« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月31日 (日)

ROBERT FRIPP (FRIPP, WETTON, WALDEN) "16 December 1977"

5月とは思えない暑さにバテた犬の如くグッタリしてしまうのは初老の故か、夏が近づくと楽しい気分になるのは若い頃の話である。加えて帰郷に向けての仕事面含めたいろんな調整が思ったようには行かず具体的なお引越しスケジュールが立てられない。それでも進められる整理は進めようと昨日は愛車を手放す手続きをしてきたんだが、それはそれでいつも愛車を停めていた駐車場スペースがガランとなった風景を眺めて何とも言えない喪失感を感じたり・・・、デリケートかオレは!・・・みたいな。そんな感じでブログの更新も先週サボっていたのである。

我らがジョンウェットン大先生の突然の大手術発言ツイートから世界中の先生ファンが深く心配した日々は、ようやくマネージメントからの手術成功というお知らせによってホッと安堵したところである。それにしても腹部から除去したという1キロもの悪性腫瘤ってどんなんなんだって。昨年来日時あたりから先生のお顔や顎から首回りがやけにスッキリ痩せているにもかかわらず腹回りが相変わらず巨大だったのは何か関係あったんだろうかとか、気になったりする。次回みんなの前に姿を現してくれる時は腹回りも幾分かスッキリしていると良いなと。

次は先生が音楽活動を再開できるのがいつになるのかが気になるところだがまずは申し分のない健康体を取り戻してほしいところ。そんな時なので今回ブログで取り上げるネタは何かしらウェットン関連でと思って、正直苦手なロキシーミュージックのVIVAライブを無理やり聴いてみたり、先生がベースで全面参加(1曲はボーカルも)しているフィルマンザネラのダイヤモンドヘッドを無理やり聴いてみたりしたものの、なんかこう先生らしくないというかセッションマンに徹している感じが面白くなくてブログ書くの断念。そこであぁそう言えばと思い出したのが今回取り上げる音源。尊師ロバートフリップ、ジョンウェットン大先生、ナラダマイケルウォルデンによるフリップのソロアルバム、エクスポージャー制作に向けた77年12月16日のリハーサルテープで、DGM Live でダウンロード販売されているもの。以前にブログで取り上げたフリップ、ウェットン、フィルコリンズによる同リハーサル音源の約10日後、ドラムをマハビシュヌオーケストラのウォルデンにチェンジしてのスリリング極まりないリハ音源である。

Rf1216_2

改めて言うまでもないがメンバー編成は以下。

Robert Fripp (G)
John Wetton (B)
Narada Michael Walden (Dr)

トラックリストは以下。

1. Breathless I
2. Breathless II
3. Breathless III
4. Ballad
5. Hitting The Groove Factor
6. Toy Fact Hither
7. 353 West 48th Street
8. Breathless IV
9. Breathless Solo
10. I May Not Have Had Enough Of Me But I've Had Enough Of You I
11. I May Not Have Had Enough Of Me But I've Had Enough Of You II
12. Fat Itch Theory
13. Cry To The Faith
14. NYC I
15. NYC II
16. NYC III

曲ごとのレビューまではしないが、この音源では先生のベースは遠慮容赦なくブリブリ響かせていて、そこが好きなファンには非常に心地よい。ヘタににウェットンがセッション参加してる他のバンドやミュージシャンのアルバムを聴くくらいなら、まずはコレ聴けよってくらいへヴィなクリムゾン色の強い演奏の数々である。この時期はU.K.のデビューアルバムの制作を開始していた時期とダブる。先生は非常に精力的だったのがよく分かる。ちなみにこの後、年が明けて78年1月にはリハーサルはフリップ、レヴィン、マロッタの編成になっている。

このようなリハーサルテープをフリップが残していてくれたことに加えて、ダウンロード販売という形でも公式発表してくれたことはキングクリムゾンのみならずジョンウェットンの音楽史を確認するうえでも大変ありがたいものである。あとはアレだな、WWB・・・、無いかなやっぱり・・・。

|

2015年5月17日 (日)

デイヴ・シンクレア&ジミー・ヘイスティングス DUES新宿インストアイベント(May 16, 2015 @ DUES Shinjuku Tokyo)

デイヴシンクレアがジミーヘイスティングスと共にジャパンツアーを行うという事でそれに合わせたのか偶然なのか、カンタベリーテイルズというDVD発売記念というタイミングと共にDUES新宿でディスクユニオンの無料インストアイベントが開催されたので参加してきました。

Img_1453

軽くレポいくけどまずはその前に、肝心のジャパンツアーのライヴに参戦できなかったという点から話を。数か月前にデイヴシンクレアが住んでいる京都方面から情報を頂いて、特に所謂カンタベリー系というものに詳しいわけでもない私ではあるが、実家が京都というそれだけで親近感が湧き、コレは観に行かなきゃと思っていた。

ちなみに持ってるCDはキャラバンのグレイとピンクのアレだけ。カンタベリー系ではソフトマシーンの1stと3rd、ハットフィールド&ザノースの最初の2枚、それからナショナルヘルスの1stとその前のBruford入り貴重音源集くらい。しかもよく聴き込んでもいなくて名盤と言われているから持っているという程度。舐めていたわけでは無いが(いや、舐めていたか・・・)そんなにいきなりチケット売切れとかにはならないだろうと、特に予約もせず日々が過ぎて行った。そうこうしてるうちにポールマッカートニー来日公演があり、U.K.ファイナルがあり、そのままGWに突入してあれこれ楽しんで、若干金欠気味だったこともあり、ライヴ参戦は直前に決めようと思っていて5/15東京か5/16横浜にするかなぁ、どうしよっかなぁなんて迷っていたのがバカだった。なんのことはない5/15は勤務が遅番でそもそもライヴには行けないことに気づき断念。じゃあ5/16横浜にするかと思って当日調べたら前売りで売切れ、当日券は無しと知る。あぁ~、じゃもういいかと思いつつ、U.K.ファイナルのブー〇を買いに西新宿に行く予定があったのでそのついでにフラフラと今回の記事本題のDUES新宿インストアイベントに寄ってみたというワケ。

結果的には寄ってみたなんていうのは実に失礼な話で、マジで素晴らしいイベントだった。それではいつものように自分目線のレポ風に。

2015年5月16日(土)の昼過ぎ、新宿に到着。12時半ごろDUESへ向かうと若干の行列。素直に雑居ビルの階段の行列に並び待つこと30分、13時に開場。DUESって初めて行ったけど小綺麗で、でもイベントスペースとしては予想以上のスゲー狭いスペース。拙の自宅リビングと同じくらいか。入り口でドリンク代500円を払って角ハイボールを受け取り入場すると温和そうな外国人の頭の薄い老人(頭の薄いオレが言うなコラ)と鉢合わせになる。どうぞどうぞって感じで通路を譲ってくれる外国人の頭の薄い老人。あぁすんません、とベタベタの日本語で礼を言いながら通路を通る。親切な外国人だ。そして物販購入者にはサイン会があるのでデイヴシンクレアの2011年ソロCD、ストリームを購入。そのまま立ちっぱなしで待つ。ステージに鍵盤とフルートがある。コレはもしやダーターでライヴが観れるのかと期待が高まる。しばらくしてイベント開始。デイヴシンクレアと司会進行の人と、それからさっきの外国人の頭の薄い老人(何回も言うなコラ)がステージへ。外国人の頭の薄い老人ってジミーヘイスティングスやないか。あまりにも普段着過ぎて一般客かと思った。

司会の方の簡単な挨拶のあと早速ミニライヴ開始。超真近で聴くデイヴシンクレアの鍵盤と歌声、そしてジミーヘイスティングスのフルート、音がリアルすぎてしかもメロディ、アレンジ共に美し過ぎて夢見心地。確か4曲くらいやってくれたと思う。カンタベリーにそんなに詳しくないのでちゃんとした曲名が書けなくて申し訳ないけどジミーのフルート入りのデイヴのソロ曲、キャラバンの9フィートの曲、マッチングモールのオーキャロライン辺りを演奏してくれて、これがダーターで聴けるなんてありがたいやら申し訳ないやらオイシ過ぎるやら。

ミニライヴ終了後は物販購入者向けにサイン会。一緒に参加していたマイミク某Mちゃんと雑談しながらなので列に並んでいても全然退屈しない。いただいたサインは以下。

購入したデイヴのソロCDストリームにデイヴのサイン。

Img_1960

それから先日、徳島のKさんから頂いていたデイヴのサインの入ったキャラバンのグレイとピンクのジャケにジミーのサインを頂く。

Img_1956

それから図々しくもデイヴとジミー両方に、ピクチャーOK?とか言いながら写真をお願いし、DUのとても明るい美人のスタッフさんに拙のアイフォンを預けて写真を撮ってもらった。スタッフさん写真撮りながら軽くウケておられた気がしたが気のせいか。

Img_1452

写真の真ん中の人物と右の人物、どっちがジミーヘイスティングスか分かんねぇ、とかそういう美味しいツッコミ大歓迎。首から上をアイコラして入れ替えられても違和感は無いに違いない。

イベント終了後は、音楽性が明らかに拙と近いと思われるマイミク某Mちゃんと近くのカフェでアイスコーヒー1杯で延々2時間以上お喋り。ジョンウェットン大先生の手術の心配から始まってウェットン、イエス、その他プログレ話、それからディープすぎるエディジョブソンの音源収集の話、よくもまぁ話が尽きないなと我ながら感心するくらい面白おかしく喋って非常に充実した時間を過ごすことが出来た。Mちゃんありがとう。音楽仲間はありがたい。

以上、モタモタして肝心のコンサートに行けなかったけどこの無料イベントに参加できたおかげでまた一つ、京都へ帰郷前の東京での良い思い出が出来た。っていうかせっかくだからデイヴシンクレアとは京都に帰ったらまた逢いたいな。いやそんな簡単に逢えないか。

|

2015年5月 9日 (土)

ピートリック/シェラー 「リスク・エヴリシング」 (JIM PETERIK/MARC SCHERER "RISK EVERYTHING")

ポールロス、U.K.ロス、それから帰省しての京都嵐山散策にU.K.ファイナル反省会 in 大阪新世界、と例年にも増して面白おかしかったGWが終わって、軽~く5月病の三重苦ですっかり元気が出ない。楽しみな新譜とか来日公演とかも当分無いし、こういう時についつい高額ブートに手を出して物欲を満足させようとする傾向があるので気を付けないと。これから一ヶ月ちょっとは京都への帰郷に向けての断捨離を進めらければならない。まずは車を手放す手続きを準備しなきゃとか。

ところでポールとU.K.ファイナルが終わった後、GW中で一番よく聴いたのが今回取り上げるCD。サバイバーのメインライターとして、メロディアスハード、産業ロックな曲を作らせたらこの人の右に出る人はいないというジムピートリックの新プロジェクトは、マークシェラーというヴォーカリストと共に作り上げた見事なメロハー、産業ロックの傑作となった。

7099261_2152065854_228large

サバイバーは一応80年代の一番売れた時期の2枚は持っているし未だによく聴くけど、それ以外はフォローしきれていない。なのでこのブログで取り上げる機会もなかったが、ジムピートリックと言えば薄ぅ~くジョンウェットン大先生つながりがあるので、あえて拙ブログで取り上げる理屈は成り立つ。薄ぅ~くJWつながりっていうのはファンなら当然わかるだろう、JWソロ三部作(?笑?笑)の一枚目、ヴォイスメール(バトルラインズ)収録のスペースアンドタイム、三枚目のウェルカムトゥヘヴンに収録されていたデモテープ並みの音質だけど極上バラードのノーオーディナリィミラクルとボートラ収録のラヴイズ(あとスペースアンドタイムのデモトラックも収録)、これら三曲を先生に提供している。

今回のピートリック/シェラーはジャケットからしていかにもって感じのメロハー系にありがちなジャケットデザインで笑いを誘う。そして音の中身はこれまた(イイ意味で)大爆笑モノの極上ポップ、メロディアスハード、バラード、産業ロック、そんな感じの形容詞が全てあてはまるという、その手の音が好きな人にとっては絶対に持っておくべきクドくてクサい逸品である。もう一曲目、二曲目からして王道のメロディアスな産業ロックで中間のブリッジ部分で胸がキュンキュンするようなメロディを持ってくるところがワザとらし過ぎて最高である。ボーナストラック扱いの12、13曲目ですら聴き逃せないメロディだし。

但しこの手の作品はいつも言う事だけど3日続けて聴いてはならない。3日続けて聴くと間違いなく胸焼けを起こすしあっと言う間に飽きてしまう。大事に大事にインターバルを置きながら聴くことをお勧めする。ま、どんな聴き方しようとそんなこと人それぞれ勝手ですけど・・・(笑)。

とにかく天気の良い日に聴くと最高なこの作品、気分のいい時はもちろん気分がイマイチな時にも聴けば少しは気分が晴れる、そんな作品である。一度本格的にジョンウェットンとCD1枚作ってみてくれても面白いんじゃないかなって気もするけどどうかな。

|

2015年5月 1日 (金)

U.K. ファイナルコンサート U.K. FINAL TOUR IN JAPAN (Apr 30, 2015 @ Nakano Sun Plaza Tokyo, JAPAN)

遂にこの日がやってきてしまった。2011年に奇跡の復活、2012年には狂喜歓喜乱舞のトリオU.K.復活で、贅沢にも存在することが当たり前みたいに思ってしまっていたU.K.の最後の日を瞼に焼きつけるべく参戦してまいりました。たっぷりの思い入れを込めてレポします。

Img_1349

2015年4月30日(木)、念のために仕事を午後半休を取らせて頂き、お昼で上がらせて頂いた。ファイナルコンサートは19時からであり、その前に17時からTaaさん主催で仲間内で軽くお茶会があるがそれにしても昼過ぎに上がったら上がったで時間が余り過ぎて困ってしまう。いったん家に帰ろうかとも思ったがそうすると逆に慌ただしくなるし、かといって4~5時間もどうやって都内で時間をつぶすのかって話である。待てよ、何度も触れているが近々京都へ帰郷するのでもうこれで最後だからU.K.ファンとして、ジョンウェットン大先生のファンとしてディープなことをやってみるかと急遽思い立ち、ダメ元で予定になかったとある行動を実施した。詳細は仲間内の暗黙の約束でブログで詳しくは触れないが、あちこちバタバタしてどうにか成果を得た。でもこれでかなり疲れてしまって腰が痛ぇのなんのって。

17時過ぎ、Taaさんを中心に首都圏から関西から徳島から仲間15名が参集してサンプラザ近くの小洒落たパンケーキカフェでお茶会開始。

Img_1342

Img_1340_2

食べてしゃべってあっという間で時間が過ぎ、特にZealotsでVIP予約したメンバーは未だチケットもVIP特典も手にしていない状態だったのでそろそろ入場するかと、18時20分過ぎにサンプラザへ入場。

Img_1338

Taaさんと私と徳島のKさんはVIPパッケージを受け取る。中身は以下。

4/28のEJ還暦パーティで貰ったVIPパス(写真左)とは別のZealotsパス、そして気品のあるVIPチケット。

Img_1358_3

スペシャルブック。しっかりした作り。一般向け販売は8000円だったとか。

Img_1364

VIP向けTシャツ。通常グッズのTシャツとは色もデザインも違うようだ。思いっきりVIPって書いてあるTシャツってのもちょっと珍しいが。

Img_1366

受け取るものを受け取ったところで、同じZealotsのVIPパッケージメンバーの某マイミクさんからお声掛け頂いたんだが、ここでとんでもないことを知ってしまう。なんと開場前にZealotsVIPメンバーがサウンドチェックに入場できたと。しかもエディジョブソンとジョンウェットンの即席サイン会にツーショット写真撮影まであったと。思わず仰天して野太い声でブサイクな悲鳴を上げてしまった。なんやねんそれオイ、そんなもん事前にアナウンスしといてくれよコラ、エーーーッ、と、まぁ嘆く嘆く我々。開演前に気分がストーンと底辺まで落ちかける。でもいくら騒いでも後の祭り、もう仕方がない。ラッキーな思いをする人もいればそうじゃない人もいる。今回はラッキーじゃないほうにハマってしまっただけ。世の中なんでも思い通りになんか行かないのは人生いろいろ年齢なりの辛酸を舐めてきているからよく分かっている。聞かなかった方が良かったスねとか言いながら座席へ。私は前から2列目のジョンウェットン大先生のほぼ真ん前。先生の顔のしわまで見えそう。お隣にフェイスブック友達の方がおられて様々な興味深いお話を聞かせて頂いた。そしてあっという間に場内暗転で開演。最後のU.K.を満喫しようと気持ちはすっかり切り替えた。

サーティイヤーズで始まり先生のコンディションも極めて良さそう。そしてなんといっても特筆はマイクマンジーニのドラムが見事にU.K.サウンドにフィットしていた。USツアー音源のレビューでも言ったがブルーフォードのコピーではなくどちらかというとテリーボジオに近い、ストレートかつ正確なドラミングはとてもテンポよく心地よい。さすがは実力者なんて言うのは世界的メジャーバンドのドリームシアターのドラマー様に対して失礼だろう。EJの鍵盤の音色ミスが2,3あったような気がするがどれ以外はホント完璧で破綻が無い。しかもマンジーニのドラムのフィット感が新たな感動を感じさせてくれて非常に楽しめた。最後のU.K.のドラムを見事に務め上げてくれてある意味感謝である。約2時間の演奏だったと思うがホントあっという間に感じた。最後、ジオンリーシングシーニーズが終わってそのままキャリングノークロスの静寂パートで締めるところでは、U.K.の歴史に幕を引く感慨と寂しさと、そして復活した姿を見せてくれた感謝と、いろんな思いが混然一体となっていたのは私だけではないだろう。もう終幕したのにいつまでもアンコールを求める拍手が鳴りやまなかったあの時間は今思い出してもちょっと泣けてくる。

今回の来日公演は、エディが自分で全てマネージメントしたからか日本のロックファンの感覚からするとチケット発売方法とかパブリシティ不足とか、申し訳ないけど素人かと思ってしまうような運営は一言でも二言でも言いたいことはある。ましてや極めつけはさっきも述べた開場前のVIPサウンドチェック&サイン会&写真撮影の件もある。そのことだけ考えれば、コノヤロー許せねぇ、みたいにも思うが、それら全てをファイナルコンサートそれ自体の素晴らしい演奏が吹き飛ばしてくれたと思う。最後のライヴ演奏は見事だった、そういう思い出がしっかり残る演奏だった。

最後に、捨てる神あれば拾う神あり、ラッキーにもTaaさん共々セットリスト用紙を頂くことが出来たので画像にして貼っておきます。

Img_1359

ロビーでこのセットリスト用紙のちょっとした撮影会になってしまったのにはちょっとウケた。

サンプラザを出て、お仲間7人で反省会という名の飲み会へ。これがまた楽しくて大いに盛り上がりました。ご一緒頂いた皆様、本当にありがとうございました。

私もこれでサンプラザに来ることはもうないかも知れないので、ジョンウェットン大先生のセリフをそのままリフレインさせて頂きます。SAYONARA Sun Plaza(笑)。

|

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »