« ロッキング・オン 2014年12月号 (rockin' on DECEMBR 2014 No.12) | トップページ | イエス2014年来日公演初日 (YES WORLD TOUR 2014 IN JAPAN Nov 23, 2014 @ TOKYO DOME CITY HALL) »

2014年11月23日 (日)

イエス2014年来日公演初日 VIPパッケージ(YES WORLD TOUR 2014 IN JAPAN VIP PACKAGE : Nov 23, 2014 @ TOKYO DOME CITY HALL)

イエス3年ぶりの来日、今回は「こわれもの(FRAGILE)」と「危機(CLOSE TO THE EDGE)」の完全再現ツアー。メンバーがその当時のメンバーじゃないというのはあるが私はなぜか前回の来日公演をパスしてしまってたので今回は勇んで初日に参戦。安定感のある素晴らしいライブだったが、まずは本日初日、開演前のVIPパッケージ/ミート&グリートに参加したのでそのレポから。

Img_1828

2014年11月23日、いよいよイエスの爺さんたちに会えるってことで緊張しながら当日を迎えた。事前の告知ではVIPパッケージの内容は、メンバーとの懇談、事前に用意された直筆サイン入りアーティスト写真の配布、メンバー全員と自分の6人での記念写真撮影、以上だった。これで大三枚。今年4月のTOTOのVIPパッケージはもっと至れり尽くせりだったよなぁとちょっと今回の内容に物足りなさも感じて抽選申し込みの時に若干躊躇したが、バンドのメンバーも高齢だし変な話いつお迎えが来るかも分からないしとりあえず申し込んだ。それに確かTOTOのVIPの時も事前の告知内容から、数日前になって持参物1点にサインOKになり、更に当日にはサウンドチェック観覧時のスマホによる映像撮影もOKってなったし、今回も内容に変更があるかも知れないし・・・、っていう微かな期待込みだった。

メンバーとの懇談って何を喋ろうかと、とりあえずサイン会も無いなら何か喋らないとつまらんし、

「日本に来てくれてありがとう。今夜のステージを楽しみにしています。」

とでも言うかとエキサイト翻訳で英訳を確認。

「センキュウ フォー カミング トゥ ジャパン。アイム ルッキング フォワード トゥ ザ ステージ、ディス イブニング。」

コレを行きの電車の中でひたすら暗記する。噛み噛みになったり舌が回らんのちゃうかと心配になる。そして受付開始の約30分前に水道橋に到着。ドームシティホールの前で一人ブツブツと「センキュウ フォー カミング トゥ ジャパン。アイム ルッキング フォワード トゥ ザ ステージ、ディス イブニング。」を繰り返す。そんな私にもし気付いた人がいたなら、キモいオッサンがいると思っただろう。そんな事はいい、気にしない。

Img_0956

いよいよ13時30分、VIPパッケージの受付開始、入場。すぐにVIPパスをもらう。

Img_0959

Img_0960

参加者は確か22名くらいだったかな。受付が済んで全員地下へ。ここでご担当のスタッフの女性から事前の説明が始まる。本日のVIPパッケージの内容に若干の変更が入った、しかも良い変更との事。ほ~ら来た、TOTOの時もそうだった。来たぞ来たぞと思ったら案の定である。アーティストサイドからの意向で、事前にサインしたアーティスト写真を参加者に渡すのではなく、参加者にサインの入ってないアーティスト写真を渡すからそれにサインを貰う時間を作る、つまりはサイン会をやると。しかもお一人3点までサインOKと。オイオイオイ、エラい話が変わったやないか。今日になって急に言われてもサイン貰うブツの準備してないよって話になる。普通はね(笑)。しかしそこはTOTOの時の経験があったから、もしかしたらってことでちゃっかりドラマのCD紙ジャケをカバンに忍ばせていたのだ。ウヒヒヒ。しかし上には上がいる。あからさまにLPジャケットを持参されている方もいらっしゃった。さすが・・・。私のようにあらぬ想像をしてブツを用意している輩とは違い、事前の告知を守ってサインを貰う持参物を用意していない方も多数いらっしゃったと思う。そこで参加者のお一人が、せめて今回のライブのチラシを頂けないかとの提案をしたところ、OKとの事で希望者全員にサインを貰う用のチラシも配布されることが決まった。

さて、待機時間が結構あって14時30分くらいにようやくVIPパッケージ/ミート&グリート開始。

●記念写真撮影

まず最初にメンバー全員と参加者一人ずつでの写真撮影からスタート。スムーズに進行するために、この写真撮影時のメンバーへの話しかけは原則禁止。写真撮ったらどんどん次の人と入れ替わる。たまたま目をつぶってしまう事もあるかも知れないからと、一人につき2回シャッターが押される。ってことでイエスの爺さんたちと拙の写真撮影をして頂きました。

Vip_0003_2

アランホワイトが気軽に私の肩に手を掛けてくれた。アランいい人だ。

●サイン会

このサイン会でメンバーとの懇談OKなのだが、一人3点と言うのが逆に慌ただしくなってしまった。私の3点は配布されたアーティスト写真、配布されたチラシ、持参したドラマの紙ジャケ、ただしドラマ紙ジャケにはレコーディングメンバー4人のサインにとどめ、悪いけどジョンディヴィソンにはVIPパスにサインしてもらう事に決めた。クリススクワイア、ジェフダウンズ、アランホワイト、ジョンディヴィソン、スティーブハウの順番に座っているので、クリスから順番にこの3点を回していくのだが、間違ってドラマ紙ジャケにディヴィソンのサインを入れられると困るのでその時にVIPパスに差し替えることで頭がいっぱいになり、メンバーに話し掛けるどころではなくなってしまった。電車の中で、ドームシティホール前で散々練習した、

「センキュウ フォー カミング トゥ ジャパン。アイム ルッキング フォワード トゥ ザ ステージ、ディス イブニング。」

の「セ」の字も出てこない。頭真っ白。かろうじてクリスに向かって、

「グッドアフタヌーン・・・ンフフ。」

ジェフに向かって再び、

「アォゥ、グッドアフタヌーン・・・・。」(だから、アォゥってなんなんだって)

もう全然「センキュウ」の「セ」も出てこない。しかも後の3人に至っては無言でひたすらサイン3点を貰うことに集中。ディヴィソンが私に「ハロー」と満面の笑みで話しかけてくれた気がするが、「アハハ・・・。」と笑顔だけ返して、ディヴィソンがドラマ紙ジャケにサインしないように気を付ける・・・。以上、頂いたサインの成果が以下。

アーティスト写真にメンバー全員のサイン。

Img_1832

ドラマ紙ジャケにクリス、ジェフ、アラン、スティーブのサイン。
トレバーホーン何でもいいから用事作って日本に来てくれっ!!!
ジョンディヴィソンにはVIPパスに。

Img_1836

Img_1838

コンサートチラシにメンバー全員・・・・・、ん?・・・・ん?・・・・。

Img_1825

どさくさと言うか自分も混乱していたのか、何度見てもサインが4人分しかない。ジョンディヴィソンのサインを貰い損ねたようだ。まぁイイや(苦笑)。

以上、このあと先行物販でパンフとライブ配信のヤツを買ってVIPパッケージ終了。当初のVIPパッケージの告知内容から変わって、いきなり持参物3点までOKのサイン会追加となったから、まずまず個人的には満足感があった。メンバーは非常に機嫌も良かったようだし。なお、今日は一人3点までサイン会OKだったけど明日以降も同じ内容になるかどうかは分からないとの事。内容はまた変更になるかも知れないけど参加する方は楽しみにしていいのではと思う。

肝心のライブ本編はまた明日以降にレポを書きますので今日のところはこれでご容赦を。

|

« ロッキング・オン 2014年12月号 (rockin' on DECEMBR 2014 No.12) | トップページ | イエス2014年来日公演初日 (YES WORLD TOUR 2014 IN JAPAN Nov 23, 2014 @ TOKYO DOME CITY HALL) »