« エイジア「詠時感~時へのロマン 30周年記念スーパープレミアムBOX」レビュー③(ボーナスDVD編) | トップページ | LED ZEPPELIN "CELEBRATION DAY"(祭典の日(奇跡のライブ)) »

2012年12月16日 (日)

エイジア「詠時感~時へのロマン 30周年記念スーパープレミアムBOX」レビュー④(限定8枚組ライブCD編)

いやもうさすがに飽きた疲れた(笑)。読んでくださる皆様も飽きたでしょう。詠時感スーパープレミアムBOXのレビューパート④、スーパープレミアムBOX限定の2012年来日公演4デイズ全部の8枚組ライブCD。

Img_1273_2

プラケでも紙ジャケでも無いDVDケースのような、そしてそこに8枚で内部はこんな感じ。

Img_1277

美しくない・・・・。CD取り出しにくい。このスタイルが流行ることは無いだろう・・・。

しかぁ~し、音質は素晴らしい。特に手を加えてないであろう素のライン音源、でも各楽器のバランスは良いし素の音源だからこその迫力も全く損なわれていない。個人的にはライブ音源として一番好きな感じの音質。

このヴォリューム聴いてレビューしようなんて無謀な話であって猫の手も借りたいというか、猫の耳も借りたいっちゅう話である。それでも聴いた。同じようなアレばかり聴くから耳にタコ焼きが出来るって。各日のセットリストは背表紙で。

Img_1279

内容に関しては、現実にその場にいた "TOKYO DAY 1""TOKYO DAY 2" はそれぞれリンク先の記事に譲るが、mix set の東京初日を改めて聴いたが素のライン音源だからわかる、ミスの多いこと多いこと。大好きなマイオウンタイムで歌をミスってる。first set の東京2日目はミスは減り快調。

そしてセットリスト的に初日と2日目のオイシイところを合わせたのが "OSAKA" かなと。マイオウンタイムもあるしライドイージーもあるし。なので大阪音源は特に良く聴いた。だがここでも新曲トゥモロゥザワールド結構ズッコケ気味。マイオウンタイムも怪しいぞ。

最終日は "NAGOYA" 。演奏はこなれてきたのか素晴らしく快調。でもセットリストがな、マイオウンタイムもライドイージーもないということでちょっと残念。ちなみに上記でも触れたように音質は素晴らしい。そこで同じ名古屋音源で某ブートメーカーさんが過去最高オーディエンス音源という盛大な煽り文句でリリースしたコレとの比較をあえてさせて頂きましょう。
本件公式盤の圧勝です(笑)。ブートの方はオーディエンス音源に僕が求める臨場感やホールエコーの暖かみが無かったのだ。音がサウンドボード並に良過ぎて。だからサウンドボードのような超高音質であれば当然公式盤が勝ってしまうのである。

フゥ~、以上で詠時感スーパープレミアムBOXレビュー四部作、お開きとさせて頂きます。次回はもうエイジア以外のなにかをUPします絶対。

あ、でもヤバい、この詠時感BOX、仕様の違う海外盤がそのうち到着するかも知れん。そしたらまた記事UPしないとな(苦笑)。

|

« エイジア「詠時感~時へのロマン 30周年記念スーパープレミアムBOX」レビュー③(ボーナスDVD編) | トップページ | LED ZEPPELIN "CELEBRATION DAY"(祭典の日(奇跡のライブ)) »