« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月28日 (木)

GLOBUS "EPICON"

我らがジョンウェットン大先生の休養中も月に一回くらいは先生関連ネタを・・・、なんて思っていたがムリムリ。ジェフダウンズとエイジアの曲作りは行っているようだけど特に目新しいニュースも無いしすっかり間が空きまくり。エイジアのフェニックスがオリジナルミックスとUSミックスを合わせた2CDヴァージョンで再発するとかそういう細かい話題はあるけど、私は以前から言ってるように先生の大ファンではあるがアイテムのコンプリーターは目指してないし、フェニックスはEU盤もUS盤も国内盤も、更には国内プロモ盤もそれぞれに持ってるので新音源でもない限りパス。ファンとしては今はとにかく養生してもらって、時々ツイッターで元気そうなお姿やつぶやきを拝見するだけで今は満足である。

そしてそんな時だからこそしばらく聴いてなかったり、あるいはあまり気に入らなくてそもそもめったに聴いてなかった先生の作品を聴いてみようかと思ったりもする。ちょっと違った気分で聴けば最初聴いた時とは異なる印象を感じるという嬉しい奇跡が起こるかも知れないし。そこで先日ウォーキング中に先生ソロ作品の中では正直言って個人的には一番イマイチだった最近作、レイズドインキャプティヴィティをチョーー久々に聴いてみた。

だが・・・、やっぱりダメだビリーシャーウッドの感じが・・・。ビリー臭が。。。一曲目のビリー臭ウッド自らのドラムのオカズの入れ方がもうダメ。何の疾走感を出したいのか分からないけどドラムの感じがぁ・・・。なんなんだろう、ビリー臭ウッド、今年もイエスにサーカに復活ワールドトレイドにと、大活躍でそれぞれ楽しみではあるんだけど、聴くとどうもハマりきらない予感が既にあったりする。ワールドトレイドの1stみたいに他の人にプロデュースしてもらえばいいんじゃないかとか思うんだけどな。

いやいや話が逸れた。それでそのレイズドインキャプティヴィティだが発売当時に聴いたときも、そして今回改めて聴いたときもやはり1曲だけは繰り返し聴きたくなる曲がある。ラストに収められたMighty Riversである。アルバム全曲の中で明らかに異質だったこの曲、女性ヴォーカルのAnneke van Giersbergenと先生のデュエット形式で叙情と陰影がとても印象的な名曲で、先生の曲でもビリー臭ウッドの曲でも無い外部ライターの曲となる。ところで先生がこのソロ作やICONなんかでやる女性ヴォーカルとのデュエット曲ではダントツでICONの1stにおけるルネッサンスのアニーハズラムとのデュエット曲In The Endが一番良い。あれで聴けるアニーの歌声は、声だけ聴いたらどんだけチャーミングな女性が歌っているんだと惚れ惚れするほどの名唱である。

さて、そういえばずーーーっと前にミクシィ日記の方でどなたかマイミクさんがこのMighty Riversのオリジナルが収録されているCDを紹介されていた記憶があって改めてCDを探してみた。そしたらあった。たまたまタワーレコードオンラインで30%オフで売っていて、これはラッキーと溜まっていたポイントを合わせてほぼダーターで購入。それが以下の作品、GLOBUSのEPICON。グロバスって読むのかグラバスって読むのか分からない。

Img_2224_640x480

映画音楽で使われるようなオーケストラあり、合唱ありの壮大なサウンドを一般向けの作品としてまとめてみました的な感じ? 曲目は以下。

Img_2228_640x480

なんか以前にミクシィで紹介されていたヤツとはジャケが違うような気がするし曲順も違うかな? よく分からないけど2008年作品となっているので、2006年作品の再発とかかもしれない。Mighty Riversはこの作品ではMighty Rivers Runというタイトルで収録されている。アレンジも音の質感もレイズドインキャプティヴィティ収録バージョンと同じでヴォーカルはゴシック・メタルのTHE GATHERINGのAnneke van Giersbergenが歌っている。やはりこのGLOBUSのオリジナル録音を借用して先生の歌を被せてレイズドインキャプティヴィティに収録したのかなって気がする。ちなみにこの曲のライヴバージョンが鳥肌が立つほど荘厳で素晴らしい。(YoutubeにUPされてるのを貼り付けようと思ったけど何か規制があるのか貼り付けられませんでした)

