« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月26日 (日)

WORLD TRADE (リマスターSHM-CD 紙ジャケ)

なんと珍しく本日2本目の記事UP。数日前から脇腹から背中あたりの右半身だけが痒いなぁと思っていたらだんだんピリピリ、ヒリヒリ、ジンジンと痛みを感じ始めて夜もなかなか寝付けないし仕事中も不快で気になるという面倒なことになってきた。昨日土曜に近くの皮膚科の医者に行ったら帯状疱疹でしょうとの事。昨年ジャイアンツの阿部選手が終盤に発症して少し試合を欠場した時の病気と同じヤツ。薬をもらい後は家でおとなしく休養するようにという事でせっかくの週末ずーーっと家にいるが、ジッとしてても痛みが気になるだけなので家に居つつも何かに没頭した方が気がまぎれる。そういう訳で2週間サボったブログ記事を書きまくろうと。

昨年秋ごろからの各種リリースラッシュによる大散財ですっかり金欠になり、放心状態になっていた年末にリリースされていたワールドトレイドのリマスター紙ジャケCD。なんと私としたことがこのリリース自体に気付いていなかった。

Img_1506

某マイミクTさんがSTONE FURY(ストーンフューリー)のリマスター紙ジャケを買ったよコレ良かったよーーみたいな事を年末ごろにおっしゃってて、聞いたことあるバンド名だなぁ、誰のバンドだっけなぁとか思ってて、私のアンテナにうっすらと引っかかったからにはプログレ界隈だったかなぁ、とか思いつつ思い出せなかった。レニーウルフがKINGDOM COME(キングダムカム)の前にやってたバンドだよと言われて、あぁそういえばそうだった、あったなぁキングダムカム、あからさまにLED ZEPPELINっぽいリフとロバートプラントっぽいボーカルで、'88年頃のあの当時にZEPPELINやブルージィなハードロックのリバイバルブームが起こったことが脳裏によみがえってきた。88年ごろって自分は学生でまだ上京する前、京都のCDショップ某J屋ポルタ店でバイトしてた頃。キングダムカムはCDは買わなかったが店にレコード会社から届いていたサンプル盤のカセットテープがあって誰も要らなさそうだから自分が頂いて帰ってよく聴いていた。あからさまにZEPの物真似しやがってデタラメな奴らだと思いつつ案外愛聴していた。ちなみにそのサンプルカセットはもう手元には無い。多分捨てた。その後、その手のサウンドを甦らせた実力派バンドが次々結成されて、ジョンサイクスのBLUE MURDER、ジェイク・E・リーのBADLANDS、ポールギルバートやビリーシーンのMR.BIGはちゃんとCD買って聴きまくったな。

話が逸れたが、それでそのストーンフューリーがキングダムカムをやる前のレニーウルフとブルースゴウディがやっていたバンドだったことを思い出した時点で、頭の中で話が繋がった。私がストーンフューリーの名前を聞いてなんで、プログレ界隈だったかなぁ、って思ったかが。ブルースゴウディって言ったらビリーシャーウッドとワールドトレイドをやっていたんだ、89年にYESからジョンアンダーソンが抜けてABWHを始め、トレヴァーラビンもソロアルバムを出してたときに、残されたLAの90125YESがワールドトレイドのビリーシャーウッドとブルースゴウディを加えてバンド存続を図っているってニュースがあの当時あった。それで、プログレ界隈でしたっけ?とかほざいたワケだ。

話を本題に戻す。で、ストーンフューリーが紙ジャケCDで出るくらいならもしかしてワールドトレイドのデビュー作も出たりしないかなと調べたら案の定同じタイミングで出てるじゃないの。ソッコーでポチって購入。発売された89年のあの当時、BURRNのレビューでも確か89点とか結構評価が高くてビッグジェネレーターのYESに似てるみたいな事が書いてあった。京都のCDショップ某J屋ポルタ店でバイトしながら店長さんから、「西野君これエエんちゃうか?」とか言われて、確かに興味は持ったし88年のYESビッグジェネレーターツアー来日公演も大阪府立まで観に行ったりしてたが、その反面YESについてはそのころ後追いで70年代プログレ大作時代に興味が移行していたからビッグジェネレーターのYESに似てると言われてもなぁ・・って感じで結局パスした。結局ブルースゴウディはYESの正式メンバーには採用されずビリーシャーウッドも随分後になってからやっとメンバー採用されたが、そのころになって急にこのワールドトレイドの89年デビュー作が気になり、CDを探したが当然廃盤で中古で探しても全く見つからず。その後10年くらい中古屋に寄ってはこのCDを探したが未入手のままもうすっかり諦めていた。諦めてほとんど忘れていたから今回の紙ジャケCDリリースも気付かなかったんだろう。

今ではビリーシャーウッドと言えば「あの」サウンド、「あの」メロディ、「あの」ってなんなんだって言うと、もっさりしたサウンド、それなりにメロディアスだけれども決して胸にはグッと入ってこないイマイチ突き抜けきらないメロディ、そうしたことを総称して「ビリー臭」と呼んでいて、我々の中で評価が決して高くはない。不幸なことに我らがジョンウェットン大先生のソロ作 RAISED IN CAPTIVITY もプロデュースしてくれたおかげで「ビリー臭」にまみれた厳しい作品になってしまった。 ギター、ベース、キーボード、ドラム、スタジオでのエンジニアとして、マルチな才能を誇るが残念なことに器用貧乏なのだ。

さて、このワールドトレイドのデビュー作の内容について全体を聴くのは実は今回が初めてだったりするんだが、まず一曲目、出ましたミディアムテンポで突き抜けきらないメロディ、「ビリー臭」だ(笑)。だが全体を聴き進めるとサウンド、アレンジに少し抜けの良さが感じられる。サウンドがもっさりしていない。これはやっぱり本作をプロデュースしたキースオルセンのおかげだろう。89年当時に言われたビッグジェネレーターのYESに似ているって言うのも頷けるなかなかの好作品だと思う。個人的な好みから言うとビリーシャーウッドはこの作品からYESの歴史に絡み始めた90年代中ごろまでが良かった気がする。この時期にクリススクワイアと作曲した作品群は一部がジョンアンダーソンやトレバーラビンのヴォーカルをオーバーダブしてYESのUNIONや4CDベストのYESYEARSにも採用されたし更にOPEN YOUR EYESにも流用された。それらの楽曲の原曲が聴けるのはクリス&ビリーのCONSPIRACYの1st。

Img_1509

これには後にジョンアンダーソンがヴォーカルを被せてUNIONに収録されたThe More We Live、トレヴァーラビンがヴォーカルを被せてYESYEARSに収録されたLove Conquers Allの原曲が収録されている。さらになぜかクレジットされていない隠しトラック扱いで後にOPEN YOUR EYESのタイトル曲となったWish We Knew、同じくOPEN YOUR EYESに収録されたMan In The Moon、そして後にワールドトレイドの2ndに再録されたSay Goodbyeのオリジナル録音も収録。Say Goodbyeのオリジナル録音はずっと前にUNIONの最終ミックス前の状態の音源がブートCDで出ていてそこに収録されていたから、もしかしたらUNION収録曲の候補だったのかも知れない。

私の中でビリーシャーウッドのベストワークは、実はこのオリジナル録音のSay Goodbyeなのである。

|

燃えろ新日本プロレス Vol.60 '80年(昭和55年)の猪木vsハンセン2連戦

今年の1.4東京ドームのベストバウトは後藤vs柴田であったというファンの評価を今の新日本プロレス、または今時の若いプロレスファンに人たちがどう考え、どう捉えるかに少し注目している。後藤、柴田が互いにこれがプロレスだと胸を張り、マスコミも異論を挟む余地のないこの試合は、今の新日本プロレスの中心ではなくなってしまった昭和の新日本ストロングスタイルというポジションを見事に埋めてくれたという筋金入りファンの喝采を浴びている。試合後の大の字での語り合い、肩を組んで笑顔での退場、同級生対決としてのストーリーも完璧だった。

そんなタイミングで購入した「燃えろ新日本プロレス Vol.60」。メインは猪木vsブロディ最後のシングルだが、私の今号に対する興味は猪木vsハンセンの2連戦である。言うまでもなく当時の金曜夜8時の中継でリアルタイムで観たこの試合は、あれから30年以上たった今でも印象に残っていたんだが、だからと言ってあの30年前の中継以来観てなかったので今回のDVD収録は待望でもあった。

Img_1503

猪木の全盛期は昭和49年~56年('74年~'81年)だと思っているがこの猪木vsハンセン2連戦は昭和55年という事で猪木の全盛期かつハンセンが最も光り輝いた時期であった。もちろん突進一辺倒の荒っぽいファイトスタイルだったハンセンを輝かせたのは猪木であることは言うまでもない。今回収録の2連戦の最初は昭和55年2月8日、ハンセンが猪木を破り初めてNWF王座を奪取した試合、そして2か月後の4月3日のリターンマッチでの猪木がNWF王座を奪回した試合。本当に久しぶりに観たこの2連戦、改めてグイグイ引き込まれた。今の新日本プロレスを全面支持する今時のファンには申し訳ないが、何ていうか比べ物にならない名勝負であった。今の新日本プロレスには明らかに無い試合である。特に2月8日の猪木がリングアウトで敗れたほうの試合は特筆もの。言葉でいうのが難しくて、90年代や2000年代以降の新日本しか知らない今時のファンにどう言えば伝わるのかが分からないが、それでも言葉にするならば約17分のこの試合、ブレーキの壊れたダンプカーと言われたこの当時の突進一辺倒のハンセンに対して猪木は余裕で受け止めるという事ではなく結構ムキになって、ハンセンのしたいようにはさせないぞ、という部分すら醸し出しながら、でもハンセンのすべてを受け止めきる、結果としてこの当時言われた過激なプロレスが展開されている。互いのスタイルを引き出すだけではなく自分のスタイルを押そうとする、その押し引きによって生まれるぎこちなさから生まれる緊張感はまさに思想というかプロレス観のぶつけ合いであり闘いそのもの。これが今の新日本には無いのである。

今の新日本プロレスの主流の流れとして展開されるプロレスは、それはそれは見事なムーブで、昭和のストロングスタイル的な要素も、UWF的要素も、アメプロ的要素もすべて飲み込んだ上での熟成されたプロレスだというのは確かに分かる。しかしそのムーブは、時に、ウーン、と悪い意味で考えさせられてしまう。流れるような攻防、そして切り返し、ハッキリ言ってしまうとその流れるような動きや切り返しは、対戦する二人で事前に練習したでしょ? 打ち合わせしたでしょ? って見え見えに思えてしまうのである。上記の猪木vsハンセンからはそういうのは感じさせない。実際には打ち合わせをしていたんだとしても。昔の新日本はケツ決めは、まぁ置いておくとしても試合展開そのものはほとんどレスラー同士のアドリブに任せられていたことがよく分かる。昨年2013年の新日本でこの緊張感を唯一感じることが出来たのは昨年1.4の中邑vs桜庭の試合だけだった。

猪木が今の新日本プロレスを酷評したり、前田や高田が今のプロレスを学芸会というのも、昔の新日本の試合を観ればある種納得できる。もっとも、今の新日本プロレスの選手たちもこういうアドリブ任せの緊張感、おそらくやろうと思えば出来るのだろう。あえてやっていないのだろう。興行としてハッピーエンドプロレスを指向し、それがある程度は今のファンに受けているから。だから猪木や前田や高田にあれこれ口を挟まれたくないだろうし意図的に無視しているのかも知れない。だが今年の1.4の拙文でも触れたが、昨年のドームのベストバウトが中邑vs桜庭であったこと、今年のドームのベストバウトが後藤vs柴田であったこと、東スポのプロレス大賞ベストバウトは中邑vs飯伏だったが、ファンによるネットプロレス大賞のベストバウトは中邑vs桜庭であったこと、これらの事実に新日本もそろそろ正面から向き合ってもいいのでは? 民意と今の新日本プロレスの指向に少しズレがある気もする。

個人的に、まず当面の注目は後藤と柴田を新日本がどう転がすか、これが見ものである。

|

2014年1月13日 (月)

STEVE HACKETT "GENESIS REVISITED : LIVE AT HAMMERSMITH"(2DVD+3CD BOX)

2014年になっても更に続くスティーブハケットのGENESIS REVISITEDツアー、ハケットにとっては久しぶりの大規模ツアーとなりきっと経済的にも余裕が出来てくることだろう。2013年6月の来日公演もホントに素晴らしかったし、それくらい世界的に需要があるのはファンとしても嬉しいことである。全曲ジェネシスだからってのもあるだろうけど、やはり70年代ジェネシスのその世界観を完全に再現して見せるところが高評価の理由であることは疑いない。フィルコリンズが音楽活動再開の意志を表明したようだがもしフィルコリンズの3人ジェネシスでツアーをやっても、このハケットのライブとは異なる世界観になるだろう。

2013年5月10日の英国ハマースミスオデオンでの演奏がDVD+CDで発売されたのでハケットオフィシャル直販で購入していたが、なかなかしっかり観る機会がなくて本ブログで取り上げる機会が遅くなってしまった。購入から2ヶ月以上経ってしまったがようやく観賞。

Img_1499

ライブ完全収録DVDとバックステージやインタビューを収めたボーナスDVD、そして音源を収録した3CDをデジパックでスリップケースに収めたボックスセット。ハケットオフィシャル直販ではスティーブハケットの直筆サイン入り。なんて書いてあるのか分からんけど(苦笑)。

来日公演との違いがいくつかある。来日公演ではベーシックなバンドメンバーのみによる演奏だったが、このハマースミスでは豪華ゲストの登場の模様も収めていてプレミア感あり。またステージ後方にはスクリーンに映像が流れるがこれは来日公演では無かった。セットリストでは来日公演ではやってくれなかったソロの名曲Shadow Of The HierophantとジェネシスのEleventh Earl Of Marも演奏している。そして何よりもこのライブ映像を見ると伝統ある会場のハマースミスオデオンがギッシリ満員で、英国でのハケットもしくはこの手の音楽は実は需要があるのがよくわかる。

内容は、これはもう来日公演で実物を観て味わった大感動がある以上、良くないワケがない。素晴らしいの一言。あの大感動がそのまま甦る。しかもこの映像は豪華ゲスト参戦もあるから改めて見どころ満載。心を打つ名曲The Lamiaでのニックカーショウの名唱はこの曲に更なる情緒を吹き込んでいる。そして印象的な哀メロギターソロで登場するのはマリリオンのスティーブロザリー、巨体に抱えるギターがオモチャのように見えてちょっと笑えてしまう。大丈夫だろうかあの巨体、健康面で心配になる。

7人編成の新キングクリムゾンでリードボーカルを担当することになるジャッコジャクジックも堂々のボーカルで客演。それなりに様になっているが、なんと言っても大注目は我らがジョンウェットン大先生の客演。アフターグロウで、先生でしかありえないボーカルを披露。クルーズトゥジエッジの時のように紙ペラ見ながらではない。この日はちゃんと歌詞を覚えてステージに立った模様。ジェネシスの曲が先生が歌っただけで先生の世界に染まってしまうところが唯一無二のブリティッシュヴォイスたる所以である。

Jwafterglow_2

ライブ映像を観ることで、このフレーズはギターをそうやって弾いていたのかぁ・・・って気付くことも多々あるのがスティーブハケットのオリジナリティだろう。そういう意味でも非常に興味深く観ることが出来る。

なお、この商品はハケットオフィシャル直販で買ったのでボーナスDVDのハケットこコメントが字幕とかないので何しゃべってんのか分からないのが痛い。そのためだけに国内盤を買うのもアレだしなぁ・・・。

|

2014年1月 5日 (日)

新日本プロレス 1・4東京ドーム WRESTLE KINGDOM 8(2014年1月4日 東京ドーム)

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

今年も参戦しました、イッテンヨン。プロレス人気復活ではなく新日本プロレスのみが復活してブームが起こりかけている状況で今回も自分の目でライブ感を楽しもうと行ってきました。80年代の熱狂をリアルタイムで体験しているだけにブームというにはまだまだという感じではあるが、それでもこの人気復興ぶりは目を見張るものがある。

Img_0451

16時過ぎに現地に到着したが凄い人、人、人。特にグッズ売り場はかなりの行列でしかもお目当てで中邑真輔イヤァオ!パーカのXLは早々に完売していたようなので購入を断念。ダークマッチが始まる時間が近付いていたので早々に入場。

Img_0454

まだまだ90年代程ではないが明らかに昨年よりは客席が埋まっている。昨年の1.4でもだいぶ客が戻ってきたなぁと感じたが今年の公式発表は35000人(満員)との事。満員って言ってるのは多分用意したチケットがそれくらいだったのだろう。有料入場者数でこの数として、更にグッズ売り場のあの大行列を見たらチケット売上+グッズ売上でも相当な売上が上がっただろう。もはや他団体の追随を許さない独り勝ち状態。

以前より中邑真輔エース路線を推している私としてはIWGPヘビーのタイトルマッチを押しのけてのインターコンチネンタル選手権をドームメインまで押し上げた中邑真輔の、状況を切り開く努力と独創性は他に代えられないプロとしての魅力だろう。今こそいよいよ本格的にエース路線を再スタートさせると期待したんだが・・・・・。

ダークマッチは置いといて、17時前からカウントダウンが始まり17時ちょうどに開演。EL&PowellのThe Scoreをみんなで手拍子、そのうち和太鼓とか三味線とかの和楽器でこの曲を演奏。なかなか面白かった。各試合内容については新日本プロレス公式サイトやカクトウログさんに詳しいので、ここではあくまでも個人的に楽しんだこと、感じたことを簡単にまとめて記述します。

Img_0456

1.IWGPジュニアタッグ選手権4WAYマッチ

3WAYとか4WAYとかは申し訳ないけどもうサーカスみたいなもんだと思っているのでそういう目線で楽しんだ。結果がどうだったかもよく憶えてない。

|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »