« ドリーム・シアター 2017年来日公演4日目(大阪) VIPパッケージ(DREAM THEATER IN CONCERT IMAGES, WORDS & BEYOND VIP PACKAGE : Sep 13, 2017 @ GRAND CUBE OSAKA) | トップページ | ペンドラゴン 2017年初来日公演 (PENDRAGON THE MASQUERADE TOUR : Sep 27, 2017 @ TSUTAYA O-WEST SHIBUYA TOKYO) »

2017年9月21日 (木)

ドリーム・シアター 2017年来日公演4日目(大阪) (DREAM THEATER IN CONCERT IMAGES, WORDS & BEYOND : Sep 13, 2017 @ GRAND CUBE OSAKA)

ドリームシアターVIPパッケージ参加レポに続いて、イメージズ&ワーズ25周年完全再現ライヴ本編のレポいきます。

Img_3992_640x480

2017年9月13日(水)、VIPが終わって、さてパンフを買っておこうと思って先行物販に並んだ丁度そのタイミングで、物販スタッフの方から悪夢のようなお知らせが。「本日分のパンフは売切れました。」と。「エーーッ!」と人目もはばからず声を上げつつ、2Fのカフェ「OIC(オイシイ)」へ戻る。徳島のM女史と、追って合流された兵庫のH女史にこの件をお知らせする。お二方とも「エーーッ!」って(笑)。そういや2012年の来日公演(横浜アリーナ)時もグッズの大行列に気持ちが萎えてパンフ購入を断念したんだったな。私がよく行くこじんまりしたプログレのライヴとは違って、世界的メジャーバンドのドリームシアター様なんだから、先行物販の時間に会場近くにいるならさっさと欲しいものを購入しておかないと、このように商品によっては売切れるなんてこともあるのだ。前回の教訓をすっかり忘れてしまってて生かせず。ガックリ・・・(苦笑)。VIPで悪知恵を働かせてイイ気になっていた罰が当たったか(笑)。まぁしゃあない。アレコレとお茶会の続きで雑談しつつ18時半過ぎ、気を取り直してグランキューブへ入場。長く東京方面にいた私にとっては初めて行く会場だけど、とても綺麗で、座席も余裕があっていい会場だ。開演前BGMにディープパープルのパーフェクトストレンジャーズとか、ホール&オーツの80年代のヒット曲のアレ(曲名思い出せず)が流れていて、世代的にリアルタイムだったので気持ちがイイ。写真撮ったりSNSではしゃいだりしてるうちに19時ピッタリ、メンバー登場して開演。以下、セットリスト順に覚えている限り軽くレポを。

----- 1st set -----

The Dark Eternal Night
システマティックケイオス収録のヘヴィな曲から。この手のヘヴィ曲はあまり好きではないので正直ノレず。システマティックケイオス自体が、私のドリームシアター歴の中で一番聴く機会の少なかった作品だったりする。でも1曲くらいはこの手の曲がライヴのセットリストに含まれててもイイ。

Img_3995_640x480

The Bigger Picture
前作セルフタイトル作からの、結構好きな曲。重たくも哀愁漂うメロディ、そしてギターソロ、前回ツアーの来日公演に行けなかったのでちょっと泣きそうになりながら満喫できた。

Hell’s Kitchen
フォーリングイントゥインフィニティからのインスト曲。この曲は同作の中ではかなり繰り返し聴いた曲。元々はBurning My Soulの中間部だったのを抜き出して独立させた曲で、これまた哀感漂うメロディが好きだった。約20年前の曲だけど今になって改めて聴けるのはありがたい。

The Gift of Music
Our New World

最新作のジ・アストニッシングから2曲。今回の来日はホントはアストニッシング完全再現ライヴを期待していたので、それがイメージズ&ワーズ完全再現になって、ちょっと残念だった。両曲共にテクニカルながらもメロディアスな歌メロが映えて、マイクポートノイ脱退以降の、メロディを大事にするドリームシアターらしさが出ていて、せめて2曲だけでもセット入りしていて良かった。

Img_4011_640x480

Portrait of Tracy (Jaco Pastorius cover:John Myung Bass solo)
ここでベースのジョンマイアングのベースソロコーナー。なんとジャコパストリアスの名曲をカヴァー。見事に再現していてうっとり。ってかジャコのこの曲が入ってるCDを買わなきゃ、って思ってしまったほど。

Img_4023_640x480

As I Am
ストロングでヘヴィな作品トレインオブソートから。あのヘヴィ路線は個人的にあまり好きでは無かったけど、この曲はとてもストレートでノリが良くて当時はよく聴いた。当時のライヴと同様に途中でメタリカのEnter Sandmanを挿入していて、そんなことしたらこの曲がEnter Sandmanのパクリとは言わないけど、出自が明らかになり過ぎて笑うしかないでしょって。久しぶりにメタリカのブラックアルバムを聴きたくなったよ(笑)。

Breaking All Illusions
第一部のハイライト、名曲神曲だ。マイクポートノイ脱退~マイクマンジーニ加入の現体制になってからの第一作から。2011年以降、昨年のアストニッシング完全再現ツアー以外では毎回セット入りしている現体制で最も大切な曲。今回のツアーでもやってくれて最高。この曲をナマで聴けるだけでも満足感は大きい。イメージズ&ワーズ完全再現よりもこの曲を聴けたことが何よりの収穫。プログレ度、構築性、アレンジの巧みさ、メロディの良さ等、ドリームシアターの全てが凝縮されたこの神曲は、これから先も永遠に演奏し続けて欲しいくらい。このライヴが終わった翌日以降も改めて毎日繰り返し聴き続けている。名曲神曲は何度聴いても素晴らしい。

Img_4030_640x480

以上、第1部終了。オープニングからオールスタンディング状態なだけにここで20分休憩は助かる。ギックリ腰から回復したばかりの私だけに、椅子に座りこんだまま動けない(苦笑)。

----- 2nd set:Images and Words -----

Pull Me Under
いよいよ第2部、イメージズ&ワーズ完全再現セット。ポーミアンダ、ポーミアンダ・・・って気分良く合唱させて頂いた。

Img_4038_640x480

Another Day
この名曲、名バラード、でもどう考えても今のラブリエにはサビの高音はオリジナル通りには歌えないだろうとは分かっていたので、半音下げ&フェイクしまくりのボーカルでも特に気にならず。そんなこと言ってたらレッドツェッペリンなんてロバートプラントが、ある時期からフェイクしまくりだったけどそれでもツェッペリンはツェッペリンだったし、全然OKよ、そんなもん(笑)。

Take the Time
テクニカルかつメロディアスなこの曲、その意味ではドリームシアターらしい軽快さが心地良い演奏だった。

Img_4052_640x480

Surrounded
これまた大好きな名曲。近年のライヴでもセット入りしてるくらいだからメンバーもお気に入りなんだろう。あ、でもこないだ紹介した2007年のイメージズ&ワーズ完全再現ライヴの方が、イントロに付け加えられたジョーダンルーデスの鍵盤やアウトロに付け加えられたジョンペトルーシのギターソロがある方が新鮮で、ここではそれは無しでほぼ原曲通りのアレンジで演奏。でもそれも良し。

Metropolis Pt. 1 : The Miracle and the Sleeper
後々まで、現在に至るまでドリームシアターらしさを伝える曲として忘れることのないこの曲、最近の曲も原点はこの曲にアリとも言えるか。これが発展してパート2のシーンズフロムアメモリーになったワケで、ちなみにあの作品は99年。あと2年で20周年だなと(笑)。2年後にメトロポリスパート2~シーンズフロムアメモリーの完全再現を期待してしまうよ。

Img_4053_640x480

Under a Glass Moon
Wait for Sleep
Learning to Live

3曲まとめて(笑)。このあたりもドリームシアターの、ドリームシアターたる所以が一杯に詰まった楽曲で、25年も前の曲なのに今こうしてライヴで聴いても色褪せないところが素晴らしい。ラーニングトゥリヴ終盤での「オーーオーオーー・・・」って合唱するところ、気持ち良く合唱できた。男性声で雄々しく合唱するの、これは気分が上がる。

Img_4056_640x480

----- encore:A Change of Seasons -----

A Change of Seasons
  I The Crimson Sunrise
  II Innocence
  III Carpe Diem
  IV The Darkest of Winters
  V Another World
  VI The Inevitable Summer
  VII The Crimson Sunset

アンコールはイメージズ&ワーズ期に既にライヴで演奏されていたチェンジオブシーズンズのフル演奏。アンコールで20分の大曲とは私の腰にトドメを刺してくれる選曲である(笑)。スゲーなと思いつつ半分放心状態。色んな意味で(苦笑)。

Img_4058_640x480

以上、休憩挟んで約3時間の濃厚なライヴ終演。

Img_4066_640x480

Img_4068_640x480

Img_4069_640x480

Img_4073_640x480

さすがに3時間タップリのライヴだと、終わってから、あの曲もやって欲しかったとか、この曲が入ってなかったとか、そういう不満を感じることは無くて、ただただ腹一杯。もう充分って感じ。しばらくは何も思い残すことも無いくらい大満足のライヴであった。演奏にミスや落ち度なんて全く無いし、その心配も不要な現役メジャーバンドの凄いライヴってものを堪能させて頂いた。

Img_4074_640x480

さて、未だにマイクポートノイがいないと・・・、みたいなことを言ってる人がいるようで、まだ言うか(苦笑)って思うけど、好き嫌いは個人個人なので仕方ない。でも私としては前にも言ったけど今回も言おう。マイクマンジーニはマイクポートノイのように叩ける。でもマイクポートノイはマイクマンジーニのようには叩けない。これがポートノイとマンジーニの違いだと思っている。ポートノイ派の人はもしかしたらマンジーニの、テクニカル面で完璧すぎて隙が無いところが却って無機質に感じてしまうのかな? ちょっと分からないけどドラマーがイニシアチヴと取りすぎない現ドリームシアターが好きな私としてはこれからも現体制での、更なる新譜やライヴ活動を望んでいる。ちなみにマイクポートノイが再び結成した新バンドSONS OF APOLLOの新曲を2曲ほど聴いたけど、あぁ~やっぱりこの感じ?って思ってしまったんだけど・・・(苦笑)。取り敢えずヘヴィな音像で、重たいんだって。まぁいい、またフルアルバムが出たら聴いてみようと思う。

ドリームシアターの方はまた来年から新譜の制作に入るようで、アストニッシングでやり尽くした感のあるバンドが次はどこへ向かうのか、心配でもあるし楽しみでもある。過去の名作懐古ツアーは今回で一段落して、是非また何らかの形で前進もしくは深化するドリームシアターを見せて欲しい。

終演後は福島駅へ戻る途中にある、めっちゃ美味しい焼き鳥の店で徳島のM女史と兵庫のHさんとで反省会。

Img_4081_640x480

Img_4082_640x480

とは言っても田舎モンの私、終電を気にしてたった20分でお暇させて頂いたのはちょっと残念。グルメレポにしたいところだけどそんなワケで急いでいたので店の名前も外観も写真撮らず。非常に美味しい鶏料理のお店で、後でよく調べたら梅田周辺にも3店舗もあるチェーン店らしい。今度ゆっくり呑みに行ってみたい。

急いで書き上げたライヴ本編レポ、後で見直したらもっと書きたかったことが出てくるかもしれないけど、それはまたその時で。あとプロレスのWWE大阪公演のレポも書いてないし、そうこうしてるうちにペンドラゴンの来日公演も迫ってきたし、ブログ書くのが苦痛になって来たぞ・・・(笑)。

|

« ドリーム・シアター 2017年来日公演4日目(大阪) VIPパッケージ(DREAM THEATER IN CONCERT IMAGES, WORDS & BEYOND VIP PACKAGE : Sep 13, 2017 @ GRAND CUBE OSAKA) | トップページ | ペンドラゴン 2017年初来日公演 (PENDRAGON THE MASQUERADE TOUR : Sep 27, 2017 @ TSUTAYA O-WEST SHIBUYA TOKYO) »