« DUNCAN MACKAY "SCORE" | トップページ | リンゴ・スター アンド・ヒズ・オール・スター・バンド 2016年来日公演 初日(大阪) RINGO STARR AND HIS ALL STARR BAND JAPAN TOUR 2016 (Oct 24, 2016 @ Orix Theater OSAKA) »

2016年10月25日 (火)

[グルメ] 喫茶Y(@ 大阪 豊崎町 2016年10月24日)

最初にこのブログを始めたきっかけは2006年のオリジナルエイジア復活だった。エイジア関連、ジョンウェットン関連専門で立ち上げたつもりだったブログはいつしかどんどん幅広げしてハードロック、ジャズフュージョン、更には音楽からも飛び出して、プロレス、吉本新喜劇etc、何でもアリになってきて、遂にはこの度グルメレポまで開始することにした。

今回たまたま有休と公休が繋がっていきなり平日3連休になって時間があるのでグルメレポお試し。といってもそんなにしょっちゅう食べ歩きするわけでは無いので、印象に残ったお店や食べ物を時々は記事としてUPすることもあるでしょうって感じで気楽に行きます。気が向かなかったら書かない場合もあるし、そこは勝手にやってるブログなのでご勘弁。

それで、2016年10月24日、リンゴスターの大阪公演を観に行くために有休を頂いていたので昼間っから大阪へ出かけた。今は京都の片田舎に住んでいて大阪の中心部へ出るにも最低1時間半以上はかかるし、何か一つライヴとかで大阪へ出かける用事があるときは、買い物とか行ってみたかったカフェとか食事とか、他の用事もまとめて兼ねてしまいたいのである。そこで今回、リンゴのライヴに行くついでに昨年の帰郷時より機会があれば行きたいと思っていた大食いマニアの集うお店、

「喫茶Y」

を初訪問。場所は大阪梅田から中崎町を通って徒歩約10分の豊崎町辺り。もしかしたらもっと近く行けるルートがあるのかも知れないけど不慣れなのでこのルートで歩いた。

Img_2750_640x480

Img_2745_640x480

梅田周辺の繁華街からは少し離れているがすぐに見つかった。14時頃に入店したんだけど、お昼時を少し過ぎているにもかかわらず店内はほぼ満員。こじんまりした店内はテーブル席が5つくらいとカウンター席。ちょうどテーブル席が一つ空いていたので着席。全てのオーダーをとても明るい大阪のオバちゃんって感じのママさんがお一人で調理して対応されている。既に午後なのでモーニングメニューは無し。通常のメニュー表を拝見。

Img_2744_480x640

他のテーブルの若い学生さんふうの方々は「Y定食」と言うのをオーダーしている方が多かったが、初訪問の私はまずは話題の

「ハーフサンドウィッチ」

をオーダー。サンドする卵はペースト状のタマゴサラダではなく、いわゆる大阪風と言うか関西風で卵焼きを挟むんだけど、オーダー時に「卵は何個?」って訊かれる。そう、卵の個数を指定できるのだ。4個~10個の間で指定できるようだ。「4個にするか?」と言われて何をムキになったか私は「じゃぁ6個で」と応える。そしたら最初に出てきたのがやたら具だくさんの味噌汁、いや豚汁かな。

Img_2747_640x480

この写真ではヴォリューム感が分かり難いかも知れないけど、コレだけでもかなりのヴォリューム。細かい話だけど豚汁って首都圏に居た頃はみんな「トンジル」って言ってたけど関西では「ブタジル」って言うんやで。若い学生さん達が食べていた「Y定食」もチラ見したら次々おかずが運ばれてきて凄いヴォリューム。そしてママさんは椀が空いたころを見計らっては「ご飯おかわりは?」「まだ後これから鶏の甘酢掛けがあるんやで。」と客の胃袋を破壊せんばかりの勢いで迫られる。そうこうしているうちに「ハーフサンドウィッチ」到着。

Img_2748_640x480

はい(笑)、これ、事前に食べログとかで知ってはいたけど現物を観た瞬間に気が重くなった(苦笑)。凄いヴォリューム。卵6個(笑)使った卵焼きと、これまたたっぷりのベーコン、そしてレタス、あとはシンプルにマヨネーズとケチャップがかけてある。一体なにをもってハーフと言っているのか意味が分からない。しかし私には食べ物を残すという習慣が無いので意地でも完食しようと食べ始める。サンドウィッチと言っても手で持ってかぶりつく大きさでは無い。そもそもママさんも配膳してくれた際に当たり前のように箸を用意してくれたし。箸で半分にとりわけでかぶりつく感じで食べる。

Img_2749_640x480

半分くらい食べたあたりで溜息が出始める。しかしコレはもう闘いである。壮絶なる闘いを制して遂に完食。勿論あの具だくさんブタ汁も完飲。この時点では正直もうサンドウィッチを見るのも嫌な気分になっていた。お腹がキュルキュルし始めてヤバい状態になる。お会計時には気さくなママさん「お兄さん、おおきに、お口におうた(合った)かいな?」、私も平気そうなふりして「おおきに、美味しかったわぁ、また来るでぇ~」とケツを押さえながら店を出たのであった。

いやぁ、食べることが闘いであることを初めて感じた貴重な体験であった。この後、歩いているうちにますますお腹がゴロゴロし始めて、ケツを押さえながらコンビニで1回、更には阪急百貨店で1回、トイレに駆け込んだのであった・・・。

|

« DUNCAN MACKAY "SCORE" | トップページ | リンゴ・スター アンド・ヒズ・オール・スター・バンド 2016年来日公演 初日(大阪) RINGO STARR AND HIS ALL STARR BAND JAPAN TOUR 2016 (Oct 24, 2016 @ Orix Theater OSAKA) »