« 【Short Review 27】URIAH HEEP(w. JOHN WETTON) "RETURN TO WETTON" | トップページ | ジャーニー&エイジア 2017 USツアー初日 JOURNEY & ASIA 2017 TOUR(Mar 15, 2017 @ Yakima, WA, USA) »

2017年3月16日 (木)

【Short Review 28】「アルマゲドン・ザ・スコア」("ARMAGEDDON" MUSIC BY TREVOR RABIN)

いよいよ花粉症の季節、3日ほど前から鼻づまりと目のかゆみが本格化してきて仕事にも支障が出るくらいになってきた。ほんとマジで杉の木全部伐採してくれよって(苦笑)。おまけに昨日仕事中に、その花粉症の影響で「ヒィーヤァッシャァーッ!」ってくしゃみをした拍子になぜかピリッと腰に痛みが・・・。今朝起きたら厳しい腰痛。踏んだり蹴ったりやんけ、ったく。

こないだの日曜から今週末の三連休まで、4勤1休4勤という、9日間で休みが1日だけの厳しい勤務シフトの、今日はその1休に当たる貴重な公休日。しかしながら腰が痛くてウォーキングする元気なく、家籠りでひたすら録り溜めしていたTV番組を観る。それにしても「プロレス総選挙」を録画し損なったのは痛い。とりあえず先々週の「松本家の休日」「土曜はダメよ」こないだの「鉄腕DASH」を観終わった。気分転換にチャチャっとブログでショートレビューでも。

今やロックミュージシャンの範疇を大きく超えて、大作曲家となったトレヴァーラビン。その大作曲家としてのキャリア最大の作品と言っても過言ではないのが今回取り上げるアルマゲドンのスコアである。

Img_3330_640x480

このブルースウィルス主演の映画「アルマゲドン」自体、私も結構好きで、普段あまり映画とか見ないんだけど、このアルマゲドンは何年も前にわざわざコレクターズエディションのDVDも購入したくらい。一般的なロックファン的にはアルマゲドンの曲と言えばエアロスミスのアレなんだろうし、CD買うならそのエアロスミスの曲も入ったサントラ盤が手軽で良いんだろうが、そこには興味が無くてワタシ的にはこのトレヴァーラビンのスコアなのである。テーマ曲と言えるあの壮大なメロディとアレンジは、映画以外のところでも何かのBGMに使われていたりもしている気がする。私の記憶違いかもしれないけど、確か新日本プロレスがマサ斉藤の引退セレモニーか何かをやった時に、この曲をBGMに使っていた気がする。中には結婚披露宴とかパーティのBGMに使った人もいたのでは?(笑)。

もう「あっち」の世界で十分に有名になり、財も蓄えたであろうトレヴァーラビンが、いまさら元イエスの面々とツアーとかする必要も無かったんだろうけど、たまにはロックもやりたかったんだろう、ARWとして大規模なツアーに出て、間もなく来日公演もあるし、「こっち」の世界のファンとしてはこの機会を存分に楽しませて貰いたいワケだ。

ARWのVIPに申し込んで、早速クレジットカードの引き落としがあって銀行口座の残金に驚愕する日々であるが、その分はしっかり楽しまなければ。トレヴァーラビンにサインを入れて貰うアイテム、キャントルックアウェイにするかウルフにするかこのアルマゲドンのスコアにするか、そんなささやかな悩みを楽しみに代えて、明日からの後半4勤の激務を頑張りますよ。

|

« 【Short Review 27】URIAH HEEP(w. JOHN WETTON) "RETURN TO WETTON" | トップページ | ジャーニー&エイジア 2017 USツアー初日 JOURNEY & ASIA 2017 TOUR(Mar 15, 2017 @ Yakima, WA, USA) »