また本作にはエイジアのフェニックス収録のOrchard of Minesのオリジナルも収録されている。本作のオリジナルのOrchard of Minesを聴いてみたけど、こんな曲だったかなって(笑)、最初はよく分からなかった。実はフェニックスの中でもあまり聴いてなかった曲だった。いつもそこは飛ばしてOver and OverやAn Extraordinary Lifeを聴いてしまってたので。改めてフェニックスのOrchard of Minesを聴いてやっと認識できた。

ということで、先生は参加していないけどジョンウェットンのファンには二重に馴染みのある先生関連作とも言えるので必携とは言わないけどそれなりに楽しめる作品です。

次に先生ネタでブログ書けるとしたらUKコレクターズボックスまで待たないといけないかも。

【追記】
上記で書くの忘れてたけど、本作1曲目Take Me Awayでは尊師ロバートフリップがギターで参加しています。
それからマイミクの誰かの日記で見た記憶が・・・っていうのはやはり某Mちゃんでした。改めて某Mちゃんから教えて貰って、エイジアのフェニックス収録のOrchard of Minesの原曲は、本作のGLOBUSバージョンでは無くて、更にその原曲にあたるのが「Introduction to TRAILERHEAD」というCDに収録されているSerenata Immortaleという曲が原曲だそうです。このSerenata Immortaleという曲をロックアレンジにしたのがGLOBUSバージョンのOrchard of Mines、そしてそのエイジアバージョンがフェニックス収録のOrchard of Mines、ということになります。

|

2016年4月24日 (日)

レコードコレクターズ 2016年5月号

最近ちょっとブログネタに困ってしまって寡黙になりつつある。久しぶりに音楽雑誌ネタでも。

その前にプリンス。この頃はレジェンドな大物ミュージシャンの逝去が続いている印象があるせいか、次は誰だ? みたいな意識になってる人が多い気がする。だからと言ってネットのガセネタもあるから気を付けなければならない。プリンスの逝去の報にはビックリしたが、そう言えば私も少しはプリンスを聴いた時期があったなぁと懐かしく学生時代の事を思い出す。友達がプリンスにハマっていて勧められたのでサインオブザタイムスは購入して聴いていた。あと、CDショップでバイトしてたからその頃売れまくっていたプリンスの新譜が発売されると当然お店ではプリンスの新譜のサンプル盤を店頭演奏しまくるから、いやでもプリンスを聴いてしまうという特殊な環境にも居たし。ちょうど私がCDショップ店員だった頃はプリンスのラヴセクシーが新譜として発売された頃で、プリンスの全裸?ジャケットに映るお花がちょっとアレな意味で怪し過ぎるだろ、とかやたらと話題になったものだ。その後のバットマンなんかも毎日売れまくっていた記憶がある。更には友達がどこで手に入れたのか、発売中止になってかえって話題が沸騰して飢餓感を煽られたブラックアルバムのブートカセットを入手していて、家に遊びに行ったときにコレを聴けと、聴かされた。音の悪いブートカセットで聴かされたブラックアルバムは、音の悪さが余計に尖鋭感を感じてしまって凄く尖ったファンクに聴こえた記憶がある。後に限定生産で正規発売された時にはもうプリンスに興味が無くなっていて、でもブラックアルバムだけはそのうち手に入れようと思っていて今に至る。で、プリンス逝去でそう言えばブラックアルバムは・・・、と思って調べたら限定生産でその後再販されてないからもう入手困難なんだ・・・。そうと分かると余計に欲しくなるという不思議な感覚(笑)。どうにかならないかな、ブラックアルバム・・・。

さて本題、雑誌beatlegのやむを得ない事情による休刊に続いて、雑誌ストレンジデイズも休刊(追って復刊予定との事)と、古いマニアックなロックファンにとっては寂しい状況で唯一の拠り所となったレコードコレクターズ、久しぶりにプログレ特集、しかもキャメルの特集とあってこれは買わねばと購入した。キャメルの特集ってなかなか無いからね。

Img_2227_640x480

最近はプログレを特集したムック本の類は全く買わないし立ち読みすらしなくなっていた。曲がりなりにも80年代から長くプログレ界隈を聴いてきたから、いまさら特集本とかディスクガイドとか買わなくても知ってるし、ましてやクリムゾンやイエス、エイジア、更にはキースエマーソンビルブルーフォード等、オフィシャルサイド側からのバイオ本も出ていてもう充分だから、みたいな生意気な気持ちもあって。80年代後半からレコードコレクターズや、その他雑誌の小さなプログレ特集記事で知識を深めつつあったが、90年代前半くらいにマーキーが立て続けに刊行したプログレ特集本がある意味自分のバイブルとなった。今でも大事に保存している。

Img_2229_640x480

「ブリティッシュロック集成」なんてもうページがチギレそうになるくらい読んだものだ。久しぶりに書棚から取り出して見たら、ホントにページがチギレていてやや苦笑。これじゃ中古屋に売るときに価値が落ちるな。「イタリアンロック集成」も「アメリカンロック集成」も読んだけど、そう言えば「ジャーマンロック集成」が手元に無いな・・・。持ってた記憶があるんだが中古屋に売ったかも。

そんなだからココ10年くらいの間に出たプログレ特集本は自分にはもう不要と、全くのスルーだった。今回のレコードコレクターズは「70年代プログレッシヴロックの叙情性特集」よりも「キャメル特集」の方が珍しいなと思って、キャメルの事も十分に知ってるんだけど特集記事は持っておこうと購入した。ところがこの70年代プログレッシヴロックの叙情性特集の方に案外見入ってしまった。234枚分のディスクガイドは、それこそほとんどが自分的には知ってるよって作品ばかりなんだが、それでもこうして234枚分のガイドはなかなかの壮観。長くロックファンをやっていて、それなりに人生の浮き沈みも経験する中で、購入して持っていたけど中古屋さんに売ってしまったみたいなCDもかなりあって、久しぶりにこの手のディスクガイドを見て、そう言えば持ってたけど売り払ってしまったなぁってのが沢山あることに気付いたり。やっぱりもう一回買い直すかとか、そんな気付きが我ながら面白い。

ちなみにレコードコレクターズで私が一番好きなコーナーは実は「レコードコレクター紳士録」だったりする。他人のコレクションを覗き見するような秘かなワクワク感が楽しみ。この「レコードコレクター紳士録」コーナーを集めて単行本化した一冊もしっかり所有している。でもこれ刊行されてから随分経つのでそろそろパート2の刊行とかしてくんないかな。

Img_2231_640x480

最近は色んなミュージシャンの情報もネットで仕入れる方が早いし、おまけにディスクガイドもネット上でブロガーさんが展開する記事やアマゾンレビューで手早く拝読して済ますことも出来るので出版稼業も大変だろうとは思うんだが、それでも時には持っていたいと思うような書籍もあるので出版業界の人。懲りずに頑張ってください(笑)。

|

2016年4月15日 (金)

KING CRIMSON "LIVE IN TORONTO"(THE KING CRIMSON COLLECTORS CLUB SPECIAL EDITION)

徹底的にブート商品や隠し録り音源及び映像を駆逐するのに血眼の尊師ロバートフリップ。とはいえ音源を聴きたいマニアの気持ちにはきっちり応えてしかも収益を上げるというとても正しい方法を実施してくれる尊師。そんな尊師から期待通りの作品がリリースされた。

昨年2015年12月の素晴らし過ぎる来日公演の記憶も新しい現行7人キングクリムゾンのライヴ1公演まるまる収録されたコレクターズクラブからの2枚組CD、2015年11月20日、カナダのトロントでの演奏が収録されている。

Img_2212_640x480

収録内容は以下。

Img_2215_640x480

昨年のツアーは宮殿からも演奏することが事前にアナウンスされていただけにセットリストは膨大となり、日替わりセットリストとなっていた。なのでこのトロント音源については例えばトーキングドラムとか戦慄Ⅱが入ってないとか、そういう声も出てくるのはやむを得ない。この日はたまたま演奏しなかったのだろう。コレクターズクラブ盤として大事なことは1公演まるまる収録で余計な編集を排除すること、これに限る。これでこそブートにまで手を出したいマニアを満足させるポイントである。

さて本作で何と言っても気になるのは音質とミキシングである。2014年ツアーからのミニライヴアルバム「ライヴアットオルフェウム」では微妙にツボを外した選曲で、それはまだイイんだがミキシングが何ともおとなしいと言うかトリプルドラムの存在が感じられず、7人いることの意味もあまり感じ取ることのできないライヴ盤となってしまっていた。当の尊師本人もDGMのサイトで公開している日記でライヴアットオルフェウムについて、7人クリムゾンの姿を捉えきれていない旨の、少し悔恨とでもいうようなコメントを残していた。そこで本作である。コレクターズクラブとはいえ正規にライヴレコーディングされた音源を公式発売するだけに最低限バランスを整える程度のミキシングはしているであろう。

数回聴いてみた印象であるが、曲にもよるけど十分にトリプルドラムであること、7人クリムゾンであることの存在が感じられる。特に戦慄Ⅰ、冷たい街の情景、レッド、スターレス、21st~辺りは顕著である。戦慄Ⅰだけでもワクワクする素晴らしさである。来日公演時にも感じたが、トリプルドラムの7人編成はこの曲の為にあったのではないかとさえ思えるくらいの素晴らしさ。ライヴアットオルフェウムがミキシングがショボく感じたのはもしかしたら選曲が7人の存在を感じにくい選曲だったからかなと個人的に思ったりもしたけどどうだろうか。また、これも曲によるんだが例えばレッドなんかはこのトロント音源と比べて日本公演時はまた異なったドラムの演奏だった気もする。そうだとするならそれこそクリムゾンらしい。演奏が日々異なっていた、あるいは進化していたと言えるのかも知れない。音源が無いので詳しくは分からないんだが。その反面、ヴルームは正直言って7人いる必要はあったのかなとか思ってしまったけど(笑)。特にサックス、要らないだろ(苦笑)、サックスが絡むことで漫画のBGMみたいになってしまって少し残念だぞ(笑)。サックスは70年代のクリムゾンクラッシックスでこそ威力を発揮する。

あともう一点、大事なポイントがある。このライヴCDを聴くにあたって2015年の来日公演を観ていたか否か、である。これも、もしかしたらって言い方で申し訳ないのだが、来日公演を観てなかったとしたら本作で7人クリムゾンやトリプルドラムの存在感を、大げさに言うほどは感じないかも知れない。やはり観ていたことが大事であったと思う。フロントにドラムが3台あることの存在感、3人が縦横無尽に絡みあう複雑さと迫力、それを目にしていたならば本作の音を聴いていても脳裏に残っているはずの残像が甦ってきて、より一層迫力を感じることが出来る。

もっと荒々しいミックスでも良かったかなという気がしないでもないが、来日公演の凄さを実際に生で目撃してしまった以上、それに勝る迫力はないので仕方ない。でも本作では十分に演奏の凄みは捉えられてると思う。ヴルームのサックス以外は(笑)。後は今年2016年後半にリリースが予定されているという各地のライヴ音源からベストトラックを編集していると思われる気合十分のライヴ盤がどんな選曲、音質、ミキシングで登場するのか、楽しみに待っていたい。

|

2016年4月 3日 (日)

【Short Review 19】THE MUTE GODS "DO NOTHING TILL YOU HEAR FROM ME"

昨年後半にインフォがリリースされた段階から最注目だったTHE MUTE GODS、1月発売時点で購入済だったんだけどようやくブログに載せます。

Img_2098_640x480

スティーヴンウィルソンやスティーヴハケット、更にはライフサインズの1stアルバムにも名を連ねていた凄腕ベース兼スティック奏者、ニックベッグスの最新プロジェクト。鍵盤&プロデュースでハケットの相棒ロジャーキング、ドラムはマルコミンネマンと、顔ぶれだけで期待せずにはいられない新プロジェクトである。

早々にburning shedで予約しておいたので、予約特典でニックベッグスのサイン入りポストカードがオマケで付いてきた。

Img_2093_640x480

最近はプログレ界隈で有名だけど、80年代からの洋楽のファンであればカジャグーグーのフロントマン(リマールじゃない)だったあの人か、ってなると思う。当時のPVとか観るとスティックを演奏しながらリードヴォーカルを取っていて、アイドルっぽい売り出され方だったと思うんだけど実際にはなかなかの実力者だったんだなと意識を改めなければならない。私も80年代当時はMTVとかで観た覚えはあるけど正直それほど好みでは無かったが・・・。

そして今回の作品、顔ぶれだけで物凄い期待はしたんだが果たしてどのようなサウンドを提示してくるのかは全く想像つかなかった。どうしてもそのキャリアからカジャグーグー的なポップな要素が有りつつの、ハケットバンドのロジャーキングのプロデュースという事実からやはりシンフォニックかつ分かりやすいプログレ要素もあるのかな、みたいな身勝手な期待があった。実際に聴いてみたところ、既に何度も聴いているのだが、私の音楽的ヴォキャブラリーでは何ともすっきりと表現しがたい音楽であったというのが第一の印象、なのでブログに記事書くのもこんなに遅れたのである。

まず1曲目、本作のリードトラックでもあるタイトル曲Do Nothing Till You Hear From Me、ポップではあるがベースがベンベンなっていてひねくれポップとでもいうか、そんな感じ。2曲目Prayng To A Mute Godも同じ印象だがロジャーキングプロデュースだけあってシンセの色付けがカラフルである。3曲目Night School For Idiotsはミディアムテンポの叙情的なバラードっぽい曲。と、ここまではまずまず期待通りというか、ニックベッグスのヴォーカルも3曲それぞれに歌い方を変えていて、さすがはカジャグーグーのリードヴォーカリストを務めただけのことはあると思えた。しかし4曲目の若干ダークな色合いの曲辺りからちょっと面倒臭くなってきたぞ・・・(笑)。その後は様々な音楽性が混然一体となって繰り広げられる。サイケに感じたり、浮遊感があったり、尖った印象があったり、スティーヴンウィルソン的な冷感と浮遊感のあるプログレ的であったり・・・。

全体として一言ではカテゴライズの難しい作品だなぁってのが感想になってしまう。ニックベッグスの頭の中にある混沌とした音楽性そのものをそのまんま絵画のスケッチをする如く音楽として書き留めて、なんとか商業ベースに乗るようにロジャーキングに纏めてもらいました、というようなそんな感じ。ほんとこういうの、なんて言ったらいいんだろう、ポップな要素もあるんだけどキャッチーではないし、シンフォプログレでも無ければジャズロック系でも無い、全編アヴァンギャルドっていうほどの尖り方でもないし。

もしかして、ポストロックとかポストモダンとか言うと少しは評論として納まりは良くなるんだろうか。いやはや文章に言い表すには難しい作品だった。

|

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »