« Wetton Mania 3 企画会(Wetton Mania 2.5 笑?) at Rock Bar STARLESS (Mar 20, 2018 @ OSAKA) | トップページ | BS-TBS 「SONG TO SOUL エイジア/ヒート・オブ・ザ・モーメント」(2018年 3月18日 23:00放映分) »

2018年3月27日 (火)

#YES50 UK & EUROPE TOUR 2018 (Mar 24 & 25, 2018 @ London, UK)

イエスのデビュー50周年を記念する「#YES50 TOUR 2018」の英国欧州レグが3月から始まり、いよいよ終盤に差し掛かってきた。そのハイライトとなるのが3/24、25日の英国ロンドンのパラディウム2Days。50周年記念ファンコンヴェンションも開催され、またイエスゆかりのゲストも登場するとあって注目度が高い。この2Daysについて、再び拙ブログにご登場頂くのは某ウェットンファン仲間の「ウェットンマニア特派員氏」である。昨年2017年の、ジョンウェットン逝去後のジャーニー&エイジアのジョイント北米ツアー初日&2日目にも渡米参戦され、現地からラインで楽しいレポを届けて下さった。その際にも拙ブログで紹介させて頂いたのだが、今回もその某「ウェットンマニア特派員氏」が渡英して、3/24、25日のパラディウム2Dayに参戦された。しっかりVIPパッケージも申込まれてミート&グリート、ロックのゆかりの地を巡るバスツアー、そしてファンコンヴェンションとお腹一杯の参戦をされたので、ご本人様の了解を得て、ラインで提供頂いた写真や現地からの情報を拝借、編集させて頂きながら、合わせて当方でもネットで3/25ライヴ音源も入手できたので、疑似体験レポをさせて頂きます。

S__8699923

それでは某「ウェットンマニア特派員氏」が現地からラインで送ってくれた写真、コメントをかいつまんで。

--- ウェットンマニア特派員氏によるリアルタイム実況レポ ---

● 3/24 Palladium 初日

「今からハラユミさんと食事してイエス初日に行ってきます。」

S__8445955_2

S__8445959_2

「デヴィッドクロス。来年、スティックメンで来日します。」

S__8445957

「席は5列目のど真ん中でした。」

S__8445956

S__8454147

「トレヴァーホーン登場、光陰矢のごとし。」

S__8454148_2

「ラウンドアバウトで総立ち。」

S__8462349

「セットリストもらいました。」

S__8445958

「ジェフに聞きました。
①イエスの来日は今年はありません。早くて来年の2月以降。
②エイジアは現在カールと調整中。カールがレガシーのツアーで忙しいので、それが落ち着いてから。ジョンの残したものは語り継ぎたい。ただビリーのボーカルが…みたいな感じです(^^;)
③バグルスも(いつか)やるよ!」
「はっきりディスってるわけではなく、ビリーのボーカルは評判がちょっとねえみたいな感じでした。」
「トレバーホーンはミーグリに来ず。」

S__8470530

「ミーグリグッズ。」

S__8470532_2

「サイン。一人2個ですが、スティーブとアランには3個いただきました。監視いないので実質無法地帯(常識の範囲内で)。」

● 3/25 Palladium 2日目

「午前中はイエスバスツアーに回ってます。」
「ロンドンの音楽の聖地を回るツアー。スタジオやライブハウス、楽器店など。イエスは関係なく、ボウイやストーンズ、ビートルズなどなど。」

S__8495115

「昼からコンベンションです。」

S__8699931

S__8519684

「私が世界で一番最初に手にしました。」

S__8527874_2_2

「ライブ本番でビル・ブラッフォードが来ます。」

S__8544272_2

「BB登場。開演前におはなしをちょっと。」
「大音量で爆睡は気持ちいい。」
「疲れからか前半の演奏は爆睡してしまいました。後半頑張ります。」

S__8699925

S__8699921

「イエス2019年2月来日決定。クルーズのあと。」
「前半がクルーズ、後半が日本という感じです。」

「今回はハウ爺の機嫌が見たことないほど良かったと、現地の常連さんたちが行ってました。」

--- ウェットンマニア特派員氏によるリアルタイム実況レポ ここまで ---

以上でした。更にミート&グリート後にイエスのメンバーを個別に襲撃して(笑)ツーショット写真の撮影に成功されていたけど、さすがにその写真まではブログに載せるのは控えておきます。ご本人様の宝物だと思うので。いずれにしても「ウェットンマニア特派員氏」の行動力にはいつも感心する。私のような引っ込み思案な性格の人間には真似できない。

というワケで、本日私も3/25音源を入手して一通り聴き流してみた。セットリストは上記の「ウェットンマニア特派員氏」が入手された3/24のセットリスト用紙の曲目に加えて、3/25ではオープニングMCでビルブルーフォードが前説登場。演奏曲については南の空の代わりにクリススクワイアトリビュートでオンワードがセットイン。そして3/24、25両日ともにアンコール1曲目でトレヴァーホーンが登場してTempus Fugitを演奏と、イエス50周年を記念するスペシャル感があって、会場参戦した方には貴重なライヴとなったと思う。演奏そのものはまぁ現行イエスのユルい感じで、そのユルさが海洋曲では功を奏している(笑)。なお、今ツアーもドラムはジェイシェレンがプレイし、アランホワイトはRitual後半から交代登場してアンコールのみの出演。なかなかレギュラー出演するのはまだまだ辛いのかな。個人的にはもう正ドラマーをジェイシェレンに交代してもイイのでは?って気もするけど。トレヴァーホーンが歌うTempus Fugitは、正直ちょっとホーンが苦しそう。リハ不足かな。いやそれよりもいつものようにハウ爺のテンポの遅さが際立っていてヒヤヒヤしっぱなし。さすがにここまで来ると、これがハウ爺ならではの味わいとかじゃなくて、ただ単にイライラするぞ(笑)。

そして今回、渡英してミート&グリートにも参加される「ウェットンマニア特派員氏」に、ジェフダウンズへの質問を3点ほど託していた。

①今年のイエスの来日予定
②エイジアについて、ジョンウェットンと制作しかけていた楽曲のレコーディング予定
③バグルスの予定

その回答が上記の「ウェットンマニア特派員氏」のレポである。イエスについては2019年2月来日予定。エイジアについては、もしかしたら質問の意図が正確には伝わってないのかも知れない。「ジョンの残したものは語り継ぎたい。ただビリーのボーカルが…」っていうのはエイジア名義のライヴ活動のことを言ってる気がする。やはりエイジアとしてのアルバムについては未定なんだと思う。バグルスについてはスペシャルライヴをしてみたいと海外のインタビューで話していたという情報があったので質問してもらったんだけど、多分トレヴァーホーンとのスケジュールやタイミングが合えば是非やりたい、そういう意思は持っているという事だろう。ビルボードライヴとかで来日公演やってくれないかなとか勝手に希望してるんだけどな・・・。あとは上記レポのように3/24にデヴィッドクロスが来ていたそうで、2019年にスティックメンwithデヴィッドクロスで来日という調整をしているようだ。

最後に改めて、上記のようなレポや写真を拙ブログに掲載することを快諾頂いた「ウェットンマニア特派員氏」に感謝いたします。ありがとうございました。

さて、さすがにそろそろ、BS-TBSのエイジア「ヒートオブザモーメント」の録画しといたヤツ観るか・・・。

|

« Wetton Mania 3 企画会(Wetton Mania 2.5 笑?) at Rock Bar STARLESS (Mar 20, 2018 @ OSAKA) | トップページ | BS-TBS 「SONG TO SOUL エイジア/ヒート・オブ・ザ・モーメント」(2018年 3月18日 23:00放映分) »