« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月31日 (日)

ANDERSON BRUFORD WAKEMAN HOWE 2CD (2014 Remaster)

この美しいジャケ、超前向きサウンドを聴くたびに発売当時のワクワク感を思い出す。今やすっかりYESの傍流ではなく本流の歴史の一部として扱われているアンダーソン・ブルーフォード・ウェイクマン・ハウ(ABWH)の唯一のスタジオアルバムが2014最新リマスターとして再発された。前の記事でも紹介したのと同様これもEsoteric Recordingsより。

Img_1763

これが発売された89年といえば当ブログでも数回述べている通り、拙がまだ学生で京都のCDレコードショップ某J屋ポルタ店でバイトしてた頃。88年にイエスのビッグジェネレーターツアーの来日公演大阪府立を観に行って、初めてのイエスのライブを体験して、それはそれは感動してツアーTシャツも買って自慢げにそれを着用して店でバイトに励んでいた。その頃はインターネットとかはまだ無かった頃で音楽の情報源と言えば各種の音楽雑誌の情報が全て。自分はロッキングオンとミュージックマガジンとBURRN!の3種を欠かさず毎月購入して知識や見聞を広めながらCDレコード店でのバイト店員としての仕事にも生かしていた。そんな雑誌からの情報でジョンアンダーソンがイエスを脱退したことを知り、しかも旧イエス全盛期メンバーと合流したという情報を目にしてからはもうワクワク感全開。88年の来日公演に感動しつつも、70年代前半のFRAGILEやCLOSE TO THE EDGEを作り上げたメンバーが合流するとあっては果たしてどんなプログレサウンドが甦ってくるのか、期待は頂点に達しながら発売を待った。

CDレコードショップの店員であるから最新のオフィシャル情報が手に入る。レコード会社から全盛期メンバーによる”イエス”の新譜発売日が決定し、そしてAとBとWとHが笑顔で集合したグループショットを誰よりも早く目にしたときの嬉しさは昇天せんばかりであった。当時としては不可能と思われていた顔合わせでまさに夢が実現したと。そのグループショットを、店員だからこそ普通のファンより早く目にしただけにもう有頂天。やがてサンプルカセットが届く。その頃にはイエスと名乗れずメンバー4人の名前を並べたグループ名になっていたが特に気にならない。そして輸入盤すらも発売されていない、一か月以上前に店にサンプルカセットが到着した。多分自分は京都府民の誰よりもABWHの新曲を聴いたに違いない。このサンプルカセット、それこそテープが擦り切れるほど聴き倒した。

聴いた印象は、勝手に想像していたFRAGILEやCLOSE TO THE EDGEのようなサウンドとは異なるものであった。それでも当時としては異例の10分前後の組曲が復活し、あの頃よく言われていた「ワールドミュージック」的な要素を大きく取り入れたひたすら明るく前向きな曲調。ブルーフォードの手数の多いシモンズのドラム、ウェイクマンとしか認識できないならではの鍵盤ソロ、後にこの作品に多くの楽曲提供を行っていたことが分かったハウの貢献度、どこをどう取ってもかつての70年代プログレ時代の要素を含みつつ更なるワールドミュージックの要素を取り入れた、本物の前進するプログレッシブロックであると実感できた。やがて輸入盤が先行してリリースされた時にはもうすでにすべての曲が頭に入っていた。サンプルカセットを聴き過ぎたから。下の写真が当時の輸入盤CD。

Img_1758

何度聴いても飽きなかったのはサウンドに新しい発見が一杯あったからだろう。単に昔のメンバーで昔のサウンドに回帰したのではない、その前向きさがますます気に入ったし、ありきたりに「クリススクワイアがいないから・・・」みたいなことを言う人も一部いるが、概ねこの前進したサウンドは当時も今も悪く言う人は少ないと思う。ポジティブでたくさんの音が塗り込められたサウンドに加えてロックのカッコ良さもある。

当時は好き過ぎて、メモリアルにという事で上記輸入盤だけでなく、「閃光」と名付けられた国内盤も買ったし輸入盤のLPレコードも買った。後に中古屋に売ってしまったけど。そして当然CDシングルも買った。1stシングル、'Brother of Mine' 輸入盤はアルバムCD未収録の 'Vultures In The City' 入り。これがまた名曲なのだ。アルバム未収録なのはやはり他の曲とはちょっとトーンが違うからだろう。叙情的に始まる曲は途中からジョンアンダーソン特有の明るいメロディへと昇華しウェイクマンの鍵盤が高く飛翔する感じは隠れた名曲と呼ぶにふさわしい。

Img_1759

更には2ndシングル 'Order of The Universe' 輸入盤も買っていた。こちらは特に未発表曲は無いのであまり面白味は無い。

Img_1760

更に3rdシングル 'Quartet(I'm Alive)' がなんと国内盤CDシングルで発売されていたのだがCDショップ店員で、ほとんど売れなかったその国内盤CDシングル、いつでも手に入るしと思っているうちになんとそのまま買いそびれて今日に至る。なぜ買わなかったかっていうと、当時にこれらのシングル3曲のビデオクリップ+'Heart of The Sunrise' のライブ入りの輸入盤VHSビデオを買ったもんだから、シングルCDは後でいつでもイイやと思ってしまったのだ。今じゃ当然だがほとんど見かけない。いや、あん時買っとけば良かったなと薄く後悔している。この曲、アルバムでは地味なのだがシングルヴァージョンのアレンジが素晴らしい。なんといってもシングルヴァージョンの曲中でハウのギターソロとウェイクマンの鍵盤ソロがメロディアスに絡み合う、あの展開がタマらない。これは名曲である。

で、思い出話が長くなったがリマスター再発、まずは2003年ごろに国内盤独自のリマスターが紙ジャケで出た。これは収録曲はオリジナル通りの内容。

Img_1761

次に2010年にでたGonzo盤リマスター。こちらはウェイクマンのアナウンス、上記のシングルヴァージョンやシングルのみ収録の曲を網羅、さらに後に発売された未発表ライブ3曲セレクションしたボーナスCD付。

Img_1762

そして今回の最新リマスターとなるのだが、今回が決定盤なのかどうかは微妙なところ。まず音質だが、もともとオリジナル時点から音は良かったし、あとのリマスター盤と聴き比べても私のバカ耳とショボいオーディオでは音量レベルの違い以外はよく分からない。音源的にすべてを網羅した2010年のGonzo盤と比べて今回のEsoteric盤はライブ3曲が入ってないのは構わないとしても曲順が変。それと、マイミクさんからコメント貰って気付いたが、なんとジャケ後ろの曲リストからBrother of Mineが漏れているという失態(音は入っています)。高級オーディオとかで聴いたら何かしらの違いがあるのかも知れないけど、まぁ自分的にはGonzo盤で事足りているかなって感じ。あとブックレットに使われているメンバー写真の解像度が悪いぞ・・・・。さすが海外独立系レーベル盤、この詰めの甘さが残念。

|

2014年8月23日 (土)

KEITH EMERSON "AT THE MOVIES" 3CD BOX (2014 Re-Mastered Edition)

たった1曲、たった1曲だけ欲しかったというそれだけの為にわざわざ買ってしまったCD3枚組BOX。キースエマーソンの映画音楽作品を集大成した本作は数年前に編纂されて発売済であったが今回はリマスター再発との事で、近頃メジャーどころのプログレミュージシャンのソロアルバム辺りのリマスター再発を事業の中心に置いてるっぽいESOTERIC RECORDINGSからの再発。

Img_1734

Img_1735

スティーブハケットの東京テープスもココの関連レーベルからの再発だったと思う。小ぶりでシンプルなBOXの体裁が結構気に入っている。収納にも困らないイイ感じのサイズ。最近デラックスボックスとかサイズが大きくて収納場所に困るボックスが多いので本作のサイズはホッとする。だがさすがに海外の制作、ハケットの東京テープスは箱のフタが開けにくくて困ったし、本作は逆にフタがユルくてピタッと閉まらない(苦笑)。あとジョン&ヴァンゲリスのページオブライフも昨年このレーベルからリマスター再発していて、当ブログでは取り上げそびれていたがしっかり購入済。

それで、聴きたかった1曲っていうのは "BEST REVENGE" 収録の 'Playng For Keeps'。素晴らしくメロディアスで躍動感があって昔っから気に入っていた。80年代後半だったか90年代前半だったかにもその "BEST REVENGE" はCD化されて買っていたけどえらく音質が悪かった記憶がある。随分前に中古屋に売り飛ばしてしまった。いつかイイ音で 'Playng For Keeps' を手にしたかったが今回そのほかのキースの映画音楽作品との抱き合わせ3枚組という事で少し躊躇したけど、3枚組BOXの割には安かったので思い切って購入した。本作でははっきりとクレジットされていないようだが 'Playng For Keeps' で素晴らしいヴォーカルを聴かせてくれているのは今は亡きブラッドデルプ。ボストンの名ヴォーカリストである。キースエマーソンがこの曲のヴォーカリストにボストンのブラッドデルプを起用したのは大正解。エイジアのバイオ本によれば83年のジョンウェットン解雇時に後任としてブラッドデルプを考えていたとのジェフダウンズの証言もあった。結構英国プログレ周りからも注目されていたわけである。

3枚組の他の楽曲群は全然聴いていないという不良リスナーであるが、ついでに流れてきた 'The Dreamer(Love Theme)' っていうキースエマーソンのピアノソロの曲も結構良かったぞ。もしかしたらEL&Pだったか何かのライブでもソロコーナーでやっていた気がするな。

ブラッドデルプと言えばボストン、武道館公演が1か月半後に迫ってきた。そろそろ気分を盛り上げていかないとな。多分ボストンのライブ、生で聴いたらそうとう感動することは今から想像できる。仕事しっかり都合つけられるように頑張らないと。

|

2014年8月10日 (日)

エイジア「ハイ・ヴォルテージ・ライブ 2010」 Blu-ray+CD (ASIA "HIGH VOLTAGE LIVE")

本日8/10、台風の影響で外はスゲー雨。明日に夏休みとか取れていれば西武ドームの新日本プロレスG1クライマックス優勝戦を観に行きたかったところだが休み取れなかった。優勝戦が新日本プロレス最高の切り札カード、中邑真輔vsオカダカズチカに決まったことで私も含めて多くのファンが滾りまくっているだろうが、西武ドームから夜遅く帰って明日普通に早起きして仕事ってのが夏バテの中年の身体には堪えるのでツイッターでチェックすることにする。雨が酷くて外にも出れないのでブログ書く。

タワーレコードオンラインで注文して発売日前日に無事フラゲしていたエイジアの2010年ハイヴォルテージライブ、2010年にオフィシャルブート的にCDで発売されていたが今回はフル収録映像+CDの完全パッケージでの発売。ワードレコーズ直販でTシャツ付きってのもあったが、もうTシャツは要らないので今回はパス。

Img_1740

正直、音源的にはCDで入手済みだしオメガツアーの最中ではあるもののフェス音源で短縮セットリストだし映像の一部もYoutubeで観れていたし、それほど期待して買ったわけでは無かった。2006年以降の再編オリジナルエイジアのライブ映像、音源も乱発とは言わないがちょっと食傷気味でもあったし。ところがこれが個人的にはなかなかの逸品。各種ライブ盤の中で一番のお気に入りとなった。

Img_1745

まずは映像、マルチカメラでカメラワークも素晴らしく、また昼間の出演という事もあるかも知れないが映像がカラフルで色鮮やかさが感じられて非常に充実の映像。短縮セットリストだからこそサクッと観れて、観賞する時間の無い場合でもこの長さなら問題ない。逆に観る機会が多くなりそう。セットリストはパッケージ裏面で。

Img_1744

そしてCD、前回のCDはライブレコーディングされた音源に手を加えていないと思われる、いわゆる素のライン音源だった印象で、各楽器のサウンドバランスにバラつきがみられていかにもオフィシャルブートって感じだった。だからこそワンステップクローサーにおけるスティーブハウのオイオイって言いたくなるヘタうまヴォーカルが大きくフィーチャーされてしまって大爆笑モノの貴重な記録となってしまった。ハウ爺が脱退した今、コレはこれでハウ爺がいた微笑ましい思い出として資料的価値が大きい。

Img_1743

ここら辺を含めた音源のミックスに何らかの手が入っているのかが注目であったが、今回のCDを聴くと明らかな改善が見られる。音のバランスが良くなり、上記のハウ爺の大爆笑ヴォーカルもそれとなく目立たなくなっている。クレジットを見ると音のプロデュースはエイジアとSteve Rispin、マスタリングはMike Pietrini(詠時感30周年盤の国内盤リマスターを担当した人)、しっかりした体制で制作されたのが分かる。

今回の作品のミックスはドラムがバンバン鳴り響き、ベースもギターもドラムもヴォーカルもそれぞれ不当に引っ込むことなく、簡単に言うなら派手派手ミックス。個人的にはこういう豪快なミックスが大好きで、ライブ感もあって演奏に勢いも感じられて、これまでの再編オリジナルエイジアのライブ盤では私的に最高の音質となった。フェス向けのスペシャルセットという事でデビューアルバム全曲再現+アンエクストラオーディナリィライフ+アイビリーブに加えて今回の作品ではオメガ収録の名曲ホーリーウォーもCDのみボーナス収録、どうせならエンドオブザワールドが良かったけど。

同じオメガツアーのフルセット収録盤、レゾナンスもマルチカメラで収められた映像、丁寧なミックスで決定盤と言える逸品だったが、短縮セットリストであることを除けば映像、音質共にこのハイヴォルテージ作品の方が気に入った。

ちなみに話は逸れるけど、昨晩放映された「伊藤政則のROCK TV!」で、7/19(土)深夜放映のエイジア大特集が大変評判が良かったらしく、再放送リクエストが多く寄せられている模様だが、再放送は簡単では無いとの事。ますます貴重な映像となりましたぞ。録画した人はDVDなりブルーレイに保存しておくことをお勧めします。

|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »