« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月23日 (火)

アラン・ホールズワース追悼:テンペスト 「テンペスト」 (R.I.P. ALLAN HOLDSWORTH : TEMPEST "TEMPEST")

おせーよってか? 遅ればせながらのアランホールズワース追悼。

ジョンウェットン大先生のファン目線からすると、ホーさんと言えばU.K.のギタリストってことで最初に認識するだろうし、私もその類である。ホーさんのギターが云々とか音楽性がどうのこうのはもっと詳しい人がいると思うので、私のこの文章は単なる思い出話中心なのはご容赦を。

最初に知ったのは学生の頃であった。正直U.K.の憂国の四士に於いてのホーさんのギターは流麗ではあるけど決して耳触りは良くない。私自身の感性が付いていかない。当のホーさん自身も憂国の四士で録音した自分のギターをライヴでそのまま再現するのは面倒だったんじゃないかと思うくらいである。それでも先生のバンドU.K.のギタリストであるからには、どんな経歴であったかは一応興味は持った。CDショップでバイトしてた時に、店長からU.K.以外でホーさんを聴くなら一番聴きやすいカッコいいロックをやってるのはコレやで、ってことで店長さん所蔵の膨大なレコードコレクションの中から聴かせて貰ったのが、掲題のテンペストのデビューアルバムである。

Img_3617_640x480

特殊ジャケが面白い。

Img_3619_640x480

あの当時(80年代後半)の何となくの印象でジャズフュージョンっぽい、かつ、なんだっけ、シンタックス? ギターシンセサイザーみたいなのを抱えた写真をよく観た記憶があって、そういうギターの可能性を追求していたイメージがあったので、テンペストを聴かせてもらった時の、古色蒼然としたまさに土の香りすら感じるブリティッシュロックは、あぁ、確かにカッコいいなぁと思ったのが第一印象であった。

で、カッコいいなぁって思ったきり、特にテンペストを聴くわけでもなくその時はそれで終わっていた。その後に改めて70年代のプログレ、ハードロック、ブルーズロックを含めたブリティッシュロックってものに深く興味を持って掘り下げて行った時期があって、その頃にホーさんのかかわりを意識することなく、ドラマーのジョンハイズマンの経歴をトレースしようとしてコロシアム~テンペスト~コロシアムⅡと、順番にCDを買い揃えて行った時に改めてテンペストを認識したんだった。

今回、数年ぶり(笑)にテンペストを聴いてみて、結構熱いギターを聴かせてくれてるんだなぁと改めて認識。誰かが死ななきゃ聴く機会を持たないってのもどうかとは思うが(苦笑)、こういう洗練されていない(音質的にね)ブリティッシュロックの類は何とも言えない魅力がある。ヴォーカルの声質がちょっと個人的には好みから外れるのが残念だけど。時間があればジミヘンでもフリーでもバッドカンパニーでも、ジャズロックでも、なんぼでも聴くんだけどな。

売れた売れないは別にして、多くのロックギタリストから敬愛されたホーさん、その業界内での評価こそがホーさんのギタリストとしての真価であったと思う。

|

2017年5月18日 (木)

【Short Review 29】ザ・ミュート・ゴッズ 「緩歩動物は地球を受け継ぐだろう」(THE MUTE GODS "TARDIGRADES WILL INHERIT THE EARTH")

ここんとこ、仕事はまぁ落ち着いているけどプライベートな部分の所用がエラい忙しくて、それはそれで充実感もあるんだけど、ふと気が付くと疲れがたまっているのか例によって腰に痛みと言うか張りを感じたり。ようやく所用も無い久しぶりの完全休日のはずだった今日、ブログ記事を3つくらい一気に書いてやろうとか企んでいたのに、あぁ~、結局オカンに買い物の運転手兼荷物運びを急に頼まれて結構な時間を費やしてしまった。夏に向けてプチトマトやゴーヤを家庭菜園で栽培するのに苗と土をどっさり買い込むからと言うので、まぁ自分も食べたり弁当に入れたりするわけだから知らん顔も出来ない。なので記事3つはあっさり断念。今日はチャチャっと済ませそうなショートレビューを1件だけ。

どこへ向かおうとしているのか、エキセントリックな自身の写真をSNSにUPして楽しんでいる当代随一のベーシスト、ニックベッグスのプロジェクト、ザ・ミュート・ゴッズがデビュー作を発表したのが昨年2016年、わずか1年のインターバルで早くも2ndアルバムを出した。

Img_3328_640x480

Img_3321_640x480

今回は国内盤で買ったんだけど、それにしてもこの邦題「緩歩動物は地球を受け継ぐだろう」、イイんだけど漢字の読み方が分かんねぇ、って思っていたけど無事にワープロで変換出来た。「かんぽ」で「緩歩」ってことでイイんだろ?(笑)。間違ってたらご指摘くださいませ。

今回もハケットバンドの同僚ロジャーキングのプロデュースで、ドラムはマルコミンネマン。メンバー構成的にどうしても食指が動いてしまう。内容は、前作を参考にして言うと、よりダークでヘヴィになった印象かな。メロディは悪くないけど、ヴォーカルにエフェクトをかけて、敢えて混沌とした雰囲気を出している感じがワザと狙ってる感がある。そうかと思うと後半でいきなりお花畑系のメロディやアレンジが登場して、私の貧相な感覚ではフォローしきれない(苦笑)。

というワケで前作に続いて、今回も通しで数回聴いたんだけど、どう表現していいのか分からない音楽を提示してくれたニックベッグス、普段のBGMとしては使えない(苦笑)。めっちゃ体調が良くて、時間があって、気が向いた時に改めてじっくり聴かなければならないサウンドである(なんじゃそら・・・)。

|

2017年5月 9日 (火)

EDDIE JOBSON & MARC BONILLA (tribute to John Wetton and Keith Emerson) FALLEN ANGELS TOUR 2017 ライヴ音源(Apr 26, 2017 @ Boerderij, Zoetermeer NETHERLANDS)

GWの激務をタイトな勤務シフトで乗り切って、しばらく緩めの勤務シフトになる。コレでこのあと夏のお盆までは穏やかな仕事の日々となるので少し爽やかな気分。GWが終わって超ブルーな気分で仕事に戻った方々には重たい今週だろうけどもね。しかしながら私はこれから地域のいろいろ所用が忙しくなって、コレは何とか充実の日々へと転換できるように頑張らねばと心新たにしているところである。

ブログは気が向いた時に書けるだけ書いておこうという事で、特にネタの選別ポリシーも無く、たまたま気が向いた時に有ったネタを書くので、今はそれじゃないだろ、って思う方もいるかも知れないが、私の備忘のようなものなのでそこはご勘弁を。

そこで今回は、GW激務が終わって昨日朝に泊まり明けで帰宅して、いつも利用しているライヴ音源サイトをチェックしたらようやくUPされていたのが、掲題のエディジョブソン&マークボニーラによるジョンウェットン大先生&キースエマーソンのトリビュートツアー音源である。英国2Daysのあとを受けてツアー3公演目にあたる4/26のオランダ公演。早速DL入手して軽く聴いてみた。アコースティックライヴなので正直それほど期待してなかったんだけども、聴いてみるとこれがすっかり聴き入ってしまった。

Jobson_bonilla_2

言うまでもないけど編成は以下。

Eddie Jobson: keyboards, violin
Marc Bonilla: acoustic guitar, vocals

セットリストは以下(音源UPした方のインフォに従って記載)。

(Eddie Jobson talks)
Trilogy
Starless
Rendezvous 6:02
In The Dead Of Night
By The Light Of Day
Nostalgia
Violin Solo
Piano Medley (incl. The Barbarian / Take A Pebble / Metamorphosis / Jeremy Bender)
Bitches Crystal
Fallen Angel
(Marc Bonilla talks)
A Place To Hide
From The Beginning
Carrying No Cross
Lucky Man

そりゃ、フルバンドでの演奏の方がイイに決まってるんだけども、こうしてアコースティックデュオの編成でやると、むしろ曲そのものの良さがかえって際立ってくるのが分かる。名曲とはそういうもんなんだと思う。思わず聴き入ってしまうのはそうやって、曲そのものの良さを感じるからだろう。また、オーディエンス録音とは言え、アコースティックデュオで音数が少ない分、非常に綺麗に録音されているのも聴きやすさを助長していてポイントが高い。マークボニーラはソロアーティストとしても実力者だけど、キースエマーソンの相棒としてEL&Pの曲を演奏して歌ったりもしていたし、今回もEL&Pのみならず、クリムゾンのスターレスやフォーリンエンジェル、UKのインザデッドオブナイトやランデヴーといった曲をジョンウェットン先生に代わって歌っていて、そこにあまり違和感を感じない。まるで昔から自分の曲であったかのような堂々たる歌いっぷりで、ヴォーカリストとしての実力も垣間見えてくる。ビリーシャーウッドがエイジアの曲の先生の代わりに歌う違和感に比べれば、とってもフィットしている。もちろんエディジョブソンもUK曲以外の、クリムゾンやEL&Pをまるで自分の曲であるかのように澱みなく演奏していて、借り物感が無いのはさすがである。特にクリムゾン曲は、自らの音楽史に一瞬クリムゾンに関わっていたことをこれ見よがしに記載するだけのことはある(笑)。そしてしっかりノスタルジアのような自分のソロ曲も演奏して、ピアノメドレーでは、先生もエマーソンも何の関係も無いはずの(笑)、カーヴドエアのメタモルフォシスまで入れ込んでいるあたり、誰よりもこのツアーをやりたかったのはご自分自身だったのではないかと勘繰ってしまうくらい(笑)。っていうか、それにしても改めてカーヴドエアのメタモルフォシスのピアノフレーズは気品があって本当に素晴らしい。

エディジョブソンには、もうこれで演奏活動は終わりとか、そう堅いこと言わず、どんどんステージ活動も続けて欲しいもんだ。今回のトリビュートツアーも、いずれ日本公演を企画する呼び屋が現れて欲しいし、収支さえ計算が立てば日本にも来てくれるものと勝手に確信している。

|

2017年5月 4日 (木)

[グルメ] おやじの串や 新世界本店(@ 大阪 新世界 2017年1月22日、4月30日)

一般世間の皆様、待望のゴールデンウィーク、よろしいでんなぁ・・・。
私は暦なんて関係ないシフト勤務なので、昨日からの世間様の5連休は本日5/4のみ公休。後は全部泊まり勤務。今日だけ休みで天気も良いけど、泊まり勤務の連打の疲れを癒すのが先決でお出かけはなし。朝もゆっくり寝るところだが、今日はオカンが大阪豊中に住む妹と姫路城を観に行くって言うんで、ウチから最寄りの駅までオカンを送迎するため朝7時台には起きて運転手。帰ってきて買い物を済ませてウォーキング、そして自分の明日の勤務用のお弁当のおかず作りと大忙しやないか。ようやく落ち着いて、ご無沙汰のブログでも書くかと。YES feat. ARW来日公演とそのブログ書くので燃え尽きてしまって、ブログもほったらかしにしてるうちに5月に入ってしまったし、何かUPしておかないと。今回は、忘れていたわけではありませんよ~(笑)、のグルメレポ。誰も期待してないか(苦笑)。

今回は大阪、新世界の串カツ屋さんで、「おやじの串や 新世界本店」。

Img_3584_640x480

この店、実は1月にも行っていて、その時は川崎で暮らしてた頃の大親友カトちゃんと行ったんだけど、予備知識なしで入店して、しかも店の外観を写真撮るの忘れて、後で、あの店の名前何だっけ?って状態だったのでブログに書けなかった。先日4/30に音楽仲間数人と天王寺のカラオケに行ったついでに、新世界に移動して、その時の店を再訪。この時は店の外観の写真撮って、店名も覚えたけど、肝心の料理の写真を撮り忘れるというボケっぷりだったので、1月に行った時の写真と、4月に行った時の写真と、合わせ技で強引にグルメレポとする。

新世界で串カツ屋さんと言ったら、「だるま」の総本店とかじゃんじゃん横丁にある「八重勝」が有名なんだけど、1月に新世界に行った時も4月の時も大行列で、「八重勝」なんか行列がクダを巻いている状態。でも私の行ったこの「おやじの串や」も、関西グルメ界を代表するグルメブログ「Mのランチ(Mのディナー)」でも紹介されてるくらいの人気店。何と言ってもコスパが素晴らしい。まず第一に、一番搾り生ビールの中ジョッキが289円!!という超庶民価格。店員さんも、この界隈で一番安いで!と仰っていた。

Img_3121_640x480

まずは串カツ盛り合わせを頼む。

Img_3122_640x480

生ビールと串カツ、最高やん。

Img_3123_640x480

とりあえず大阪で呑むので大阪名物土手焼きを頼んだり。

Img_3124_640x480

こちらのお店の串カツは、イタリアン風のソースも注文可能で、ヴァラエティにとんだ串カツが味わえるし、他の居酒屋メニューやパスタなんかもある。メニューが多すぎて、アレもコレもは注文できなかったので、逆に、また行かなきゃと思わせてくれるところがニクい。何よりも嬉しいのは、行列に並ばなくても良い程度の、程よい混み具合と言うか空き具合と言うか(笑)。また、お店の中にはどういうコンセプトなのか、フォルクスワーゲンのバスが展示?されていて店の名物になっている。

Img_3125_640x480

また新世界に行くことがあったら気軽に寄ってみたいお店です。通天閣が正面に見える新世界のメインストリート沿いにあるので場所も分かりやすい。

Img_3585_640x480

さて次はどんなグルメを楽しむかなぁ。大阪グルメはホント楽しいよ。

|

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »