« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月24日 (日)

アンダーソン/ストルト 「インヴェンション・オブ・ナレッジ」 (ANDERSON/STOLT "INVENTION OF KNOWLEDGE")

今年ほどイエスの「海洋地形学の物語」が注目を浴びる年もなかなかないだろう。既に現行イエスの夏のUSツアー及び11月の来日公演では海洋地形学の1曲目「神の啓示」と4曲目「儀式」の完全再現が出し物としてアナウンスされた。また先日ようやくスティーヴンウィルソンによるイエス作品のリミックスシリーズとして海洋地形学が近日リリースされることもアナウンス。リミックスされた海洋地形学がどのような新生面を感じさせてくれるかも楽しみだが、何よりボーナストラックとして、74年4月の欧州ツアーから「儀式」のライヴが収録されるのが個人的には大注目である。74年4月といえばリックウェイクマンが第一回目(笑)のイエス脱退を果たす直前であり、そのリックが演奏する海洋地形学のライヴが公式発表されるのも初めてである。

また、その注目の浴び方も様子見しつつの静かな注目ってところが、海洋地形学に対するファンの立ち位置を物語っているようで面白い。決して大盛り上がりでは無いのである。やはり正直なところ、海洋地形学が好きで好きでしょうがないっていうイエスファンがなかなか居ないのだろう。イエスのある一面を拡大させたシンフォニック傑作でもあり問題作でもあり、しかしファンの立場からの聴感上の問題として、眠い、冗長である、といった評価になってしまう。かく言う私も、ジョンアンダーソンがスティーヴハウをパートナーにして完全にイエスをコントロールした、ジョンアンダーソンの音楽的大冒険アルバムとして、作品としての存在感の大きさは感じるものの、じゃあ聴いてどうかといえば途中で寝落ちすることも多い(苦笑)。

今回は海洋地形学のレビューを書きたいわけでは無いのでこの辺で置いとくが、海洋地形学が今年注目を浴びるもう一つの要素が、今回取り上げる掲題のアンダーソン/ストルトのコラボ作品である。

Img_2540_640x480

数か月前に突如としてジョンアンダーソンと、フラワーキングスのロイネストルトのコラボ作品がリリースされることがアナウンスされ、その組み合わせの意外さも相まって、いつの間にこの2人が?って思ったものだった。2年くらい前から時間をかけて極秘裏に制作がすすめられてたようで、ようやく表に出せる状態にまで持ってこれたのだろう。二人の相性としては最初は全く想像がつかなくて、リリースがアナウンスされて短いサンプルを聴いた段階で、これは面白いかも、と思って購入する気にはなったんだが、リリース仕様がどうなるのか色々と考え過ぎてるうちに少し出遅れてしまった。安全策でEU盤から1ヶ月遅れの国内盤を予約したんだが、EU盤を聴いた方々の感想を目にするうちに国内盤を待ってられなくなって、やっぱりEU盤も欲しくなり、とある時間のかかりそうなサイトで注文したんだが、案の定すぐには送られて来ず、結局国内盤の方が先にウチに届くという、何がやりたかったんだ私は?的な展開となってしまった。パッケージもEU盤のデジパックに対して国内盤はプラケと言うことで、両方揃ってからブログ記事書こうと思ったけどもうイイ。本日現在もEU盤は届く気配が無いので、収録内容は変わらないから国内盤聴いて記事UPである。

全曲レビューまではしないけど、自分なりに感じた点を掻い摘んで書いていく。当初、大作ばかり全4曲とアナウンスされた作品構成は、実際にはデジタル時代らしく少し細かくトラック分けされて全9曲として構成されている。しかし大曲4曲という枠組みは変わらないしジャケの記載にもその辺は強調されている。

さて、大作その一、Invention of Knowledgeの3曲にトラック分けされたトータル22分を超える曲は、もうこの最初の5分で、おぉー!まさにイエスサウンドが甦ったやん!と感じる人が多かったに違いない。掴みはバッチリである。しかしそれは往年のイエスサウンドが甦ったというのとは少し違うと思う。イエスサウンドではなく、イエスの海洋地形学のようなサウンド、と言うことに違いない。少なくとも私の印象はそうである。これは2曲目、3曲目、4曲目と聴き進めるほどにそう感じる。実際に海外では海洋地形学や、ジョンアンダーソンの1stソロのサンヒローを引き合いに出して売り文句としているようだし。

何ていうんだろう、ジョンアンダーソン独特のマジカルヴォイスと、ギター、鍵盤、ベースのフレーズの絡ませ方が、モザイクを隙間なく綺麗に組み合わせるかのような素晴らしい音の構築感があって、複合するリードパートのような面影まで感じさせてくれるところがファンを歓喜させる理由だろう。しかしイエスサウンドそのものとまで個人的に言えないのはやはり、氷の上を滑るかのような滑らかな疾走感が無いところが、イエスサウンドではなく、イエスの海洋地形学のようなサウンド、と感じる理由である。そしてその後は聴き進めるほどに、美しいシンフォサウンドではあるものの、ぼんやり聴いていると聴き流してしまったり眠くなってきたりするヒーリング効果まであって、この感じが海洋地形学を聴くときの感じと同じである。また一部のヴォーカルフレーズに重ねたコーラスは、それこそまさにジョンのソロ、サンヒローを思い起こさせる。

ジョンアンダーソンによる音楽的大冒険であったイエスの海洋地形学やソロ1stのサンヒロー、これらを見事に2016年にリフォームしたかのような音の構築感は、ロイネストルトが凄く頑張りましたーーー!ってことだろう。多分ジョンアンダーソンがイニシアチブを取ってソロ作品として制作すると、音の構築感がない、失礼ながら聴感上は退屈な作品になった気がする。イエスのファンでもあったロイネストルトだからこそ、あの音の構築感をイエス的なるものへの愛情を持って甦らせることが出来たんだと思う。トラック6のEverybody Heelsでは、そのロイネストルトがフラワーキングスでのギターソロを思わせる素晴らしいフレーズのギターが聴ける。

昔はアイデアを出したジョンアンダーソンを、優秀な楽器隊が自分たちの個性を割り込ませながらアレンジし、優秀なプロデューサーが制作する、その組み合わせでこそ実現したのがイエスサウンドであった。今回の作品は、ジョンアンダーソンのマジカルヴォイスを最高に引き立たせるために何が必要か、それを愛情持ってよくよく理解していたロイネストルトが作り上げたと言っても過言ではない。だからこそ結果として、よりジョンアンダーソン色の強いイエスサウンドとしての海洋地形学を思わせるサウンドになったんだろう。

海洋地形学を楽しくした感じ、ツイッター的に一言で言ってしまうとそういう事になる。

|

2016年7月16日 (土)

グレッグ・マティソン・プロジェクト 「ベイクド・ポテト・スーパー・ライヴ!」 (GREG MATHIESON PROJECT "BAKED POTATO SUPER LIVE!")

京都の夏は蒸し暑いに決まってるし、京都の人間が蒸し暑さをボヤくことほど無意味なことは無いが、それにしても連日蒸し暑い。さすがは京都、体に堪える。新しい仕事は、まず最初は日勤の3勤1休で始まり、明日からは昼夜勤が始まる。ここまでの3勤1休ってのが、最初聞いたときは、楽そうだなと思ったが、意外にしんどい。やはり今まで土日休みの仕事ばかりしてきたからか、連休が無いのがキツい。1日休んだらすぐまた翌日仕事ってのが、なんか休んだ気にならない。ワガママな話だが・・・。明日からはまたリズムが変わるので、夜勤明け休みでその翌日が公休みたいな疑似連休が多く入るので、また気分も変わるだろうが。

せっかく京都に帰って来たんだからということで、昨日、初めて祇園祭を観に行ってきた。昨日は宵々山なんだけど、それでも凄い人出。京都人でありながら祇園祭で四条通とか烏丸通の歩行者天国に行くのは初めてで、賑々しい雰囲気が何ともその場にいるだけで楽しい。長く都会生活をしていただけに、いま現在の、生活の場は田舎、職場も田舎、という状況になって久しぶりに賑々しい場所に行くと、都会で暮らしていた頃を思い出して少し郷愁、みたいな感じ。

もうすぐ梅雨も明けて夏真っ盛りになるけど、夏になると私の中で定番のように聴きはじめるCDがいくつかある。邦楽で言えば山下達郎のBIG WAVEだったり、大滝詠一のEACH TIMEだったり。そして洋楽だとついついアメリカ西海岸への憧憬が強まって、学生だった頃からエイジアと同じくらいに、飽きもせずに聴き続けているのが今回取り上げるグレッグマティソンプロジェクトのベイクドポテトスーパーライヴである。

Img_2520_640x480

TOTO関連などと言ってしまうと短絡的過ぎるが、本作は81年12月、LAのBAKED POTATOというライヴハウスで、アメリカ西海岸のフュージョン系オルガン奏者のグレッグマティソン、ベーシストのロバートポップウェルに、スティーヴルカサーと故ジェフポーカロのTOTO組が参加したライヴ録音。そもそも本作は最初は確か日本のCBSソニーが日本のみで出していたんだったと思う。それはやっぱり日本のレーベル的にTOTO人気を当て込んでのものだったんだろう。TOTOが代表作Ⅳを発表する直前の、上り調子の頃である。

私がこの作品を初めて聴いたのはレコードCDショップでバイトしてた学生の頃だったから確か88年頃だと思う。友達が、これカッコええで、といってCBSソニーの多分初版CDを貸してくれたのを、カセットテープにダビングさせてもらったのがキッカケだった。フュージョンと言うには多少ロックっぽく、ロックというにはフュージョンっぽい、フュージョンロックという分かったような分からないような言い方が納得できてしまうような、ロックファンの立場から聴いても非常に楽しめる作品である。何と言っても1曲目のBomp Meからスティーヴルカサーの豪快なロック魂溢れるギターで始まり、ジェフポーカロの細かいことにこだわらないこれまた豪快なドラミングがハードドライヴィングで、爽快ですらある。ハード、フュージョン、涼しげなバラードと、自在に繰り広げられる演奏はカッコいいし、ある面ではテクニカルでもあるけど、気持ちのいいBGMとしても聴けてしまうという、いい意味で使い勝手というか聴き勝手の良いライヴ作品である。主役は勿論グレッグマティソンなんだろうが、TOTOファン側から聴くと、ルカサーがこれほど気持ちよくギターを弾きまくり、ジェフポーカロがこれほど気持ちよくドラムを叩きまくっているように聴こえるサマは、何か敢えてTOTOでの凝りに凝った、言葉を変えれば制約のある演奏から解き放たれたかのような奔放さを感じてしまう。

また、素人耳ではあるが、本作はライヴ録音として非常に音質が良い。この点が本作を気持ちよく、心地よく聴けるポイントでもあるような気がする。エンジニアとしてアメリカ西海岸の大御所、ジェイグレイドンが関わっているのも大きいのかも知れない。

その後、カセットテープで聴きまくった本作は、90年代になってどういうワケかCDが長く廃盤になっていた気がするが、99年にようやく日本のCOOL SOUNDレーベルから再CD化が実現した。その時のCDは以下の写真。

Img_2521_640x480

プラケなのはイイとして、ジャケットが新たなデザインとなっていた。オリジナルのジャケットに愛着のある人には、ちょっと残念に感じた人もいるかも知れない。しかし2011年になってようやくオリジナルジャケットで紙ジャケ再発されたのが本記事最初の写真のCDである。

いつもは最新の紙ジャケで決定盤再発とかされたら、旧規格盤は中古屋さんに売ってしまうんだけど、約30年近く聴き続けてるお気に入りの作品なので、この99年盤も未だに手放せないでいる。それどころか80年代のCBSソニー盤プラケも出来れば探してコレクションとして揃えようかなと思ってるくらい。

暑い夏の晴れた日に、元気一杯のスティーヴルカサーとジェフポーカロの演奏が、豪快に、涼しげに、気持ちよく鳴り響く本作は、今年の夏も私の必須アイテムとなるのである。

|

2016年7月 8日 (金)

ESQUIRE "ESQUIRE"

またまたブログ更新を2週間ほどご無沙汰してしまった。やっと再就職決まって新しい職場で働き始めたので、職場の雰囲気や環境や人間関係に慣れることに全力で、気分的に余裕が無かったのもあるけど、時間的には原則残業なしの仕事なので時間はある。それよりもお待ちかねの作品群を買いそびれていてネタに困っていたってのもある。UKのコレクターズボックスがそろそろ到着するかと思って待っていたが、案の定、遅れている模様で、その大特集を目論んでいたのですっかり予定が狂った。加えてスティーヴハケットの最新ライヴ盤も国内盤で買うつもりが、国内盤は音源CDのみで映像の発売予定は無しらしいことが分かって、慌ててハケットソングス直販でサイン入りDVD&CDの購入に切り替えようとしたらすでに品切れで追加生産待ち。また、既にEU盤が発売されて一部で評判になっているジョンアンダーソンとロイネストルトの連名作品も、7/20発売の国内盤で注文してしまったからこれも待ち状態・・・。

そうこうしてるうちにようやくイエスの2016年来日公演が正式発表になり、それでは早速大阪公演の予約を・・・、と思ったらウドーからの公演内容のお知らせが実に誇らしげに、

「1973年に発表されたアルバム『海洋地形学の物語』sides 1 & 4と『イエスソングス』の名曲を演奏!」

って・・・。『ドラマ』は???って話である。今年は春の英国欧州ツアーも、夏の北米ツアーも『ドラマ』完全再現が出し物として入っていたからてっきりその流れで来日してくれるものと信じて疑わなかったから。同様の阿鼻叫喚がツイッターやフェイスブックでも多数散見されて、これはいったいウドーさんどういう読みでこのような公演内容にしたんだろうかと。海洋地形学の「神の啓示」と「儀式」の再現はまあいい。『イエスソングス』の名曲を演奏!って要するに毎度お馴染みの定番曲を演奏ってことでしょって。考えてみたら2014年の来日公演も『究極』完全再現は外されていた。今回も『ドラマ』完全再現は外されて、ウドーさんはどうしても保守的な定番の内容でないと儲からないと踏んでしまったのかな?

でもガタガタ言ってもしょうがない。そうは言ってもしっかり大阪公演分を先行予約しましたよ。イエスはイエスだから。ワタシ的に言うならばオリジナルエイジアの4分の2が居るんだから行かないと言うことは有り得ない。行くに決まってるのである。

そんなイエスの話題から思いっきり派生して、今回は掲題のエスクワイアを取り上げてみたい。

Img_2448_640x480

1987年、故クリススクワイアの当時の奥様ニッキースクワイアを中心に結成されたバンドで、それはそれは極上のメロディアスなハードポップで、未だに半年に一回は聴きたくなるほど個人的に愛聴盤である。

当時はゲフィンレコードからのメジャーデビューということで、それなりに期待されていたんだと思う。PVも作られた本作リードトラックのTo The Rescueは、ポップでキャッチーなメロディと、これぞ80年代って感じのキラキラゴージャスなサウンドが一度聴いたら耳から離れない印象的な曲で、何度聴いても飽きない。この曲に限り、共同プロデューサーとしてクリススクワイアが名を連ねており、またおそらくコーラスも決めてくれているんだと思う。モロにクリススクワイアっぽいコーラスの声が聴こえるし。また同曲のミックスはトレヴァーホーンが担当している。豪華な布陣でゲフィンとしても売る気満々で気合が入っていたのであろう。しかし思いのほか売れず、次作の発表までは10年を待たなければいけなくなってしまった。ちなみに私はその10年後の作品はもう興味を無くして聴いていない。蛇足ながら本作にはギターで、エイジアの3代目ギタリストのパットスロールがレコーディングに参加している。また、To The RescueのPVにも参加していて、いつものように口を半開きにしてギター弾いてるので、興味ある人はYoutubeでご確認を。

なお、To The Rescue以外の曲も、全曲聴き易いポップでメロディアスでゴージャスなサウンドなので、十分に最後まで聴けると思う。もっとも、そうは言っても私自身はこの作品を、学生だった87年当時は自分では買って無くて、確かレンタルレコード屋さんに入荷していたのを友達がレンタルして、それを一緒にカセットテープにダビングしてもらって聴いたんだった。CDは出てなかったはず。当時は楽曲の素晴らしさに対して、正直言うとニッキースクワイアのヴォーカルがコブシが効き過ぎてるっていうか、リキの入った歌声がなんかちょっと違和感を感じて、コレをジョンアンダーソンが歌えばもっと素直に売れただろうなとか思ったものだ。それでも後年になってやっぱり曲の良さが忘れられず、マイナーレーベルからCD化された際に購入して、それ以降は未だに愛聴盤となった。

昨年、クリススクワイアが逝去した時、前妻のニッキーもフェイスブックで、たくさんの素晴らしい日々をありがとう・・・、というような追悼メッセージを発表し、涙を誘った。もうアレから一年経ったんだな。今の現行イエスを、ジョンもクリスも居ない、あんなのイエスじゃない、みたいに知ったかぶりして言う面倒臭い人もいるけど、クリスがビリーシャーウッドを指名してイエスの継続を願ったんだからそれでイイではないか。今度の来日もクリスのトリビュートツアーの一環であると思うし、またジョンアンダーソン、トレヴァーラビン、リックウェイクマンもARWとしてツアーを開始する。これもクリスの逝去がキッカケだったという。

クリスの前妻ニッキーのこのエスクワイアでTo The Rescueを聴くと聴こえてくるクリスのコーラスを聴きながら、クリスの逝去があって現行イエスは活動を継続し、ARWもツアーを開始する、二つのイエスが存在するとも言えるこれらの活発な動きは、実はクリススクワイアが最後に残したファンへのプレゼントなのかも知れない。そう思うと、本当のイエスじゃないとかガタガタぬかす輩の存在は、クリスの意志に反しているのではありませんかね?(笑)。

|

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »