« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月30日 (水)

【緊急企画:JOHN PAYNEを救え!(前編)】 ASIA FEATURING JOHN PAYNE "RECOLLECTIONS A TRIBUTE TO BRITISH PROG"

突然ですが悲哀に満ちたミュージシャン、ジョンペイン宣揚の記事を書いてみます。

エイジア・フィーチャリング・ジョン・ペイン(勝手に略してペイジア・・・ジョンペイン期エイジア含む)については、Seasons will Changeっていう新曲を完成してダウンロード配信という形でリリースしており、更にはその名もAMERICANAというタイトルの新作アルバムを制作中という話だった。オリジナルエイジアでさえAで始まりA終わるタイトルへのこだわりは捨てているし、ペイジアだって前作(いつの話だ?)ではサイレントネイションというタイトルでAで始まりA終わるタイトルを捨てていたはずだ。しかもエイジア名義も諦めてGPS名義で活動を開始したと思っていたが何の事は無い、エイジア・フィーチャリング・ジョン・ペインという無理のある名前でAで始まりA終わるタイトルの新作準備中とはなかなかの執念である。ところがこの新作の制作が進まないのか、サポートしてくれるレーベルが無いのか、突然ジョンペインの趣味的なプログレカヴァー愁、あ、いや、カヴァー集がエイジアフィーチャリングジョンペイン名義で聞いたことも無いようなレーベルからひっそりとリリースされた。

(ジョンペインの話題を書こうとすると、「集」という漢字を出したくて「しゅう(syuu)」を漢字変換すると「愁」が最初に出てきてしまうのはどういうワケか・・・。ジョンペインの悲哀、哀愁がそうさせているとしか思えない)

Img_1581

あまりにひっそりとしたリリースで、どこにも話題になっていないところが相変わらず哀しい。パッケージはデジパック。デジパックとは言ってもなんかのサンプル盤とかファンクラブ限定リリースとかそういうアレで使われるような安っぽさがこれまた哀しい。にもかかわらず赤ビニール盤のアナログレコードだってリリースしているのである。少なくとも私の周囲ではCDは買ってもアナログ盤は完全に無視であるところが重ねて哀しい。

Redvinyl_2

実はプログレが大好きでしたと今更ながら告白愁、いや告白集(ダメだ、「集」という漢字を出したいのに「愁」が出てくる、ペインの悲哀の呪いだ・・・)とも言える今作、プログレファンなら一度くらいは聴いてみるかと注目せざるを得ない選曲で、そうでなくても口うるさいプログレファンに、のうのうと迫ってくるこの大胆さ。オリジナル新作じゃなくこういうのなら話に乗ってもいいよ、みたいなレーベル側のオファーだったとしたら益々哀しい。

とりあえず本作の内容については2~3回聴いてみたのでレビューと言うか感想を簡単に書き留めておく。収録曲は以下。

① Sirius (Originally Performed by Alan Parsons Project)
② Eye In The Sky (Originally Performed by Alan Parsons Project)
③ It Can Happen (Originally Performed by YES)
④ Court of the Crimson King (Originally Performed by King Crimson)
⑤ Highways of the Sun (Originally Performed by Camel)
⑥ I Know You’re Out There Somewhere (Originally Performed by The Moody Blues)
⑦ Rock And Roll Star (Originally Performed by Barclay James Harvest
⑧ Nothing to Lose (Originally Performed by UK)
⑨ Locomotive Breath (Originally Performed by Jethro Tull)
⑩ Lucky Man (Originally Performed by Emerson Lake & Palmer)

有名どころを取り上げてみよう。最初の2曲は結構イイ。というか元が名曲なんだからある程度原曲に忠実なアレンジで再現すれば誰がやってもそれなりにイイに決まってるが。③はジョンアンダーソンのあのマジカルな夢見心地のヴォーカルをどう再現するのかと思ったら、他の人に歌わせているようだ(苦笑)。そしてLook Up, Look Down,・・・のくだりになるとあろうことかペインの力んだヴォーカルが聴こえてきて台無し。ペインの歌は力みが入るとよろしく無いな。④の宮殿、これも原曲に忠実に再現すれば誰がやっても名曲なんだが何かしら変化をつけたかったのか静謐なフルートソロの部分で、やたら軽快にドラムとベースがリズムを刻むというぶち壊しなことをしてくれている。そしてジョンウェットン大先生のファンにとっては大問題の⑧、何様のつもりで取り上げたのか、もうその感情的な部分でアウト(笑)。鍵盤のエリックノーランダーがそれらしいコピーをしているが残念ながらこの曲にはヴァイオリンソロがある。この部分をどうしてるかと言ったらウニョウニョしたヘビメタチックなギターソロで取り繕ってる。ダメだアウト。⑩はまぁこれはそれらしいアレンジで特に破綻は無いが、グレッグレイクの歌の上手さが逆に分かる。

