« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月28日 (金)

DBA(Downes Braide Association) "PICTURES OF YOU"

前から気になっていたジェフダウンズとクリスブレイドによるプロジェクト、DBA(Downes Braide Association)の新譜CD "PICTURES OF YOU" をようやく購入。予想外と言っちゃ失礼だがジェフのソロプロジェクトでは過去最高の素晴らしい作品でした。

Img_1283

オリジナルエイジア復活後は、エイジアのみならずアイコン、更にはイエスにまで復帰して大忙しの中、イエスのフライフロムヒアの制作前後に秘かに完成させていたらしい。ジェフダウンズのソロプロジェクトでは最初の "THE LIGHT PROGRAM" は結構気に入っていて、その後はコレを超えるものは無かったと思う。バグルス、イエス、エイジアと大ヒットを放つバンドの主力メンバーとしてその音楽性は証明済のはずだが、それらのビッグネームから離れた課外活動ではどうも地味で、同じキーボーディストでもキースエマーソンやリックウェイクマン、パトリックモラーツやエディジョブソンに較べてソロアーティストとしての地位は無いに等しいと言ったら言い過ぎか。ビッグネームの一員だからこそ輝いていたのだとしたら彼の才能を世間は過小評価してしまっている。

しかし今作は、それらビッグネーム以外での活動で遂にその才能を大きく花開かせたといっても過言では無いと言ってしまおう、売上は別として。何と表現したらいいのか一言で言い表す語彙を持ち合わせていないので、感じたことを言葉で羅列すると、メロディアス、チャーミング、ドラマティック、ロマンティック、飛翔感、高揚感、バグルスのジェフダウンズサイド、バグルスをさらに甘くしたような、これらの言葉をすべて内包している見事なポップ作品と言える。収録曲タイトルは以下。

① Sunday News Suite
  (a) Sunday News
  (b) Islands
  (c) Goodbye Johnny
  (d) Anywhere
② The Radiant Children
③ The Superfortress
④ Pictures Of You
⑤ Songs That Can Heal
⑥ Ride The Waves
⑦ Road To Ruin
⑧ Live For The Moment
⑨ Sky Sailor

以上9曲。①はいきなりの13分を超える組曲。とは言ってもプログレ的重さは無く、美味しいメロディが4種類登場すると思ってもらえばいい、長さを感じさせない佳曲。全曲メロディアスで美味しいメロディの宝庫だが、中でも⑦の 'Road To Ruin' は出色の出来。穏やかに始まる歌メロがサビで一気に高く高く飛翔するという気持ちのいいポップソングの王道。バックのキーボードサウンド、アレンジが最高。この3日間で既に何十回も繰り返し聴いてしまった。

とにかくジェフの多彩なキーボードアレンジが素晴らしく、これまでのバグルス、イエス、エイジアへのキーボードによるインプットを総決算したような、純度100%のセンス全開なのである。そしてそのセンスを大きく飛翔させているのがクリスブレイドのヴォーカル。ジョンウェットンともトレバーホーンとも違うクリアで伸びるヴォーカルが、ジェフの音楽性、キーボードアレンジとの相性ピッタリ。ジェフの音楽を、歌で、声で表現するにはこの声こそが必要だったのかも知れない。

この手の音楽は80年代にはそこらじゅうに転がっていたもので、学生だったそのころに洋楽にハマった自分には何とも言えない郷愁も感じる。あの産業ロック、産業ポップをこれだけ濃厚に聴かせてくれる作品に、この2012年の終りに出会えるとは思ってなかった。まだまだしばらくヘヴィローテが続きそうです。

|

2012年12月25日 (火)

STEVE HACKETT "GENESIS REVISITED Ⅱ"

仕事を定時で上がれて、クリスマスケーキの叩き売りを尻目にとっとと帰宅。帰り途中のケンタッキーフライドチキンが長蛇の列だったのはやっぱりクリスマスだからか。さっさと晩ご飯食べてお風呂で入浴剤「旅の宿」入れて十分温まって、珍しく平日に記事UP。お気楽やな我ながら。

今回も発売早々に購入していながら詠時感BOXレビューの為に後回しにしていたブツをいきます。近年プライベートではいろいろ困難もありつつ活発な活動を続けるスティーブハケット、前作 "BEYOND THE SHROUDED HORIZON" は会心の出来だった。逆にイエスのクリススクワイアとのコラボ作SQUACKETTはイマイチだったけど。それに続く新作となるジェネシスリビジテッドⅡ。

