« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月26日 (土)

トレヴァー・ホーン 2017年来日公演2日目 2nd Stage (TREVOR HORN Super Producer's Project : Aug 23, 2017 @ Billboard Live TOKYO)

さて、音楽ブログに戻るか(笑)。
今年の8月もあとわずか。世間の皆様は夏休みのお楽しみも終わった方が多いだろうけども、私の仕事に夏休みは無くて先週まで泣きそうになりながら仕事していたけど、このあと有休申請と公休を組み合わせてこれから強引に連休を作ることに成功。私の「お楽しみはこれからだ!」って。今年は何故かたまたま8月後半から9月にかけて、個人的に念願していたライヴイベントが集中的に重なってしまって、財政状態がもうとんでもないことになってしまった。もうちょっとバラけて実現してくれればよかったんだけど仕方がない。破綻寸前の財政は10月以降で復旧を進めることにして開き直って楽しむのみ。そして、私の夏の「お楽しみはこれからだ!」シリーズ第一弾、トレヴァーホーンの来日公演に東京まで出撃。いつものように参戦レポいきます。

Img_3886_640x480

8月23日(水)、仕事の方はこの日と翌日の2日間、有休を頂いていた。なにしろ今回もトレヴァーホーン来日は東京のみという事で地方民は辛い。遠征してその日の夜は東京に泊まらざるを得ないから有休も2日分消化せざるを得ない。また、直前まで仕事の忙しさが年間最大のピークだったこともあり、ライヴに行く事前の楽しみとかワクワク感を全然感じられないうちにその日が近付いてきた。ようやく楽しみになってきたのは前日である。今回一緒にチケットを取ってもらっていた徳島のK社長が、お仕事の出張で前日から東京の前乗りされていて、なんと一緒に参戦する2日目の23日を待ちきれず、初日の22日にも緊急参戦されたのであった。早速Lineを通じて参戦レポを寄越して下さり、2ndステージ終了後に無事にサイン会があった、サインは一人3点までOKだった、との報告を下さって、これで一気に私も元気が出て楽しみな気分になれたのだ。と言うのも、これはまぁ純粋なトレヴァーホーンのプロデュースワークのファンの方には失礼な話だけど、とにかく私は何が何でもトレヴァーホーンのサインが欲しかったのだ。ワケは現行イエスの前々回の来日公演、一昨年2014年11月の来日公演に遡る。この時、まだ横浜に住んでいた頃で、でも近々東京から離れることを決意していたので最後の思い出にと、イエスのVIPパッケージに参加したのであった。この際にサイン会もあったのだが、そこでイエスのドラマ紙ジャケに、ドラマのレコーディングメンバー5人のうちの4人(Geoff Downes、Steve Howe、Chris Squire、Alan White)のサインを頂くことが出来た。それはそれで嬉しかったのだけど、こうなるとあと一人、トレヴァーホーンのサインが何が何でも欲しくなってしまい、とにかくサインを貰える機会が訪れることを2年越しで念願していたのだった。その機会が今回訪れたのである。東京のみってことに一瞬躊躇したけど、後悔はしたくないので思い切って東京行きを決めたのだった。でもライヴはあるけどサイン会があるかどうかなんて分からない。ビルボードライヴだから2nd終演後ならその可能性はある、その程度であり、無いことだって考えられる。そんな不安があって、わざわざ東京まで交通費と宿泊費をかけて上京してサイン会無かったら却って凹むかも、とかいろいろ考えてしまっていた。なので前日の初日に徳島のK社長が緊急参戦されて、サイン会あった、と報告くれた時から急に元気が出たと、まぁそういう事である。

当日の上京は、薄給ゆえ、徹底的に10円でも100円でも安く済むように工夫を凝らして上京。新幹線はJR東海ツアーズの「プラットこだま」で、普通に新幹線に乗るよりも片道3千円(往復6千円!)節約し、更には行きは新横浜で降りて後はJR在来線で東京方面に向かって数百円節約、宿泊はビジネスホテルとかじゃなくて六本木のカプセルホテル4千円、とまぁ出来る限りの節約で東京入り。食事なんか牛丼屋さんで済ませる。池袋でプログレグッズの販売かなんかのイベントがあるのは知ってたけどそんなもん完全スルー。特に欲しいもんも無いし。東京時代に通いなれた新宿だけ寄り道して、DUプログレ館とブックユニオンを探検。ここでも特に欲しいものは無く、9月のペンドラゴン初来日公演のチラシだけゲットして、いざ六本木へ。よく考えたら25年も東京で仕事していたけど、六本木に来るのって数えるほどしかなかった、たいがい仕事関係で、接待とか、会社の偉い人の食事会とかで、料亭とか隠れ家的名店とかに行った以外は、あとは確か2009年のICON来日公演でビルボードライヴに行ったという、多分アレ以来の六本木だと思う。さすがに懐かしさが込み上げてきた。先に宿舎のカプセルホテルにチェックインだけして、さっさと懐かしい東京ミッドタウンへ。出張仕事終わりの徳島のK社長と合流し入場。

Img_3889_640x480

Img_3896_640x480

サイン会は物販購入者だけとか言われても大丈夫なように、一応物販でCD購入してアリバイ作り。

Img_3909_640x480

CD2枚組のProduced By Trevor Horn。なんでも近年プレミア状態になっているそうで、ZTTの倉庫から発見されたデッドストックを今回会場で特別販売とか。そんな最もらしいウリ文句にあっさり陥落して4000円お支払いの私である。

メチャメチャ高いビールをK社長のビルボード会員の特典でダーターで注文してもらって(笑)、呑みながら開演を待つ。大阪のビルボードライヴも良いけど、六本木のビルボードライヴは何と言ってもステージ後ろが全面ガラス張りになっていて、六本木の夜景が観られるという、これはさすが大都会東京って感じ。シャレオツである。

Img_3890_640x480

ほぼ定刻の21:30、2ndステージ開演。席はK社長のおかげでとんでもないトレヴァーホーンとロルクレームの真近く。トレヴァーホーンの顔のしわの数が数えられるくらいのかぶりつきの席。トレヴァーホーンの真ん前だからか、トレヴァーのベースの音がデカく聴こえる。トレヴァーホーンってベーシストなんだぁ、ベース上手いやん、ってことを改めて認識する。上で言ったようにサインが欲しかった私は、トレヴァーホーンのプロデュースワーク全部に詳しいわけでは無いので、正直知らない曲も半分近くあった。セットリストは多分こんな感じだったと思う。

Two Tribes (Frankie Goes to Hollywood)
Video Killed the Radio Star (Buggles)
All the Things She Said (t.A.T.u.)
Rubber Bullets (10cc)
Cry (Godley & Creme)
Living in the Plastic Age (Buggles)
Slave to the Rhythm (Grace Jones)
The Power of Love (Frankie Goes to Hollywood)
Owner of a Lonely Heart (Yes)
Kiss From a Rose (Seal)
I'm Not in Love (10cc)
Sky Show
Future Boyfriends (English-language version of "SunSunSunrise")
Relax (Frankie Goes to Hollywood)

--- encore ---

Everybody Wants to Rule the World (Tears for Fears)

イエス、バグルス、フランキーゴーズトゥハリウッド、10CC、ゴドレー&クレーム辺りはさすがに80年代を若者として過ごした私なるが故に知ってるし楽しめた。こないだYES feat.ARWの来日公演でOwner of a Lonely Heartを聴き、そして4か月後にトレヴァーホーン版のOwner of a Lonely Heart を聴けるという、案外イエスのファンとして日本人は美味しい思いをしているんだと思う。バグルスのラジオスターをナマで聴くのは2007年オリジナルエイジア来日公演以来(笑)。10CCのI'm Not in Loveをナマで聴くのは初めて。楽しめた。そしてなぜかアンコールはティアーズフォーフィアーズだったけど、個人的には好きな曲なので嬉しかった。大いに盛り上がって終演。やはり80年代好きには単純に楽しいライヴだったし、それだけ沢山のヒット曲を持ってること自体、トレヴァーホーンの偉大さを実感出来るってもんである。