以上、1回、もしくはレビューの為に2~3回聴けばもうその後は何度も聴こうとは思わないという何の変哲もない企画アルバムの域を出ない。言うなればビリーシャーウッドがプロデュースして乱発しているトリビュート作品と大して変わらない。もうなんならビリーシャーウッドとジョンペインで組んじゃえば?って投げやりな感想まで出てしまいそう。それにエイジアフィーチャリングジョンペイン名義だが鍵盤のエリックノーランダーは半分くらいしか参加していない。それ以外の鍵盤はジョンペイン自らっていう、だったらジョンペインのソロ名義で良かったんじゃないみたいな。しかしジョンペインのソロ名義でなくエイジアフィーチャリング・・・(もう長いよ!)じゃないとレーベルが相手してくれなかったのかも知れない。だとしたらトドメに哀しい・・・。

悲哀に溢れるイメージの源泉は私の中では以下の点にある。

・ロックミュージシャンとしては致命的な、悲しげなタレ目
・時々ステージで被っているあやしい魔術師のような変なハット
・自分でオシャレだと思っているのか、変なヒゲ

Payne_2

しかしながら一人のミュージシャンとしては実は才能あるロックミュージシャンなのではないか、エイジアの屋号にこだわらなければ、ジョンウェットンの後釜であったことに目をつぶれば、実は良質な音楽を創り出しているのではないか、とも思うし実際に私の周囲でもそういう声を少しは聞いてきた。そこで自分の言葉だけではジョンペインの事を宣揚出来ないので、いつもミクシィで仲良くして頂いているマイミクの方々にご協力頂き、ジョンペイン擁護のコメントを頂いた。以下に紹介させて頂く。

「彼の不幸は『ASIA』の名前を使い続けたジェフダウンズに付きあっちゃったことではないか。ウェットン先生がいなくなって新アルバムつくった時点でバンド名を変えていれば、少なくともオリジナル・エイジア・ファンの反発を買わないですんだし。オリジナル・バンドとして(オリジナルなミュージシャンとして)評価してもらえたであろうに。哀愁のあるボーカルはロック演歌として新ジャンルを築いたかもしれない。」(某Ayさん)

「自分には名義とか理屈は抜きにしてフィーリングに合う楽曲が多い。AURAなんかはぜひお勧め。」(某Pさん)

「ペインが飼ってる猫は超可愛い!」(某Pさん)

「ペインの彼女が若くて超美人!!」(某Mちゃん)

これらのコメントはジョンペインが美人から愛され、動物を愛でる素晴らしい人格者かも知れないことを示唆している(笑)。
また、私のベースギターの師匠、某A*****さんからはペイジアの名曲ベストセレクションを含めジョンペインを大いに評価する素晴らしい長文のコメントを頂いた。以下に抜粋してみる。
==========
声もいいし、歌も上手いし、ベースだって、派手な演奏がないだけで上手いと思う。
ルックスは、髪型を何とかして、髭を剃れば、カッコ良くなるんじゃないか。
顔も、系統はデヴィッド・リー・ロスだし……

「ペイン・エイジア・ベスト」は以下。

1. Free (AURA)
2. The Day Before The War (ARENA)
3. A Far Cry (AQUA)
4. Summer (ARIA)
5. I Will Be There For You (SILENT NATION)
6. Anytime (ARIA)
7. Falling (ARENA)
8. Who Will Stop the Rain? (AQUA)
9. Silent Nation (SILENT NATION)
10. Two Sides Of The Moon (ARENA)
11. Aria (ARIA)
==========

以上、以外と言っては失礼だが私のジョンウェットン、エイジア系マイミク様にはジョンペインの事を評価している方が結構いらっしゃったのがちょっとビックリ。だからと言うわけでは無いが私も実はリアルタイムでアクアとアリアは購入していた。今回この2作を改めて聴いてみようと物置の段ボール箱をほじくり返したらアリアは出てきたがアクアは無かった。どうやらアクアは何かの機会に中古屋さんに売り飛ばしていたようだ(笑)。で、とりあえずアリアを久しぶりに聴いてみたらこれがなんとドハマり。傑作であることに今頃気付いた・・・。

長くなるので、この「JOHN PAYNEを救え」記事、2回に分けることにする。次回はアリアのレビュー、マイミク様とのミニミニ座談会の模様、ペイジア後継バンドであったはずのGPSの2007年来日公演に行かれたマイミク様のレビューを中心に大いにジョンペインを宣揚したいと思います。

|

2014年4月27日 (日)

【詳細後日】TOTO 35TH ANNIVERSARY JAPAN TOUR 2014(Apr 26, 2014 at 東京ドームシティホール)

4月26日(土)の来日公演行ってきました。

VIPパッケージ購入していたので、そちらだけでも1本記事書けるくらいなんだけど、いろいろ忙しくて今日は書けなかったのでまた後日詳細UPします。

取りあえず写真とかヴァーーッと貼っておきます。

VIPパッケージ(サウンドチェック)より。

Img_0575

Img_0585

Img_0588

Img_0589

サウンドチェックの映像(joshoが撮影した動画です。主催者よりスマホ、携帯での動画撮影可と周知があったので隠し撮りではありません)

VIPパッケージ(サイン会 & フォトセッション)

Img_0592

Img_0620

ライブ本番

Img_0596_2

Img_0602

Img_0601

Img_0611

Img_0608

もうちょっと気の利いたレポはまた後日UPします。

|

2014年4月20日 (日)

ライブ参戦予定&猟盤未開梱&お友達からお借りしたCD

今日も午前から所用で外出。終了後の打ち合わせもあってやっと帰宅。昼飯抜きでそのままスーパー買い出し。半年くらい前から食費を節約して男子弁当を作ったりしてる。そこまでして節約するのは偏にライブ参戦チケット代の捻出と猟盤のため。とりあえず今月末から6月までのチケットが揃いました。
4/26(土) ドームシティホール TOTO
5/17(土) 国立競技場 ポールマッカートニー
6/19(木) 渋谷公会堂 エイジア
6/20(金) 渋谷公会堂 エイジア
Img_1577
平日はまぁいろいろ健康のこと考えてそれなりに早く寝るようにしてるし、週末は所用の連続と男子弁当のおかず作りでこんな調子なので、先月来タワーレコードオンラインやアマゾンで注文してたブツが続々到着しているにもかかわらず全然聴けていない。それ以前にすべて未開梱状態。中身は多分TOTOのライブ盤とかキースエマーソンのソロリマスターとか燃えろ新日本プロレスのDVDだと思う。思うってなによ?
Img_1579
そのくせ昨晩も所用で訪れた近所のすげぇオーディオを所有されている方から4枚もCDを貸してもらってきた。
Img_1580
私の中ではあまりに「らしく」なくて店で試聴だけして購入すらせず、無かったことになっていたボストンのコーポレイトアメリカ。

昨年のドームにも行ったし5月の国立にも行くけどソロCDを一枚も所有していないポールマッカートニーのベスト盤。

レインボーの大好きなGates Of BabylonとかU.K.のIn The Dead Of Nightをカヴァーしていて、そのうち買おうと思ってずーーーーーーっと買わないまま18年も過ぎてしまったイングヴェイのインスピレーション。

そしてもうすぐ来日するTOTOのツアーメンバーとしてベースを弾いてくれているネーザンイーストが参加してるフォープレイ。
そんな感じでなかなかリキの入った記事が書けなくてアレですが、好きで勝手にやってるブログなのでご勘弁を。来週末あたりは面白い記事をUPする予定です。

|

2014年4月13日 (日)

【Cruise To The Edge 2014】 U.K.の演奏曲目etc

単なる情報の転載だけ、みたいなことはしない主義だとさっき下の記事で言ったばかりだが、しばらくブログ更新を滞らせてしまっていたのでその罪滅ぼしと、知りたいけど情報入手出来てない方もいらっしゃるかもしれないので速報程度に Cruise To The Edge 2014におけるUK(Jobson, Wetton, Machacek, Donati)のライブについて情報元の書き込みから意訳して簡単に記しておきます。

まず、このクルーズでのUKの出演予定は4/8がエディジョブソンとジョンウェットン大先生の二人によるStoryteller((講演会とかファンの集いみたいなもん?)。そして4/9と4/11が本番のライブ。予定されていたライブのセットリストは以下(Virgil Donati のFacebookより)。

Ctte2014uksetlist_5

クリムゾンのスターレスでオープニング、1stの全曲とデンジャーマネーから3曲、そしてForever Until Sundayの予定だった。ところが色々あってこの通りにはいかなかったそう。

4/8 Storyteller (Jobson & Wetton)
ここでは二人でランデブー6:02と、先生ソロでクリムゾンのナイトウォッチを演奏。

4/9 SHOW #1
UKの前の出演者の演奏が押したらしく、時間切れでアンコールのシーザースパレスブルースとフォーエバーアンティルサンディが演奏出来なかった

4/11 SHOW #2
この日も前の出演者の演奏が押したらしく、時間が厳しいので4/9で演奏出来なかったアンコール2曲を時間内に収めるためにメンタルメディケーションをカットした。

以上、こんな感じだったらしい。いつも利用されているDLサイトに音源がUPされてないかチェックしているけどまだUPされていない。ライフサインズのライブ音源をUPしてくれる人いないか待ってるんだけど。入手出来たらまた音質、内容を確認して記事にしたいと思います。

続きを読む "【Cruise To The Edge 2014】 U.K.の演奏曲目etc"

|

週刊プロレス No.1734(2014.4.23)号

ここんところブログ更新が寡黙になってしまいがち。仕事や所用で、時間は取れないことはないけどお疲れ気味でなかなかブログ執筆に向かえない。エイジア/グラヴィタスのレビュー記事で勝手にやりきった感全開で、そのあと特に何かを書く気がしないってのもある。あと、いろいろ注文してるCDがあるんだけど、いままでアマゾンで注文することが多かったのをポイント何倍とかそういうの目当てでタワーレコードオンラインで注文しまくったら、なんか知らんけど発売日過ぎても在庫切れだのお取り寄せだの、ぜぇ~んぜん届かないもんだからブログ書くネタも無かったり。どうなってんだタワーの仕組みは?? それからちょっとした情報ネタはわざわざブログでは取り上げない主義でもあるし。ポールマッカートニー再来日決定とかボストン35年ぶりの来日決定とかね。心躍る話題ではあるけどその情報自体は別に公式サイトや音楽情報サイトを見ればわかることだし。それを垂れ流すだけってのは拙ブログではしない。あ、言うまでもないけどポールマッカートニー国立競技場はチケット予約確保済だしボストンはウドープレミアムで先行予約する予定。

そこでプロレスネタ。先日ほんとうに久しぶりに週刊プロレスを買った。表紙に釣られて。

Img_1575

どう? このたぎりまくった表紙。中邑真輔が表紙だと思わず手に取ってしまう。4月6日の両国でめでたく棚橋を破ってインターコンチネンタル王座奪回。その結果以上に最近の中邑で感じていることは、ある種のカリスマ性をまとい始めているのではないかという事。3月のニュージャパンカップ決勝戦の尼崎でもそうだけど、観客を熱狂の渦に巻き込んでいた。

プロレスをライブとして楽しむ意味で盛り上がるのは、最近のプロレス観戦としては正しいのだろうしそれが今のファン気質なんだと思う。しかし私のような昭和からのプロレスファンにとっては、今の盛り上がり方はまたちょっと違うのである。「楽しむ」のではなく「熱狂」するプロレス、それが我々世代の、金曜夜8時にテレビ中継があった時代の盛り上がり方なのである。しかしその熱狂を起こせるのはほんの一握りの選手しかできないと思う。猪木、藤波、長州、初代タイガー、前田なんかはそれが出来た。思い出してみればそれぞれカリスマ性があった。今の新日本プロレスブームは棚橋が牽引したものであるが、棚橋はカリスマ性といったものではなく所謂ピープルズチャンプ、ハッピーエンドプロレスの象徴である。オカダカズチカはどうか、オカダもまだカリスマ性は無い。本物かどうかの見極める興味本位な見方で盛り上がってきていたが、本当の勝負はこれからだろう。

ところが中邑は明らかに棚橋、オカダにはないカリスマ性が漂い始めている。尼崎の熱狂、それに続いて両国の熱狂、それらは棚橋やオカダが興行を締める雰囲気とは一味違っていた。しかもこの先に中邑のテーマが桜庭と組んで対グレイシーとなる。これは新日本プロレスとしては棚橋オカダには任せなれないテーマであろうし、中邑ならここから更なる刺激や価値観を生み出せるかもしれない、そんな期待を込めているのかも知れない。また中邑がそれに応えることに成功したとしたらどうなるか。プロレスラーとしては素人に等しい桜庭をパートナーにグレイシーの2人と闘う、桜庭とグレイシーの2人、計3人の素人を抱えて中邑が新たに刺激と価値観を提示することが出来れば、またもやその時点で中邑自身に更なるカリスマ性が宿ることになる。次回福岡のレスリングどんたくでのこのダッグマッチはその意味で目が離せない。ここを盛り上げることに成功したならば、今度こそ新日本プロレスは中邑エース路線を敷くべきだと思うぞ。

|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »