« エイジア新編成の記念すべき初ライブ音源レビュー(Jun 5, 2013 Milton Keynes, England) | トップページ | GREG LAKE 来日公演初日 SONGS OF A LIFETIME JAPAN TOUR (下北沢GARDEN Jun 15, 2013)) »

2013年6月14日 (金)

エイジア Sweden Rock Festival ライブ音源(Jun 7, 2013 SWEDEN)

6/5 Milton Keynes に続いて、6/7 Sweden Rock Fes のライブ音源を入手。6/5分の全曲レビューで力尽きているので今回はチャチャッと。

セットリストは以下。

Only Time Will Tell
Wildest Dreams
Don't Cry
Face On The Bridge
An Extraordinary Life
Open Your Eyes
The Smile Has Left Your Eyes
Time Again
Go
Holy War
Sole Survivor
Heat Of The Moment

Milton Keynesからアコースティックセットとソロコーナー、それと数曲セットから落としてそれでも12曲。オープニングを入れ替えている。数バンドが出演するフェスだから演奏曲数はもっと少ないかと思ったら案外演っている。

20130607

音質だが屋外のライブにしてはこれまた大変な高音質でサウンドボード並み。Milton Keynes音源は迫力もありバランスも良いオーディエンス録音として最高峰の音質だったので、それに比べると個人的には音が綺麗すぎてつまらないかな。でも個人の好みの問題でこちらのSB並みの綺麗な音質のほうが好みの人もいるだろう。要するにそれくらい音質が良いという事。

演奏内容は各メンバー快調。屋外のフェスで15000人の大観衆を前にしての演奏という事で、先生ちょっとヴォーカルにリキが入り過ぎたのか無駄にガナってるところが少しあるがそれ以外は問題なし。サムクールソンのギターもバンドに自然に馴染みはじめてる印象。・・・っと聴き進めたところでHoly War後半のサビでカールがトチッたのか、そこからサムも先生も曲を見失った感じでギターと歌が沈黙。何とか合わせるとこを見つけて辻褄合わせて終了。先生が「カールパーマー!!」とカールを紹介して、カールもリキの入った例の甲高い声で客を煽りまくり。トチッた照れ隠しか(?笑)。先生並みにガナり気味で「ソールサヴァイヴァーー!!」って次へ。

先生とジェフダウンズのツイッターによると現在、英国に戻って新作"VALKYRIE"の曲作りを行っている模様。本格的なツアーは8月後半からなのでしばらくはこの6月の2公演の音源を聴きながら新たなニュースを気長に待ちましょう。

|

« エイジア新編成の記念すべき初ライブ音源レビュー(Jun 5, 2013 Milton Keynes, England) | トップページ | GREG LAKE 来日公演初日 SONGS OF A LIFETIME JAPAN TOUR (下北沢GARDEN Jun 15, 2013)) »