« 【Short Review 32】オール・フォー・ワン「ワールズ・ベスト・ホープ」(ALL 4 1 "THE WORLD'S BEST HOPE") | トップページ | ウェットン/ダウンズ アイコン 「アーバン・サールム~ライヴ」(WETTON DOWNES ICON "URBAN PSALM LIVE") »

2017年7月13日 (木)

ANTHONY PHILLIPS "SLOW DANCE" Deluxe 3 disc (2CD/1DVD) edition

足腰がナマるといけないので久しぶりに1万歩近くウォーキングをしたら腰に違和感が・・・(苦笑)。イカンな、ちょっと動いただけであそこがイタイだのココに違和感が、などと言ってるようでは。蒸し暑さ全開の京都だけに、汗だくになって帰って来て、昼間っからアルコールはちょっとアレなので久しぶりにノンアルコールのビール風飲料をグイ飲み。のど渇いてる時は何を飲んでも美味い。

泣きたいときにはスローダンス、そのアンソニーフィリップスの美メロ哀メロ満載のスローダンスがリマスター拡大版で発売された。待ち望んだ拡大版だけにソッコーで購入。既に何回か通しで聴いた。

Img_3726_640x480

収録内容は以下。

Img_3727_640x480

CD1がスローダンスのリマスター盤。CD2がスローダンスを構成する小曲のオリジナルデモ?音源やAlternate Version集というボーナスと言うかファンにとってはお宝音源集。今回のある種の聴きどころでもある。そして5.1chサラウンドDVD。

ウチに到着した時は、さすが輸入盤、パッケージがひん曲がった状態で到着。

Dckgmysumaaif3m_640x480

泣きたいときにはスローダンス、どころか開封前から違う意味で泣けてきたが(苦笑)、数日間CDラックで端整に立てて収納したおかげで、若干の正常化(笑)。

Img_3736_640x480

ブックレットにはいろいろ本作制作の経緯とかいろいろ書いてあるみたい。その中に日本盤ヴァージンジャパン初版のCD帯とかブックレットの一部が転載されていて、アント自身も日本で評価されていることにいくらかの喜びを感じてくれているのかも知れない。

Img_3729_640x480

Img_3730_640x480

蒸し暑い時に聴くにはそれこそ違和感のある作品で、秋から冬に聴くのが一番良いんだけれども、この時期に発売されたんだから仕方がない。

さて、今回の決定盤としてのスローダンスであるが、音質的にリマスター効果はどうかと言う話だけど、申し訳ないが例によって拙のバカ耳では分からない。元々は90年当時のヴァージンジャパン初版CDを持っていたんだけど、下の写真の2007年国内限定リマスター盤を買った時に手放してしまっている。

Img_3728_640x480

なので90年オリジナルCDの音を聴けないし、2007年国内リマスターと聴き比べるしかない。で、聴いてみた感想は・・・、正直どっちがどうとか分からない。ん~ん、なんて言うのかな、最近思っているのは、もう80年代中盤以降のCD時代になってからの作品については、改めてリマスターCDとか出ても、その音が良いとか良くないとかは聴き手の好みによるんじゃないかと思っている。本当にアーティストが望んだ音はオリジナル発売当時のものだったのかも知れないし、また、アーティスト自身の監修で今回リマスタリングして理想の音に仕上げました、って言われたら、あぁそうですかって受容するしかないけども、今度はその最新の音が聴き手のこちらにとって好みの音がどうかはこちらの耳次第となるし。なので、例えばイエスの70年代諸作品を、リマスターではなく、スティーヴンウィルソンによるリミックスで出したものについては、もはやオリジナルとは別の魅力を発見する別物として捉えるべきで、オリジナルとの比較論は無意味になってくる。そんなことを考えているので最近では、中古屋さんに売り払ってしまった80年代中盤以降のオリジナル発売時の初版CDを、アレこそオリジナルとして尊重すべきじゃないのかって思い始めて、改めて帯付きで中古で探すといった、我ながらバカな真似をし始めているくらいである。

というワケで本作の価値についてはアント自身の監修である事、5.1chサラウンドDVDが付いている事、そして貴重なボーナス音源が付いている事、この3点になる。それで、ボーナスCDであるが、スローダンス全1曲(トラック割りはパート1、パート2の2曲だけど)に組み込まれたオリジナルアイデアの部分部分が個別に収録されている感じ。従ってあのいくつもの美メロ哀メロが小分けになっていて、これはこれでとても楽しめる。手っ取り早くあのメロディが聴きたい、って思う時に、スローダンスの長尺から探す苦労が無くなって、チャチャっと小分けになった曲をスキップしながら聴けるのでとても重宝する。しかも美メロ哀メロはそのままに、アレンジが異なっていたりもするので、そこを楽しめる人には楽しみが2倍になる。特にNo Way Out(original mix with drums)の2分10秒くらいからと、3分25秒くらいからは胸がキュンキュンして最高(分かる人には分かるはず)。あとは5.1chサラウンド環境を持っている人には5.1chサラウンドDVDは大きな魅力になると思われる。ウチは環境が無いので残念ながら5.1chサラウンドDVDは楽しめず。

という事で、何はともあれ決定盤のスローダンスってことで、自分としてはありがたい作品であったと思う。今更アントが長旅してまで来日して日本でライヴ、なんてことは有り得ないだろうと思うけど、ちょっとでもこうしてブログで取り上げたりする中で機運が盛り上がって来日公演が実現するといいなぁ、なんて調子こいた真夏の夜の夢に浸りたいのである(笑)。

|

« 【Short Review 32】オール・フォー・ワン「ワールズ・ベスト・ホープ」(ALL 4 1 "THE WORLD'S BEST HOPE") | トップページ | ウェットン/ダウンズ アイコン 「アーバン・サールム~ライヴ」(WETTON DOWNES ICON "URBAN PSALM LIVE") »