« 【Short Review 18】大滝詠一 「デビュー・アゲン」 (EIICHI OHTAKI "DEBUT AGAIN") | トップページ | KING CRIMSON "LIVE IN TORONTO"(THE KING CRIMSON COLLECTORS CLUB SPECIAL EDITION) »

2016年4月 3日 (日)

【Short Review 19】THE MUTE GODS "DO NOTHING TILL YOU HEAR FROM ME"

昨年後半にインフォがリリースされた段階から最注目だったTHE MUTE GODS、1月発売時点で購入済だったんだけどようやくブログに載せます。

Img_2098_640x480

スティーヴンウィルソンやスティーヴハケット、更にはライフサインズの1stアルバムにも名を連ねていた凄腕ベース兼スティック奏者、ニックベッグスの最新プロジェクト。鍵盤&プロデュースでハケットの相棒ロジャーキング、ドラムはマルコミンネマンと、顔ぶれだけで期待せずにはいられない新プロジェクトである。

早々にburning shedで予約しておいたので、予約特典でニックベッグスのサイン入りポストカードがオマケで付いてきた。

Img_2093_640x480

最近はプログレ界隈で有名だけど、80年代からの洋楽のファンであればカジャグーグーのフロントマン(リマールじゃない)だったあの人か、ってなると思う。当時のPVとか観るとスティックを演奏しながらリードヴォーカルを取っていて、アイドルっぽい売り出され方だったと思うんだけど実際にはなかなかの実力者だったんだなと意識を改めなければならない。私も80年代当時はMTVとかで観た覚えはあるけど正直それほど好みでは無かったが・・・。

そして今回の作品、顔ぶれだけで物凄い期待はしたんだが果たしてどのようなサウンドを提示してくるのかは全く想像つかなかった。どうしてもそのキャリアからカジャグーグー的なポップな要素が有りつつの、ハケットバンドのロジャーキングのプロデュースという事実からやはりシンフォニックかつ分かりやすいプログレ要素もあるのかな、みたいな身勝手な期待があった。実際に聴いてみたところ、既に何度も聴いているのだが、私の音楽的ヴォキャブラリーでは何ともすっきりと表現しがたい音楽であったというのが第一の印象、なのでブログに記事書くのもこんなに遅れたのである。

まず1曲目、本作のリードトラックでもあるタイトル曲Do Nothing Till You Hear From Me、ポップではあるがベースがベンベンなっていてひねくれポップとでもいうか、そんな感じ。2曲目Prayng To A Mute Godも同じ印象だがロジャーキングプロデュースだけあってシンセの色付けがカラフルである。3曲目Night School For Idiotsはミディアムテンポの叙情的なバラードっぽい曲。と、ここまではまずまず期待通りというか、ニックベッグスのヴォーカルも3曲それぞれに歌い方を変えていて、さすがはカジャグーグーのリードヴォーカリストを務めただけのことはあると思えた。しかし4曲目の若干ダークな色合いの曲辺りからちょっと面倒臭くなってきたぞ・・・(笑)。その後は様々な音楽性が混然一体となって繰り広げられる。サイケに感じたり、浮遊感があったり、尖った印象があったり、スティーヴンウィルソン的な冷感と浮遊感のあるプログレ的であったり・・・。

全体として一言ではカテゴライズの難しい作品だなぁってのが感想になってしまう。ニックベッグスの頭の中にある混沌とした音楽性そのものをそのまんま絵画のスケッチをする如く音楽として書き留めて、なんとか商業ベースに乗るようにロジャーキングに纏めてもらいました、というようなそんな感じ。ほんとこういうの、なんて言ったらいいんだろう、ポップな要素もあるんだけどキャッチーではないし、シンフォプログレでも無ければジャズロック系でも無い、全編アヴァンギャルドっていうほどの尖り方でもないし。

もしかして、ポストロックとかポストモダンとか言うと少しは評論として納まりは良くなるんだろうか。いやはや文章に言い表すには難しい作品だった。

|

« 【Short Review 18】大滝詠一 「デビュー・アゲン」 (EIICHI OHTAKI "DEBUT AGAIN") | トップページ | KING CRIMSON "LIVE IN TORONTO"(THE KING CRIMSON COLLECTORS CLUB SPECIAL EDITION) »