« KING CRIMSON "June 28, 1974 Casino Asbury Park, New Jersey" | トップページ | 2013秋の大散財祭り(ロードトゥレッド改め、赤字への道) »

2013年9月 8日 (日)

MOON SAFARI "HIMLABACKEN VOL 1"

まさに待望の、と言っていいムーンサファリの新譜ヒムラバッケンVol.1、発売早々に買っていたけどレビューするのが難しいというかなんといっていいか分からなくて今日まで記事UPできずにいたけど、そろそろ行きましょうか。

Img_1399

私はムーンサファリについては完全に後追いで、今年一月のフェスティバル前座での来日公演の評判をネットで目にしてから初めて3作目の "LOVER'S END" を購入し、更に来日公演のツイートまとめを読んで観に行かなかったことを猛烈に後悔するという、他にもこういう人いるんじゃないだろうか。

2作目のプログレ大作もまだ未購入ではあるが3作目ラヴァーズエンドの素晴らしさは特筆ものであった。おそらくこれからもライブで演奏されるであろう 'A Kid Called Panic' と 'Heartland' は早くもバンドの代表曲として認知されるくらいの傑作であった。ついつい今回の新作にもこのレベルの曲を期待してしまったのが、記事UPが遅れた理由でもある。

さて、ヒムラバッケンである。ライナーによるとこのタイトルの意味はスウェーデン語で天国の丘というような意味らしい。ジャケはラバーズエンドほどアレではないが相変わらずの無造作というか愛想の無さ・・・。曲ごとの印象を簡潔に述べてみる。軽めの全曲レビュー。

1. Kids

美しく穏やかなコーラスが期待を煽る、アルバムの序曲の趣き。

2. Too Young To Say Goodbye

前曲Kidsから続くこの曲は早くもムーンサファリらしさ全開の佳曲。ギターの美メロが高く飛翔し美しく駆け回る。このバンドは複数の人がリードヴォーカルを取るのか、前作のリードヴォーカルとは違う人がやってるような感じ。分かりやすいメロディと複雑なアレンジを無理なく融合する感じはこのバンドの持ち味だろうか、とにかくギターソロの美しさが最後まで印象に残る。前作ラヴァーズエンドの 'A Kid Called Panic' あたりの位置付けになろうかという名曲。でも 'A Kid Called Panic' には負けてるっていうか地味。

3. Mega Moon

あぁ~、こういう感じね・・・。こういう感じは個人的にはあまり好みではない。誰が聴いても分かるQUEEN風味。クイーンをあまり聴かないもんだから個人的に響かない。8分超の長さからしてバンドとしてはこういうのもやりたかったんだろう。バンドの振り幅を広げることに着手しているのかも知れないが、この手の曲はロビーヴァレンタインで十分に味わったのでもういいですって感じ。ゴメンナサイ。ちなみに私はハードポップの最高峰は今でもロビーヴァレンタインだと思っています。

4. Barfly

イントロの出だしがへヴィな重たいリフで始まる。正直ムーンサファリにこういうのは期待していないのでiPhoneで聴いてるとスキップしそうになる。しかしそれが現代の音楽リスニングの良くないところ。最初はスキップしまくっていたのだがここ数日お出かけ時やウォーキング時にちょっと辛抱してスキップせずに聴いてみたら、何の事は無い、これがムーンサファリらしい名曲と言える内容。イントロの重さでスキップするのは勿体ない、その後に待ってるサファリらしさ全開のメロディアスで爽やかなアレンジは何度でも繰り返し聴きたくなるくらい。くれぐれもイントロだけで曲の印象を決めつけてはいけない。

5. Red White Blues

何とも言えない憂いと甘酸っぱさを湛えた始まりの歌メロとそれを支える控えめかつ効果的なアレンジが素晴らしい。最初は地味な曲だなぁと思うかも知れないが聴けば聴くほど曲の良さがじわじわと心に響いてくる。ここでもギターのメロディが印象に残る。

6. My Little Man

ちょっと一休みって感じの小曲。ビートルズっていうかポールマッカートニーの作りそうな曲。

7. Diamonds

ポップで優しい、子供をあやすようなメロディのピアノとギター、でもその演奏は実際には難しいことをやってるんだろうなぁっていう、これまた複雑な曲を分かりやすく聴かせるサファリのある意味の凄みを感じる。ヴォーカルも本当にワクワクさせるようなメロディを奏でている。

8. Sugar Band

今作を締める10分近くの大作。静かで優雅なピアノのイントロから同様のヴォーカルメロディが重なり、そのあとちょっと壮大に展開しかける、このしかける感じ、壮大になりきらないところがウーーン残念。でも中盤のキーボードとギターによるインストセクションは一つの聴かせどころ。この手のプログレ的展開は最近の若いバンドは当たり前のようにさらっと消化するんだなぁ。今のイエスがもしこれをやったらそれこそ「全盛期を思わせる曲!!」とかいって絶賛されるだろう。更に曲後半には再び少し憂いを帯びた印象的なギターソロが登場する。いずれにしてもこれまた佳曲ではある。

9. Kids(Learning tracks)
10. My Little Man

最後2曲は国内盤ボーナストラック。ここでは割愛。

以上、ボートラ除けば全8曲。正直言うと最初の印象としては地味だなぁと感じる。地味だと感じるポイントは個人的に以下の2点。

・ラヴァーズエンドにあった 'A Kid Called Panic' 'Heartland' のようなつかみとして印象に残るワクワクするような躍動感に満ちた曲が無い。
・音質というかミックスのやり方の問題なのか、スネアドラムの音がサウンド全体の中に埋もれていて、これによって全体が地味に感じる。

この2点によって前作ラヴァーズエンドのワクワク感、豊かな色彩感が損なわれている。もっとも、バンドがそれを志したのならそれはそれでいいのだが。

但し、以上の印象は「最初の」印象である。聴けば聴くほどメロディとアレンジの素晴らしさは印象に残り始める。一聴して聴き流してはならない。結論として本作も我々リスナーがムーンサファリに期待する音楽を十分に体現してくれている傑作と言える。あとは今年来日したばっかりなのに早くも来日待望論が沸騰している来日公演、この発表をワクワクしながら待つのみである。

|

« KING CRIMSON "June 28, 1974 Casino Asbury Park, New Jersey" | トップページ | 2013秋の大散財祭り(ロードトゥレッド改め、赤字への道) »