Img_1280

ハケットのサイト直販で直筆サイン入り。ジャケの左上ね。地味~。このジャケは日本人にはちょっとマズイよなぁと思っていたら国内盤はジャケを変えて発売したみたい。それが賢明だろう。

さて内容だが、前回1996年のジェネシスリビジテッドはセルフカバーとはいえ、オーケストラの導入、ピーターゲイブリエルとの共作となる美しいメロディを奏でるジェネシス時代の未発表の名曲 'Deja Vu' など新機軸も取り込んだ意欲作であったが、待望のパートⅡとなる今作はヴォリュームたっぷり2枚組CDでジェネシス時代の曲とソロでの名曲をほぼ完コピ状態で再演となっている。この点をどう捉えるかで評価が変わるかも知れないが、なにしろ元の曲が名曲なだけに駄作とはなり得ない。聴いていて非常に気持ちのいい素晴らしい仕上がりとなっている。エイジアじゃないので全曲レビューはしないけど、気になる曲だけピックアップしてみる。1枚目から。

'Horizons' は、またやるか(笑)って。名曲で大好きな曲なので構わないけど。一度自分でギターで演奏してみたい(その前にギター買えよってか)。

'Dancing With The Moonlit Knight' は元イットバイツのフランシスダナリーのヴォーカル。昔からゲイブリエルに声質が似ていたけど、ここでも見事にそのまんまゲイブリエルやん、って感じ。そういう意味でも完成度高いって。

'Please Don't Touch' って実は元のハケットソロ曲を知らないんだけど、86年GTRの 'Hackett To Bits' って曲に同じメロディとリズムが出てくる。これはそういうアレなの? そういうところで引っ掛かってしまうオレ・・・。

2枚目に入ると個人的に一番好きな時期の、ゲイブリエル脱退後の4人ジェネシス期の曲が中心となる。

'Eleventh Earl Of Mar' は個人的にジェネシス最高傑作、キーボードの洪水を浴びることが出来る77年の "WIND AND WUTHERING" の一曲目。これもほぼオリジナル通りの完コピだが曲自体が大好きな曲なので気分良く聴ける。

'Ripples' はこれまた4人ジェネシスの大名作 "Trick Of The Tail" 収録の、一番お気に入りの曲でこの再演も嬉しいが、それだけに残念な点が・・・。このヴォーカルのひと誰や? この魔女チックな声が気に入らない。だったらオリジナルを聴けばいいんだけどね。

'Afterglow' では待ってました! 我らが大先生ジョンウェットンがヴォーカルで登場。エライ地味な曲での登場なのがちょっと寂しい気もするが。前回パートⅠでは、'Watcher Of The Skies' と 'Firth Of Fifth' といったドラマティックな名曲で豪快にウェットン節を聴かせてくれて、もうこの2曲では先生のヴォーカルバージョンの方が耳に馴染んでしまったくらい素晴らしかったんだが。今作で言えば例えば 'Eleventh Earl Of Mar' とか 'Ripples' 辺りで豪快に歌ってくれると尚更嬉しかったんだが、まあ仕方ない。でもこの 'Afterglow' 、最初は先生が穏やかにオリジナルのイメージを外さないような歌い方が地味で、少し違和感を感じたが聴き込むうちにアラ不思議、コレはこれでとても先生の情感がこもっている感じがして繰り返し聴いている今日この頃。

'Shadow Of The Hierophant' はハケットソロの超名曲。これはオリジナルも持ってる。憂いと翳り、まさに英国の幻想的な霧風景をそのまま音で表現したような問答無用の傑作。これもオリジナルのイメージを大事にした再演となるが、飽きないねぇ何度聴いても。'Horizons' もそうだが名曲というものは何度再演してもらっても良いものは良い。

以上、今年2012年の先生はソロ、トリオUK、エイジアと来日公演の連打で、もう日本に家買えば?ってくらいだったが来年2013年はきっと少しスケジュールも空くでしょう。そしたらハケットが今作を引っさげて来日して先生も同行、みたいなことになるといいなと言う妄想全開です。

|

2012年12月23日 (日)

LED ZEPPELIN "CELEBRATION DAY"(祭典の日(奇跡のライブ))

エイジアBOXばっかり記事UPしていてすっかり後回しになっていた注目のブツを年末駆け込みで記事UPしていきます。まずはレッドツェッペリンの「祭典の日」から。

2007年12月10日ロンドンO2アリーナでの再結成ライブをほぼ完全収録のライブ映像&CD。あの当時確か5ソースくらいネットで必死で音源集めまくって聴きまくったが結局決定盤は日本製ブートのコレだった。アレから5年も経てば個人的には今更感もあるが、やはり公式盤のクォリティは買わないわけにはいかない。

Img_1252

映像はブルーレイの分を購入。いくら年老いたとはいえ、動くツェッペリンの映像はそこらへんのバンドとは違うオーラが漂う。黒のスーツに黒いサングラスのジミーペイジのカッコいいこと!。オープニングのグッドタイムスバッドタイムスからキーを下げてはいるがその違和感は聴き進むほどにすぐに吹っ飛んでしまう。この曲のエンディングでリフを2回繰り返すところは言葉で言い表しようの無いほど強力。紛れもないツェッペリンそのものであると感じる要因は、以前にオーディエンス音源を聴いた時にも感じたが、ドラマーのジェイソンボーナムの成長が挙げられるだろう。故ジョンボーナムの正統DNAである息子のジェイソンが生み出すリズムが、見事なるツェッペリングルーブを健在たらしめているのである。ここに存在するのはまさにあの唯一無二のツェッペリングルーブそのものである。カシミールに至っては、この曲の完成形かと思うくらい。

CDの方はちょっとドラムのミックス具合が小さいかなと感じるのが少し残念。またボーナスDVDのリハ映像は、ワンカメ映像なのでマニア以外はちょっと退屈かも。これでもう今後の再結成は無いようなのでツェッペリン伝説最後の記録として公式に残されたことを素直に喜びたい。

来年はジミーペイジがこれまでのツェッペリンカタログのリマスターを開始しているようなので、ボーナストラック入りでそれぞれデラックスエディション再発なんてことになったらまた金策が大変。しっかり予算を計画して、日本経済復興に貢献しなければ。

|

2012年12月16日 (日)

エイジア「詠時感~時へのロマン 30周年記念スーパープレミアムBOX」レビュー④(限定8枚組ライブCD編)

いやもうさすがに飽きた疲れた(笑)。読んでくださる皆様も飽きたでしょう。詠時感スーパープレミアムBOXのレビューパート④、スーパープレミアムBOX限定の2012年来日公演4デイズ全部の8枚組ライブCD。

Img_1273_2

プラケでも紙ジャケでも無いDVDケースのような、そしてそこに8枚で内部はこんな感じ。

Img_1277

美しくない・・・・。CD取り出しにくい。このスタイルが流行ることは無いだろう・・・。

しかぁ~し、音質は素晴らしい。特に手を加えてないであろう素のライン音源、でも各楽器のバランスは良いし素の音源だからこその迫力も全く損なわれていない。個人的にはライブ音源として一番好きな感じの音質。

このヴォリューム聴いてレビューしようなんて無謀な話であって猫の手も借りたいというか、猫の耳も借りたいっちゅう話である。それでも聴いた。同じようなアレばかり聴くから耳にタコ焼きが出来るって。各日のセットリストは背表紙で。

Img_1279

内容に関しては、現実にその場にいた "TOKYO DAY 1""TOKYO DAY 2" はそれぞれリンク先の記事に譲るが、mix set の東京初日を改めて聴いたが素のライン音源だからわかる、ミスの多いこと多いこと。大好きなマイオウンタイムで歌をミスってる。first set の東京2日目はミスは減り快調。

そしてセットリスト的に初日と2日目のオイシイところを合わせたのが "OSAKA" かなと。マイオウンタイムもあるしライドイージーもあるし。なので大阪音源は特に良く聴いた。だがここでも新曲トゥモロゥザワールド結構ズッコケ気味。マイオウンタイムも怪しいぞ。

最終日は "NAGOYA" 。演奏はこなれてきたのか素晴らしく快調。でもセットリストがな、マイオウンタイムもライドイージーもないということでちょっと残念。ちなみに上記でも触れたように音質は素晴らしい。そこで同じ名古屋音源で某ブートメーカーさんが過去最高オーディエンス音源という盛大な煽り文句でリリースしたコレとの比較をあえてさせて頂きましょう。
本件公式盤の圧勝です(笑)。ブートの方はオーディエンス音源に僕が求める臨場感やホールエコーの暖かみが無かったのだ。音がサウンドボード並に良過ぎて。だからサウンドボードのような超高音質であれば当然公式盤が勝ってしまうのである。

フゥ~、以上で詠時感スーパープレミアムBOXレビュー四部作、お開きとさせて頂きます。次回はもうエイジア以外のなにかをUPします絶対。

あ、でもヤバい、この詠時感BOX、仕様の違う海外盤がそのうち到着するかも知れん。そしたらまた記事UPしないとな(苦笑)。

|

2012年12月 9日 (日)

エイジア「詠時感~時へのロマン 30周年記念スーパープレミアムBOX」レビュー③(ボーナスDVD編)

詠時感スーパープレミアムBOXのレビューパート③、いよいよ極一部で賛否両論(笑)のボーナスDVD編。ドキュメントDVDに収められていた82~83年ツアーアーカイブ映像と、アルファツアー最終日のライブほぼフル映像です。

まずは82~83年ツアーアーカイブ映像から。スティーブハウ本人やローディが個人保存用に撮っていたと思われる映像で、したがってハウ中心の映像ではあるが、その貴重度はハンパ無い。82年北米ツアーから 'Time Again' 'Sole Survivor' 'Heat Of The Moment' の演奏シーン、リハーサルやオフショット等、デビュー直後でしかもガンガン売れまくってノリノリだった時期なので、部分収録ではあるが勢いのある素晴らしい演奏を観ることが出来る。みんな若いから当然なのだが、演奏も姿も若々しい。先生なんて暑かったのか知らないけどタンクトップに短パンで演奏してるあたり今じゃ考えられない。

そして83年の2nd、アルファのレコーディングスタジオでのシーンやツアー最終日パインノブでの演奏も含まれているが、ここで個人的にオッ!っとキタのがそのアルファレコーディング場面でのこの映像19分過ぎくらから(↓)、

Img_1269

後ろで流れてる曲、これ 'Jodi' やろ 'Jodi'、ジョディのバッキングトラックやろ。こういうのが欲しいわけよオレ的には。ここだけ繰り返し観て(聴いて)しまったよホントに。あとは 'The Smile Has Left Your Eyes' 、そして 'Eye To Eye' にハウがギターを重ねてる場面etc、もう鼻血が止まらない。
欲を言えば、キリがないがこれでも充分満足。貴重映像満載で大満足。

さ、次にアルファツアー最終日83年9月10日パインノブでのライブ映像。結果的に最終日となったが実際にはこの後も10月31日まで続く大規模なアリーナツアーだったのが、予想外にチケットの売り上げ不振で、残りのツアー日程すべてキャンセルという悲しさで、おまけに先生の解雇直前最後のライブでもある。映像はまぁブート画質とでも言うか、ワンカメ固定映像だし、事前にプロショットとも案内されてなかったのでしょうがない。無いもんは無いんだろう。でもステージの全景がイヤと言うほど観れるのが個人的には嬉しいのである、

Img_1270

この83年ツアーは、1枚目が売れに売れて全米制覇した後だからそれはそれはレーベルもマネージメントもリキが入っていたのだろう。このデカいステージセットはもはや現在の活動順調な再結成エイジアでも再現してくれないだろうから貴重ではある。また、音質が明らかにサウンドボードと思われる素晴らしさで、これは83年ツアーのブートでも絶対無かった音質なのでこれまた鼻血もの。音源を聴いてるだけでも飽きない待望の最高音源と言える。

ちなみに同日のブートが随分前に出ていた。その名もズバリ 'LAST ORIGINAL' 。そのまんまやんっていう(笑)。ちょっと聴き比べてみるかと段ボール箱から引っ張り出してみた。

Img_1272

いやもう聴いてられません。完璧なブート音質のオーディエンス録音だから。しかもこのブート、オリジナル時期のラストライブ音源と言うだけで価値があったが、その価値を落としていたのがアンコールラストのヒートオブザモーメントを収録していないこと。音質がイマイチなのに加え不完全収録ときたもんだから段ボール収蔵となってたワケ。久しぶりに聴いてダメダメなのでお口直しに先日買ったブート "GEOFFREY'S BIRTHDAY PARTY" を聴き直してしまったよ。

そんなこんなで今回のパインノブ映像の音源を改めて聴いていると、この時期のライブでのキーボードの音作りは80年代ならではの煌びやかで豪華な音作りに興味を惹かれる。現在のオリジナルエイジアはちょっと地味かなかと思うくらい。

以上、パート③のレビューでした。これらは国内盤のみのボーナスのようなので日本人には本当にありがたい。ちなみに別の場所で簡単なレビューを書いたところ、拙のことを国内発売レーベルさんの関係者か回し者とでも思われた輩がいたようで、ハイハイお仕事ご苦労さん、みたいなこと言われてまして大爆笑してしまいました。えー、ワタクシのお仕事はIT業界で働く黄昏た40代サラリーマンでありますので悪しからず・・・。

次回パート④でこれまた国内盤限定ボーナスの2012日本公演8CDを取り上げて、締めたいと思います。

|

2012年12月 2日 (日)

エイジア「詠時感~時へのロマン 30周年記念スーパープレミアムBOX」レビュー②(リマスターCD&ドキュメントDVD編)

詠時感スーパープレミアムBOXのレビューパート②、本体のリマスターCD&本編ドキュメントDVD "30 Tears On" です。

まずはCDから。今回は以下写真の5種を聴き比べ。

Img_1267

左は今回のBOX、右は上から順番に、

・国内盤CD初版、箱帯
・2001年国内リマスター紙ジャケCD
・2005年リマスター、ベスト盤CD
・2010年Audio FidelityリマスターCD

ウチは特に立派なオーディオを備えているわけでは無いし、また自分自身の耳も若いころに患った病の関係で右の耳の聴力が少し落ちる(日常生活に支障は無い)ので、ちゃんとした音質比較にはならない。この点ご了承を。あくまでこのバカ耳で感じた印象です。
まずは以前入手時に紹介した箱帯は、これはもう音質で言うなら問題外、他のリマスターに比べたら細かいところが明らかに霞んで聴こえる。これは持ってることに意義があるって話。次に2001年国内リマスター紙ジャケ、箱帯に比べれば音はくっきりしたかな?程度。一番良く聴いた2005年リマスターベスト盤、音デカいなぁって言うのが第一印象。近年流行っていた音圧勝負か。2010年Audio Fidelityリマスターは、前述ベスト盤に比べて音圧は控えたがピーク音量をベスト盤と同じにして聴いてみると、より整然とスッキリ聴こえる。そして今回の2012年リマスター、これは音圧がベスト盤並で音の伸びも感じる。

以上が拙のバカ耳での印象、少なくとも今回の最新リマスターは、過去のどのリマスターよりも負けてはいない、とだけは言えますな。あとは個々の好みの問題かと。ただ未入手のSACDや、今度出るハイレゾ配信音源がさてどうかと言うところ。

続いてドキュメントDVD "30 Years On" 、コレは非常に興味深く見ることが出来る。2006年再結成ツアー前のリハーサルや、その後の再結成ツアー、オメガツアー等での未発表映像を挿入しつつ、メンバー4人の証言によりエイジアの歴史が語られていく。知ってる話が大半ではあるが今回はメンバーそれぞれの生い立ちにもフォーカスが当てられており、幼少時や少年時代の観たことない写真も挿入されている。特に注目するところはやはり、デビュー前のメンバー確定までの話、83年崩壊時のメンバーそれぞれの見解、2006年再結成合意の証言等がある程度赤裸々に語られていく。

デビュー前のメンバーの出入りについてはBOX付属のブックレットも参考にしならが観ると、より核心に迫れるだろう。当初キーボードにはリックウェイクマンが候補に上がっていた件、トレバーラビンやロバートフライシュマンがセッション参加した件は今更ながら興味をそそられる。でもやはり最終的にはこのオリジナル4だからこそのエイジアサウンドだったんだろうな。83年崩壊時の話も、ウェットンとハウの対立、ウェットンのアル中、ウェットン脱退から復帰、その2週間後のハウ脱退、これらがメンバーの口から直接語られ映像化されるのは、逆に言えば今現在のエイジアがうまく活動出来ているからこそのぶっちゃけ話で、何とも言えない感傷と安心感をもたらしてくれる。

非常に良くできたドキュメントで、エイジアの歴史を俯瞰するには申し分の無い映像であった。そして最後に、マニアが気になる点はこの映像に一部挿入された82年ツアー時と思われるプロショットのライブ映像(プロショットって(笑)、ブートに慣らされた言い方やけど)。なんだ?あるじゃんかよぉ?みたいな。マニア的には期待してしまうよな、あのライブ映像、フルで出せないの?って。

以上、パート②でした。次回パート③はいよいよ一部で賛否両論(笑)、国内盤のみ収録のボーナス映像をレビュー。あっ、先に言っとくけど私は肯定派ですよ完全に。

|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »