« [グルメ] 墨国回転鶏料理 福島高架下店(@ 大阪 福島 2017年11月11日) | トップページ | オフコース 「i (ai)」 »

2017年11月20日 (月)

レヴォリューション・セインツ 「ライト・イン・ザ・ダーク(デラックス盤 CD+DVD)」(REVOLUTION SAINTS "LIGHT IN THE DARK")

8月9月ほどではないけど月に一回は来るちょっとキツめのタイトな勤務シフトを終えて、今月も残りはちょっと緩めのシフトとなる。忙しいだ疲れてるだと言いながら何とかここまで平均して週一以上のペースでブログ書けてるので、言うほど忙しくないのかな?なんて気もするんだけど。やはり不規則勤務で感じる疲労は普通のサラリーマン感覚とは異なるものなのでそのぶん余計に疲れを感じるのかも知れない。

紅葉の季節になってきて、休日何処かへ癒しを求めて出かけようかと思うんだけど、いやいやその前に、寒いよ全く。11月中旬過ぎたばっかで真冬並みの寒さに、公休の本日も朝から震える。天気もイマイチなので出かける気にもならないが、寒い時こそウォーキングが脂肪燃焼にも効果があるだろうと思って午前中に1時間ほど歩いてきた。BGMはこれで聴くのは何周目かになるレヴォリューションセインツの新譜2nd。そろそろブログに書いておかないと。

Img_4302_640x480

10月頭の国内盤発売時点でいち早く購入していて何度かは聴いていたんだけどブログに取り上げるのは他のネタ優先で後回しになっていた。前作1stはボーナスDVD目当てで敢えて輸入盤を購入したんだけど、今作は国内盤もボーナスDVD付デラックス盤が出るという事で国内盤で購入。更におまけでキングレコードさんお馴染みのクリアファイル付き。

Img_4303_640x480

Img_4304_640x480

結果的にデビュー作となった1stが出た時点では単発のプロジェクトで終わるのかなと思っていたし、ましてやドラマー兼ヴォーカルのディーンカストロノヴォが例のDVの件で警察の厄介になってしまってジャーニーをビークーになるし、こりゃもう次は無いなと勝手に確信していたから、まさかの2ndも出すという事はある程度は1stに関するリスナーからのリアクションも良かったのだろう。

内容の方は今作も期待通りの、産業ロックと言うのかメロハーと言うのか、その筋のファンにとっては満足できる内容だと思う。ただ、前作が期待しないで聴いたらアッと驚くキラーチューンTurn Back Timeを含めて見事なメロディアス産業ロックだったのに対して、今作は同傾向なんだけど期待していたから、期待していた分だけ予想通りで、驚きのインパクトが薄れた分は損している印象がある。なので全曲レビューまではしない。今回も制作総指揮はイタリアの産業ロック、メロハー職人のアレッサンドロ・デル・ヴェッキオ。だけど前作はほぼ全曲デルヴェッキオの楽曲だったのに対して、今作はディーンカストロノヴォ、ダグアルドリッチ、ジャックブレイズの提供した曲や共作曲が多い。その為か、若干ストレートなHRっぽい曲もある。1曲目のタイトルトラックはもう全く前作の美味しさをそのまま受け継いだメロハー曲。4曲目のI Would't Change A Thingはとても美しいメロディと、ダグアルドリッチのいかにもレスポール、って感じの音色で奏でられるロングトーンのギターソロがやたら印象に残る素晴らしいバラード。でもこれだけはクレジットによると、ミスターミスターのリチャードペイジの曲で、カヴァー曲と言うことになる。他の曲もハード、ミディアムテンポのメロディアスな曲、哀愁系バラード等、ハズレは一切なしの充実の楽曲群が続く。ただ逆に言うと、同傾向の曲が続いて少し中だるみを感じる時もある(笑)。

さて、メンバーもレーベルもパーマネントなバンドとしてやる気があるからこうして2ndを作ったんだと思うし、実際に今年4月にはフロンティアーズレーベルのフェスでライヴデビューも飾っている。ボーナスDVDには上記2曲のPVやメイキング映像に加えて、その際のライヴから4曲のライブ映像が収録されていて、これは非常に楽しめる。ライヴでもメンバーそれぞれの実力とキャリアに裏打ちされた素晴らしい演奏が展開されており、こうなると是非日本でも来日公演を、って期待してしまうんだけど、ここにきて微妙なニュースが。ダグアルドリッチが加入して来日公演も行っていたTHE DEAD DAISIESになんとディーンカストロノヴォも加入したとの事。デイジーズのファンには面白いだろうけど、じゃあレヴォリューションセインツはどうなるんだろう、まさか棚上げか?ってちょっと心配になる。それとこれは別、って感じでぜひレヴォリューションセインツとしての来日公演も期待したい。但し、いつものようにアラフィフおじさんの私には若者に交じってオールスタンディングのライヴ参戦はキツいけど(笑)。

|

« [グルメ] 墨国回転鶏料理 福島高架下店(@ 大阪 福島 2017年11月11日) | トップページ | オフコース 「i (ai)」 »