« ジャーニー&エイジア 2017 USツアー初日 JOURNEY & ASIA 2017 TOUR(Mar 15, 2017 @ Yakima, WA, USA) | トップページ | スティーヴ・ハケット 「ザ・ナイト・サイレン~天空の美情」(STEVE HACKETT "THE NIGHT SIREN") »

2017年3月21日 (火)

ASIA "35TH ANNIVERSARY COLLECTION TOUR EDITION"

なんと本日2本目のブログ記事UP!!(笑)。
エイジアにしては珍しく、ツアー会場でしか手に入らないツアーCDが制作されたようだ。それが今回取り上げる掲題のCDである。

Img_3365_640x480

ジャーニーとエイジアのジョイントツアーは、「ウェットンマニア特派員氏」によるツアー参戦レポでも紹介させて頂いたが、エイジアのデビュー35周年を記念するツアーでもある。もしかして、だからジョンウェットン大先生の体調回復の可不可に関わらず、このツアーは実施しなきゃいけなかったのかも。だから先生の代わりにビリーシャーウッドを代打に立ててでもツアーを実施したかったのかも。わざわざこのようなCDを制作したのは実はそういう気合の現れなのかも知れない。今回のツアー編成、ジェフダウンズ、カールパーマー、サムコールソン、ビリーシャーウッドのサイン入り。この貴重な品をとある方から譲って頂き、いま私の手元にある。誰に譲って貰ったかって? それは言えませんな(笑)。入手経路は明かせませんwww。

収録内容は以下の裏ジャケの写真で。

Img_3367_640x480

前半6曲はエイジアクラシックスで2009年ライヴ盤SPIRIT OF THE NIGHTからの収録。後半6曲は2006年オリジナルエイジア再結成以降のスタジオ盤からのセレクションとなっている。エイジアクラシックスの6曲に関しては、オリジナルスタジオ曲はユニバーサル(ゲフィン)の許可が必要だから敢えて2009年ライヴ盤からの収録にしたのかな? そして内ジャケにはエイジアロゴの上に浮かぶ先生の笑顔・・・。

Img_3366_640x480

泣かせてくれるやん・・・。
きっと本当は今年2017年はエイジア35周年を祝う大々的な活動をマネージメントが計画していたんだろう。このツアーCDもわざわざロジャーディーンによる絵や「35」のロゴが作成されているから力の入れようが分かる。

今回のエイジアのツアーは、先生ファンからすると何とも複雑な気持ちにならざるを得ないのは仕方ない。しかしそれでも前向きに捉えたいし、演奏映像なんかを見ると、サム君参加以降の非常にエネルギッシュな演奏が今回も素晴らしい。ビリーの手探り感はツアーで演奏を繰り返せばこなれてきそうな気もするが、それは置いといて、サム君の楽しそうな気持ちが溢れていて、その点はとても微笑ましい。ツイッターで、フェイスブックで、Youtubeで次々と更新するサム君の屈託のなさが、先生ファンの複雑な気持ちに一服の清涼感をもたらす。先生にとっての最後のバンドメイトとなったサム君には、ぜひ今回のジャーニーとのジョイントツアーを何らかの飛躍の足掛かりにして欲しい。ジャーニーのアリーナツアーということで、ジャーニーの集客力はまだまだ健在であることが写真や映像からもよく分かる。1万人規模のアリーナ会場がほぼ満員状態でツアーが進行しているようだ。そんな大観衆の中でノリノリで演奏するサム君の実力を沢山の人に知らしめる好機でもある。客にアピールし、音楽仲間の人脈を拡げつつ、先生最後のバンドメイトのサム君が大きく飛翔することを心から望みたい。

なお、このCDは「ウェットンマニア特派員氏」によると、VIPパッケージのメンバーには無償配布され、またツアー2日目からは物販コーナーで普通に売っていたそうです。ロジャーディーンによるジャケや「35」ロゴは新たなものだけど収録内容に関しては特に目新しいものは無いから、一般に流通して販売されることは無いだろう。それだけにツアーCDとしての希少価値はあるので、エイジア、ウェットンのコレクションとしては非常に有用である。そんな品を譲って頂けるウェットンファン仲間がいることは私個人としても望外の幸せである。好き勝手やってるブログだけど、それでもブログやってて良かったなぁ、なんてしみじみ思うし、また同時にきちんと最低限の人としての礼儀は大切にし、互いをリスペクトする気持ちを持ちながら、お仲間とお付き合いさせて頂いているので、そういうことも大切なんだってことも改めて実感する。そして何より私ごときと仲良くして下さるウェットンファン仲間の存在には最大の感謝を改めて表明させて頂きます。本当に、本当に、ありがとうございます!!

|

« ジャーニー&エイジア 2017 USツアー初日 JOURNEY & ASIA 2017 TOUR(Mar 15, 2017 @ Yakima, WA, USA) | トップページ | スティーヴ・ハケット 「ザ・ナイト・サイレン~天空の美情」(STEVE HACKETT "THE NIGHT SIREN") »