« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月28日 (日)

ASIA "ALPHA WORKING TAPES" レビュー

「あの写真」の中身が遂に陽の目を見るのか? そんなワクワクドキドキ感を感じながら盛り上がれるブートレッグCDが突然登場。

エイジアの超名作、アルファのスタジオレコーディング途中?と思われる超貴重音源ブート "ALPHA WORKING TAPES Studio Rehearsals 1983  ~2013 Digitally Remastered Edition"

Img_1388

収録曲は以下の9曲。

1. My Own Time
2. Open Your Eyes
3. Never In A Million Years
4. Midnight Sun
5. The Smile Has Left Your Eyes (extended version)
6. Daylight
7. The Last To Know
8. True Colors
9. The Heat Goes On

こういったブートがいつか出て欲しいとは思っていたがレーベルやスタジオが厳重に管理しているのか、この手の音源はこの約30年間ほとんど出てこなかった。トレヴァーラビン入りのデモ音源2曲の流出があったくらいで。昨年の詠時感30周年記念BOXに期待したが願いは叶わず。

今回どういった流出経路をたどったのか、またそもそもこの音源がどういう位置づけの音源なのかも今は分からない。内容を聴きながら想像するしかない。エイジア公式バイオ本、「あの写真」が載ってるギター楽譜本、そして発売された公式盤を参考にしながら考察を進めてみる。

Img_1394

既に5周ほど繰り返し聴いてみたが、ブートメーカーインフォではスタジオリハーサルとの位置づけをしたようだがそれも少し違う気がする。カールパーマーのドラムスティックによるカウントから始まっているのでそうなのかな思わなくもないのだが、メンバーみんなで曲作りリハしてる模様を録音して・・・、って感じではないから。各曲は明らかに曲の構造、構成が出来上がっていて所謂バッキングトラックの趣きを感じる。カールのドラム、ジョンウェットン先生のベースに関しては正規盤と相違無い(The Smile Has Left Your Eyes を除く)。スティーブハウのギターはまさにバッキング程度。曲の進行に合わせてコードを弾いている。あらゆる場面で絡み付くハウ爺独特のギターフレーズはほとんど無い。ジェフダウンズのキーボードはバッキングに加えて一部キーボードソロがすでに加わっている。そして先生のヴォーカルはまだ歌詞が完成していないらしく、大半が「ラララーー」とか「ルールルー」というような、ヴォーカルメロディだけを付けたガイドヴォーカル状態。

上掲の公式バイオ本におけるジェフの証言にもあるようにアルファに向けての曲作りは82年後半時点からウェットン/ダウンズの作曲チームによる曲作りが進められ、そこにハウ爺とカールの存在は無い。1stのように作曲しつつ長期間に渡ってメンバー4人でリハーサルを繰り返したのとは違い、ウェットン/ダウンズ曲がスタジオ入り時点でほぼ完成していたのであろう。これらの曲に若干のアレンジを加えながら早速レコーディングを進めて行き、最終的にマイクストーンが壮大な音の壁状態のミックスを施したわけだが、今回陽の目を見たこのブート音源はそのレコーディング過程の初期~中期の頃のテープを誰かがテープコピーしていて、それが何らかの経路で流出した、とまぁそんな感じではないかと。つまりこの音源は1983年カナダでのレコーディングにおけるスタジオ作業途中のある一時点のドキュメントとして捉えれば良いのである。

さて、それでは恒例の(笑)、全曲レビューいきます!!

1. My Own Time

イントロのキーボードは公式盤でのあの壮大なオーケストラルなキーボードではなくオルガン系の音。ハウ爺のギターはアコギではなくエレキでアルペジオ。先生のヴォーカルはサビのみ歌詞がついていてあとはすべてガイドヴォーカルのみ。メロディは完成している。最近のライブでの演奏はこの状態のヴァージョンに近い気がする。

2. Open Your Eyes

ドラムスティックのカウントから始まる。イントロのキーボードは既に公式盤の音に近い。公式盤ではシタールのような音を出していたハウ爺のギターはここでは普通のエレキ音。ヴォーカルは出だしとサビ、ブリッジ部分は歌詞が出来上がっているようだ。あとはガイドヴォーカルで。ハウ爺のギターはここではバッキング的なコード弾きのみ。

3. Never In A Million Years

バイオ本でハウ爺が、「(レーベルの重役達が最終ミックスで)Never In A Million Years のイントロを好きじゃないと言って叩き切ってしまった・・・」というようなことを言っていたので、もしかしてこの音源では「叩き切られたイントロ」なるものが存在するのでは?とマニアックな期待をしてしまったが、何にもありませんでしたよ(笑)。公式盤とほとんど変わらないイントロギターが聴けるって。歌詞は出来上がっていたようで先生のヴォーカルも若干重ね始めている部分もある。分厚いコーラスはまだ無い。キーボードはほとんどエレキピアノのバッキング状態のみ。

4. Midnight Sun

82年ツアーで既に演奏されていたので歌詞は完成している。曲の構成は82年ツアー時のアレンジに手を加え、この時点で公式盤と同じ構成に作り替えられているがヴォーカルメロディには82年ツアー時のメロディが少し残されていて公式盤と若干異なる。

5. The Smile Has Left Your Eyes (extended version)

バイオ本でジェフが、82年ツアーで演奏していたMidnight SunとThe Smile Has Left Your Eyesについて、アルファに向けてのレコーディングで前年ライブと同様の演奏で録音しようとしたがレコード収録時間の関係で、より簡潔にする必要があった、というようなことを言っていた。上記のMidnight Sunは既に再構築しなおしたヴァージョンになっているが、こちらのThe Smile Has Left Your Eyesは前年ツアー同様の2部構成で録音している。構成を直す前の状態であったのだろう。この録音時点で1部2部のつなぎの流麗なギターソロはまだ録音されていない。この後録音はしたのだろうか、それともその前に再構築しなおしてしまったのだろうか、妄想が膨らむ。

6.  Daylight

これもドラムのカウントから始まる。イントロのキーボードは既に公式盤と同じ壮麗な音。先生のヴォーカルはサビ以外はガイドヴォーカルのみ。メロディは出来上がっている。ハウ爺のギターもほぼ公式と変わらない。もっともこの曲でギターの出番はほとんど無かったが。気になったのが中間部の、公式盤ではとても印象に残るキーボードソロの部分。この音源時点ではあの美しいメロディをキーボードではなく先生のガイドヴォーカルで奏でている。ということはもしかしてこの部分にも歌詞を付けるつもりであったのだろうか? これまた妄想が膨らむ。

7. The Last To Know

ドラムスティックのカウントから始まる。ヴォーカルはサビ以外はガイドヴォーカル。メロディは完成している。ハウ爺のギターは全く聴こえない。歌入れ前の以前にギターのオーバーダブすらまだであることがよく分かる。

8. True Colors

これもドラムスティックのカウントから始まる。ヴォーカルはサビ以外はガイドヴォーカル。ここでもハウ爺のギターは全く聴こえない。このあたりで改めてハウ爺のギターの存在感というのが逆説的によく分かる。曲の構成に関わってないにもかかわらず印象的なギターメロディを絡ませることについてハウ爺は天才的だったのかもしれない。

9. The Heat Goes On

ドラムスティックのカウントから。キーボードはエレピの音だけで構築。ギターはバッキングのみ。ヴォーカルは公式の2番?の歌詞がいきなり登場。また各所で歌詞違いというか歌詞がまだ確定していない感じがよく分かる。全体的にまだバッキングトラック状態なのにハモンドのカッコいいソロプレイがここでは既に録音されている。始めからそのつもりで作曲されていたのかも知れない。

以上、いずれにしても興味深すぎる音源である。何度でも繰り返し聴きたくなる資料音源としても価値も絶大。それから言うの忘れてたけど音質も良い。この音源自体は経年劣化があったようだが本ブートではリマスターしたとのことでストレスなく聴ける。

最後に「あの写真」の音源だったのかどうかである。「あの写真」とは上掲のギター楽譜本に載っているコレ(↓)。

Img_1393

スタジオに保管されているのであろうレコーディングテープの数々。エイジアマニアが妄想を膨らませまくるこの写真、だれか泥棒に入れ(笑)、とかこのテープコピーがどっかから流出してほしいとか、不穏なことばかり考えてしまうこの写真、残念ながら今回のブートは我々エイジアマニアが夢見てきたこのテープのコピーでは無さそう。ここに載っている 'Jodi' Barren Land' 'Keep The Love Alive' が今回のブート音源に入ってないのはどういう訳か。'Don't Cry' や 'Eye To Eye' のようにレコーディング後半に作られたわけでは無いのだから今回の音源に入ってても不思議ではないんだけど。エイジアマニアの夢見る狂おしい日々はまだまだ続くという事ですな。

しかし、今回のブートはエイジアマニアにとっては歴史的発掘音源であることは断言できる。ブートを煽るのは本意ではないが年季の入ったエイジアファンなら必須でしょう。

|

2013年7月21日 (日)

バンドスコア「U.K.ベストセレクション」

ジョンウェットン関連のコレクションと、もしかしたらベースを練習するかもしれない実益を兼ねてUKのバンドスコアを入手。

Img_1383

表紙のデザインがカッコ良くて結構お気に入り。コレクションとしてオイシイと思う。2000年に発売されていたらしいがその頃はバンドスコアまでは興味が無かったので今頃プレミア価格で手に入れた。こういうものは初版で売り切ったら生産終了になるから出たときに入手しておくことが肝要だ。あとから探してもプレミア価格でしか手に入らないから。

収録曲は以下写真の通り。

Img_1384

選曲的にはちょっと難ありかな。ナッシングトゥルーズとかデンジャーマネーが無いのが痛い。ナイトアフターナイトも欲しいところ。これ見てベースを練習するのは今は無いと思うので当分はコレクションとしての価値のみだな。

それにしても、白シャツ白パンツに白のフェンダープレシジョンベースの先生、カッコ良過ぎ。

|

2013年7月15日 (月)

電子メトロノーム購入記(BOSS DB-60)

歯医者に行かなきゃいけなくなってせっかくの三連休は特にお出かけは無し。初日歯医者、二日目は御茶ノ水へ買い物、最終日はウォーキングしながら日焼け、そしてスーパーで買い物して自分で料理(笑)。独身の独り暮らしとはお気楽なもんである。

CDを聴きながらベースの練習をしているんだが、実際のセッションに合流した時にグダグダになる的な話をネットでもよく目にするしマイミクさんの勧めもあってメトロノームを購入した。メトロノームなんて小学校の時の音楽の授業で棒が左右に動くアレしか記憶が無かったので、あんな重厚なやつを買わなきゃいけないのかと思っていたら、ネットで調べているといろいろ小型のやつからギターやベースのチューナー機能を含むような物までいろいろあるんだと今更ながら知る。とりあえず見た目の気に入ったBOSSの電子メトロノームを候補にして御茶ノ水の楽器店街へ出撃。某楽器店でベースを買った時のポイントが貯まっていたのでその某楽器店へ。意中の品は残り一点だけあった。ラッキー。ポイント全部使って、あと財布から出した金は千円少しでお得に購入。

Img_1365

見た目カッコいいでしょ。素人だから見た目からしか入れないんだって。

Img_1367

大きさはiPhoneと並べてみたら分かってもらえるでしょうか。小さいです。

早速これを使ってエイジアの某曲のテンポを合わせてみて鳴らしてみてベースの練習。

Img_1382

アレアレ? テンポ一つずつずらして確認しながら合わせてみたが、CDが進行するにつれて合わなくなってくるぞ?? もしかしてエイジアの曲自体がテンポが怪しいのか? ドラムがカールパーマーだからなぁ・・・とか納得してみる。

まぁいい、30年来聴き続けているバンドだから曲は頭に入っている。脳内で曲を再生しながらメトロノームでテンポをとって、今まで練習していた某曲をベース演奏してみる。・・・・これが合わねぇ~。自分でCD聴きながらばかりで練習していると自分では弾けているつもりがテンポが合ってないのが分かってしまう。これがタイム感ってやつだな。スティーブハウ、それにカールパーマー、あっそれからジェフダウンズもか、ジョンウェットン先生以外みんなタイム感が怪しいなと昔から思っていたが他人の事を笑っている場合ではない。音楽演奏というのは本当に難しいものである。

というわけで来たるべき日までまだまだ時間はあるのでじっくり練習を続けていきます。

|

2013年7月 7日 (日)

YES THREE ALBUM TOUR ライブ音源(Apr 7, 2013 Bethlehem, PA USA)

予想外と言っては失礼だがフライフロムヒアが米チャートTOP40に入る大ヒットとなり、メジャー戦線に復活したイエスがそのプロモーションツアーで世界を回ったのに続いて、いきなり"THE YES ALBUM""CLOSE TO THE EDGE""GOING FOR THE ONE"の過去3作を全曲再現するスリーアルバムツアーを2013年3月から開始。2000年の70年代の大作のみを演奏したマスターワークスツアーのごとく、北米のみワンクールくらいの企画モノかと思いきやどんどん規模が大きくなり、3~4月の北米ツアー、5月の中南米ツアー、そして昨日7/6から再び1ヶ月以上の北米ツアー、更には2014年4~5月にかけての英国、欧州ツアーまで決定。後ろ向きと捉えられ兼ねない過去作の全曲再現ツアーはやはりイエスマニアの要望を満たしているのか好評と思われる。こうなりゃ日本にもこの企画で来てくれないかなと思うんだがどうだろう。国内では何かのアニメの曲にラウンドアバウトが使われてFRAGILEが売れてるって言うし。来日する口実としてはアリだろ、●ドーさん(笑)。

そんなに大規模になってるならここら辺でライブ音源も真面目に聴いておくかと、4月ごろに入手していたライブ音源をレビューします。いくつか音源は出回っていたのだけれどサンプルを聴いて音質的に一番気に入ったのがこ今回紹介する春の北米ツアー後半の4/7 Bethlehem音源。

Dscf0600

メンバーはSteve Howe、Chris Squire、Alan White、Geoff Downes、Jon Devison。セットリストは言うまでもなく3作全曲再現なので以下の通り。

Close To The Edge
And You And I
Siberian Khatru
Yours Is No Disgrace
Clap
Starship Trooper
I've Seen All Good People
A Venture
Perpetual Change
-- intermission --
Going For The One
Turn Of The Century
Parallels
Wonderous Stories
Awaken
-- encore --
Roundabout

若い(と言っても40代なのかな?)新ヴォーカリストのJon Devisonだからこその3アルバム全曲再現ツアーなのかなとも思ったりする。高音が良く出るしキーを下げる必要が無いから。問題はGeoff DownesがCLOSE TO THE EDGE(危機)やGOING FOR THE ONE(究極)の曲をどれだけ再現できるか。やったことない曲も多いだろうし。

まずこの音源の音質は、うまく表現できないけど昔のアナログ時代の超高音質オーディエンス録音って感じで温かみがあって適度にホールエコー感もあって、近年のいわゆるデジタルオーディエンス録音と言われるシャキシャキした感じとは違う音質。そしてドラムの音がとても上手く録られていてパシーンパシーンと心地よく響く。このドラムの音の響きが気に入った。何度でも愛聴できる音質。

演奏の方はハウ爺をはじめとしてお歳を召した方が多いので。例によってズッコケそうなスローな演奏を想像していたが、意外や意外、結構スピード感のある演奏。もちろん70年代みたいなことは無いが近年では一番スピード感を感じる。やはりイエスサウンドは氷の上を滑らかに滑っていくようなスピード感があってこそ栄える。オープニングがいきなりジェフにとって初めてのレパートリーとなるClose To The Edge、さすがにリックウェイクマンの手癖は再現できないが雰囲気は十分に再現できている。個人的には申し分ない。Siberian Khatru、Yours Is No Disgraceでは近年のスローな演奏はどこへやら、アランが飛ばす飛ばす(笑)。ハウ爺必死でついていってる。オーディエンス録音だから特にアラは見つからないが、これもしサウンドボードだったらハウ爺のギターはグダグダなのかもしれない(笑)。また、Siberian Khatruもジェフにとっては初レパートリーだがやはりここでも雰囲気は再現できている。雰囲気はね。I've Seen All Good Peopleではアルバム再現という事を意識しているからかエンディングがコードを下降させながら終わっていくスタジオ盤を再現している。A Ventureはイエスの歴史でもしかして初めての演奏になるかな? あぁ、そういえばこんな曲だったなぁって、その意味で貴重。Perpetual Changeは気持ちよくユニゾンを決めてくれていてスリルもあり、アランのドラムを中心としたテクニカルなグルーヴが、こうして改めて聴くと良い曲だと実感。

少しの休憩時間?を挟んで後半はいよいよ究極の全曲再現。Awakenフェチの私はAwakenを含めた全曲再現は待ちに待ったもの。タイトル曲はかつてのKEYS TO ACSENTIONではジョンアンダーソンが高音を出すのが辛くなっていたのか、キーを下げた演奏であったが今回はオリジナルキー。非常に美しいTurn Of The Centuryに続いてこれも大好きなParallels。イントロのキーボードはジェフによって派手めの音使いでスタートする。ギターはオリジナルのテクニカルな速弾きは控えて(いや、運指が厳しい?)うまく雰囲気を再現している。Wonderous Storiesに続いていよいよAwaken、これもジェフにとってリックウェイクマンの手癖は再現できないが自分なりにメロディを組み立てながら雰囲気は精一杯再現している。アンコールはまぁここではイイでしょう。

という事で、全体的にスピード感が戻り、ジェフダウンズのキーボードは80年代的な派手めの音使いで曲の良さや雰囲気をうまく再現している。リックの手癖が好きで好きでしょうがない人は違和感を感じるだろうが、ジェフの演奏も十分にありだと思う。

どんどんイエスに馴染んでいくジェフ、明らかにエイジア新作に向けた曲作りやレコーディングがイエスの活動の合間合間の片手間になってる感じがちょっと心配ではある・・・。

|

2013年7月 6日 (土)

YES "GOING FOR THE ONE" SACD HYBRID(Audio Fidelity盤)

'Awaken' フェチの私としては何回リマスター再発されても買い続けるであろうイエス70年代後期の大名盤、"GOING FOR THE ONE"(究極)。 "CLOSE TO THE EDGE"(危機)に続いてAudio FidelityからSteve HoffmanによるリマスターでSACDで登場。

Img_1359

危機に続いて私のバカ耳で聴き比べを敢行。繰り返すが私はオーディオ評論家でもないし凄いオーディオを備えてるわけでもない、安いSACD対応プレーヤーに自分で組み立てる安い真空管アンプ(といっても友達に組み立ててもらったんやけど)、20年以上前に買ったYAMAHAのNS-10っていうスピーカーで、「聴いた感じ」を言うだけなのでその点ご理解を。

聴き比べは危機の時と同じで以下の三種。

Img_1364

写真左上から順番に、

(左上) 1998年の国内マスターテープからのリマスターHDCD紙ジャケ
(左下) 2003年RHINOリマスターの2009年国内リマスターSHM-CD紙ジャケ(ややこしいって!)
(右) 今回の2013年Audio FidelityリマスターSACDハイブリッド

1998年国内リマスターHDCDはクリススクワイアのベースがブイブイ前に出てくる、その意味で迫力ある音像。

2003年RHINOリマスターの2009年国内リマスターSHM-CD(だからややこしいって!!)はやはりすっきりしたサウンド。元々モワッとした音像の今作が、各楽器の輪郭が明瞭になって聴き取りやすい。

そして今回の2013年Audio FidelityリマスターSACD、これは元々の音像というかバランスを崩すことなくナチュラルに、より豊かな音像に仕上げた感じ。タイトル曲のサビのクリスによるバックコーラスや音の響きが上記2枚に比べて非常に豊かに感じる。

総じていうと「迫力の1998年国内リマスターHDCD」、「すっきり感の2003年RHINOリマスターの2009年国内リマスターSHM-CD」、「ナチュラルで豊かな2013年Audio FidelityリマスターSACD」といったところか。もうこうなってくるとどれが一番良いかなんて決められない。聴く人個々の好みによる。ちなみに私個人はこの大好きな名盤で唯一気に入らなかったのがモワッとした音像だったので、その点が解消された、「すっきり感の2003年RHINOリマスターの2009年国内リマスターSHM-CD」が好みだったりする。それにAwakenフェチなのでボーナストラックでAwakenの初期ヴァージョンのEastern Numberも収録されてるし。でも2013年Audio FidelityリマスターSACDの豊かな音像は素晴らしいけど。

これもアレだな、危機と同じでスティーブンウイルソンによるマスターテープの元になったマルチトラックテープからのリマスター&新ミックスを実現してほしい。何しろAwakwnフェチなので、どんだけいい意味で我々を驚かせてくれるか、そこに期待してみたいなあ。

|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »