« JON ANDERSON "OLIAS OF SUNHILLOW" SACD HYBRID(Audio Fidelity盤) | トップページ | JOHN WETTON / GEOFFREY DOWNES ' I Would Die For You ' »

2014年2月11日 (火)

YES "LIVE HEMEL HEMPSTEAD PAVILLION OCTOBER 3RD 1971" DVD

購入したっきり未開封シリーズです。1ヶ月くらい前に購入していたイエスの輸入盤DVD。いわゆる英国BBC SOUNDING OUT 映像。10年くらい前からブートで散々出回ったし数年前にはBBCが再放送でもしたのか以前のブートとは比べ物にならない高画質な映像もネットやブート商品で出回った。果たして今回の商品はオフィシャル盤と言えるのかどうか、バンド側公認なのかはいかにも怪しげ。いやむしろイエス公式サイトでも全く宣伝していないから非公認なんだろう。

Img_1517

約23分収録と言うのも今まで出回ったブート映像と同じ。それでも買ってしまうのはやはり他では観れないイエス最強ラインナップ時代の映像だから。ジョンアンダーソン、ビルブルーフォード、クリススクワイア、スティーブハウ、リックウェイクマンという1971年後半から1972年夏までの約1年しか揃わなかったラインナップで、FRAGILE、CLOSE TO THE EDGEを生み出した全盛期時代のライブ音源、映像は公式ではYESSONGSの一部音源でしか存在しないだけについつい食い付いてしまうのはイエスファンとしては致し方ないところ。

画質は今まで出たブートの最高画質と同等くらいかも。1971年の映像だと思えば公式盤として気持ち的には受け入れ可能(笑)。また開封して初めて分かったが、中にブックレットが入っていたがこのブックレットは1971年のFRAGILEツアー時の公式パンフレットをミニチュア化しているものだった。

Img_1518

ある意味貴重で丁寧な仕事ぶり。ちなみにこういうの、西新宿のブートで良くあるけど。パンフとかチラシをミニチュア再現って。

それにしても、見慣れた映像とはいえやはりこの5人でのライブ映像は思わず見入ってしまう。全曲ブツ切れなので一曲たりとも完全に通しでの映像になっていないのが惜しいが。ドラムがアランホワイトではなくビルであるだけで非常に構築感のある端整な演奏に聴こえるのはさすが。ライブ映像→メンバーインタビュー・・・の繰り返しで、それならライブ映像それ自体がBBCの倉庫にでも残ってるんじゃないの? それをバンドサイドで交渉でもして出してくれよっていうのは全てのイエスファンが声を大にして言いたいところ。YESSONGSのライブアルバムにしてもそう。2曲でこの最強ラインナップの音源が採用されているから、だったらそのマスター音源が完全収録であるだろうって思うんだが、ライブアーカイブのTHE WORD IS LIVEにも収録されなかったのはどういう事だろう。このBBC映像では欠片すらも無いが実際の当日のライブではストラヴィンスキーの火の鳥からいきなりラウンドアバウトで始まっていたであろう。ブートやネットで入手できる当時のライブ音源ではそういう始まり方だから。

イエスについては今も堂々現役バンドとして前作FLY FROM HEREはビルボードTOP40チャートに入っただけに、経済的にも潤っているであろう今こそ、こういった映像を表に出すチャンスじゃないかなと思うけどな。

|

« JON ANDERSON "OLIAS OF SUNHILLOW" SACD HYBRID(Audio Fidelity盤) | トップページ | JOHN WETTON / GEOFFREY DOWNES ' I Would Die For You ' »