« TOTO XIV ~ 聖剣の絆 (TOTO "XIV" ) | トップページ | ジョン・ウェットン & ザ・レス・ポール・トリオ 「ニュー・ヨーク・ミニット」 (JOHN WETTON AND THE LES PAUL TRIO "NEW YORK MINUTE") »

2015年3月29日 (日)

キング・クリムゾン 「ライヴ・アット・オルフェウム」 (KING CRIMSON "LIVE AT ORPHEUM" K2HD HQCD&DVD-A)

ツボを外したような選曲の収録内容がまるで謎かけのようなトリプルドラムの7人編成キングクリムゾンのミニライヴアルバム登場。

Img_1940_1

Img_1942

2014年秋にキングクリムゾンを復活して、北米ツアーをどこへ行っても満員御礼の興行的にも大成功させてさぞかしウハウハであろうロバートフリップ尊師の暗い笑顔が目に浮かぶ。徹底的に隠し撮り音源や映像を排除しまくり、そこで出してきたこのミニライヴアルバム、正直言って最初に聴いた第一印象は、エッ? こんなもの? って感じの多少拍子抜けな、驚きの無い内容。ミックスがおとなしいというか、もしかしたら普通の2チャンネルステレオではトリプルドラムの破壊力は楽しみきれないのかも知れない。ワンモアレッドナイトメアやスターレスで聴けるジャッコジャクズィックのヴォーカルは、そりゃジョンウェットン大先生のヴォイスで聴き馴れたこちらの耳にはあまりにも稚拙に響く。オレが歌ってももっとカッコ良く歌えるんじゃないかとかそんな気さえしてしまう。コレはもう仕方ない。今後の健闘を祈ろう。

昨日の尊師の日記によると、7人クリムゾンとしての新曲作りが進んでおり、それにまた何の事は無い、この2014ツアーのライブ音源からフルセットのライヴアルバムも編纂して発売するとの事。ますます本ミニライヴアルバムは何だったのか、尊師の狙いは何だったのか、クリムゾンフリークにはそこら辺を想像することもある種の楽しみであろう。それが尊師の狙いだったりして。でも私は残念ながらお仕事が忙しくてアレコレ想像を巡らす余裕なない。さっさとフルセットのライヴ盤出してよって感じ。もっと破壊力を感じられる豪快なミックスでね。2015年は欧州ツアーがスケジューリングされたようだが来日にいつになるのやら。多分実際の7人クリムゾンを観たら本作は記憶の彼方へ葬り去られるだろう。そんなド迫力のライヴを見れることを心待ちにしている。

私もこの作品に関しては何と言っていいのか歯切れの悪い記事の書き方で、そもそもブログに取り上げるのも躊躇ったくらいだったが、それでも微かに私が感じる商品価値は挙げておこう。マニアックにコンサートチケットのレプリカとバックステージパスのレプリカステッカーが封入されていて、それはそれで面白い。

Img_1943

また収録内容については唯一、セイラーズテイルが素晴らしいです。

今週は仕事が年度末、年度初めと言うタイミングで年間最大のヤマ場を迎えるのでもう頭の中は仕事のことで一杯一杯。ブログもあっさり目ですいません。

|

« TOTO XIV ~ 聖剣の絆 (TOTO "XIV" ) | トップページ | ジョン・ウェットン & ザ・レス・ポール・トリオ 「ニュー・ヨーク・ミニット」 (JOHN WETTON AND THE LES PAUL TRIO "NEW YORK MINUTE") »