« 【Short Review 33】バッド・イングリッシュ 「バックラッシュ」(BAD ENGLISH "BACKLASH") | トップページ | 【Short Review 35】パトリック・モラーツ 「アウト・イン・ザ・サン」(PATRICK MORAZ "OUT IN THE SUN") »

2018年8月29日 (水)

【Short Review 34】ペイジズ 「ペイジズ」(PAGES "PAGES")

この夏は酷暑のお蔭で、例年以上にプログレ、HR/HMを聴く気が起こらなかった。その代わりにAOR系を本当によく聴いた。と言ってもAOR系にそんなに詳しいわけでもないので、限られたAOR系の所有CDの中で、例えばマクサスなんかを繰り返し聴いていたんだけども。勢いでAOR祭りなるイベントを開催してまで暑気払いに終始した。そんな勢いの中で、そう言えば買っておかなきゃと思って、購入したのが以下のCD。

2018酷暑の思い出:中古CD猟盤シリーズ PAGES "PAGES"

Img_5112_640x480

ペイジズの3rd。ペイジズはこの3作目がAORの大傑作と言われていたのは知っていたので、いつかそのうち買おうとは思っていた。やっと今回買ったってワケ。AORと言ってもただ単に聴きやすくてソフト、とかでは無くて非常に凝った曲なのが印象的。でも耳触りがイイ。リチャードペイジとスティーヴジョージがこの後ミスターミスターでモダンな産業ロックに変貌してバカ売れするとは当時の人は想像できなかっただろう。リチャードペイジがリンゴスターのオールスターバンドに参画して、ミスターミスターの曲を演奏したライヴを観れたのはいい思い出になった。

|

« 【Short Review 33】バッド・イングリッシュ 「バックラッシュ」(BAD ENGLISH "BACKLASH") | トップページ | 【Short Review 35】パトリック・モラーツ 「アウト・イン・ザ・サン」(PATRICK MORAZ "OUT IN THE SUN") »