さて、いよいよ終演後はサイン会。列に並びながらどれとどれにサインして貰おうかと、お仲間の皆様と悩む。ところが前日は一人3点だったサインがこの日はアーティストの意向で一人1点との事。それならそれで私としては全然OKで。なぜなら、繰り返すけどイエスのドラマにレコーディングメンバー5人の直筆サインを完成させる、これこそが私の最大の目的だったから(笑)。さぁいよいよ順番が近付いてくる。にこやかにせっせとサインをするご機嫌なトレヴァーホーンのお姿を写真に収める。

Img_3897_640x480

そして、迷うことなくドラマの紙ジャケの差出し、大プロデューサー様のトレヴァーホーンに向かって、サインペンはシルバーで、場所は他メンバーのサインと重ならないようにこの辺で、とクソ生意気に指図させて頂き、無事にサインを頂いた。ここにドラマ紙ジャケ、メンバー5人のサイン完成です!!

Img_3906_640x480

2年越しの念願叶った。もう思い残すこと無し。自分の部屋に祭壇作って祀るから(笑)。

サイン会終わって、このあとロビーに出たらロルクレームがいて、勝手にミート&グリート状態。前日もそうだったと徳島のK社長から聞いていたので、ちゃっかり10CCのオリジナルサウンドトラック紙ジャケを用意していた私、ロルクレームからサインを頂きました。

Img_3907_640x480

更に2ショット撮影。

Img_3898_640x480

にこやかに、サービス精神旺盛でイイ人ロルクレーム、是非また来日して元気な姿を見せて欲しい。

この後、K社長と、東京時代のジョンウェットンファン仲間のSさんとお茶会。Sさんとは深夜1:30まで、某件で親密に打ち合わせ。これまた楽しかった。来年また東京方面の皆さんに会えるのを楽しみにしています。あ、その前に9月ペンドラゴンでまた上京予定・・・。

「お楽しみはこれからだ!」シリーズ第一弾、満願成就で完了。いろいろ忙しくて思うようにいかない辛い日々でも、その中で逃げずに踏ん張って頑張るのみ。だからこそ、ささやかな楽しみも大きな楽しい思い出となる。次はドリームシアター来日公演です!

|

2017年8月22日 (火)

[グルメ] 活海老バル orb 裏参道(@ 大阪 梅田 曽根崎町お初天神裏参道 2017年8月20日)

食べログじゃありませんよ~(笑)。音楽ブログだけどあともう一本だけグルメブログを。
それで、8/20の大阪パワー呑みの続き、ニューミュンヘンで生ビールと唐揚げを食した後、ちょっと落ち着いた庶民風居酒屋に移動して呑み食いお喋り。そこから更に〆でハシゴ3件目に移動。この3件目をレポします。いよいよ、近年大阪の若者の間で夜の新スポットとして話題になっているお初天神の裏参道へ潜入。お店は以前に関西の人気グルメ番組「魔法のレストランR」で紹介されていて、個人的に気になっていたお店、「活海老バル orb」へ。

Img_3873_640x480

裏参道と言うだけあってメッチャ狭い路地の両側に、最近進出した小さくともお洒落な店舗が密集している。なので上手く店の外観が写真で撮れなかったので上記写真は入口から撮った店の内観。古い建物を、内装を小洒落た感じにリフォームしたのかな。狭いけど感じのいい空間。更に手前の入り口側には海老が泳ぐ生簀もある。

Img_3872_640x480

17時過ぎ、まだ外が明るい時間の多分開店と同時に入店したけど、あっという間に席が埋まっていく。何よりこの新お洒落スポット、お客さんは20代前半と思われる女性中心で、そこへ潜入するアラフィフの我々オッサン二人、なかなかやるやん。付け出しで出てきた海老。

Img_3874_640x480

これが既に美味しい。そしてメニューを見るまでもなく「魔法のレストランR」でも紹介されていたこのお店の名物である海老の麻婆豆腐。

Img_3875_640x480

Img_3876_640x480

ひき肉の代わりに海老が入っている感じ。まぁでもピリ辛麻婆ソースの味が勝っていていて、海老の有難みはそれほど感じなかったかな個人的には。ホントは100グラム600円のオマール海老とか注文したかったんだけど、その前の2軒ハシゴでお腹膨れていたので、後はハイボール呑みながら、アクアパッツァのパスタと海老マヨで仕上げる。パスタの写真撮るの忘れた・・・。

Img_3879_640x480

いやもうパワー呑み&食いで腹パンパン。帰り際に裏参道撮ってみたけど、小洒落た感じは伝わってないかも・・・。

Img_3881_640x480

一応入店時に撮った、まだ外が明るい時の店の外観、ヘタクソすぎる写真。

Img_3871_640x480

写真って難しいよな。入り口前はテラス席みたいになってる。っていうか、そうでなくても狭い路地にテラス席を構えていて、この密集感が怪しい魅力を放っていている気がする。

海老にこだわったこのお店、お酒と海老をカジュアルに楽しみたい人には最適。若者が沢山訪れるのも分かる気がする。今度行くときはせっかくなんでオマール海老を食べに行かないと・・・。

|

2017年8月21日 (月)

[グルメ] ニューミュンヘン 本店(@ 大阪 梅田 曽根崎町お初天神通り商店街 2017年8月20日)

山下達郎's CAFEに続いてこっからが本番、川崎在住時代の親友と恒例の大阪パワー呑み大会のレポ第一弾行きます。当初は最近大阪で話題のトロサバ料理専門店SABARに行こうと言ってたんだけど、関西地方はあまりの猛暑続きで、待ち合わせて顔を合わせた私と親友、互いに顔から滝汗、Tシャツも汗でビショビショで笑ってしまい、もう頭ん中はビールのことでいっぱい。いやそりゃSABARでもビールは呑めるけど、ビールって言ったら唐揚げでしょっていう、ビールと唐揚げの最強組み合わせからスタートしようってことに。今回は曽根崎町お初天神通り商店街を改めて掘ろうという事で、まずは大阪の老舗、創業60余年のドイツ風ビアホール、ビールと絶品唐揚げで有名な「ニューミュンヘン 本店」へ。

Img_3869_640x480

店内はとっても広くて、団体客の予約も結構入ってるみたい。日曜昼間だけど店内はお客さんで一杯の大賑わい。

Img_3854_640x480

上記写真だけでは伝わらないけど、広くて座席数も多いので待ち時間なしですぐに着席出来た。天井も高くて、ただそれだけに難点は、店内の賑わいがワンワン響いていて、自分たちの会話が聞き取りづらく感じるといがあるってところ。ここはまずお店の売りである生ビールと唐揚げを楽しんで、次の店に移動しようという事でスタート。

生ビールはもう最初っからデラックスサイズで。メニューに中ジョッキの2倍って書いてあったから単純に1リットルかな(笑)。デカいジョッキに思わず笑う。

Img_3851_640x480

そしてこの店自慢の「阿波乙女鶏の唐揚げ」登場。

Img_3852_640x480

これについてはこの店名物でもあり、持ち帰り販売もありとの事。
さっそくビールを飲みながら唐揚げを食す。いわゆる外はカリカリ、中はジュージーって感じで非常に美味。大振りで食べ応えもあり。更には各テーブルに使い放題の唐揚げ用のスパイシーな塩も置いてあって、これに付けて食べると益々喉が渇いてビールが進む進む。コレってもしかしてお店の策略にハマってるのかも・・・。

あとはソーセージとポテトとか、何とかのカルパッチョ(写真撮るの忘れた)をつまみながらアレコレ近況を喋って笑ってあっという間に時間が過ぎる。

Img_3853_640x480

このソーセージとポテトもイイ感じにスパイシーで塩味が効いていて、まずます喉が渇くからかデラックスジョッキの生ビールを豪快に飲み干す。他にも鮨や中華なメニューもあったけど、この店だけでパワー呑みを完結するつもりでは無かったので、ここでお開きとして次の店へ徘徊することにした。

とにかくビールと唐揚げの黄金コンビを満喫したいならこの店!ってことは確かに言えるな。また無性に唐揚げが食べたくなったら来よう。

|

[グルメ] 山下達郎's CAFE(@ 大阪 梅田 Nu茶屋町プラス 2017年8月20日)

さて、盆休み期間の業務最繁忙期を乗り切って、だから夏休みとかってのは無いんだけど気分だけは少し開放的になった。それと8月後半から9月は音楽ライヴやプロレス観戦で楽しみなイベント目白押しで、そのために5月以降は一切有給休暇も取らずに踏ん張ってきた。ここでそれも解禁して、このあと9月にかけて少しだけ有休を入れながら公休と組み合わせてミニミニ夏休みを取ろうとしているのである。そんな中でまずは昨日、泊まり勤務明けで帰宅して、そのまま友達との昼間っからパワー呑み大会の為に大阪梅田へ出撃。呑み食いを楽しんだので、グルメレポとして数本に分けてUPします。まずは掲題の「山下達郎's CAFE」。

Img_3849_640x480

あっ、一応先に言っておくと、いままで拙ブログでは日本のロック、ポップスは取り上げなかったけど、私は音楽にセコイ分け隔てはしなくて、なんかプログレ以外は認めないとか、洋楽一辺倒的な面倒臭い輩がむしろ苦手で、イイものはイイ、メロディさえ良ければ何でも聴く、そういうオッサンなので日本のポップスも気に入れば聴く。CDだって買う。特に好きなのは大滝詠一、山下達郎、浜田省吾、あと昔はオフコースやチューリップもよく聴いたし今でも好きである。今夏の山下達郎の夏ベスト、COME ALONG 3も早速購入してるし、合わせてCOME ALONGの1と2のリマスターもまとめて購入済。

Img_3796_640x480

Img_3797_640x480

で、話を戻す。この日、友達とは大阪梅田の阪急百貨店前14時待ち合わせで呑み会開始予定で、気が早ってもうお昼の12時半くらいには梅田に着いてしまったので、あ、そう言えば山下達郎の夏ベスト、COME ALONG 3発売記念のコラボ企画で茶屋町でカフェがあったなと思い出し、茶屋町へ。

Img_3850_640x480

Nu茶屋町プラス2FのSTANDARD BOOKSTORE併設のカフェで8月1日~8月31日の期間限定で「山下達郎's CAFE」がOPENしているので時間潰し兼ねて訪問。

Img_3848_640x480

日曜お昼時やしメッチャ混んでたらイヤやなと思っていたけど、案外空いていてラッキー。

Img_3846_640x480

上記写真のコラボメニューを注文すると、COME ALONG 3のイラストポストカードがプレゼントってことで、注文しましたよ、トロピカルブルーフロート、その名も「高気圧ガール」!。

店員さんに

「高気圧ガールください…」

って言うのはアラフィフおじさんとしてはなかなか照れる(笑)。オーダーして出てきた現物こちら。おまけのポストカードと共に。

Img_3845_640x480

非常に涼しげな、私の世代的に言うならばクリームソーダ的なヤツ。バニラアイスがなかなかデカくて、結構お腹が膨れた。

店内は勿論BGMとして先日発売されたばかりのCOME ALONG 3が流れ続けている。DJ小林克也のMCを挟みながらの夏のラジオ番組風の夏ベスト、とても気持ち良くリラックスできる。特に今回のCOME ALONG 3は、私の好きなJODYやTHE THEME FROM BIG WAVEも入っているし、とにかくクソ暑い大阪の都心で夏のリゾート気分満開になれる。

