« 【Short Review 26】ボストン 「サード・ステージ」 BOSTON "THIRD STAGE" | トップページ | WWE/NXT 2016年日本公演(大阪) NXT Live Japan (Dec 3, 2016 @ EDION ARENA OSAKA) »

2016年12月 4日 (日)

[グルメ] 道頓堀 今井 本店 (@ 大阪 道頓堀 2016年12月3日)

気まぐれで10月に始めたグルメレポ、アレっきりにならず何とか継続で第2回目のレポ行きます。今回もライヴイベントの為にわざわざ有休をとって大阪へ出るので、早めに家を出てついでに気になっていたお店に行ってみようということで、大阪のうどんの老舗、「道頓堀 今井」の本店へ。

Img_2989_640x480

創業は昭和21年との事で、まさに大阪うどんを代表する老舗中の老舗、関西人で関西風うどんへのこだわりが云々と、少しでも口に出してモノを言うからには一度は行っておかなければならないお店だろう。また、こないだ何の番組だったか忘れたけどテレビ番組でも取り上げられていて、実は戦前は楽器店だったとの事。どういう経緯で楽器店からうどん店に転身したかについてはお店のHPでご確認を。

2016年12月3日(土)、久しぶりのプロレス観戦で、中邑真輔が観たくてWWE/NXTの日本公演を観戦するため、以前よりこの日が休みになるようにシフト勤務の調整をお願いしていて、有休取得という形になった。大阪も梅田周辺は学生の頃からちょくちょく来ていたけれど、ミナミの難波周辺はそう何度も来た経験は無い。久しぶりの難波周辺なので昼間の早い時間から難波に到着して周辺をブラブラする。梅田もいいけれど、この道頓堀川周辺の雰囲気は、いかにも昔ながらの大阪って感じで凄く好き。私は京都在住ではあるけど生まれは大阪で、3歳までは大阪に住んでいた。3歳までだから大阪で生活していたことについての大した記憶は残っていないんだけれども、不思議と大阪の空気や、大阪の風景に接すると懐かしい気分になる。何かやはり潜在意識の中に「大阪」ってのが刷り込まれているのかも知れない。懐かしい思いで写真なんかを撮ってみる。

戎橋からのグリコの看板。
Img_2996_640x480

同じく戎橋から眺める道頓堀川。
Img_2995_640x480

道頓堀川沿いのボードウォークに降りてみる。昔の学生の頃に遊びに来たときは、こういうボードウォークは無かった気がするな。
Img_2998_640x480

道頓堀の賑々しい雰囲気。このいかにも大阪っていうごちゃごちゃした感じがイイ。
Img_2988_640x480

ここから歩いて2~3分のところに「道頓堀 今井」の本店がある。これまた大阪の老舗って感じの風情ある入口。
Img_2993_640x480

早速入店。既に時間は15時くらいだったのでお昼時のピークは過ぎていたからか、すんなりテーブル席に着席出来た。店内はめっちゃ明るく綺麗な和風の造り。当然うどんを注文するところなんだけど、かなりお腹もすいていたので、親子丼ときつねうどん(小)のセットを注文。出てきたのが本記事一番上の写真。この親子丼の素晴らしい美貌!早速親子丼から頂くことにする。

Img_2990_640x480

ぷりっぷりの鶏肉と、薄く味付けされた出汁の味と、濃厚そうな卵の黄身が交じり合って非常に上品な味。いかにも大阪うどんのお店が出す絶品親子丼って感じ。味が濃すぎないところがイイ。もちろんきつねうどんも関東風の醤油が濃い味付け、色合いとは全く異なる、出汁でしっかり味を調えている感じが関西風、大阪風でとても美味しい。だからこの通り、出汁まで完飲出来てしまうのだ(笑)。

Img_2991_640x480

いやぁ美味しかった。上品な味だからお腹が満たされるだけでなく、気持ちまで満たされた気分。安くて腹一杯ガツガツ食うのもいいけど、こういうグルメは精神衛生上もイイな。

次また機会があったら、気まぐれグルメレポ、やってみたいと思います。店を出た後は、腹ごなしにさら戎橋筋商店街を歩いて、今度探検したい酒場を下見しておく。法善寺横丁をチェック。

Img_3001_640x480

ここもいかにも大阪って感じ。そのうち友達と飲みに行こう。

|

« 【Short Review 26】ボストン 「サード・ステージ」 BOSTON "THIRD STAGE" | トップページ | WWE/NXT 2016年日本公演(大阪) NXT Live Japan (Dec 3, 2016 @ EDION ARENA OSAKA) »