« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月22日 (日)

LONELY ROBOT "PLEASE COME HOME"

普段は余程の事が無い限り国内盤を購入する私だが今回はなんかいろいろストレスが多くて少しでも早く聴きたいものは聴きたいと思ってEU盤で買ってしまった、JOHN MITCHELL の新プロジェクトLONELY ROBOTのデビューアルバム。デビューと言ってもこのプロジェクト名で次があるのかは定かではないが。

Img_1922

我らがジョンウェットン人脈として認識していたジョンミッチェルも今ではIT BITESの立派なフロントマンかつメインソングライターとして知られるようになった。そのイットバイツは数か月前に確かジョンミッチェルとジョンベックで新作の曲作りを開始したというような、ミッチェル本人のつぶやきをツイッターだったかフェイスブックだったかで見た覚えがあったがいつの間にかイットバイツは開店休業状態で後続情報は伝わって来ず、ミッチェルはこのソロプロジェクトを開始し新作を完成させたようだ。なんでもジョンベックの方はFISHの長期ツアーに参加することになったとの事で、この分ではおそらくイットバイツの新作への動きは当分先になりそう。

このジョンミッチェルって人は自らOUTHOUSE STUDIOSというスタジオを主宰していて、実はいろんなミュージシャン、バンドの作品のミキシングやマスタリングも手掛けている。エイジアの最近作グラヴィタスもミキシングはジョンミッチェルがOUTHOUSE STUDIOSで行っている。今作ではソロプロジェクトという事もありドラム以外ほぼ全ての楽器を自ら演奏し、アレンジ、プロデュースも行っていて、そういう意味ではビリーシャーウッドと同じようなマルチな活動が出来る才能を持ち合わせていることが分かる。但しその結果生み出されてくる音像に関してはワタシ的には断然ジョンミッチェルの仕事ぶりの方が好みである。英国ならではの湿り気のある音像がやはり私好みなのだ。英国で湿り気がある音像と言ってもその音像はどこまでも耳触りが良く土の匂いは無い。

既に購入して一週間で6回くらい通しで聴いた。かなり気に入ったのでここは久々に全曲レビュー行ってみよう。でもエイジアじゃないから内容は簡易版で。ちなみにEU盤ジャケはデジパック。結構安っぽい作りであまり好きではないが。

Img_1923

装丁によっては3月に発売予定の国内盤に買い替えるかも知れない(笑)。でも音の内容は素晴らしい。簡単に言ってしまえば想像通りの音像とメロディ。想像通りってのはKINOとかジョンミッチェル加入後のイットバイツの系統のサウンドって事。

① Airlock
オープニングナンバーは爪弾かれるピアノの音色から一気にシンセとギターで大仰なメロディを奏でて壮大に盛り上げるといういかにもプログレ的始まり方のインスト曲。FROSTのJEM GODFREYって人が中心になっている感じ。そう言えばFROSTっぽい感じもする。いかにも過ぎて、あからさま過ぎて、ツボにハマるというよりちょっと笑ってしまう。

② God Vs. Man
最初にPVが公開された本作のリードトラック。ちょっと重めのギターリフが始まり、アレアレ期待するサウンドと違うかなと一瞬思わせるがヴォーカルが始まると静かな展開となりメロディが哀感を湛えていて、それにジョンミッチェル自身の声質がマッチして静と動を対比させた曲構成、そして泣きのギターまで入りこれまたあからさまなプログレ的資質。でもシリアスな雰囲気は決して笑えない。いい曲だと思う。

③ The Boy In The Radio
個人的には本作の中で最初に私の耳を捉えた曲。キャッチーでちょっと郷愁を誘うメロディが素晴らしい。得にサビメロは魅力的で何度でも繰り返し聴きたくなる。さらに展開して開放的な歌メロとそれに続くのびやかなギターソロ、言うことないではないか。絶品。

④ Why Do We Stay?
静かで優しいメロディのバラードっぽい曲。パワーバラードでは無い。女性ヴォーカルの人とのデュエット曲。しっとり聴かせるメロディがイイ。泣きが入るギターソロも曲にマッチしている。

⑤ Lonely Robot
本作のタイトル曲であり8分超えの大作。コレも使い古された言葉である静と動の対比ってヤツ?(笑)。静謐な部分とへヴィな部分が交互に展開し、でもそれが小難しく感じないのはあくまでもメロディが充実しているからだろう。

