« レッド・ツェッペリン 試聴会イベント大阪(LED ZEPPELIN PREMIUM LISTENING PARTY Jul 30, 2015 @ UMEDA CLUB QUATTRO) | トップページ | ネイザン・イースト来日公演 ビルボードライブ大阪 (NATHAN EAST @ Billboard Live OSAKA Aug 14, 2015 1st Show) »

2015年8月 9日 (日)

YES 2015 NORTH AMERICAN SUMMER TOUR 初日ライブ音源(with TOTO Aug 7, 2015 Mashantucket, CT USA)

なに?東京は最高気温33.4度で暑さが和らいだってか?
たかが一週間かそこら猛暑日が続いたくらいでガタガタ騒いでる東京民の方がこっちからしたら半笑いである。こちら京都はもう何日連続かいな?昨日も38度超え、今日も36度超えで猛暑日が続いているのですっかり慣れたわ。もうアレや、ちょっと猛暑日になったくらいで私の目の届くところで暑いだなんだと騒いでるヤツは許さんからな。

さすがに一ヶ月以上ブログ更新が滞っていると何から書いていいやら分からん状態で取り急ぎ先週はZEP試聴会ネタを行ったんだが今回は何にしよっかなぁ、そう言えばエイジアの2012年サンフランシスコのライヴ盤もまだ取り上げてなかったなぁと思いつつ、いやいやここは超速タイムリーネタで行くことにした。

8月7日からイエスとTOTOのジョイント北米ツアーが始まった。今回はイエスにとってはクリススクワイア逝去後初のツアーであり、イエス史上初めてオリジナルメンバーが一人も居なくなってしまったイエスのライヴであり、そしてクリススクワイアの弟子ともいえるビリーシャーウッドが正ベーシストとして参加する初のツアーでもある。イエス&TOTOという豪華な組み合わせに目が行くはずであったが、図らずも今回ばかりはクリススクワイア追悼ツアーのような意味合いも持つことになってしまった。それを言ったらTOTO側もマイクポーカロ追悼ツアーともいえるが。それで早速各方面で初日の模様の写真がUPされ、そして早くもいつものDLサイトにイエスの分の初日ライヴ音源もUPされていたのでDL入手。ちなみに京都の田舎に帰ってきて100メガの某光回線でネット開通したんだが、音源をDLしてみたらとんでもない爆速。横浜に居た時でもここまで早く落ちてくることは無かったはずだが・・・。

取り急ぎバァーッと初日音源を聴いてみたので今回はこのイエスの2015/8/7初日音源を軽く紹介。写真は音源提供者撮影の写真と、ネットに転がっていた写真です。

20150807yes_2

セットリストは以下。

01. Onward (Video Tribute To Chris Squire)
02. Firebird Suite
03. Don't Kill The Whale
04. Tempus Fugit
05. America
06. Going For The One
07. Time And A Word
08. Clap
09. I've Seen All Good People
10. Siberian Khatru
11. Owner Of A Lonely Heart
12. Roundabout
13. Starship Trooper

ショーのオープニングではステージのクリスが居るはずだったポジションにクリスの代名詞リッケンバッカーのベースが置かれ、クリスのペンになるトーマト収録のオンワードをBGMとしてトリビュート映像が流されたそう。

20150707chris_2

なんかもうこの写真を見ただけで泣きそうになる。

そしてストラヴィンスキーのアレから一曲目はなんと「クジラに愛を」。ジョイントツアーという事で持ち時間は90分のようで大作はセットからは外されている。ワリと短めの曲である程度イエスのいろんなアルバムからセレクトしている模様。ビリーがベースで全面参加は初めてだから短めの10曲で無難にセットを作りましたって感じか。とりあえず音源を聴くだけではあるがどうしてもビリーシャーウッドのベースプレイを耳を凝らして聴いてしまう。とりあえず特に破綻も問題も無く演奏出来てる模様。もともとサーカのライブでベースを担当してイエスメドレーとか演っていたからそんなに心配はしてなかったが。そして何より歌も歌えるビリーだけにコーラスというより殆どツインヴォーカルって言ってもイイくらいにジョンディヴィソンとともによく歌っている。音だけ聴く分にはクリス不在の穴はベース&コーラスとも完全に埋めていると言えるだろう。アメリカの演奏でベースではなくコーラスでちょっと入りを間違えている部分があったが。近年恒例のユル~い演奏は今回は少しはスピード感を伴って演奏しているようにも聴こえるがそうなると猛烈に気になるハウ爺のタイム感。ココが気になり始めるともうビリーのプレイを心配するどころではなくなってしまう。気を取り直してビリーのベース&コーラスに集中するとやはり何の問題も無い。怪しげなのはハウ爺とダウンズである(笑)。まぁ90分セットだから仕方ないのかも知れないが、もしこれに加えてビリーが師匠クリスに捧げる思いでアメイジンググレイスのベースソロなんかをやってくれたら号泣したかもしれないな。

以上、全体的にとても手堅い演奏で特に問題は無い。後は実際のステージ上にクリスの巨体が居ないことをファンがどう思うか。音だけ聴いてる分には問題ないだけにこのままビリーを正式メンバーとして迎え入れてバンドを継続して欲しいなと個人的には思います。

|

« レッド・ツェッペリン 試聴会イベント大阪(LED ZEPPELIN PREMIUM LISTENING PARTY Jul 30, 2015 @ UMEDA CLUB QUATTRO) | トップページ | ネイザン・イースト来日公演 ビルボードライブ大阪 (NATHAN EAST @ Billboard Live OSAKA Aug 14, 2015 1st Show) »