« 【Short Review 16】スティーヴン・ウィルソン 「4 1/2」 (STEVEN WILSON "4 1/2") | トップページ | 【Short Review 17】URIAH HEEP(w. JOHN WETTON) "BOSTON 1976 (LIVE AT ORPHEUM THEATRE, BOSTON, MA, USA 6TH MAY 1976)" »

2016年3月 5日 (土)

DREAM THEATER "CLEANING OUT THE CLOSET"(International Fan Clubs Christmas CD 1999)

ドリームシアターのジ・アストニッシング全曲再現ツアーが始まった。ホントに全曲再現で、それ以外の過去の有名曲は一切演奏せず、アンコールも無いというこだわりのライヴは、今作におけるチャレンジの姿勢が本物であることを物語っている。普通ならファンの欲求に配慮して新譜中心ながらも過去の有名曲も演奏するだろう。しかしそうはしない、そこはバンドとファンの間の信頼関係が強固であるとバンド自身も信じているに違いない。私も既に某ダウンロードサイトで最新ツアーのライヴ音源を入手して、そのセットリストに驚くと同時にその姿勢やアッパレ、さすがはこの私がデビュー時から信じてフォローしてきたバンドだけのことはあると、非常に嬉しいし、自分がドリームシアターのファンであることを誰にでも自慢したいくらいである。勿論この作品のライヴは音源だけ聴いても面白くないのでビジュアル面も観たいところであり、その部分は年内にも実現するかもしれない来日公演を楽しみに待ちたい。

そんな私が、ドリームシアターに限ったことではないが、プログレにせよHR/HMにせよメロディ派のファンであることは何度も述べてきた。いろいろあって心が疲れてる時にはやっぱりメロディの良い曲を聴きたい。そこで今回はドリームシアターのメロディ派のファンにお勧めできるCDを取り上げる。ドリームシアターをしっかりフォローしてきた人にとっては持ってて当たり前かもしれないが、案外今となっては貴重品かも知れないCDである。かつて世界のファンクラブ向けにホンの数千枚単位で制作されたクリスマスCD、のちにファンクラブCDともと呼ばれていたブツである。多分90年代後半くらいから年会費を払ったファンクラブ会員向けに毎年制作、配布されていて2000年代中頃くらいまで続いたと思う。その後、Webで誰でも注文できるオフィシャルブートレッグシリーズが始まって、ファンクラブCDは無くなったのかな? 詳しくは忘れた。私も最初はこのファンクラブ向けCDの存在に気付いてなくて、99年になって存在に気付き、慌てて国内のファンクラブに入会して毎年購入していた。だから多分最初の1,2年分は未所有。以下のCDは99年のクリスマスCD(ファンクラブCD)である。

Img_2126_640x480

99年だからメトロポリスパート2の前、フォーリングイントゥインフィニティまでの、レコーディングされていた未発表曲やシングルCDのみにカップリング収録されていた曲を全9曲まとめて1枚のCDにしたという、その時点でのアルバム未収録曲集である。

Img_2127_640x480
(本品はCDとブックレットのみが届けられる仕組みだったので、プラケは自分で買いました。)

アルバム収録から漏れただけあって、割りとリラックスした楽曲が多い。もっともそれはドリームシアターのテクニカルでヘヴィでせわしないイメージからすれば、という話で実際には十分な力作ばかりである。実は私はこの作品を結構頻繁に聴いていて、下手すりゃDTの正規の作品群のいくつかよりもこのクリスマスCD1999の方が聴いてるかも知れない。さっき上で言ったように心が疲れている時には個人的にピッタリなのである。

中でもよく聴くのは1曲目の Don't Look Past Me、これは素晴らしい。ポップでキャッチーで、今のドリームシアターではまず聴けない軽快な曲。後にオフィシャルブートのイメージズ&ワーズのデモ集に収録されたかな。多分ライヴでは演奏されたことは無いと思う。テクニカルなギターソロもホントにメロディが良くて思わず口ずさみたくなる。疲れている心を前向きに起こしたいときにピッタリである。

そしてインスト曲 Eve、この美しさはドリームシアターの他のいかなる楽曲よりも美しい。とにかく美しい。初期のイメージズ&ワーズの頃で、まだ今ほどライヴでの演奏レパートリーが無かった頃はライヴで演奏されていた。コレを聴きたくてブートCDを買ったりしたものだ。後にアウェイクの国内盤にボーナスとしてシングルCDにも収録された。疲れている心を癒したいときにピッタリである。

他にもやはり初期のライヴで演奏されていた To Live Foreverの91年録音ヴァージョンと94年録音ヴァージョンや、鍵盤のケヴィンムーア脱退、デレクシェリニアン加入後の The Way It Used To Be なんかもキャッチーで聴き易い。探せばオフィシャルブートやシングルCDカップリングで集めることは出来るだろうが、このようにまとめてレア曲集として1枚のCDにしてくれているのは99年当時は貴重だったし今でも手軽に聴けるので有難い。

他にも数年分の貴重なファンクラブCDがあるが全て全世界で数千枚という極小生産だったと思うので、今では普通には手に入らない。多分ebayとかで丹念に探すしかないだろう。もしかしたらプレミア価格になってるかも知れないが。ファンクラブCDは他にも例えばイメージズ&ワーズ完全再現ライヴとか、オクタヴァリウム完全再現ライヴのDVDとかもあるので、また気が向いたら他のファンクラブCD(DVD)も取り上げてみたいと思います。

|

« 【Short Review 16】スティーヴン・ウィルソン 「4 1/2」 (STEVEN WILSON "4 1/2") | トップページ | 【Short Review 17】URIAH HEEP(w. JOHN WETTON) "BOSTON 1976 (LIVE AT ORPHEUM THEATRE, BOSTON, MA, USA 6TH MAY 1976)" »