« ピートリック/シェラー 「リスク・エヴリシング」 (JIM PETERIK/MARC SCHERER "RISK EVERYTHING") | トップページ | ROBERT FRIPP (FRIPP, WETTON, WALDEN) "16 December 1977" »

2015年5月17日 (日)

デイヴ・シンクレア&ジミー・ヘイスティングス DUES新宿インストアイベント(May 16, 2015 @ DUES Shinjuku Tokyo)

デイヴシンクレアがジミーヘイスティングスと共にジャパンツアーを行うという事でそれに合わせたのか偶然なのか、カンタベリーテイルズというDVD発売記念というタイミングと共にDUES新宿でディスクユニオンの無料インストアイベントが開催されたので参加してきました。

Img_1453

軽くレポいくけどまずはその前に、肝心のジャパンツアーのライヴに参戦できなかったという点から話を。数か月前にデイヴシンクレアが住んでいる京都方面から情報を頂いて、特に所謂カンタベリー系というものに詳しいわけでもない私ではあるが、実家が京都というそれだけで親近感が湧き、コレは観に行かなきゃと思っていた。

ちなみに持ってるCDはキャラバンのグレイとピンクのアレだけ。カンタベリー系ではソフトマシーンの1stと3rd、ハットフィールド&ザノースの最初の2枚、それからナショナルヘルスの1stとその前のBruford入り貴重音源集くらい。しかもよく聴き込んでもいなくて名盤と言われているから持っているという程度。舐めていたわけでは無いが(いや、舐めていたか・・・)そんなにいきなりチケット売切れとかにはならないだろうと、特に予約もせず日々が過ぎて行った。そうこうしてるうちにポールマッカートニー来日公演があり、U.K.ファイナルがあり、そのままGWに突入してあれこれ楽しんで、若干金欠気味だったこともあり、ライヴ参戦は直前に決めようと思っていて5/15東京か5/16横浜にするかなぁ、どうしよっかなぁなんて迷っていたのがバカだった。なんのことはない5/15は勤務が遅番でそもそもライヴには行けないことに気づき断念。じゃあ5/16横浜にするかと思って当日調べたら前売りで売切れ、当日券は無しと知る。あぁ~、じゃもういいかと思いつつ、U.K.ファイナルのブー〇を買いに西新宿に行く予定があったのでそのついでにフラフラと今回の記事本題のDUES新宿インストアイベントに寄ってみたというワケ。

結果的には寄ってみたなんていうのは実に失礼な話で、マジで素晴らしいイベントだった。それではいつものように自分目線のレポ風に。

2015年5月16日(土)の昼過ぎ、新宿に到着。12時半ごろDUESへ向かうと若干の行列。素直に雑居ビルの階段の行列に並び待つこと30分、13時に開場。DUESって初めて行ったけど小綺麗で、でもイベントスペースとしては予想以上のスゲー狭いスペース。拙の自宅リビングと同じくらいか。入り口でドリンク代500円を払って角ハイボールを受け取り入場すると温和そうな外国人の頭の薄い老人(頭の薄いオレが言うなコラ)と鉢合わせになる。どうぞどうぞって感じで通路を譲ってくれる外国人の頭の薄い老人。あぁすんません、とベタベタの日本語で礼を言いながら通路を通る。親切な外国人だ。そして物販購入者にはサイン会があるのでデイヴシンクレアの2011年ソロCD、ストリームを購入。そのまま立ちっぱなしで待つ。ステージに鍵盤とフルートがある。コレはもしやダーターでライヴが観れるのかと期待が高まる。しばらくしてイベント開始。デイヴシンクレアと司会進行の人と、それからさっきの外国人の頭の薄い老人(何回も言うなコラ)がステージへ。外国人の頭の薄い老人ってジミーヘイスティングスやないか。あまりにも普段着過ぎて一般客かと思った。

司会の方の簡単な挨拶のあと早速ミニライヴ開始。超真近で聴くデイヴシンクレアの鍵盤と歌声、そしてジミーヘイスティングスのフルート、音がリアルすぎてしかもメロディ、アレンジ共に美し過ぎて夢見心地。確か4曲くらいやってくれたと思う。カンタベリーにそんなに詳しくないのでちゃんとした曲名が書けなくて申し訳ないけどジミーのフルート入りのデイヴのソロ曲、キャラバンの9フィートの曲、マッチングモールのオーキャロライン辺りを演奏してくれて、これがダーターで聴けるなんてありがたいやら申し訳ないやらオイシ過ぎるやら。

ミニライヴ終了後は物販購入者向けにサイン会。一緒に参加していたマイミク某Mちゃんと雑談しながらなので列に並んでいても全然退屈しない。いただいたサインは以下。

購入したデイヴのソロCDストリームにデイヴのサイン。

Img_1960

それから先日、徳島のKさんから頂いていたデイヴのサインの入ったキャラバンのグレイとピンクのジャケにジミーのサインを頂く。

Img_1956

それから図々しくもデイヴとジミー両方に、ピクチャーOK?とか言いながら写真をお願いし、DUのとても明るい美人のスタッフさんに拙のアイフォンを預けて写真を撮ってもらった。スタッフさん写真撮りながら軽くウケておられた気がしたが気のせいか。

Img_1452

写真の真ん中の人物と右の人物、どっちがジミーヘイスティングスか分かんねぇ、とかそういう美味しいツッコミ大歓迎。首から上をアイコラして入れ替えられても違和感は無いに違いない。

イベント終了後は、音楽性が明らかに拙と近いと思われるマイミク某Mちゃんと近くのカフェでアイスコーヒー1杯で延々2時間以上お喋り。ジョンウェットン大先生の手術の心配から始まってウェットン、イエス、その他プログレ話、それからディープすぎるエディジョブソンの音源収集の話、よくもまぁ話が尽きないなと我ながら感心するくらい面白おかしく喋って非常に充実した時間を過ごすことが出来た。Mちゃんありがとう。音楽仲間はありがたい。

以上、モタモタして肝心のコンサートに行けなかったけどこの無料イベントに参加できたおかげでまた一つ、京都へ帰郷前の東京での良い思い出が出来た。っていうかせっかくだからデイヴシンクレアとは京都に帰ったらまた逢いたいな。いやそんな簡単に逢えないか。

|

« ピートリック/シェラー 「リスク・エヴリシング」 (JIM PETERIK/MARC SCHERER "RISK EVERYTHING") | トップページ | ROBERT FRIPP (FRIPP, WETTON, WALDEN) "16 December 1977" »