このあと友達と昼間っからパワー呑みを開始したけど、それはまた別稿でUPします。

|

2017年8月18日 (金)

YES YESTIVAL USA & CANADA TOUR 2017 ライブ音源(Aug 10, 2017 @ Mashantucket, CT USA)

年間最大の繁忙期、盆休み期間の激忙業務をようやく乗り切った。子供や学生の夏休み期間である8月中は忙しさは残るものの、桁違いの忙しさの盆休み期間さえ乗り切れば気分的にはホッとする。キツめのシフトだったので昨日帰宅時点ではヘトヘトだったし、公休である本日の朝は朝で早朝からすんごい稲光と爆音のような雷と激しい雨で目が覚めてしまい、ゆっくり寝たいのに寝れなかった。予告通り(笑)、盆期間はブログも無口になり、正直それどころじゃない気分だったけど、それでも沢山の方が拙ブログを見て下さっていたようで申し訳ない。今日は何も考えずに疲れを取りたいけど来週のトレヴァーホーン来日公演まで何も書かないのもアレなので何かは書いておこうとネタ探し。スティーヴハウのアンソロジー2に収録されるMasquerade、後にイエスのユニオンに収録されたあの曲が実はエイジアヴァージョンがあったようで、ある方のご厚意でフルヴァージョンを入手させて頂き何度も聴きまくった。ヴォーカルなしのインスト曲ではあるものの、その演奏は紛れも無くウェットン、ハウ、ダウンズ、パーマーであり、なんだまだそんな未発表曲があったのかと気分が盛り上がりまくってしまった。でもそのネタはまた後日、ハウ爺のアンソロジー2を購入してからにしよう。そこで今回は、個人的にはそんなに注目してなかった(え? 笑)イエスのYESTIVALツアー音源レビューでも。

Yestival_4
(写真はツイッターで拾いました。)

ネットでは8/5音源と8/10音源が出回っているけど、両方聴いてみて8/10音源の方が聴きやすかったので8/10音源でレビュー。まずセットリストは以下。

Benjamin Britten's Young Person's Guide To The Orchestra
Survival
Time And A Word
Yours Is No Disgrace
South Side Of The Sky
And You And I
Leaves Of Green
Soon
Going For The One
Don't Kill The Whale
Machine Messiah

~ encore ~

Madrigal
Roundabout
Starship Trooper

イエスのデビュー作からドラマまでのスタジオ10作品から1曲ずつ選曲して演奏するという今ツアー、うーーーん・・・・って感じのセットリスト。トッドラングレンやカールパーマーバンドとのジョイントツアーで、メインアクトとは言えショートセットなので仕方ないのかも知れないけど、海洋地形学やリレイヤーからの選曲がそれ?みたいな。それ以外の曲もほぼ近年のツアーで演奏してきた曲ばかりで、アンコールのマドリガル以外はそれほど新鮮味も無いし、個人的にはちょっと期待外れだったかな。それでも敢えて今ツアーに注目するなら、病み上がりのアランホワイトを補佐、と言うより代役を務めるハウ爺の息子、ディランハウのドラム参加である。ジェイシェレンはもうお役御免かよ?ってかわいそうな気もするが。ホワイトとハウのツインドラムと言うよりは、前半からAnd You And I途中まではディランハウが独りでドラムを担当したそう。で、そのディランハウのドラムが素晴らしい。ビルブルーフォードのスタジオ盤演奏に忠実な、ブルーフォード風の細かく手数の多いドラミングで、そこに耳を奪われた。なかでもYours Is No Disgraceは見事。スピード感のあるドラミングで、そうでなくてもタイム感の怪しい父親ハウ爺が必死でギター弾いてる感じが笑える。あともう一点、クリススクワイヤに代わって正ベーシストとなったビリーシャーウッド、今ツアーでのAnd You And Iではしっかりハーモニカを吹いております!(笑)。たどたどしさにちょっとドキドキさせてくれる(笑)。あとこの日の音源では、近年演奏し馴れてたはずのMachine Messiahの途中が、誰が見失ってしまったのか大いにアンサンブルが乱れまくっていてアマチュアかと思うくらいの酷さ(苦笑)。

このツアーで来日とかは無いと思うし映像作品化も無いと思うけど上記写真の如く、既に来年2018年のイエス50周年に向けてYES50のロゴやツイッターのハッシュタグみたいなのが宣伝されていて、来年何か大規模なことをやってくれそうだし、そのYES50の一環で来日もあるかも知れない。誰でも期待と言うよりネタとして想像してしまいそうなのは、この際YES feat.ARWとの合体でユニオン再び、みたいなアレだろうけど、もうそれは無しで(笑)。ARWはARWで新作と新しいツアーをやってくれればそれで良し。

|

2017年8月 7日 (月)

イエス全史(Time And A Word)

今日は公休だけど台風接近中で早朝から雨。ウチの辺りは大雨洪水暴風警報が発令中で休日恒例のウォーキングも出来ないので、度の合わないメガネの調整をお願いしていたメガネ屋さんへメガネを受け取りに雨の中クルマでひとっ走り。早々に帰ってきて後はもうのんびり家籠りとする。今週後半から来週のお盆の週は激務になる代わりに、お盆の前週までは仕事のシフトが緩めなので今のウチに何でもいいからブログを書いておこうと。

今回は、先月末に購入していたイエスの最新ヒストリー本、「イエス全史(Time And A Word)」をパラパラと主な気になるところだけ読んでいたので取り上げてみる。

Img_3822_640x480_2

マーティン・ポポフ著の今回のヒストリー本であるが、イエスのように歴史の長いバンドになると、この手のヒストリー本も何度も最新版が発売されて、そのたびに購入している私は実に付き合いが良い。一応は自分のことをイエスマニアだと思っているし、それにイエスの歴史を俯瞰する本ならどうしたって我らがジョンウェットン大先生のエイジアに関する記述は避けて通れないだろうから、そう思ってそちら方面の期待もあって付き合い良く購入している次第である。ちなみここ20年くらいでこれまでに購入していたイエスのヒストリー本は以下。

Img_3823_640x480_2

上記はティム・モーズ著の「イエス・ストーリー(YES STORIES)」。1998年、BURRNから日本語訳刊行。

Img_3824_640x480

次にクリス・ウェルチ著の「ザ・ストーリー・オブ・イエス(CLOSE TO THE EDGE The Story of Yes)」。2004年、ストレンジデイズから日本語訳刊行。

Img_3825_640x480

これらの3冊を読んでいればもうイエスとその周辺のマニアックな知識は十分身に付く。あとストレンジデイズからは以下のような2003年刊行の独自のディスクガイド本もあったな。

Img_3826_640x480

これらを読んだ上でイエスやエイジアを聴けば二重三重に楽しめる。

それで、今回のヒストリー本について、個人的には2004年のクリスウェルチ本が決定版と思って読ませてもらったし、これとエイジアのヒストリー本「ヒート・オブ・ザ・モーメント」を読んでいたら、もはや新たな発見は無いだろうと思っていた。なのでパラパラとページをめくって大体知ってる内容が殆どだったけど、それでも敢えて今回この本で知った内容の記述を取り上げるとしたら、個人的興味込みで以下の3点。

・76年のWakeman,Wetton,Brufordのスーパートリオ結成計画について、「ブリティッシュ・ブルドッグ」と言うバンド名が検討されていた(ホントか? 笑)。

・THIN LIZZYのPhil Lynottの2ndソロアルバム収録のDon't Talk About Me Babyって曲は元々、Lynott、Squire、Whiteの共作だった。

・Steve Hackett脱退後、第二期GTRにRobert Berryが加入してハウ爺と曲作りを進めたが、ハウ爺以外の英国人メンバー(Max Bacon, Phil Spalding)が閉鎖的な態度をとり、嫌気がさしたRobert Berryは離脱して、Emerson,Palmerと3結成。

新たに知ったのはこんなところかな。我らがエイジアに関する記述もあったけど、これまでにエイジア本やイエス本で触れられてきた以上の内容は特に無かった。読み物としては2004年のクリスウェルチ著の「ザ・ストーリー・オブ・イエス(CLOSE TO THE EDGE The Story of Yes)」が一番読み応えがあったように思う。もうこれで、イエスのヒストリー本はイイだろ(笑)。

最後にこの本の著者マーティンポポフ、70年代のイエスが好き過ぎるからか、エイジアに対しては軽く悪意を感じる記述が気になったぞ(苦笑)。オリジナルエイジアよりジョンペイン加入後のアクアの方がイイみたいなことも書いてるし。ま、見方は人それぞれってことで(笑)。

|

2017年8月 1日 (火)

[グルメ] たかばしラーメン 亀岡店(@ 京都 亀岡 2017年8月1日)

学生や子供たちが夏休みに入るこの期間は、年間最大の業務繁忙期に入る。ましてや週末の土日勤務にシフトが当たっているときはもう大変。一昨日の日曜日の勤務はちょっとした地獄だった。ネット上では詳しくは触れないけど職場内では笑えないジョークが飛び交い、24時間仕事して朝帰るときには殆ど放心状態。どんな仕事でも、楽で、楽しい仕事なんてそんなの無いと分かっているけれど、これまでの仕事人生でいろいろ厳しい思いをしてきた拙でさえ、ほんとマジで今後の仕事人生を真剣に考えてしまうわ・・・。

今日は公休で、癒しを求めてどこか出かけようと思ったけど、先日メガネを新調したら明らかに度が合ってないというか、メガネかけると視界の外縁が歪んで見えて気持ち悪いのなんの。これはイカンと今日は再びクルマ飛ばして桂川イオンモール内にあるメガネ屋さんへ。当然のことながら保証期間中なのでダーターで度の調整やレンズの交換には対応してくれる。それで午前中を費やして、せめて美味しいものでも食べて帰ろうと、ラーメン屋さん探訪。早速グルメレポとします。

Img_3791_640x480

今回は新福菜館と並ぶ京都ラーメンを代表する名店「本家 第一旭」を源流とする「たかばしラーメン」へ。京都駅近くの、いつも大行列の新福菜館と本家第一旭まで行かなくても、第一旭の系譜に連なるお店が我が京都亀岡にもあって、あそこ美味しいで、と職場の先輩も絶賛されていたのでメガネ屋さんの帰りに立ち寄る。お昼時に行ったけど、京都駅近くの本家第一旭だったら大行列に並ばないといけないけどさすがは田舎、普通に入店してすぐに着席出来た。早速このお店のスタンダードなメニュー、たかばしラーメンの大盛りを注文。上の写真でヴォリューム感が伝わってないかも知れないけど、この大盛り、さすがのヴォリューム。もやしとたっぷりの九条ネギ、その下にはこれまた上記写真では伝わりにくいかも知れないけれどチャーシューと豚バラがタップリ入っている。器から立ち上るスープの香りは紛れも無く「本家 第一旭」で食べるラーメンと同じ香り。決して薄味ではない、コクのある醤油ベースのラーメンは何度食べても飽きない、あの第一旭の味である。大盛りだったけどしっかり完食。個人的には新福菜館よりこっちの方が好きかな。完食後の器、ちゃんと「第一旭」のロゴ入ってます(笑)。

Img_3792_640x480

地元で、行列に並ばずに、この京都ラーメンの名店にいつでも行けることが分かって超ラッキーである。

Img_3793_640x480

ココなら休日にウチからウォーキングのついでにでも行けそうな距離。何度も通う事になりそう。

それにしてもアレだな、連休が欲しい・・・。

|

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »