« スティーヴ・ペリー 「ストリート・トーク」(STEVE PERRY "STREET TALK") | トップページ | 【Short Review 34】ペイジズ 「ペイジズ」(PAGES "PAGES") »

2018年8月29日 (水)

【Short Review 33】バッド・イングリッシュ 「バックラッシュ」(BAD ENGLISH "BACKLASH")

8月は暑さと仕事の忙しさでブログもすっかり寡黙になっていた。ほんの2~3日だけ涼しくなったけど、その後はまた猛暑続きでさすがにバテバテ。昨日も泊まりの連勤明けで、ほんとは夜に地域の所用があったんだけど豪快にすっぽかし。寝てたっちゅうねん。

今月は節約疲れとストレス発散兼ねて中古CDを6枚ほど続けて猟盤したので、ツイートに毛が生えた程度レベルの適当ショートレビューをババッとUPする。

2018酷暑の思い出:中古CD猟盤シリーズ BAD ENGLISH "BACKLASH"

Img_5111_640x480

89年の1枚目はリアルタイムで買ってよく聴いたけどこの2枚目が出た91年頃は、いわゆる産業ロックってものに飽きてしまって、この手のサウンドはスルーしていたのだ。今回、国内初版を中古で買い戻した。いま改めて聴くと、1stに全く劣っていない見事な産業ロック。違いは売れたか売れなかったかだけ。当時は飽きて嫌気がさしていたのも、いまになって俯瞰して聴き直すとそのクォリティの高さを再認識できる。本作のミキシング段階で既にニールショーンとディーンカストロノヴォが離脱していたという、レーベルとしては推したくても推せなかったってのもあるんだろう。ジョンウェイトとジョナサンケインの元ベイビーズ組の方向性が強めなのかどうかは分からないけど、個人的にはニールショーンの暑苦しいギターは控えめの方が全体としてすっきり爽快なサウンドになると思うし、本作が歴史の闇に葬られるのは勿体ないと思う。

|

« スティーヴ・ペリー 「ストリート・トーク」(STEVE PERRY "STREET TALK") | トップページ | 【Short Review 34】ペイジズ 「ペイジズ」(PAGES "PAGES") »