« THE NEW KING'S ROAD GAZETTE (JOHN WETTON FAN CLUB:ジョン・ウェットン・ファンクラブ会報バックナンバー) | トップページ | 新日本プロレス Road To DOMINION (2015年6月28日 @ 後楽園ホール) »

2015年6月24日 (水)

THE CHRIS SQUIRE EXPERIMENT ライヴ音源(Aug 24, 1992 @ Club Gemini CA, USA)

イエスのクリススクワイアが白血病の治療の為に休養に入ったっていうニュースからもう数週間経ったか。ジョンウェットンに続いての心配な知らせにあの世代のミュージシャンも年齢が年齢だけに何があってもおかしくないなぁと思う今日この頃である。この後のTOTOとの夏の米ツアー、それから2016年の春のFRAGILEとDRAMA完全再現ツアーもクリスの代打としてビリーシャーウッドがベーシストとして参戦するというのはとても良く出来た、出来過ぎた話であり誰もが納得の人選でもある。コレで現行イエスからはオリジナルメンバーはゼロになるが今更そんなことにこだわる事も無いだろう。こうして世代から世代へイエスと言うバンドが継承されていってもイイのかも知れないなとか思ったり。いやいや、ジョンウェットン同様にクリスの回復と復帰をもちろん望んではいるが。

そんなことで何かクリススクワイア絡みのネタを書こうと2週間くらい前から用意していたんだがダラダラしてるうちに時間ばかり過ぎてしまった。今回はクリスとビリー、この観点にフォーカスしてみる。

私の手元に以前にネット経由で入手した "THE CHRIS SQUIRE EXPERIMENT" なる名義の92年8月24日カリフォルニアでのショートツアーからとされるライヴ音源がある。入手したっきり聴けてなかったんだが今回初めて一通り聴いてみた。ライヴのメンバー構成は以下。

Chris Squire (bass and vocals)
Billy Sherwood (guitar, bass and vocals)
Jimmy Haun (guitar)
Steve Porcaro (keyboards)
Alan White (drums)
Mark T Williams (percussion)

クリスにビリー、そしてイエスのユニオンでハウ爺の影武者となったジミーホーン、TOTOのスティーヴポーカロ、それからイエスのアランホワイトと、今にして思えばとてもありがちかつ豪華な顔合わせとも思える。

89年にジョンアンダーソンがABWHを始動したあたりからクリスはワールドトレイドのビリーシャーウッドを迎えてイエスの継続を図っていると伝えられていたが、91年の8人イエスの頃からクリスは散々いろんなインタビューで2ndソロアルバムを制作中だと言いふらしていた。89年ごろからのクリス&ビリーのコラボが8人イエスの実現によって結果的にクリスのソロ・・・という話へと変容していったのかも知れない。このあたりは細かく言い始めるとキリが無いんだが、まずは上記ライヴ音源の紹介から入っていく。このライヴのセットリストは以下。

① Wish I Knew
② Lonesome Trail
③ You're The Reason I live
④ One World Going Round
⑤ Days Of Wonder
⑥ The Wake Of The Storm
⑦ Say Goodbye
⑧ Whitefish
⑨ Wish I Knew(Reprize)

イエスとその周辺に詳しい、あるいは興味のある人には実に興味深いセットリストである。これは92年時点でのライヴ、その時点では Whitefish を除いてすべて未発表新曲と言えるわけだがこれらの曲は全て後に様々な形で作品として発表されている。知ったかぶりして書いてみよう(笑)。

Wish I Knew ----- 97年発表、YESのOpen Your Eyesの原曲
Lonesome Trail ----- 2000年発表、SQUIRE & SHERWOODのCONSPIRACY 1stに収録
You're The Reason I live ----- 2000年発表、CONSPIRACY 1stに収録
One World Going Round ----- 95年発表、WORLD TRADEの2nd "EUPHORIA" に収録
Days Of Wonder ----- 2000年発表、SQUIRE & SHERWOODのCONSPIRACY 1stに収録
The Wake Of The Storm ----- 95年発表、WORLD TRADEの2nd "EUPHORIA" に収録
Say Goodbye ----- 95年発表、WORLD TRADEの2nd "EUPHORIA" に収録

なお、Wish I Knew とSay Goodbye はCONSPIRACY 1stに隠しトラック扱いで収録されている。そのCONSPIRACY 1stを聴くといかにクリス&ビリーの作品群がYESに楽曲提供されていたかが更に分かる。

Img_1977

上の写真のYESYEARSの小さいBOXは1CD、8曲入りのプロモ盤。

Img_1979

CONSPIRACY 1st収録曲のいくつかの曲がどのようにYESへ提供されたかを整理しておくと以下のようになる。

① Days Of Wonder
② Light In My Life
③ Violet Purple Rose
④ No Rhyme
⑤ Lonesome Trail
⑥ The More We Live
  :YES "UNION"にジョンアンダーソンのヴォーカルで収録
⑦ Love Conquers All
  :YES "YESYEARS"にトレヴァーラビンのヴォーカル&鍵盤ソロ追加で収録
⑧ You're The Reason
⑨ Watching The World
⑩ Red Light Ahead

--- 以下、隠しトラック ---

⑪ Wish I Knew
  :YES "OPEN YOUR EYES"にタイトル曲に改題、リアレンジして収録
⑫ Man In The Moon
  :YES "OPEN YOUR EYES"にそのまま収録?
⑬ Say Goodbye
  :WORLD TRADEの2nd "EUPHORIA" に再録音して収録

みたいな感じになる。ちなみにSay Goodbyeはずーーっと前にYESのUNIONの最終編集前の音源集みたいなブートがあって、そのブートに収録されていたからもしかしたらUNIONの収録曲候補だったのかも知れない。前にも言ったかもしれないけどこのSay Goodbyeはビリーシャーウッドが作った曲の中では個人的に最高傑作です。メロディ、アレンジ共に素晴らしくお気に入り。WORLD TRADEヴァージョンではなく、CONSPIRACYでなければならない。

こんな風に89年からイエスに深く関わってきたビリーであるが故に、今回のクリスの代打でのイエスツアー参加はとても自然で、それはそれで観てみたい気がする。ドラマ完全再現で来日してくれるといいんだけどな。無いだろうな。

|

« THE NEW KING'S ROAD GAZETTE (JOHN WETTON FAN CLUB:ジョン・ウェットン・ファンクラブ会報バックナンバー) | トップページ | 新日本プロレス Road To DOMINION (2015年6月28日 @ 後楽園ホール) »