りの方もいたけど、マイミクさん含めてほとんどが初対面の方ばかり。それでも新参者の拙を暖かく迎えて下さり、バカみたいに緊張する拙を励まして下さり、歌い終わった後は下手な歌を笑顔で褒めて下さり、その温かさが最高だった。先生のファンに悪い人はいないということだけでなく、主催者Taaさんの人柄というのもあると思う。こういうイベントごとって主催者や企画運営に携わる方の気苦労ってホントに大変なはず。自分は会社やプライベートでも行事やイベントごとを幹事や運営責任者としていろいろ経験してきたから分かるけど当日を迎えるまで、あるいは当日も、それから終了後も裏ではいろいろ大変で、そういう苦労を買って出てでもこのようなイベントを開催されること自体に感謝しなければなりません。人前でバンドの一員として歌わせてもらうという貴重な経験をさせてもらったこと含めて感動と感謝で胸いっぱいです。ありがとうございました。2次会も延々飲み続けました。

また来年も参加させて頂ければと。内心ではエントリーしたい曲も決まってるし(笑)。

|

2012年10月21日 (日)

エイジア2012年来日公演ブート "LIVING A LEGACY" (Nagoya, Japan 27th Sep 2012)

そ~こ~まで言うならぁ~、ってことで人柱覚悟で購入したエイジア来日公演ブート。LHから鳴り物入りで登場。

Asialivingalegacy

宣伝通りの超高音質オーディエンス録音。音が近い、太い、録音が最高級であることは疑いない。しかしなんだろう、2回ほど通しで聴いたが感動が無い。多分セットリストが個人的にマンネリだからだろう。今ツアーで嬉しかったマイオウンタイム、ライドイーシーがセット落ちしているのが残念。この2曲が入っていれば多分絶賛したであろう。その意味ではオフィシャルの詠時感BOXに4公演すべて収録されるので楽しみが残った。

ところでキングクリムゾンの太陽と戦慄BOX、国内盤も今頃発売決定って、オイ。国内盤は予定なしという情報だったのでもうDGM直販で予約してあったのに。赤字国債どころでは無いでこれしかし・・・・って既に買う気になっているワタクシ・・・。

|

2012年10月16日 (火)

U.K.ライブ映像(11th May 2012)&プロモ、スタジオ映像集

聖地のLHで、エイジアのブートCD "DRAGON FLEW OVER GERMANY" "GEOFFREY'S BIRTHDAY PARTY" を購入した際におまけでもらったギフトDVDRがコレ。

Img_1228

たかがおまけと侮るなかれ、ユーチューブでいつでも観れると言われればそれまでやけど、フィジカルとして持っていたいと思う微妙なマニア心をくすぐってくれる素晴らしい映像集。

まずは2012年のジョブソン、ウェットン、ボジオのトリオUK北米ツアーから5月12日、カナダのモントリオールでの映像。ユーチューブにアップされている映像で、音質、映像共に極上のプライベート映像としてそれなりに話題になっていた。これをLHがDVDR化してくれた。全曲収録ではなく当日ライブからの抜粋ではあるが、

Alaska
Night After Night
Carrying No Cross
Presto Vivace
Reprise(In The Dead Of Night)
The Only Thing She Needs

と、オイシイところはカバーしている。音質の良さはもちろん、映像もメンバーの姿が大きく撮影され、ボジオのドラミングもじっくりと見惚れてしまうくらいうまく撮られている。エディジョブソンによると、このツアーの映像や音源のオフィシャル化については来年2013年まで待っててくれ、と言うようなニュアンスなのでいずれは出るだろうが、それまではこの映像で十分楽しめる。

その他の映像はこれまたユーチューブでも観れる78~79年のプロモやスタジオライブの映像をまとめて収録。まとめて持っていたい人には最適。一応内容を記しておくと、

Nothing To Lose(Promo)
In The Dead Of Night(78年オリジナル4人編成Promo)
Rendezvous 6:02(TV映像)
Night After Night(Old Grey Whistle Test TV映像)
Caesar's Palace Blues(Old Grey Whistle Test TV映像)

以上の5曲。ナッシングトゥルーズは大変きれいな映像。家で32型テレビで観ても不満を感じないくらい。インザデッドオブナイトなんかはかなり画質が悪い。きれいな映像がどこかに残っていないだろうか。

さて、いつもの盛大な煽り文句で発売された2012エイジア来日公演の名古屋音源、そこまで言うなら、と言うことで予約してしまった。また週末にでも聴いて記事UPします。

|

2012年10月 8日 (月)

エイジア83年 "GEOFFREY'S BIRTHDAY PARTY" の最新ブート(25th August 1983)

先日ココでUPした82年ブート入手時に、同時に入手した83年アルファツアーの超有名音源のグレードUP盤。83年8月25日、ジェフダウンズの誕生日、北米ツアーのニュージャージーでのライブ。

Img_1225

ブートCD創成期からの有名音源だが以前のブートは聴けるものではあったがやはり音質はイマイチ。83年ツアー音源に良好音質の音源が無い中では貴重ではあったが何度も聴こうとは思わなかった。それが以下。

Img_1226

さて今回の「ジェフの誕生日」音源だが音質UPは一聴して明白。聴き比べるまでもないくらいだが自分なりに言うと、以前の音源はジェネを重ねたテープに高音シャリシャリのイコライジングを施したような感じ。耳に優しくない。だからあまり何度も聴けなかった。資料程度に所有していた感じ。

それが今回のグレードUP盤は明らかにマスターに近づいたロウジェネ音源と思われる。自然な音像で耳に優しく、各パートの音色も明瞭に聴きとれる。待望のロウジェネ盤と言っていいだろう。出だしから数分はなぜか音が無かったらしく、過去音源で補填しているようだがそれ以外は言うことなし。'Daylight' も良い音質で聴ける。確か 'Daylight' は日によっては 'The Last To Know' に置き換えられていて(それはそれで貴重だが) 'Daylight' 好きの私としてはガクッと来ることもあるが本作はその意味でも嬉しい。演奏全体は多少の荒っぽさを感じなくもないが、何しろまだまだメンバー全員が若かったころなので勢いで押し切っていて心地よく聴ける。

83年アルファツアーの音源を探している人には超お勧め。11月発売の詠時感BOXに収録される門外不出の83年ライブDVDまではコレを聴いて楽しみにしておこう。ちなみにその83年ライブDVDは83年9月10日のデトロイトでの音源と言うことで、ブートでは同日音源で "LAST OROGINAL" と言う音源があった。また気が向いたら段ボール箱から探し出して記事UPします。

|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »