« UK リユニオン~ライブ・イン・トーキョー コレクターズエディション(2SHM-CD+USB) | トップページ | U.K.(Jobson, Wetton, Machacek, Donati) 米東海岸ツアーライブ音源(Apr 25, 2013) »

2013年5月12日 (日)

キース・エマーソン自伝(KEITH EMERSON Pictures of an Exhibitionist)

昨年NHK大河の平清盛にオーケストラアレンジのタルカスが使われたタイミングをチャンスと考えたのか、キースエマーソンの自伝が和訳版で発売された。

Img_1330

400ページ超の大ヴォリューム。未だにBRUFORD本も読めてないし、キングクリムゾンの太陽と戦慄BOX特集のレコードコレクターズも読了出来ていないのに今度はエマーソン本、読めんのかって。

案の定まだ読了出来ていないが何か面白いこと書いてないかと部分部分は読んでみた。半分近くは学校時代からEL&P結成前まで。残りはEL&P結成後から70年代の成功までって感じ。自伝ではあるが私が秘かに期待する70年代EL&P解散後の80年代以降の話は特になし。実は誰それとスーパーバンドを結成する計画があったとかそういう話は無いかと期待したがありません。前半は飛ばしてEL&P結成時以降を読んでみたが印象に残ったところをピックアップ。

バンド名を決める際にメンバーの名前を並べた名前を提案するキースに、
「なんでお前の名前が最初に来るんだ?」

ライブでアンコールを求められ、ナットロッカーを提案するキースに、
「あんなくだらねぇ曲はもうやらねぇよ!」

のちにタルカスとして陽の目を見る曲のモチーフをカールパーマーと共に作って聴かせたキースに、
「そういう音楽をやりたかったら、自分のソロアルバムでやったらいいと思うよ」
「そういうのには俺は全然興味ないんだよ」

・・・と、まぁ次々と減らず口を叩くのは皆様の想像通り、はい、グレッグレイクです(苦笑)。ほんと面倒臭ぇーーこの人。ちなみにバンド名を決めるくだり、グレッグが提案したのは「トリトーン」「シーホース」。どっちもイマイチ、逆にキースが却下と(笑)。
タルカス原曲提案時は、じゃあグレッグは何か曲を用意してるのかと言ったら何もなし(嘲笑)。キレたキースがバンド解散を一瞬決意・・・。よくもまぁこんな調子でその後10年もバンドを続けたなとある意味感心する。それでもキースにとってはグレッグの魅惑のテナーヴォイスは他に代えられない必要なものだったんだろう。

あと、本書でやたら多いのが下半身の話。この時代のロックミュージシャンってみんなこんな感じだったんだろうか。下品なのでこの本の売れ行きを心配してしまう。要するに印象に残ったのはグレッグレイクの性格の悪さと、下半身話。

この本が6月予定のグレッグレイクのソロ来日公演チケット売り上げに悪影響を与えなければ良いが・・・・(笑)。

|

« UK リユニオン~ライブ・イン・トーキョー コレクターズエディション(2SHM-CD+USB) | トップページ | U.K.(Jobson, Wetton, Machacek, Donati) 米東海岸ツアーライブ音源(Apr 25, 2013) »