⑥ A Godless Sea
前曲の静謐な部分をさらに拡大して、曲タイトルの情景がまさに頭に思い浮かぶような曲。こういった曲作りはKINOやイットバイツではあまりなかったような。ミッチェルの才能の幅広さを提示して見せたよう。

⑦ Oubliette
イントロのメロディアスな多重ギターによるテーマメロディが印象に残るが、その後に続く歌メロも優しいメロディで展開し、そしてここでまた女性ヴォーカルとのデュエットとなる。今作ではこういった女性ヴォーカルの起用が見られるが、効果的ではあるものの、そんなに必須とも思わないのは私が単にジョンミッチェルの声質が好きだからかも知れない。

⑧ Construct/Obstruct
これはもうイントロの感じからして今作で一番イットバイツとの親和性を感じさせるアレンジ。このままイットバイツの曲ですよと言われても、あぁなるほどと納得できてしまうだろう。もちろん悪い意味では無い。いい曲である。

⑨ Are We Copies?
ちょっと暗めのメロディとアレンジ。個人的には一番聴かなさそうな曲。でもアルバムに一曲くらいはこういう曲もアクセントとして入っていても良いだろう。

⑩ Humans Being
柔らかで優しくて暖かなメロディがポールマッカートニー的なバラード曲。この人は立派な英国ロック界におけるメロディメイカーとして成長しているんだと思う。それが端的に感じられるメロディ、そして名唱である。

⑪ The Red Balloon
本作を締める静かな子守歌風の小曲。感想は特になし。

後はボーナストラックが3曲、⑩と④と⑥の別ミックスなのでここでは割愛。

以上、ジョンミッチェルと言うミュージシャンのすべてを提示したと思われる素晴らしい作品である。そしてまたKINOやイットバイツに似ていることはそのまま彼こそが現行イットバイツのメインソングライターであり屋台骨であり主柱であることの証左でもある。イットバイツのファンは新作がかなり先になるであろうことを残念に思う必要はない。この作品が十分にその穴を埋める充実した作品であるから。

次はアレだな、レヴォリューション・セインツの新譜が超楽しみ。いやいやオイオイ、クリムゾンのスターレスBOXのレビューの続きはどうしたってか? 皆様、無かったことにして欲しいんですけど・・・・(笑)。

|

2015年2月15日 (日)

BSフジ「エディ・ジョブソン FOUR DECADES」(2/14 25:00放映分)

昨日2月14日(土)25時、BSフジでエディジョブソンのデビュー40周年特番が1時間枠で放映された。地上波ではなくBSとはいえ、こうして日本の大手TV局がなんとエディジョブソンと言う一般には有名とは言えないマニアックなミュージシャンの特番を放映してしまうところが素晴らしい。

Img_1918

既に  "CURTAIN CALL" BOX"FOUR DECADES Special Concert" BOX を購入して楽しんでしまった人にとってはそのダイジェスト番組でしかなかったが、限定ボックス未購入、通常盤待ちの方にとっては貴重な特番であったと思う。

Img_1916

商品と番組との違いは伊藤政則センセーの前説があるかないかくらいなのでコレをコレクションとしてDVDとかBDに保存するかどうかは何とも微妙なところだが、保存しておけば20年後くらいに価値が出るかも知れない。自分も一応もしかして4月のU.K.Finalの来日公演の日程詳細がこの機会に発表されないかとかそんな微かな期待が目的でその1時間全部観たけどなぁ~んにもありませんでした(笑)。

とにかくエディジョブソンにとってもおそらく一世一代の大掛かりなプロジェクトになってさぞかし大満足だろうしエディジョブソンファンにとってもお腹一杯の一連のプロジェクトになったな。

この週末はお疲れモードなのでブログ更新は以上!

|

2015年2月 8日 (日)

エディ・ジョブソン デビュー40周年記念特別公演ボックス(EDDIE JOBSON "FOUR DECADES Special Concert" Blu-ray+DVD+2プラチナSHM-CD)

こんな商品の企画は日本でしか実現し得ないであろう、エディジョブソンの40周年記念特別公演を豪華にパッケージしたボックスセット。ワードレコーズ及びBSフジがコラボして金と機材を提供してくれるというアーティスト側にとっては美味し過ぎる企画、そしてその恩恵を被る日本のファンは非常に恵まれているなと。値段が少々高いのは仕方ない。このような企画商品が実現することの方が大事である。

Img_1910

U.K.特別公演『憂国の四士』『デンジャー・マネー』完全再現ボックスと同時期に出るところがリスナー側としては財布的にも時間的にも大変だったりするがようやく両方観終えることが出来た。それではレビューを。

【BOX仕様】

Img_1911

公演当日の写真を含んだエディ解説のブックレット、その和訳、エディの写真集、エディの直筆サイン入りシート、公演パンフのミニチュア、そして毎度の個人的に不要なTシャツ(笑)。もうホント、次回からは要らないからねTシャツ。直筆サイン入りシートとブックレットの写真を1ページ開いて見る。

Img_1912

それにしても企画としては非常にリキの入った豪華な顔ぶれである。日本のマニアックなファンを満足させる企画であり、まさに日本ならではの企画を実現させてしまうわけだから我ながら日本人としてありがたいし誇らしい。やはりジョンウェットン大先生とソーニャクリスティーナが揃って客演してることで成り立つ豪華プロジェクトだったと改めて感じる。

【Blu-ray(ライブ映像)】

この映像が収録されたのは2013年11月9日、実際に当日に起こったハプニング込みの様子は当日の模様を記したこちらの記事をご覧頂きたい。商品にするにあたり、さすがにそうしたハプニングは綺麗に無かったことにしてある。当たり前か(笑)。当日会場ではオープニングでエディが関わってきた40年間の代表的映像が流されてそこからエディが登場してライブが始まったのであるが、さすがにその映像は今回は割愛されている。権利関係を考えれば仕方ないだろう。まずはカーヴドエアの曲からスタート。あ~出ました、ソーニャクリスティーナが巨体を揺らしながらの怪しげな盆踊り。怖い・・・。それは置いといて、何度聴いても惚れ惚れする名曲メタモルフォシス、こうして素晴らしいライブ演奏が映像で残されたことが嬉しい。この曲だけ何度でも観なおしてしまうし音源CDでも何度でも聴き直してしまう。そしてロキシーミュージックからはアウトオブザブルー、さすがにマネージメントも違うからブライアンフェリーは呼べなかったが音楽業界から足を洗っているのにこの公演の為だけに復帰してくれたUKZのアーロンリッパート、それなりにもっともらしく歌っていて悪くはない。ザッパの曲は自分はあまりよく分からない。そしてUK曲で前日11月8日のUK特別公演から一転して髭を綺麗サッパリ剃り落したジョンウェットン先生登場、ツルツルのアゴ周りがまぶしい。UKは散々観たからここでは特に感想なし。そしてある意味エディジョブソンファンにはお宝ものとなるであろうグリーンアルバム楽曲のライブ演奏。グリーンアルバムが好きで好きで仕方ない人には超貴重なライブ映像となるであろう。そこまで好きな人が何人いるかは知らないけど。ブックレットのエディ自身による解説を読んでみると、レジデントとフーマイフレンズは今回限り、今後演奏することは無いとの事。そのプレミア感を感じることが出来る人は値段に文句を言わず黙って買わなければならんだろうな。私はそうでもないけど・・・(苦笑)。テーマオブシークレッツ曲の美しさに寝落ちしそうになりながら次に始まる耳障りな雑音のようなUKZ曲。しかしこれがエディの今後の新たな活動のカギになっていくだろうからこちらも心して聴かなければならない。TU-95に至ってはエディの解説によると今後さらに曲として改善発展させるとの事で、果たして作品としてそのような発表の時がいつ訪れるのか、首を長~くして待ちたい。最後はこれまた貴重なフォーエヴァーアンティルサンデイで終わるんだが実際には当日この後いろいろ面白かったんですぜ(笑)。その日の記事を見て下さいませ。以上、U.K.特別公演『憂国の四士』『デンジャー・マネー』完全再現ボックスと同様にライブ映像としての素晴らしさは見事で文句のつけようがない。

【プラチナSHM-CD 2枚組ライブ音源】

これもU.K.特別公演『憂国の四士』『デンジャー・マネー』完全再現ボックスと同様の感想。改めての特筆は無し。

【DVD(インタビュー)】

伊藤政則先生によるインタビューでこちらは約一時間足らず。やはりカーヴドエアからロキシーへ加入するくだり、更にザッパのバンドへ加入するくだりはなかなか面白かった。ザッパという色んな意味でユニークなミュージシャンのバンドに参加するのはそれに対応できるだけの音楽性と技術が無ければならなかっただろうし、そして何よりもそれに対応出来てしまったエディ自身も色んな意味でユニークな人物なんだと思う。悪く言ってるんじゃないですよ。

以上、このインタビューでも今後は新たな活動を・・・ってことを強調していたので、UKZを聴くとちょっとこちらが期待する部分とは違うものが生み出されてきそうな気がするが、いずれにしても楽しみではある。ただ最大の懸念は・・・・、とにかくエディはスタジオに籠ってクリエイティブな活動を始めてしまうとそこからが長いって事。しゃべりも長いがスタジオに籠る時間も長い。エディの新たな活動の成果はおそらく我々が記憶の遥か彼方に忘却しかかったころに出てくるのだろう。ファンは忍耐強く、楽しみにし過ぎずに、待つことにしよう。

|

2015年2月 2日 (月)

TOTO "PAST TO PRESENT 1977-1990 Special Edition(TOTO 「グレイテスト・ヒッツ~スペシャル・エディション」 CD+DVD)

なんで今頃こんなの取り上げるの?って声が聞こえてきそうだが、私が遊びでやってるブログなのでそんなのは私の勝手です(笑)。

エディジョブソン40周年BOX? 依然として映像を観てないんだって(苦笑)。観てないんだからブログは書けない。観たら書くから。

Img_1906

先々週土曜のカラオケ新年会の時に私が歌った曲のウチの一つがTOTOのStop Loving Youだったんだが、イエスのファンの間でイエスについて会話したりSNSでやり取りすると数年に一回は必ず出てくる話題が、TOTOのStop Loving Youでジョンアンダーソンがバッキングボーカルで参加してるんだぜ、みんな知ってた? みたいな話。もちろん私も昔っから知ってるんだけど今回のカラオケでこの曲を予約セットしたらきっちり出ましたこの話題(笑)。ジョンウェットンつながりで参加してた人ばかりだったがみんなたまたまイエスも良く知っているという方ばかりだったから。

88年にTOTOの大傑作、THE SEVENTH ONEが発売されてStop Loving Youでジョンアンダーソンがバッキングボーカルで参加してるって話だったが、当時CDで聴いたときはよく耳を凝らして聴いてもジョンアンダーソンが参加しているってのは少々わかりにくかった。確かにサビの部分のコーラスでジョンらしい歌いまわしと言うか節回しを感じるかなって程度だった。もっともこの作品はゲストが誰であるか云々よりもそもそも作品自体が傑作だったからジョンがどこで参加しているかは大した問題では無かった。

ところが、それから約2年後の90年に発売されたTOTOの当時としてのベストアルバム、PAST TO PRESENT 1977-1990 において収録されたStop Loving Youでは、THE SEVENTH ONE収録の同曲では聴こえなかったジョンアンダーソンのボーカルが誰の耳にも分かる形で聴こえてきて、あぁそうだったのかと耳からウロコだったのを覚えている。間奏のインスト部分でバッキングボーカルと言うよりもメインのソロボーカル扱いである。このジョンアンダーソンによるソロボーカルが、なぜTHE SEVENTH ONEではバッサリ削除されているのかは私は知らない。何かレコード会社の意志とか事情でもあったんだろう。

今やTOTOのベストと言えば90年代以降の歴史も俯瞰した上でもっと音質の良いベストが発売されてるので、このPAST TO PRESENT 1977-1990はほとんど不要扱いの人も多いだろう。当時のCDなので音圧も低いし。ところが私はコレをわざわざ1~2年前に改めて入手したのである。写真のブツは2009年頃に再発されたらしいボーナスDVD付のスペシャルエディション。実はこのベスト盤の中に、ジョンのソロボーカルがハッキリ聴こえるStop Loving Youだけでなく、ここでしか聴けない名曲があるのである。TOTOのメンバーの中では無かったことにされてしまっているヴォーカリスト、ジャンミッシェルバイロンが歌う90年当時の新曲のウチ、Can You Hear What I'm Saying って曲。TOTOらしいエスニックなリズムを導入しながらもメロディアスで鍵盤も煌びやかで相当な名曲だと思う。コレを聴きたいだけの為に個人的にこのCDは重宝している。未だに時々この曲を繰り返し聴き続ける日があるくらい。

TOTOのメンバーが無かったことにしてるくらいだから今後もこの曲が何かに収録されるって事もないだろうし、ましてやライブで演奏されることもないだろう。それだけに案外このCDは貴重度が高い。音圧低いけど(笑)。

|

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »